データ通信専用のおすすめ格安SIM5選!料金や通信速度などを徹底比較

「データ通信だけの格安SIMを使いたい」「料金や通信速度はどうなっているの」と気になっていませんか。データ通信だけのスマホを使えば通話機能がないぶん、月額料金を抑えられます。

生活費を抑えながらインターネットを最大限に楽しむなら、データ通信だけの格安SIMを使いましょう。

そこで今回は、データ通信専用のおすすめ格安SIMをピックアップし特徴やメリットなどを徹底解説。また、データ通信専用格安SIMのメリットや選び方も紹介しています。

「スマホの利用はデータ通信だけで十分ではないか」と思う方は、ぜひ参考にしてみてください。

データ通信専用のおすすめ格安SIM5選

データ通信専用のおすすめ格安SIM5選

データ通信に特化した格安SIMのうち、おすすめを5種類紹介します。以下の最安料金表とともにご覧ください。

Y!mobile

初期:3,300円

月額:2,178円~(通話あり)

楽天モバイル

初期:無料

月額:0円~

UQモバイル

初期:3,300円

月額:1,628円~(無料通話あり)

BIGLOBEモバイル

初期:3,733円

月額:990円~

mineo

初期:3,300円

月額:880円~

※すべて税込み価格です。

Y!mobile

Y!mobile

おすすめポイント
  • ソフトバンクの自社回線により、いつでもストレスフリーで楽しめる 
  • 余ったデータを翌月に繰り越し、普段以上に楽しめる 
  • 複数の端末でデータをシェアできるので、家族でも使いやすい

Y!mobileはYahoo!が提供する格安SIM。ソフトバンクから提供された自社回線を使っているので、強固な通信体制が強みです。 

 データを余らせて翌月に繰り越せば、SNSや動画視聴など楽しみも増えるでしょう。

Y!mobileは家族での使用でも利便性を発揮します。ひとつの契約に子回線のSIMカードを足してあげれば、複数分のSIMの合計容量分だけ好きに使えるのです。

安定した回線やデータシェアなどで、家族でも楽しく使える格安スマホでしょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

おすすめポイント
  • 使ったぶんしかデータ料金がかからない

  • 契約事務手数料が無料 

  • 一部エリアでは5Gに対応可能

楽天モバイルは格安SIMとは思えないクオリティの高さが特徴です。一部エリアで5Gに対応しており、高画質や高音質を楽しめるでしょう。

 契約事務手数料が無料なうえに、1回線目のみなら1GBまでデータ料金が毎月0円です。

使い方によっては限りなくコストを抑えながら、必要なサービスを受けられます。

通信能力の高さと支出節約の可能性が、楽天モバイルの魅力です。

UQモバイル

UQモバイル

おすすめポイント
  • SNSをいくら使ってもデータを消費しない
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる
  • ターボ機能でデータ消費を抑えられる

UQモバイルはデータ通信のみのプランはありませんが、月額1,628円(税込)からお得に使いこなせます。

 SNSの無制限使用や余剰分の翌月繰り越しなどで、好きなときにインターネットを楽しめるのがメリットです。

ほかにもターボ機能を使えば、最大225Mbpsの高速通信ができます。OFFだと300Kbpsなので、その違いは大きいでしょう。 

スマホやタブレットでネットを有効活用したい人には、UQモバイルが便利です。

auのネットワークを使用している点も、安心感があるでしょう。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

おすすめポイント
  • 月額990円なので生活面への負担が小さい
  • YouTubeやアプリならデータ消費なしで楽しめる
  • au・NTTドコモ回線を使っているので通信も安定

BIGLOBEモバイルは月額990円(税込)ながら、便利に使えます。

 YouTubeやABEMAなど有名アプリ21種類を、消費なしで楽しめるのもメリットです。

回線もauやNTTドコモから選べるので、安定した通信速度を期待できるでしょう。はじめてのスマホ契約にもおすすめなうえに、スピードに不満がある人の乗り換え先としても推奨できます。

