おすすめの格安スマホ料金比較ランキング

格安スマホは今やテレビCM等でも積極的に宣伝されており、大手キャリアに迫る勢いで支持を集めているといっても過言ではありません。

ただ格安スマホといっても様々な格安スマホ会社があり、新規申し込みや乗り換え方について迷っている方も少なくないと思います。

そこで当記事では、おすすめ格安スマホを厳選して基本情報や特徴などを紹介。料金プランを比較し安いものを上位にランキング形式で発表しますのでチェックしておきましょう。

格安スマホのおすすめの会社やiPhoneでも使える格安スマホなども解説します。

おすすめの人気格安スマホ比較

この記事でおすすめの格安スマホは以下の3つです。

格安SIM

格安スマホおすすめ3選
  • LINEMO

LINEが使い放題!通信容量超えてもギガフリー!

  • Y!mobile

→全国店舗展開で初心者の方にもおすすめ!

  • 楽天モバイル

→1GB以内は月額料金0円!シンプルなプランで安心!

スマホ料金を安く抑えたいなら格安スマホへの乗り換えをおすすめします。自分にぴったりのプランや格安スマホ会社がこの記事で見つけることができるでしょう。

おすすめ格安スマホ11選

LINEMO
Y!mobile
楽天モバイル
UQ mobile
ahamo
IIJmio
mineo
J:COMモバイル
トーンモバイル
イオンモバイル
QT mobile
LINEMOロゴ
Y!mobile
楽天モバイル
UQモバイル
IIJemio
マイネオ
J:COMモバイル
TONE MOBILE
イオンモバイル
月額料金
今なら実質0円〜
2,178円(税込)~
0円〜
1,628円
(税込)〜
2,970円(税込)〜
440円(税込)~
880円(税込)~
1,078円(税込)〜
1,100円(税込)〜
858円(税込)〜
1,100円(税込)〜
契約期間
-
プランにより
異なる
期間縛りなし
プラン有り
1年
なし
契約月の
翌月末日
なし
なし
2年
なし
-
月間データ容量
3GB〜
最大30GB
【楽天回線】
データ無制限
最大25GB
最大100GB
最大20GB
最大20GB
最大20GB
実質無制限
最大50GB
最大30GB
最大通信速度
-
-
-
-
非公開
-
-
-
-
-
-
使用回線
ソフトバンク
ソフトバンク
楽天回線/
パートナー回線
(au回線)
au
ドコモ
ドコモ/au
ドコモ/au/
ソフトバンク
au
ドコモ
ドコモ/au
ドコモ/au/
ソフトバンク
キャンペーン
10,000円相当
のPayPayボーナス

PayPayポイント最大3,000円相当!

最大35,000円相当
楽天ポイント還元!

Web限定!
最大15,000円
キャッシュバック!

-

全プラン1GB増量

パケット放題Plus最大2ヶ月間無料!

Web限定!
初期費用が
今なら無料!
60歳以上対象
基本プランが
最大1年間0円!
2021年10月1日から月額基本料金220円値下げ!
iPhone限定!
30,000円還元!

LINEMO(ラインモ)

LINEMOの基本情報

LINEMO(ラインモ)のおすすめポイント
  • 3Gのミニプランは990円(税込)
    →今なら最大8ヶ月実質0円キャンペーン中!
  • LINEアプリが通信量消費なしで使い放題
  • 3Gと20Gのシンプルな2プラン
  • 国内通話オプションが1年間無料!
  • ソフトバンク回線で通信が安定、5Gも利用可能
  • 乗り換えでPayPayボーナス14,000相当もらえる!

3Gミニプランは990円(税込)今なら最大半年間実質無料!

LINEMOは3GBのミニプランが月額基本料990円(税込)とお得ですが、さらに今なら契約から最大8ヶ月間、月額料金が実質無料となるキャンペーンを開催中です。

 ミニプランを新たに契約すると、月額料金相当のPayPayポイント990円相当を半年間毎月付与されます。月990×8カ月=7,920円もお得に利用可能です。

また、LINEMOでは通常でも他社からの乗り換えでPayPayボーナス14,000相当プレゼントのキャンペーンも行っていますので、スマホ代を節約したい方におすすめです。

ソフトバンクやワイモバイルからの乗り換えはキャンペーン対象外となってるので気をつけましょう。

LINEアプリ利用時のデータ消費ゼロ!

LINEMO

LINEMOの最大の特徴はLINEアプリでの通信量がかからない点です。メッセージだけでなく、音声通話・テレビ電話もデータ消費ゼロで利用できます。

 仮に速度制限がかかってもLINEアプリの速度は落ちないのでデータ量を気にせずに利用できます。※1

LINE通話やビデオをメインの連絡手段として利用する方にとっては大きいメリットと言えるでしょう。

LINEをメインで使う方は3G/990円(税込)のプランでも十分に利用できる可能性があります。

5分以内の国内通話無料

LINEMOでは、契約から1年間、5分以内の国内通話が無料になる割引キャンペーンを実施中です!

通話準定額 通話定額
通話可能時間 5分以内 かけ放題
キャンペーン中 0円 1,100円(税込)/月
1年無料
キャンペーン後の金額
550円(税込)/月 1,650円(税込)/月

LINEを利用していない人への連絡や、公的機関やお店の予約、仕事の取引先など、5分以上通話する場合はかけ放題が安心です。

通話定額でもキャンペーン中の1年間は550円分値引きされます。
運営会社 ソフトバンク株式会社
回線 Softbank
料金プラン(税込)
  • ミニプラン:990円/月
  • スマホプラン:2,728円/月
データ容量
  • ミニプラン:3GB/月
  • スマホプラン:20GB/月
音声通話(税込) 22円/30秒
通話オプション(税込)
  • 通話準定額(5分):550円/月
  • 通話定額:1,650円/月

  ※キャンペーンではない金額

利用できるiPhone
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など

出典:注釈
LINEMO(ラインモ)
※1:時間帯により速度制御の場合あり

Y!mobile

Y!mobileのおすすめポイント
  • PayPayポイント最大15,000円相当もらえる
  • ソフトバンク回線で比較的通信速度が安定している
  • 余ったデータは翌月も繰り越せる
  • ネット申込で事務手数料が0円
  • オンラインで故障交換もできる

PayPayポイント最大15,000円相当もらえる

Y!mobileの格安スマホは、PayPayとの連携や「Yahoo! JAPAN」などの利用でお得に使える点が特徴です。

実施中の「新どこでももらえる特典」と「SIMご契約特典」に加え、今なら「PayPayボーナス7,000円相当戻ってくる20%上乗せキャンペーン」の実施で最大15,000円相当もらえてお得です。

特典名 特典額
新どこでももらえる特典 3,000円相当
SIMご契約特典 5,000円相当
PayPayボーナス7,000円相当戻ってくる
20%上乗せキャンペーン
7,000円相当
合計 15,000円相当

