まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • マジでコブ! 「ジャンボ機」ボーイング747はなぜ「前方だけ2階建て」に? あえて「総2階建て」にしない“戦略”

マジでコブ! 「ジャンボ機」ボーイング747はなぜ「前方だけ2階建て」に? あえて「総2階建て」にしない“戦略”

乗りものニュース

ビジネス

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

「ジャンボ機」として知られているボーイング747は、前方にあるコブのような2階席部分「アッパーデッキ」を設計上の大きな特徴としています。なぜ総2階建てではなく、このような形状となったのでしょうか。

実は総2階建ても検討されていた?

「ジャンボ機」と呼ばれ民間航空業界を一世風靡したボーイング747。この機体は前方にあるコブのような2階席部分「アッパーデッキ」を特徴としています。なぜ総2階建てではなく、この「前方だけ2階」という独特の形状となったのでしょうか。

Large 01JALのボーイング747。画像は1970年代のもの(画像:JAL)。

 実はこの特徴的なデザインの始まりは、747のルーツが軍用輸送機の設計案であったことからです。

 1961年から1965年にかけ、当時の輸送機より大容量の荷物を積めるモデルを求めていたアメリカ軍は、新型の大型戦略輸送機計画を立て、その設計案をボーイング、ロッキード、マクダネル・ダグラス(のちにボーイングと合併)に依頼。そのなかから次世代輸送機の選定をすることになります。

 結果的に3社の案からロッキードのものが採用され、これがのちの「C-5 ギャラクシー」となります。ボーイングは、この競争に敗れたわけです。そのなかで、ボーイングは旅客型だけではなく、貨物型としても使える大型の民用旅客機の開発が必要と判断します。

 そこで先述のロッキードに敗れた際の設計案をベースとした大型機開発に着手し、これがのちの747へとつながったのです。この開発の段階で、「ジャンボ」の特徴であるアッパーデッキが採用されることになります。

 ただ、超大型の民間旅客機であれば、現代のエアバスA380のような総2階建てにした方が多くの乗客を乗せることができそうです。なぜあえて「前方のみ2階建て」としたのでしょうか。

あえて「前方のみ2階建て」となったワケ

 ボーイング747が総2階建てとならなかったのは、総2階建てとすると貨物機として使うとき、1階部分にあたるメインデッキの容量が小さくなるためとしています。

Large 02ANAのエアバスA380。総2階建ての客室が導入されている(乗りものニュース編集部撮影)。

 総2階建てで胴体全体が大きくなるのに対し、「ジャンボ」のスタイルは、アッパーデッキ部分に若干の座席とコックピットを配置することで、1階にあたるメインデッキの天地前後ほぼすべての空間を旅客または貨物のスペースにすることができます。

 このボーイングの「貨物機」を見込んだ設計戦略は、結果的に当たることになります。

 たとえば旅客機として役割を終えた747シリーズの一部は、おもに海外の貨物航空会社で、貨物機としていまだ現役です。また、シリーズの最終派生型となった747-8は、旅客型より先に貨物型がデビューした稀有なモデルに。日本で唯一の貨物専用航空会社、NCA(日本貨物航空)はこのモデルの最初の発注会社「ローンチカスタマー」を務め同モデルの開発を後押しし、現在も主力機種として活躍しています。

「ジャンボ」の貨物機はメインデッキの収容力の高さだけでなく、機首部分が上に開く「ノーズカーゴドア」を多くの機体が備えており、大きな貨物などを直接積み込めることが強みのひとつになっています。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。