コストを抑えながらさまざまなアプリを楽しみやすく、利便性は高いでしょう

YouTubeで動画をたくさん見るという方にもおすすめです。

mineo

mineo

おすすめポイント
  • スマホの機種変更なしで乗り換えやすい
  • 家族や友人同士でパケットシェアが可能
  • ジュニアやシニアなど幅広い世代が喜ぶオプションを用意

mineoは多彩なサービスにより、幅広い世代が便利に使える格安SIMです。三大キャリアすべてに対応しているので、ほとんどの人は機種変更なしでSIMだけ乗り換えられるでしょう。

 全国のmineoユーザーでパケットを共有できる「フリータンク」もあります。余りのおかげで普段より多くのデータを使えます。

強固なセキュリティに優れたジュニアパックや、機械に弱くても使いやすいシニアパックなど、特定の層に合わせたサービス内容も特徴です。

子どもから高齢者まで丁寧なサービスが、mineoの強みでしょう。

データ通信のみの格安SIMがおすすめな人

データ通信のみの格安SIMがおすすめな人

格安SIMのうちデータ通信だけのプランを使いこなせるのは、次のふたつのタイプです。自身が当てはまる可能性を考えましょう。

おすすめポイント
  • 通話アプリを使う人
  • タブレットが2台目のスマホとして使いたい人

通話アプリを使う人

通話アプリの利用者は、データ通信だけの格安SIMが比較的お得です。このタイプのSIM自体は通話機能をもっていませんが、アプリによる補完は受け入れます。

 LINEやSkype、カカオトークなどの通話アプリがあれば、データ通信だけのSIMでも対応可能です。

メッセージの送信や通話をアプリで済ませれば、SIMの部分では通話のためにかかる料金を抑えられます。

月額を抑えながらスマホを有効活用するには、通話アプリがカギになるでしょう。

2台目のスマートフォンとして使いたい人

データ通信のみの格安SIMがおすすめな人

タブレットか2台目のスマホとして使うなら、データ通信専用SIMが選択肢です。

 タブレットを通話目的で使う人は少ないといえます。1台目を通話に特化させて、2台目をデータ通信用に使い分ければ金銭的にお得です。

世間では仕事とプライベートで通信機器を分けたい人が多いでしょう。プライベート用の2台目があれば、動画やゲームなどの趣味に集中できます。

仕事とプライベートをわける形で複数のスマホを使うなら、2台目にはデータ通信専用SIMがおすすめです。

格安のデータ通信専用SIMのメリット

格安のデータ通信専用SIMのメリット

格安データ通信専用SIMには、 次の3つのメリットがあります。

3つのメリット
  • 料金を抑えられる
  • 通話アプリは使える

格安SIMで料金を抑えられる

データ通信専用なら、格安SIMのなかでもさらに料金を抑えられます。音声通話ができないというデメリットはありますが、機能が少ないぶんコストも安くなる傾向にあるからです。