特典の最大額をフルで受け取るためには申し込み前にエントリーが必須となってきますので、Webからエントリーするのを忘れないようにしましょう。

全国に約5,000店舗を展開!相談先に困らない

ワイモバイルは全国に4,000もの取り扱い店舗があり、約1,000のワイモバイルショップを全国展開しています。

格安スマホを扱うMVNOは店舗の展開があまりなく、「直接相談できない…」といった状況も少なくありません。

ワイモバイルであれば合計約5,000店舗あるため、相談先に困らなそうですね。

公式サイトでショップ情報を検索できるので、近くのショップをすぐ確認できます。

自分にぴったりなプランを診断できる

自分に最適なプランがわからない場合は、スマホのプラン診断を実施しましょう。

診断方法は、WEBの閲覧や動画視聴など、1日どれくらい使用するかを入力するだけ。

3種類のシンプルプランのなかから最も合っているものを提案してくれます。

大きく3つのプランは以下の人に向いているとされているため、ぜひ参考にしてみましょう。

最適なプランの判断基準
  • シンプルS:メールとインターネットがメイン
  • シンプルM:アプリの利用が多い
  • シンプルL:動画・ゲームを頻繁に利用する

あくまで目安となりますが、プラン選びに迷ったときは診断を活用してみてください。

運営会社 ソフトバンク株式会社
回線 Softbank
料金プラン(税込)
  • シンプルS:2,178円/月
  • シンプルM:3,278円/月
  • シンプルL:4,158円/月
データ容量
  • シンプルS:3GB/月
  • シンプルM:15GB/月
  • シンプルL:25GB/月
音声通話(税込) 22円/30秒
通話オプション(税込)
  • だれとでも定額(1回10分):770円/月
  • スーパーだれとでも定額(S):1,870円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など
注釈・出典

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • プラン料金1GBまで実質無料!
  • 楽天マガジンが3カ月無料
  • 最大24,000ポイント還元中
  • 月額3,278円(税込)でデータ無制限の使い放題
  • Web申込後約5分で乗り換え完了※eKYC利用の場合
  • アプリ利用で国内通話が0円

すべての人に最適なワンプランを提供

楽天モバイルは、すべての人に最適な「ワンプラン」を提供している点が特徴です。

 使った分だけ料金が発生するため、使用データ量が少ないときは安く、多いときはそれに伴いアップするという無駄がない仕組みとなっています。

20GB超過した分については無制限で月額3,278円(税込)となるため、仮に100GB使っても20GB使用時と料金は変わりません。以下表に料金プランについてまとめています。

3GBまで 月額1,078円(税込)
20GBまで 月額2,178円(税込)
20GB超過分 月額3,278円(税込)

楽天回線エリアは2021年内に人口カバー率96%(※公式サイトより)へ拡大予定となっているため、幅広い地域でストレスなく使用できる可能性があるでしょう。

Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

国内通話は通常30秒あたり22円(税込)かかりますが、Rakuten Linkアプリを使えばかけ放題となります。

 Rakuten Linkを利用していないスマートフォンや固定電話へかけ放題となり、海外から国内への場合もかけ放題です。

Rakuten Link同士であれば通話だけでなくメッセージも無料となります。アプリはiPhone・Androidともに無料でダウンロードできるため、ぜひ活用しましょう。

運営会社 楽天モバイル株式会社
回線 楽天・ドコモ・au
料金プラン(税込)
  • 1,078円/月
  • 2,178円/月
  • 3,278円/月(1GBまで0円)
データ容量
  • 1GB
  • 3GB
  • 20GB
  • 無制限
音声通話(税込)
  • Rakuten Linkアプリ:国内通話無料
  • 通常:国内通話30秒22円
通話オプション(税込)
  • 10分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など
注釈・出典

UQ mobile

UQモバイル

UQmobileのおすすめポイント
  • 人口カバー率99.9%超※2020年12月末時点
  • 15日間無料でお試しできる!
  • 余ったデータは翌月に繰り越し可能
  • 節約モードならSNSを利用してもデータ消費0
  • スマホ下取りサービスで安く乗り換えできる!
  • @uqmobile.jpのキャリアメールアドレスを提供

余ったデータを繰り越せるプランを提供

UQ mobileでは、余ったデータを繰り越せる「くりこしプラン」を提供しています。

 基本データ容量は3GB・15GB・25GBに分かれており、例え多めの容量となるプランを選択していても余った分は繰り越せるため無駄がありません。

使用データ容量がまちまちで、月により大きく変動するといった人でも安心して利できます。

@uqmobile.jpのメールアドレスを提供

月額220円(税込)で@uqmobile.jpのメールアドレスを提供しています。対応機種はUQ mobileが提供する製品で、サーバー保存期間は30日間です。

メールサイズは1通あたり最大3MBまでとなっており、ファイルも添付できます。メールを使用する機会が多くキャリアアドレスが必要な場合は、ぜひ活用しましょう。

運営会社 UQコミュニケーションズ株式会社
回線 au
料金プラン(税込)
  • くりこしプランS:1,628円/月
  • くりこしプランM:2,728円/月
  • くりこしプランL:3,828円/月
データ容量
  • くりこしプランS:3GB/月
  • くりこしプランM:15GB/月
  • くりこしプランL:25GB/月
音声通話(税込) 22円/30秒
通話オプション(税込)
  • 通話パック(60分/月):550円/月
  • かけ放題(10分/回):770円/月
  • かけ放題(24時間いつでも):1,870円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など

注釈・出典

ahamo

ahamoのおすすめポイント
  • ドコモの新料金プランで安定のネットワーク
  • 基本プランは20GB/月2,970円のみでシンプル
  • ahamo大盛りだと100GB+国内通話5分かけ放題/月4,950円
  • 送料・事務手数料・解約金0円
  • 時間帯による速度制限もなし
  • オンラインでサクッと契約、24時間いつでも受付可能
  • 国内通話5分以内何回でもかけ放題
  • 海外データ通信20GBまで無料

ドコモの新料金プランで安定のネットワーク

ahamoはドコモから2020年6月より打ち出された新料金プランです。大手キャリアのドコモの回線をそのまま使用しプラン料金は安くなっているので、通信の安定とプランのお得さを求める人におすすめ

 シンプルでわかりやすい申し込みサイトが用意されており、オンラインでサクッと契約することができます。24時間いつでも受付可能です。

また、送料・事務手数料・解約金0円なので初期費用を抑えたい方にもおすすめできるプランといえます。基本プランは20GB/月2,970円のみで非常にわかりやすいです。

ahamoの料金プラン
20GB 月額2,970円(税込)
100GB(大盛りオプション+80GB) 月額4,950円(税込)

ahamo大盛りで大容量100GB+5分以内の国内通話がついて4,950円(税込)

ahamoの基本プランは20GBのみですが、もっとネットを楽しみたい方は「ahamo大盛り」で100GBにすることが可能。国内通話5分かけ放題も基本料金に含まれています。

 100GB+5分かけ放題で月額4,950円。ドコモ回線を使った高品質なネットワーク網なので一般的な格安SIMよりもお得な可能性も。

大盛りでもテザリング可能なのでWi-Fi環境のない場所でPCやタブレットを使う機会のある方はぜひ検討してみてください。

運営会社 株式会社NTTドコモ
回線 ドコモ
料金プラン(税込) 20GB:2,970円/月
データ容量
  • 20GB
  • 100GB(大盛りオプション)
音声通話(税込)
  • 通常:国内通話5分無料
  • 超過後:国内通話30秒22円
通話オプション(税込)
  • かけ放題オプション:+1,100円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など
注釈・出典

