まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • いつもの通勤電車が“荷物用”に!? JR高崎線で健在「新聞輸送列車」 上野始発は廃れども

いつもの通勤電車が“荷物用”に!? JR高崎線で健在「新聞輸送列車」 上野始発は廃れども

乗りものニュース

1

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R

かつて鉄道は様々な生活物資を運ぶ交通機関でした。国鉄時代は小荷物を専用に運ぶ荷物列車が運行されていましたが、廃止されて久しいです。ただ現代でも、一部「荷物車」となった列車があります。失われつつあるその様子に密着しました。

東京駅から荷物車になる

 鉄道の歴史は貨物輸送の歴史でもあります。1872(明治5)年に最初の鉄道が開通した時点で、すでに「手荷物輸送」が行われていたという記録があります。制度的には1873(明治6)年に「小荷物輸送制度」が発足し、1907(明治40)年には郵便車と荷物車からなる、荷物専用列車の運行が開始されたようです。

 ちなみに「手荷物輸送」とは、乗客が自分の荷物を自分で運ぶ輸送方法。「小荷物輸送」は、荷物だけを列車で輸送する方法を指します。「貨物輸送」はこれとは異なり、貨車を1両単位で借りて物資を積み、目的駅まで運ぶ方法です。

Large 221228 newspaper 01一般的な通勤電車の一部を貸し切って、新聞輸送は行われている(2022年12月、安藤昌季撮影)。

 道路網が整備されるまでは、ほとんど全ての物資が鉄道と船舶で輸送されていました。小荷物を輸送する荷物車は文字通り「何でも」運んでいたようです。例えば、国鉄では最優先で荷物を運ぶ「急送品」として動物、血液血清類、活鮮魚介類、生花、ドライアイス、放映用フィルム、報道用原稿、貴重品、野菜類、果実類、苗木、鮮肉、鳥卵、酵母類が指定されていました。

 順調に伸びた荷物列車ですが、1973(昭和48)年および1979(昭和54)年のオイルショックを機に、トラック輸送が小荷物輸送サービスに活路を見出します。これは当時の国鉄がストライキを繰り返したことで、国民からの信頼性を失っていたことも理由のひとつですが、高速道路網の整備を含むモータリゼーションの進展もあり、鉄道貨物は急速にほかの交通機関に取って変わられたのです。

「宅急便」などで知られるサービスの発展により、1975(昭和50)年に年間7000万個の小荷物を輸送していた国鉄貨物は大打撃を受け、10年後には年間1200万個となります。

 こうしたこともあり、1986(昭和61)年に国鉄の荷物列車は廃止されました。ただそれ以降も、JR東日本やJR東海ではごく一部の営業列車の車内を仕切って荷物スペースとし、あるものが輸送されています。それは新聞です。

積まれた新聞はどんどん減っていく? 観察してみた

 JR東日本の新聞輸送列車は、高崎線と宇都宮線で運行されています。かつては上野駅の荷物専用ホームから、新聞の積み込みが行われていたのですが、上野始発の列車が上野東京ライン開業で減少したうえ、ホーム自体もクルーズトレイン「トランスイート四季島」用に転用されたため、上野発の新聞輸送列車は消滅してしまいました。なお知名度が高かった総武線の新聞輸送列車も、2010(平成22)年に廃止されています。

Large dsc07410上野駅で夕刊の積み込みが行われる(2022年12月、安藤昌季撮影)。

 2022年末時点では、東京駅にてお昼ごろの営業列車最後尾に係員が乗り込み、上野駅に到着するまでの間に荷物スペースを確保するという形で「新聞輸送列車」が運行されています。

 係員はロングシートの荷物棚に金具をからめ、実に手際よく「荷物用」と書かれた横断幕を設置していきます。荷物スペースを設けた高崎行きの列車は、上野駅5番線に3分間停車し、夕刊の積み込みを行います。

 出発すると、係員は「荷物室」と書かれた横断幕を、誤乗防止のために側扉にも設置します。筆者(安藤昌季:乗りものライター)は終点の高崎駅まで乗車しましたが、停車するホームの位置に合わせて、側扉の横断幕を頻繁に移動させていました。新聞の積み下ろしも含めて、かなりの重労働といえます。

 興味深いのは、駅によって新聞の受け取り方が異なることです。女性係員が単独で迎えに来る駅や、複数人で受け取りに来る駅、駅のホーム上に新聞を置いて、その後で係員が拾いに来る駅など、まちまちでした。

 上野駅では夕刊の包みが20以上搭載され、それが見る見るうちに減るのかと思いきや、そうでもありません。終点の高崎駅で、新聞の包みを複数の係員が降ろしていきました。

 ここから、各地のエキナカ売店「キヨスク」や新聞販売店に輸送されていきます。「荷物室」の横断幕は年期が入ったもので、新しい車両ながらここだけが、まるで昭和のようでした。

P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

記事を読んだ今の気分をシェアしよう!

無料会員登録はこちら

会員登録して
今の気分をシェアするだけで
ポイントをゲットしよう!

無料会員登録はこちら 他のニュース記事を読む

リクエストの形式が正しくありません。
記事ページの感情ボタンをクリックしてください。

感情の保存に失敗しました。
ブラウザを更新してもう一度感情ボタンを押してください。

4つの気持ちの中から選ぼう!

みんなの気持ちの集計結果

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「ふーん」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。