 料金の抑制は生活面でもメリットです。無駄な支払いを浮かせることでほしいものが買いやすくなったり、新しいスマホが来ても生活水準を下げずに済むでしょう。

「スマホはほしいが可能な限りお金を払いたくない」と考えていれば、データ通信専用のSIMがおすすめです。

LINEなど通話アプリは利用可能

格安のデータ通信専用SIMのメリット

データ通信専用でも通話アプリは使えます。LINEやSkypeをよく使う人なら、このタイプのSIMがおすすめです。

SIM自体に音声通話機能が入っていないだけで、LINEやSkypeはアカウントさえあれば使えます。

 普段から通話アプリでコミュニケーションを取っているなら、むしろ音声通話がないSIMがおすすめです。

コストの安さも相まって、お得に通信体制を築けるでしょう。通話アプリのおかげで、格安SIMのコストパフォーマンスや利便性を引き立てられます。

データ通信のみのデメリットは通常の通話ができないこと 

データ通信のみのデメリットは通常の通話ができないこと 

データ通信しかないSIMは、そのままでは通話ができないことです。SIM自体に音声通話に対応する機能がありません

この場合は通話アプリをインストールする必要があります。LINEやSkypeなどの使い方を覚えてから、格安SIMと契約するのがおすすめです。

料金の安さだけに飛びついて、通話で不便を感じては意味がありません。アプリによる対策が重要です。

格安SIMのデータ通信速度に注目

格安SIMのデータ通信速度に注目

格安SIMのデータ通信速度が気になる人も多いでしょう。次の3つのポイントから速度の仕組みを解説します。

速度の仕組み
  • 大手キャリアよりは遅くなりやすい
  • 平日の昼休みや夕方は通信速度が落ちやすい
  • 通信速度測定サイトを参考にしよう

大手キャリアよりは遅くなりやすい

格安SIMはコストを抑えているぶん、大手キャリアよりは通信速度が遅くなりやすいと言われています。

他社から回線を借りていますが、メインで使っているのは貸している会社そのものなのでクオリティの制約を受けます。とくに「下り」よりも「上り」の方が速度が遅くなる傾向にあるようです。

 下りは受信・上りは送信時にデータが働くことを意味します。

SNSにメッセージや動画を投稿するときは上りなので、送信ボタンを押してから反映されるまで比較的時間がかかるかもしれません。

平日の昼休みや夕方は通信速度が落ちやすい

格安SIMのデータ通信速度に注目

格安SIMの通信速度は、平日の昼休みは夕方になるととくに落ちやすい傾向にあります。これは世間一般の昼休憩時に、データ通信端末の利用が増えるからだと考えることができるでしょう。

夕方は、家に帰る最中の会社員や学生が、暇つぶしに利用するため回線が混みやすくなります。そのため、スマホの使用は平日の午前中や夜がおすすめです。

スピードが早い時間帯をみつければ、無駄なストレスを溜めずにネットを楽しめます。

通信速度測定サイトを参考にしよう 

通信速度が気になるなら、測定サイトを使いましょう。BIGLOBEやUQモバイルなどのさまざまな提供会社のデータを、1ページでみられます。

 測定データは直近24時間が中心です。速度が優れた時間帯があれば、便利にネットを使えるヒントになります。

自身が契約中の格安SIMに応じて、測定サイトをチェックしましょう。結果からネットを使いやすい時間を考え、1日の生活リズムをそこに合わせるのがおすすめです。

データ通信無制限の格安SIM会社はある?

データ通信無制限の格安SIM会社はある?

データ通信の制限がない格安SIMを探す人もいるでしょう。結論からいうと、中にはデータ通信の制限がないものもあります。

さらに補足情報として、次の3つをみていきましょう。

データ通信無制限のポイント
  • 動画や音楽をよく聴くなら「カウントフリー」に注目
  • 無制限をうたっていても速度制限が起きることがある 
  • 料金が割高になりやすい

データ無制限プランを用意している会社がある

格安SIMにはデータ無制限プランもあります。UQモバイルやmineoのように、本記事のおすすめで紹介した業者が提供するケースもあるので、興味があれば確かめてみましょう。

 データ通信が無制限なら、どれだけデータを使っても速度制限を受けないなど、便利に感じられます。 

SNSや動画を自由に楽しみたい人には、無制限プランが選択肢に入るでしょう。毎月のリミットを警戒しなくていいぶん、神経をすり減らすリスクも減らせます。

動画や音楽をよく聴くなら「カウントフリー」に注目

データ通信無制限の格安SIM会社はある?

動画や音楽が好きなら「カウントフリー」に目を向けましょう。

特定のアプリやサービスを使っている間は、契約で決まっているデータを消費しない仕組みです。これは通話機能における「かけ放題」に相当します。

 たとえばBIGLOBEモバイルが提供する「エンタメフリーオプション」ならYouTube・ABEMA、Apple Musicなどでデータ消費を受けません。

このように使い放題のサービスがあれば、快適なネットを楽しめるでしょう。動画や音楽・SNSの趣味がある人は、カウントフリーが見逃せません。

無制限をうたっていても速度制限が起きることがある 

データ通信無制限の格安SIM会社はある?