IIJmio

IIJmioのおすすめポイント
  • SIMカード契約数シェアNo.1※1の人気MVNO
  • 他社から乗り換えでスマホ最安1,980円(税込)〜
  • MNP転出料・契約解除料なし
  • 余ったデータは翌月も繰り越せる

※1 MM総研 国内MVNO市場規模の推移(2020年9月末)より。

SIMの機能とデータ量を自由に組み合わせる

おすすめ格安スマホ7選

IIJmioのギガプランでは、SIMの機能とデータ量を自由に組み合わせられます。以下にプラン料金をまとめているためチェックしておきましょう。以下料金は税込です。

プラン名 2ギガ 4ギガ 8ギガ 15ギガ 20ギガ
音声 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円
SMS 820円 970円 1,470円 1,780円 1,980円
データ(タイプDのみ) 740円 900円 1,400円 1,730円 1,950円
eSIM(データ通信ドコモ網のみ) 440円 660円 1,100円 1,430円 1,650円

選択肢が多いため、自分に合ったプランを選びやすくなっています。なお、ドコモ・auの回線どちらも選択可能です。

データ容量をシェアできる

2021年6月1日(火)にスタートし、家族で余ったデータ量をシェアしたり、あるいは複数のグループを作って分け合えたりできる便利なサービスとなります。

ただし、ギガプラン以外で利用中のIIJmio回線とのシェアはできません。また、家族で別々のmioIDにて契約の場合についてもシェアはできないため注意しましょう。

運営会社 株式会社インターネットイニシアティブ
回線 ドコモ・au
料金プラン(税込)
  • 2ギガプラン:850円/月
  • 4ギガプラン:990円/月
  • 8ギガプラン:1,500円/月
  • 15ギガプラン:1,800円/月
  • 20ギガプラン:2,000円/月
データ容量 2GB・4GB・8GB・15GB・20GBから選択
音声通話(税込) 22円/30秒
通話オプション(税込)
  • 通話定額5分+:500円/月
  • 通話定額5分+:700円/月
  • かけ放題+:1,400円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など
注釈・出典

mineo

mineoのおすすめポイント
  • 2年連続「格安SIMアワード 総合満足度No.1」を獲得した人気MVNO※1
  • 端末、電話番号を変更せずに乗り換え可能
  • 3大キャリア対応で500種類以上の端末で使える
  • 全国誰とでもパケットを分け合える

mineoは全国のユーザー同士がパケットをシェアできる点が特徴のMVNOです。

「MVNO業種 顧客満足度 1位」や「格安SIMアワード2020下半期 コストパフォーマンス部門 No.1※3」など数々の実績があり、人気の格安スマホ会社です。

※1RBB TODAY「格安SIMアワード2020上半期」、「格安SIMアワード2020下半期」より。※2 2020年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査より。※3 RBB TODAY「格安SIMアワード2020下半期」より。

ちょうどいい料金プラン「マイピタ」を提供

スマホ

mineoでは「マイピタ」といい、必要なものを必要なだけ自由に選べる料金プランを提供しています。データ容量は1GB・5GB・10GB・20GBの4つから選択可能です。

なお、デュアルタイプ(音声通話+データ通信)とシングルタイプ(データ通信のみ)のどちらを選んでも、Aプラン・Dプラン・Sプランの料金は変わりません。

プラン名 シングルタイプ(税込) デュアルタイプ(税込)
1GB 880円 1,298円
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円

容量を使い切った場合は、最大200kbpsで通信可能です。なお、5G通信オプションは月額220円(税込)で提供されています。

3大キャリアからそのまますぐに乗り換え可能

mineoはドコモ・au・Softbankの3大キャリア対応となっているため、現在使っている端末や電話番号もそのまま乗り換えできます

500種類以上の端末で利用でき、3大キャリアで使っている端末の場合はSIMカードを入れ替えるだけと簡単な点も特徴です。

iPhoneも利用できるため、使用できる端末の種類は大変幅広くなっています。
運営会社 株式会社オプテージ
回線 ドコモ・au・Softbank
料金プラン(税込)

【デュアルタイプ】

  • 1GB:1,298円/月
  • 5GB:1,518円/月
  • 10GB:1,958円/月
  • 20GB:2,178円/月

【シングルタイプ】

  • 1GB:880円/月
  • 5GB:1,265円/月
  • 10GB:1,705円/月
  • 20GB:1,925円/月
データ容量 1GB・5GB・10GB・20GBから選択
音声通話(税込) 22円/30秒
通話オプション(税込)
  • 30分/月:924円
  • 60分/月:1,848円
利用できるiPhone
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など
注釈・出典

J:COMモバイル

J:COMモバイルのおすすめポイント
  • 5GBで月額1,628円と格安
  • 1GB月額1,078円〜
  • 速度制限後も最大1Mbpsで速い
  • シニア60割ならかけ放題(5分/1回)+1GBで1,078円

1GBの料金がずっと月額1,078円

格安スマホ端末を選ぶ際の注意点

J:COMモバイルは、期間の条件なし・年齢制限なし・1回線目から1GB1,078円のプランを提供している点が特徴です。

以下表に「J:COM MOBILE Aプラン ST(5G/4GLTE)」の料金についてまとめています。

1GB 月額1,078円(税込)
5GB 月額1,628円(税込)
10GB 月額2,178円(税込)
20GB 月額2,728円(税込)

速度制限後も最大1Mbpsで速い

またJ:COMモバイルなら、データ通信量を超過した場合の速度制限時でも最大1Mbpsと速いのも特徴です。

運営会社 JCOM株式会社
回線 au
料金プラン(税込)
  • 1,078円/月(1GB)
  • 1,628円/月(5GB)
  • 2,728円/月(20GB)
データ容量
  • 1GB〜20GB
音声通話(税込)
  • 通常:国内通話30秒20円
通話オプション(税込)
  • かけ放題(5分/回):550円/月
  • かけ放題(60分/回):1,650円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など

注釈・出典

トーンモバイル

トーンモバイルオリジナル端末使用で月額1,100円

トーンモバイルのおすすめポイント
  • 月額1,100円でデータ容量無制限
  • 端末代金と月々の利用料でTポイントが貯まる
  • ボタン1つで親向け、子供向け、シニア向け画面に変わる
  • スマホの利用制限、現在地確認が可能
  • 家族間でやりとりできる『Oneメッセンジャー機能』搭載

トーンモバイルオリジナル端末使用で月額1,100円

カシモWIMAXは最短翌日発送

トーンモバイルオリジナル端末使用で、月額1,100円でデータ容量無制限に使用できます。※動画視聴を除く

 ギガ放題、090と050の2つの電話番号で月額1,100円は業界最安値の水準でしょう。電話かけ放題も月額770円です。

以下表は端末代金とSIMの料金です。

トーンモバイルオリジナル端末代金 一括9,980円(税込)、分割12回払い月額832円
SIMのみの基本プラン 月額1,100円(税込)

4つのホーム画面

誰でも使いやすいように4つのホーム画面が設定されており、親向け・シニア向け・キッズ向けにワンタッチで変更可能です。

運営会社 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
回線 ドコモ
料金プラン(税込)

1,100円(トーンモバイルオリジナル端末使用時)

1,100円(TONE SIM for iPhone)

データ容量 無制限
※動画以外のインターネットが無制限
音声通話(税込)
  • 通常:国内通話30秒11円
  • トーンモバイル同士:無料
通話オプション(税込)
  • TONE電話かけ放題オプション(1回10分):770円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など

注釈・出典

イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルのおすすめポイント
  • 音声プラン1GBで月額858円と格安
  • 最低利用期間なし、解約金ゼロ
  • ドコモ回線とau回線の2種類がある
  • 全国のイオンで申し込み可能
  • さいてきプラン・さいてきプランMORIMORI・やさしいプランの3つから選べる

さいてきプラン・さいてきプランMORIMORI・やさしいプランの3つを提供

音声SIMプラン・シェアプラン・データプランの3つを提供

イオンモバイルは、「さいてきプラン・さいてきプランMORIMORI・やさしいプラン」の3つのプランを提供している点が特徴です。

 10GBまでの方はさいてきプラン、12GB〜50GBの方はさいてきMORIMORIプラン、0.2GB〜8GBの方はやさしいプラン利用になります※やさしいプランは60歳以上限定

以下表に「さいてきプラン」の音声SIMプランの料金についてまとめています。

1GBまで 月額858円(税込)
3GBまで 月額1,078円(税込)
20GBまで 月額1,958円(税込)
50GB 月額5,258円(税込)

2021年10月1日から値下げ

併用不可キャンペーン

2021年10月1日より、音声プランとシェア音声プランの月額基本料金の値下げが行われました。

 一律220円に値下げ、国内音声通話料は30秒11円に値下げされています。

また「シェア音声プラン」の2枚目以降のSIMカードの追加が1人あたり税込み220円でできるようになりました。

運営会社 イオンリテール株式会社
回線 ドコモ・au
料金プラン(税込)
  • 858円/月(1GB)
  • 1,298円/月(5GB)
  • 3,058円/月(30GB)
データ容量
  • 0.5GB〜50GB
音声通話(税込)
  • 通常:国内通話30秒22円
通話オプション(税込)
  • イオンでんわフルかけ放題:1,650円/月
  • イオンでんわ10分かけ放題:935円/月
  • イオンでんわ5分かけ放題:550円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など

注釈・出典

QTモバイル

QTモバイル

QTモバイルのおすすめポイント
  • QTモバイル指定の人気機種30,000円キャッシュバックキャンペーン実施中
  • AタイプDタイプの2GBプランならずっと月額880円と格安
  • 九州電力ユーザーなら月額110円の割引
  • ショップでもWEBでも申し込み可能

AタイプDタイプの2GBプランならずっと月額880円

AタイプDタイプの2GBプランならずっと月額880円

QTモバイルは、D・Aタイプ「データ+通話」コースに「九州電力まとめてあんしん割適用」および「BBIQ×QTモバイルセット割り」適用で、2GB月額880円で契約可能です。※2021年10月1日より開始

以下表に「データ+通話コース」の料金についてまとめています。

九州電力まとめて割
BBIQ×QTモバイルセット割
適用料金
通常料金
2GB 月額880円(税込) 月額1,100円(税込)
6GB 月額1,430円(税込) 月額1,760円(税込)
20GB 月額1,870円(税込) 月額2,200円(税込)
30GB 月額2,970円(税込) 月額3,300円(税込)

新生活応援キャンペーンで最大30,000円キャッシュバック!

2022年4月31日までQTモバイル指定の人気機種限定で最大30,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

のりかえ(MNP)で「データ+通話」コース契約で対象端末購入と6ヶ月の継続利用が確認できたところでキャッシュバックが受けられます。

運営会社 QTnet
回線 ドコモ・au・ソフトバンク
料金プラン(税込)
  • 1,100円/月(2GB)
  • 1,760円/月(6GB)
  • 3,300円/月(30GB)

※割引適用なしDプラン、Aプランの場合

データ容量
  • 2GB〜30GB
音声通話(税込)
  • 通常:国内通話30秒11円
通話オプション(税込)
  • 無制限かけ放題:1,600円/月
  • 10分かけ放題:880円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など

注釈・出典

HISモバイル

 

H.I.Sモバイルのおすすめポイント
  • 「価格.com 格安SIMカードカテゴリ人気ランキング2020」で第1位
  • データ通信のみ月額198円~、音声通話付き月額590円~利用
  • ソフトバンク回線では6段階の上限切替設定で利用料を調整
  • 使用データ量をあらかじめ決めておくことで料金割引

ピタッ!プランならデータ通信のみ月額198円~、音声通話付き月額1,078円~

ピタッ!プランならデータ通信のみ月額198円~、音声通話付き月額1,078円~

H.I.Sモバイルは、『ピタッ!プラン』なら6段階の上限切替設定で、毎月の料金と利用量の調整ができます。

 使った分だけの支払いなので、使用していないデータに無駄な料金を支払う必要がありません。

以下表に「ピタッ!プラン」のデータ専用の料金についてまとめています。

基本料金 198円〜5,775円
回線
  • NTTドコモ
  • ソフトバンク
データ量 100MB〜30GB
データ追加 330円/1GB

また「ピタッ!プラン」以外にもあらかじめデータ量を決めておくことで料金が安くなるプランも用意されています。

「価格.com 格安SIMカードカテゴリ人気ランキング2020」で第1位

価格.comの格安SIMカテゴリにおいて第1位を獲得しており、いまなお人気の格安SIMです。※(集計期間:2020年1月1日~12月31日)

運営会社 H.I.S.Mobile株式会社
回線 ドコモ・ソフトバンク
料金プラン(税込)
  • 590円/月(1GB)
  • 1,190円/月(5GB)
  • 1,790円/月(10GB)

※あらかじめデータ量を設定のずーっと割引適用時

データ容量
  • 100MB〜30GB
音声通話(税込)
  • 通常:国内通話30秒/22円
通話オプション(税込)
  • 5分かけ放題定額オプション:700円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone SE(第2世代) など

注釈・出典

OCNモバイルONE

OCNモバイル

OCNモバイルONEのおすすめポイント
  • 「docomo回線通信品質」3期連続・総合1位評価獲得※2021年9月(公式サイトより)
  • OCNセット割引でAmazon Music Unlimited個人プランがお得に使える
  • SIMカードは即日受け取り可能

1GB770円(税込)とお得な料金設定

price

音声対応SIM(インターネット・SNS・通話)ができるプランで、以下のようなお得な料金設定となっています。

通信容量・コース名 音声対応SIMカード料金(税込)
500MB/月コース 550円
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 900円
6GB/月コース 1,200円
10GB/月コース 1,600円

電話もネットも使用できてコストを抑えられるため、大変お得にスマートフォンを利用可能です。

端末のラインナップが豊富

OCNモバイルONEでは、全部で23種類ものスマートフォンを扱っています。そのため、好みの端末に出会いやすいでしょう。

主な取り扱い端末
  • iPhone12シリーズ
  • OPPO Find X3 Pro
  • Mi 11 Lite 5G
  • Redmi 9T
  • AQUOS sense4 plus など