データ無制限プランでも速度制限が起きることがあります。1日あたりの通信量が多くなったときは、それ以上の消費をさせないためにデータ通信スピードを下げる通信事業者もあるのです。

 知らないうちにデータを消費しすぎて速度制限を受けないためには、契約時に1日あたりの通信量を確かめておきましょう。

無制限でも1日あたりのように、特定のポイントで通信量の上限を設けるケースがあります。低速通信を避けるなら、契約時の条項をチェックしましょう。

料金が割高になりやすい

データ無制限プランは、通常よりも料金が割高になりやすいといえます。多くのデータを使えるぶん、通信事業者にとってコストも大きくなるからです。

カウントフリーやデータ容量の拡張など便利な機能が加われば、そのぶん月額料金も高くなります。

便利な機能は常にコストと引き換えです。自身の予算を確かめたうえで、使い放題を契約できる可能性を判断しましょう。

格安データ通信専用SIMを選ぶほかのポイント

格安データ通信専用SIMを選ぶほかのポイント

速度以外にもデータ通信専用の格安SIMを選ぶ基準があります。とくに次の3つは要チェックです。

速度以外の選び方
  • 月額料金の安さ
  • データの翌月繰り越し
  • 通信回線の種類

月額料金の安さ

月額料金の安さは経済的に重要です。便利なサービスでも支払いが多いと生活に困り、そちらでストレスが溜まるかもしれません。

 重要なのは複数社の格安SIM同士で、料金の比較検討をすることです。サービス内容が良質で、なおかつ安さとのバランスが取れているところを選びましょう。

生活の負担をかけないでスマホをもつなら安さは重要です。あらかじめ予算を決めておいた方が、理想の1社を選びやすいでしょう。

データの翌月繰り越しがある

格安データ通信専用SIMを選ぶほかのポイント

データの翌月繰り越しがあれば、スマホを便利に使えます。使わなかったぶんが無駄にならなくて済むうえに、翌月の通信速度制限を受けるリスクを減らせるからです。

 繰り越し可能な格安SIMには、UQモバイルやmineoなどがあります。

データ容量を使い回せれば、動画や音楽も楽しみやすくなるでしょう。カウントフリーがなくてもこのサービスがあれば、ハイスピードでネットを楽しめます。

通信回線の種類

通信回線も重要です。とくにスマホを乗り換えるときは、同じ回線を使っている格安SIMをみましょう。

格安SIM会社によって、通信回線は違います。たとえばドコモを使っていれば、同社のスマホから乗り換えられ機種変更が不要なので、手続きも楽です。

通信速度などのクオリティからも回線を判断しましょう。多くの人が見落としがちですが、SIMごとの回線の把握は大切です。

よくある質問

データ通信のみの格安SIMは速度に優れていますか?
大手キャリアと比べると遅い傾向です。しかし格安SIMのなかでも速度に優れているものは、ある程度快適にネットを楽しめるでしょう。
購入前の格安SIMの速度を知る方法はありますか?
格安SIMを対象とした通信速度測定サイトにアクセスしてください。時間帯により速度は異なりますが、基本的なクオリティが高ければ快適にネットや音楽などを楽しめます。
格安SIMがおすすめなのはどういった人ですか?
仕事とプライベートでわける形で、2台目のスマホを求めている人にはおすすめです。ほかにも通話アプリの利用者はSIMの音声通話機能の利用機会が少ないので、データ通信専用がお得でしょう。
データ通信だけのSIMでも通話はできますか?
SIM単体ではできません。LINEやSkypeのような通話アプリが必要です。
データ通信無制限の格安SIMはありますか?
あります。ただし月額料金が割高になるので気をつけてください。さらに1日の通信量が多すぎると、その日は速度制限がかかるおそれもあります。
格安SIMの解約を考えていますが、なにかリスクはありますか?
とくにありません。格安SIMは基本的に解約料金を設けていないからです。
通信速度やデータ量以外に、格安SIMを選ぶ基準はなんですか?
月額料金の安さ、余ったデータの翌月繰り越しの有無、回線の強さなどから考えるとよいでしょう。

まとめ

格安SIMは大手に負けないクオリティで、安く利用できるのが特徴です。そのなかでデータ通信専用は、インターネットの利用機会が多い人におすすめでしょう。

データ通信専用は格安SIMのなかでもとくに安く使えるうえに、コストパフォーマンスが期待できます。

注意点として大手より速度が限られていることもあげられます。それでも優良な格安SIMなら、快適にインターネットを楽しめるでしょう。

これから新しいスマホを手に入れたいなら、データ通信に特化した格安SIMを考えてみませんか。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事