最新モデルとなる機種も取り揃えているため、お得に使いたい人は要チェックです。

運営会社 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
回線 ドコモ
料金プラン(税込)
  • 500MB:550円/月
  • 1GB:770円/月
  • 3GB:990円/月
  • 6GB:1,320円/月
  • 10GB:1,760円/月
データ容量 500MB・1GB・3GB・6GB・10GBから選択
音声通話(税込) 11円/30秒
通話オプション(税込)
  • 10分かけ放題:935円/月
  • トップ3かけ放題:935円/月
    ※その月の通話料の上位3番号の通話料が自動的に0円
  • 完全かけ放題:1,430円/月
利用できるiPhone
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
注釈・出典

y.u mobile

y.u mobile

y.u mobileのおすすめポイント
  • 格安スマホ 通信速度満足度 No.1、 口コミ満足度 No.1コストパフォーマンス No.1

  • すべてのギガに有効期限がなし
  • スマホ修理保険で年間最⼤3万円(⾮課税)まで補償!
  • 安定した通信速度

U-NEXTも見れるお得な料金設定

U-NEXTも見れるお得な料金設定

「シングルU-NEXTプラン」「シェアU-NEXTプラン」はU-NEXTが見放題のプランになります。

U-NEXTの月額料金込みの値段になるため、もともとU-NEXTを契約していた方、しようと思っていた方はコスパよく利用することができます。

以下がそれぞれの料金です。

コース名 通信容量 料金
シングルコース(U-NEXTなし) 5GB/月 1,070円/月
シングルU-NEXT 10GB/月 2,790円/月
シェアU-NEXT 20GB/月 4,170円/月

全てのギガに有効期限無し!

y.u mobileなら有効期限無しで未使用のギガを貯めることができます。

未使用分の容量は100GBまでなら、繰り返して利用できるためギガもお金も無駄になることがありません!

毎月の利用料が少ない方におすすめです。
運営会社 Y.U-mobile 株式会社
回線 ドコモ
料金プラン(税込)
  • 5GB:1,070円/月
  • 10GB:2,790円/月
  • 20GB:4,170円/月
データ容量 5GB、10GB、20GBの3つから選択
音声通話(税込) 22円/30秒
通話オプション(税込)
  • 10分かけ放題 550円/⽉
  • 無制限かけ放題 1,400円/⽉
  • 留守番電話 330円/⽉
利用できるiPhone
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ など
注釈・出典
※MVNOサービス 『y.u mobile』において、日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)がおこなった格安スマホについてのアンケート調査

おすすめ格安スマホ プラン料金比較ランキング

ここまで紹介した格安スマホのなかから、プラン料金がお得で安く利用できるものを上位にランキングを作成しています。

なお、特典によるプラン料金はランキングの対象としていません。あくまで、ギガ数も関係なく最も安い料金設定となるものを選んでいます。

1楽天モバイル|1GBまで:0円

楽天モバイルLP

楽天モバイルでは1GBまでは0円という、各社と比較しても圧倒的なお得さを実現しています。

使った分だけの料金設定と言う「ワンプラン」が特徴なため、一人ひとりに合った利用料で毎月使い続けられる点は大きな魅力です。

運営会社 楽天モバイル株式会社
料金プラン(税込)
  • 1,078円/月
  • 2,178円/月
  • 3,278円/月(1GBまで0円)
データ容量
  • 1GB
  • 3GB
  • 20GB
  • 無制限

2HISモバイル

HISモバイル

1GBのプランを月額590円で利用することができます。3GBスタートなら月額790円と、ドコモ回線で業界最安値の料金設定です。

ギガがいらないからとにかく安く済ませたい!という方にピッタリの格安スマホ(SIM)ではないでしょうか。
運営会社 H.I.S.Mobile株式会社
料金プラン(税込)
  • 590円/月(1GB)
  • 790円/月(3GB)
  • 1,190円/月(5GB)
  • 1,790円/月(10GB)

※あらかじめデータ量を設定のずーっと割引適用時

データ容量
  • 100MB〜30GB

3OCNモバイルONE|500MB:550円(税込)

OCNモバイル

500MB月々550円(税込)という低価格での提供により、毎月の負担を少なく使い続けられます。

最も高額なプランでも月々1,760円(税込)となるため、コストをかけずに所持できる格安スマホを探している人はチェックしておきましょう。

運営会社 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
料金プラン(税込)
  • 1GB:770円/月
  • 3GB:990円/月
  • 6GB:1,320円/月
  • 10GB:1,760円/月
データ容量 500GB・1GB・3GB・6GB・10GBから選択

4IIJmio|2GB:858円(税込)

IIJmioLP

2GBで月々858円(税込)となっており、1GBからの格安スマホが多いなか、使い勝手の良さが伺えます。

最大20GBまでのプランが用意されており、毎月スマートフォンのデータ容量使用が多い人にとってもコストを抑えて使用可能です。

運営会社 株式会社インターネットイニシアティブ
料金プラン(税込)
  • 2ギガプラン:850円/月
  • 4ギガプラン:990円/月
  • 8ギガプラン:1,500円/月
  • 15ギガプラン:1,800円/月
  • 20ギガプラン:2,000円/月
データ容量 2GB・4GB・8GB・15GB・20GBから選択

格安スマホとは?

格安スマホとは

格安スマホとは?

格安スマホとは、本体(端末)SIMカード(格安SIM)でできています。

 「格安SIM」を対応のスマホに挿入して設定をすると「格安スマホ」となりいつでもお得に利用開始することができます。

「格安SIM」だけ購入してお使いのスマートフォンに挿して利用することもできますし、「格安SIM」+「端末」をセットで買うことも可能です。

当記事でも様々な格安スマホ・SIMを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

月額料金や端末代金のバランスをご自身のライフスタイルに合わせて選ぶことで最適な格安スマホを持つことができるでしょう。

格安スマホはなぜ安いの?

悩み 女性②

格安スマホとは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比較して携帯料金(月額料金・端末代)が安くなる通信サービスです。

 大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の通信整備の一部を借り受けてサービスを提供しており、店舗を設けている事業者は少ないです。

一般的にスマートフォンにはSIMカードが差し込まれていますが、このSIMカードを自身で格安スマホ会社のものと入れ換えて設定するだけで利用することができます。

設備の維持費用や人件費もかからないため、その分通信費を安く提供できるというわけです。

格安スマホのメリット・デメリット

格安スマホのメリット

格安スマホのメリット

格安スマホのメリット
  • 月々の料金を安く抑えやすい
  • 契約期間の縛りがない場合がある
  • 最適な料金プランを選びやすい

月々の料金を安く抑えやすい

毎月の料金を抑えて利用できる点は、格安スマホを契約する最大のメリットと言っても過言ではありません。

最も低いギガ数であれば1,000円を切る場合も少なくないため、家計の節約にも効果を発揮します。

契約期間の縛りがない場合がある

格安スマホのメリット

大手キャリアでは、いわゆる2年縛りというものがあります。これにより、解約するタイミングによっては違約金が発生し支払わなければならないのです。

しかし、格安スマホでは縛りのないケースがあるため、大手キャリアに比べて乗り換えがしやすい点はメリットと言えます。

場合によっては1年以上使用しなければいけないといったケースもゼロではないため、事前に確認しておきましょう。

最適な料金プランを選びやすい

料金プランがわかりやすく、使用するギガ数などが細かく設定されているため自分にとって最適なものを選びやすくなっています。

使用した分だけ料金が加算されるものや、余ったギガは翌月に繰り越せるなど、大手キャリアに引けを取らない魅力あるサービスが提供されているのです。

格安スマホのデメリット

格安スマホのデメリット
  • キャリアサービスが使用できない場合がある
  • 通信速度が安定しない場合がある
  • サポートしてくれる店舗がない場合が多い

キャリアサービスが使用できない場合がある

キャリアメールやキャリア決済といった、大手では当たり前のサービスを利用できない場合があります。

なかにはキャリアメールを提供する格安スマホもありますが、オプションで料金が発生することがあるため注意しましょう。

ビジネスシーンなどでキャリアメールを使用することがある人は、事前に確認しておくべきです。

通信速度が安定しない場合がある

格安スマホのデメリット

大手キャリアに比べて、格安スマホは通信速度が安定しにくい傾向にあります。その理由としては、大手通信会社の電波を借りているためです。

遅いといっても操作に支障をきたすほどではなく、動画視聴など通信容量の大きいものを利用する以外は特に気になるレベルではないでしょう。

Wi-Fi環境下であれば、問題なくサクサクと操作ができます。

サポートしてくれる店舗がない場合が多い

格安スマホブランドによっては、実店舗が少なく担当者と顔を合わせて相談できない場合が考えられます。

スマホ操作に不安があり、対面でサポートを受けたい人にとってはデメリットとなるため、事前に店舗の有無や数についてはリサーチしておきましょう。

おすすめの格安スマホの選び方

格安スマホの選び方

格安スマホを選ぶ際にチェックすべきポイントを紹介します。

格安スマホを選ぶ際のポイント
  • プランの種類
  • 通話の必要性
  • データ通信容量

プランの種類

各社でさまざまな料金設定でプランを提供しています。格安スマホの良い部分であるシンプルな料金体系から、最も自分に合うものを選びましょう。

プラン数が多ければそれだけ最適なものを選びやすくなります。事前にチェックしておくことが重要です。

通話の必要性

格安スマホの選び方

格安スマホには通話ができるSIMカードとデータ通信専用のSIMカードがあります。そのため、契約の際は事前に通話の必要性について考えておく必要があるでしょう。

通話はせずにLINE等でやり取りをする場合は、データ通信専用SIMカードの契約をおすすめします。

データ通信専用SIMは料金が安いため、毎月の負担も軽減できる点が特徴です。

データ通信容量

毎月どれくらいのデータ容量を使うかで、最適な設定となる格安スマホを契約しましょう。

各社で1GB~30GBなど、段階的に分けられプラン料金が設定されています。事前に自分は毎月どれくらい使っているかを把握しておくと選びやすくなるでしょう。

 楽天モバイルのように、使った分だけ料金が発生するワンプランも登場しています。

たとえデータ容量が余った場合でも繰り越せるプランもあり、無駄にならない点が特徴です。

格安スマホに乗り換える前の注意点

スマホを触る人

格安スマホに乗り換えることで、月々のスマホ料金を抑えられることに加えて、契約期間に縛られずに使えることがメリットです。

たくさんのメリットが得られることから、格安スマホへの乗り換えを考えている方も多いでしょう。しかし、格安スマホは乗り換える前に注意するべきポイントがあります。

注意すべきポイント
  • MNP予約番号の有効期限に気をつける
  • SIMロックを解除する
  • 支払い方法はクレジットカードが多い
  • 基本的にかけ放題プランがない
  • データ移行は自分で行う必要がある
  • 希望の機種に機種変更できないことがある
  • 回線も格安スマホで異なる
  • ウェブでキャンペーン内容を確認する
  • LINEの引き継ぎ方に気をつける

それぞれ詳しい内容を1つずつ見ていきましょう。

MNP予約番号の有効期限に気をつける

メモしたカレンダー

現在使っている電話番号をそのまま使用する際は、MNP予約番号を取得する必要があります。しかし、MNP予約番号には15日間の有効期限があるので、切れないように注意しなければいけません。

 格安スマホによっては有効期限が指定されている場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。

有効期限が切れていて電話番号の引き継ぎができないなどのトラブルを避けるためにも、MNP予約番号を取得したらすぐに乗り換えるようにしましょう。

MNP予約番号の有効期限が切れた場合は、再度取得することで手続きを進めることができます。

SIMロックを解除する

SIMカード

大手キャリアでスマホを購入した場合は、乗り換える前に端末にかかっているSIMロックを解除しておく必要があります。

 SIMロックとは、端末で購入したキャリアの通信回線しか利用できない状態です。SIMロックがかかっているとインターネット通信や通話を行えないため注意しましょう。

しかし、国の指導によって2021年10月1日以降に発売される新製品については、SIMロックの制約が撤廃されたため、2021年10月1日以降に購入した端末であれば、SIMロックを解除しなくても格安スマホに乗り換えることができます。

SIMフリー端末であれば、SIMロック解除の手続きを行う必要がありません。

支払い方法はクレジットカードが多い

パソコンとクレジットカード

基本的に格安スマホでは、クレジットカード払いのみ対応している場合が多いことは注意したいポイントの1つでしょう。

 クレジットカードをお持ちでない方は、格安スマホに乗り換える前に支払い方法を確認しておく必要があります。

しかし最近では、口座振替に対応したサービスも増えているので、支払い方法に合わせて格安スマホを選ぶことも可能です

クレジットカードを持ちたくないと考えている方は、口座振替に対応している格安スマホを探してみてください。

かけ放題プランを提供していない

古い黒電話

基本的に格安スマホではかけ放題プランが提供されていないことが多いです。電話をかけるごとに通話料がかかるので、仕事などで電話をかける機会が多い方にとってはデメリットかもしれません。

 別途かけ放題オプションに加入することで、かけ放題を利用できる格安スマホもあります。

また、専用の通話アプリを利用することで、通話料金が半額になるサービスも増えていることから、通話をよく利用する場合は専用アプリの有無をチェックしてみるといいでしょう。

LINEなどの通話アプリで代用することもできますね。

データ移行は自分で行う必要がある

スマホとコーヒー

大手キャリアであればスマホのデータ移行をお店側でやってくれることも多いですが、格安スマホの場合は自分で行わなければならないことは大きな違いの1つです。

 商品が届いたら自分でSIMカードを挿入し、初期設定を行う必要があります。

しかし、最近では簡単にデータをバックアップ・復元を行えるスマホもあるので、あまり心配する必要はないでしょう。

設定方法が分からない場合はサポートセンターなどを活用する方法もおすすめです。

希望の機種に機種変更できないことがある

スマホを指差す人

キャリアによって取り扱っているスマホが異なることから、自分の好きな機種に機種変更できない場合があることは注意したいポイントの1つです。

 端末を新しく購入する場合は取り扱いのあるスマホを比較するといいでしょう。

また、格安スマホでは最新のモデルは取り扱っていない可能性が高いため、最新モデルのスマホを格安で利用したいなら、自分で購入する方法がおすすめです。

キャリアごとに商品は違うので、まずは自分の希望の機種が扱われているかを確認しておく必要があります。

回線も格安スマホで異なる

スマホの画面を見せる

格安スマホを提供している会社によって通信回線の種類が異なります。基本的にはドコモ、au、ソフトバンクの回線を借りているサービスがほとんどでしょう。

ただし、キャリアによっては回線の種類が限定されていることもあります例えば、UQモバイルはauのサブブランドなので、auの回線しか使用できません。

 回線が違うだけで利用可能なエリアに変化がある場合もあるため、事前にスマホを利用するエリアにどの回線が合っているのか確認する必要があります。

そのため、現在と違う回線へ乗り換える場合はインターネット上にある口コミなどを参考にしてみるといいでしょう。

通信回線によって通信速度・対応しているエリアが異なることは覚えておきたいポイントです。

ウェブでキャンペーン内容を確認する

パソコンと手帳

お得に格安スマホへ乗り換たい場合は、事前にウェブサイトでキャンペーン内容を確認しておきましょう。

キャンペーンとは新規契約・乗り換え時に利用できる特典のことで、端末料金や月額料金の割引などの内容を適用することができます。

 格安スマホによっては、店舗を持っているところもありますが、店舗で実施されているキャンペーンはインターネットより割引額などが低いため注意する必要があります。

店舗だと人件費や運営費がかかることが、ウェブサイトよりお得なキャンペーンが揃っていない理由です。そのため、お得に契約したい場合はウェブサイトから申し込みを行うといいでしょう。

インターネットからの契約だと、ちゃんとできるかどうか不安に感じる方も少なくありません。しかし最近では、ネットが苦手な方でも簡単に契約できるように体制を整えている格安スマホも多いため安心してくださいね。

格安スマホではウェブ限定のキャンペーンなども積極的に行われていますよ。

LINEの引き継ぎ方に気をつける

暗闇のスマホ

今使っているアプリがそのまま格安スマホに引き継げるのか心配になっている方も少なくありませんね。特に多くの方が気になっているのが、人気のメッセージアプリである「LINE」でしょう。

しかし、格安スマホへ乗り換える際にLINEをうまく引き継げず、トーク履歴などが消えてしまう場合もあります。

 LINEでは不正利用を防ぐために、複数のスマホで1つのアカウントを利用できないように設定されています。そのため、格安スマホに乗り換える際は引き継ぎを行わなければいけません。

トーク履歴が消えるとそれまでやりとりをしていた相手のメッセージが読めなくなるので、とても不便ですよね。

そこで、格安スマホに乗り換える際に、以下のポイントをチェックしておきましょう。

チェックポイント
  • LINEを登録した際のメールアドレスを確認
  • パスワードを確認
  • トーク履歴のバックアップを取っておく
  • 「アカウント引き継ぎ設定」をオンにしておく

上記の4つのポイントを押さえておくだけで、格安スマホが手元に入ったときにスムーズにLINEを引き継げるようになるでしょう。それぞれ詳しく説明していきますね。

LINEを登録した際のメールアドレスを確認

スマホのメールアドレス

まずは、LINEを登録した際のメールアドレスを確認しておきましょう。もし、メールアドレスを覚えていない方はLINEのアカウント画面から確かめられます。

 「友達」タブを開いて設定ボタンを押し、アカウントページを開いてください。アカウントページにメールアドレスが記載されているので、そちらで確認しておきます。

また、大手キャリアの専用メールアドレスを利用している方は、GmailやYahoo!メールなどに変更する必要があります。メールアドレスの変更も設定画面から簡単にできるので安心してください。

現在利用できないメールアドレスを使用している場合も、利用できるものに変更する必要があります。

パスワードを確認

画面ロック

続いて、LINEを登録した際のパスワードを確認しておきましょう。ただし、パスワードはセキュリティーの問題で画面には表示されていません。

 パスワードを忘れてしまった場合は、新しくパスワードが設定できるので安心してください。

新しいパスワードを設定方法は、アカウント画面からパスワードに進んで、新しいパスワードを設定することで設定できます。

新しいパスワードに変更したら忘れないようにスマホや紙にメモしておくと良いでしょう。

トーク履歴のバックアップを取っておく

ネオンの中のスマホ

次にトーク履歴のバックアップを取っておきましょう。しかし、現在利用しているスマホとOSが同じスマホへの乗り換えであれば、トーク履歴を引き継げる場合が多いです。

 OSが違う場合はトーク履歴の引き継ぎができないので、バックアップを取る必要があります。画像はアルバムやkeepに残したり、文章はテキストファイルなどで残しておくと良いでしょう。

アカウントを引き継いだ後はバックアップができなくなるので、事前に行っておく必要があります。

現在利用しているスマホと格安スマホのOSが同じ場合のバックアップ方法は以下の通りです。

iOS・Android バックアップ方法

Androidの場合

  1. LINEを起動
  2. ホームボタンをタップ
  3. 設定ボタンをタップ
  4. トークをタップ
  5. 「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップ
  6. 「Googleドライブにバックアップする」をタップ

iPhoneの場合

  1. 設定をタップ
  2. アカウント情報をタップ
  3. iCloudをタップ
  4. iCloudの中の「LINE」をオンにする
  5. LINEを起動
  6. ホームをタップ
  7. 設定をタップ
  8. トークをタップ
  9. 「トークのバックアップ」から「今すぐバックアップ」をタップ

「アカウント引き継ぎ設定」をオンにしておく

スマホを触る男性

LINEアプリを開いて、友達をタップし、設定からアカウント→アカウント引き継ぎ設定に移りましょう。

このボタンをオンにしておけば、アカウントを引き継ぐことができます。

ただし、引き継ぐをオンにした後は36時間以内に格安スマホにLINEの情報を引き継がせなければいけないので注意してください。

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneを格安スマホにする方法

iPhone乗り換え

「格安スマホに乗り換えたいけど、どうやったら乗り換えられるの?」など、格安スマホに関して疑問点がまだまだたくさんあるかもしれません。

ドコモ・au・ソフトバンク大手キャリアで契約しているiPhoneでも、格安スマホに簡単に乗り換えることができます。以下にその方法を詳しく説明しますので参考にしてみてください。

格安SIMはドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneで使用できる?

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアで購入したiPhoneも、格安SIMを利用し、格安スマホとして使うことができます。

ほとんどの格安SIMでiPhoneが対応可能ですが、手持ちのiPhoneの機種によっては対応していない可能性もあるので、チェックしておきましょう。

大手キャリアのiPhoneから格安スマホに乗り換える方法

スマートフォン

iPhoneから格安スマホに乗り換える方法
  1. 使用中のiPhoneに通信回線を合わせる
  2. SIMロックを解除する
  3. 最初からSIMフリーの端末を買う

①使用中のiPhoneに通信回線を合わせる

今使用しているiPhoneをそのまま使いたい方は、お手持ちのiPhoneと同じ回線を使っている格安スマホ会社を探しましょう。

ワイモバイル回線や楽天回線など新しい回線を利用する会社もありますが、多くの格安スマホ会社は、「ドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線」どれかの通信回線を借りてサービスを提供しています。

どの回線に対応しているかは格安スマホ会社によって異なるので契約したい格安スマホ会社の回線を事前に確認することが重要です。
各回線対応格安スマホ会社
ドコモ
  • OCN モバイル ONE
  • IIJmio
  • mineo
  • イオンモバイル
  • HISモバイル
  • QTモバイル
  • トーンモバイル
au
  • OCN モバイル ONE
  • IIJmio
  • mineo
  • イオンモバイル
  • HISモバイル
  • QTモバイル
  • J:COMモバイル
ソフトバンク
  • ワイモバイル
  • mineo
  • HISモバイル 
  • QTモバイル

②SIMロックを解除して使用する

simカード解除

SIMロックを解除すると、全通信回線を利用できるようになるので、格安スマホ会社も自由に選ぶことができます。

総務省により原則SIMロックは禁止されていることもあり、キャリアのマイページなどで無料で解除することができます。

解除方法は「Webからオンライン」で解除するか「電話で案内に沿って」解除するか、また「店舗で対面で」解除することもできます。

Webからの手続き以外は手数料がかかるため、無料で解除できるオンラインがおすすめです。
SIMロック解除の方法
  • Webからオンライン
    現在契約中のキャリアのマイページへ行き解除します。手数料はかかりません。
  • 電話で案内に沿って
    ご自身の契約内容により有料か無料かが決まります。こちらも一度マイページで確認するのがいいでしょう。
  • 店舗で
    iPhoneを購入した店舗に本体と身分証明書を持っていくと店舗スタッフが解除をしてくれますが3,300円の手数料がかかります。

※総務省による「移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン」

③最初からSIMフリーの端末を買う

最初からSIMロックのかかっていない端末を買えば、ほとんどの格安スマホ会社のSIMを利用することが可能です。全キャリア回線を利用できるので自由に選ぶことができます

但し、キャリアのiPhone端末よりも金額が高いので事前にどのくらいかかるのか確認しておきましょう。
AppleストアiPhone価格例
機種 価格
iPhone 13 Pro 122,800円~
iPhone 13 98,800円〜
iPhone 12 86,800円~
iPhone SE 49,800円~

iPhoneも使えるおすすめ格安スマホ2選

楽天モバイル

楽天モバイルLP

楽天モバイルは、2015年9月に発売されたiPhone 6s以降の端末が対応しています。

 2022年1月時点で、楽天モバイルではiPhone 13シリーズ、iPhone 12シリーズ、iPhone SE(第2世代)が購入できるので機種変更にもおすすめです。

最大30,000円相当のポイント還元やお得に新しいiPhoneに乗り換えられる「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」などの特典も実施しています。

使ったデータ量に応じて料金が変化するので、どんな人でも使いやすい格安スマホです。

OCNモバイルONE

OCNモバイル

OCNモバイルONEは、最新機種から2010年6月発売のiPhone 4までの動作確認が済んでいます。

 また、OCNモバイルONEではiPhone 12やiPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)を新品だけでなくお得な中古でも販売しています。

音声対応SIMは500MBから選ぶことができるので、普段Wi-Fiでスマホを使う人やあまりスマホを使わないデータ消費の少ない人にもおすすめです。

ドコモのエコノミーMVNOに位置付けられるサービスなので、安定した通信速度も魅力です。

小学生・中学生におすすめ格安スマホ3選

トーンモバイル

トーンモバイルオリジナル端末使用で月額1,100円

トーンモバイルはスマホ初心者や子供、シニア世代向けの格安スマホで、トーンモバイル独自端末で子供が安全にスマホを利用することに重点を置いています。

 現在地の確認やフィルタリング機能など子供に持たせるスマホとして必要なさまざまな機能が備わっています。

子供の成長に合わせて見守り機能を変えることもできるので、長く利用することができる点もポイントです。

見守り機能の「TONEファミリー」は東京都を含む9都県市から推奨されています。

UQ mobile

UQモバイル

UQモバイルでは、「あんしんフィルター for au」というフィルタリングサービスを無料で利用でき、危険なサイトやアプリから子供を守ることができます。

 年齢や利用目的によってフィルタリングの強度を変更できるので、中学生の利用にもおすすめです。

利用時間帯の設定もできるので、曜日ごとに利用時間帯を決めて子供のスマホの使い過ぎを防ぐこともできます。

エリア検索によって今どこにいるのかも確認することができるので、離れていても安心ですね。

Y!mobile

ワイモバイルLP

Y!mobileでは「あんしんフィルター」という機能を無料利用することができ、子供を不適切なサイトや有害アプリから守ることができます。

 小学生、中学生、高校生(2段階)の4段階でフィルタリングの強度を変えることができるので、子供の成長に合わせて設定を簡単に変更可能です。

スマートフォンで利用できるすべての通信(3G、4G、Wi-Fi)に対応しているため、通信方法を気にせず気軽に利用できます。

その他にも利用時間の管理や位置情報の確認などの機能が備わっています。

格安スマホに関するよくある質問

おすすめの格安スマホは?
UQ mobile、Y!mobileなどはおすすめブランドとして挙げられます。

各社は料金プランが選びやすい点もさることながら、数多くの端末を扱っており選択肢が広い点も特徴です。

料金を比較した結果、おすすめの格安スマホは?
最もおすすめは、楽天モバイルになります。使用した分だけ料金が発生するワンプランを提供しており、仮に1GB以下であれば月々の料金は0円です。

データ通信が少ない人は大変お得に利用できます。

格安スマホの選び方は?
自分に合ったプラン料金があるかを、まずはチェックしましょう。そして、通話が必要なければデータ通信専用SIMにすることで、月々の料金は抑えられます。

データ通信量もどれだけ使うか事前に把握し、最適なプランを見つけてください。

格安スマホに縛りはない?
基本的には大手キャリアのように、2年縛りという設定がない場合は多いです。

ただし、1年以上使用しなければいけないといったルールを設けている場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

格安スマホの通信速度は安定しない?
大手キャリアの回線を借りているため、混雑する時間帯では通信速度が安定しない可能性があります。

ただし、Wi-Fi環境下では問題なく使用できるうえ、容量の大きい操作でなければ気になるレベルではありません。

格安スマホの店舗はある?
ブランドによって店舗の有無は異なります。担当者に対面をして相談したい場合は、身近な場所に店舗があるか、全国にどれだけ店舗展開しているかをチェックしておきましょう。
格安スマホでキャリアメールは利用できる?
ブランドによって異なりますが、オプションサービスで利用できる場合があります。

普段の連絡はLINE等のみであれば問題ありませんが、キャリアメールが必要という人は使用可否について調べておきましょう。

まとめ

この記事では、人気のおすすめ格安スマホを厳選して基本情報や特徴などを紹介し、料金プランを比較し安いものを上位にランキング形式で発表しました。

格安スマホを利用することで、

  • 月々の料金を安く抑えやすい
  • 契約期間の縛りがない格安スマホ事業者もある
  • 自分に合った最適な料金プランを選びやすい

といったメリットがあります。各社のお得な料金プランもされており、当記事では詳しく紹介しています。

通話の有無や使用するデータ容量等で料金は左右されるため、普段の使い方を事前に整理しておくことをおすすめします。

格安スマホで、ぜひ毎月の携帯電話料金の削減を試みてお得に利用しましょう。

関連記事|格安SIM・格安スマホ

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事