まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • ウリは爆速! 米海軍が発注した異形の病院船「大きい・多数収容」をあえて捨てたワケ

ウリは爆速! 米海軍が発注した異形の病院船「大きい・多数収容」をあえて捨てたワケ

乗りものニュース

ビジネス

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

アメリカ海軍が新型病院船の建造を決め、造船所に発注しました。ただ、従来の病院船とはかなり異なるコンセプトのものになる模様です。船体形状も明らかに異質なものですが、その形にしたのにはワケがありました。

速度70km/h以上で “現場” に駆け付け

 高速船の建造を手掛けるオーストラリアの造船企業、オースタルの米国子会社「オースタルUSA」が、アメリカ海軍からベセスダ級遠征医療船(EMS)3隻を受注しました。契約金額は総額8億6760億ドル(日本円で約1260億円)で、1番船「ベセスダ」の引き渡しは2026年12月を予定しています。

 ベセスダ級遠征医療船は、アメリカ海軍が掲げる分散型海上作戦(DMO)をサポートする双胴の病院船として計画されました。全長は110mで全幅は31.5m、喫水は4.6m。乗員数は医療関係者や航空要員まで含め223名です。

Large 240202 medical ship 01ベセスダ級遠征医療船の原型となったスピアヘッド級遠征高速輸送艦。写真は6番艦「ブランズウィック」(柘植優介撮影撮影)。

 ベースは、アメリカ海軍が現在運用中のスピアヘッド級遠征高速輸送艦(EPF)で、40ノット(約74.1km/h)以上の高速を発揮できるのが特徴です。船体後部には、ヘリコプター甲板を備えており、そこにはティルトローター輸送機V-22「オスプレイ」はもちろん、アメリカ軍が運用する最大のヘリコプターCH-53K「キングスタリオン」も発着できるほか、格納庫も備えているため、UH-60「ブラックホーク」クラスの多用途ヘリコプターであれば搭載することも可能です。

 また、浅喫水船のため、大型船などでは着岸ができなかった水深制限のある港にも入港が可能で、その機動力を生かして前線に近い地域へ展開し、専門性を必要とする手術など、より高度な医療を船上で提供します。

 船内にはトリアージスペースが設けられているほか、ICU(集中治療室)や手術室、診察室、レントゲン室、輸血用血液の保管庫などを完備。歯科、メンタルヘルス、産婦人科、プライマリ・ケアもカバーします。搭載するヘリコプターと複合艇を組み合わせて、複数の負傷者の迅速な収容とその後の輸送、海上での人命救助を含む戦闘捜索救難など、作戦部隊を支援するために必要なあらゆる能力を備えているそうです。

現用病院船は大きいからこその欠点も

 2024年2月現在、アメリカ海軍は病院船として「マーシー」と「コンフォート」の2隻を運用しています。ただ、両船はベセスダ級のように最初から病院船として建造されたのではなく、1970年代に竣工したサン・クレメンテ級石油タンカーを改造して誕生しました。

 そのため船体は全長272m、全幅32mと非常に大きく、ベッド数も約1000床と多くの患者を収容することができます。このサイズを活かして、新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年には「マーシー」がロサンゼルスで、「コンフォート」がニューヨークで、それぞれ医療支援に就いています。

 一方で船体が大きく喫水も深いため接岸できる岸壁は限られます。速力も17.5ノット(約32.4km/h)と、軍艦としては低速で汎用性に欠ける部分が多くありました。加えて船齢も40年を超えており、老朽化が指摘されるような状況です。

Large 240202 medical ship 02現用のマーシー級病院船(画像:アメリカ海軍)。

 そもそも、マーシー級病院船が純粋な軍事作戦に従事したのは1990年代初頭に起きた湾岸戦争と、2000年代初頭に起きたイラク戦争のときぐらいで、基本的には一般市民を助ける目的で活用されることの方が多くなっています。スマトラ島沖地震やハイチ地震といった海外で発生した災害に対する医療・人道支援、アメリカ本土で猛威を振るったハリケーン・カトリーナ被害での救援などを行ってきました。

 その一環で、マーシー級はアジア太平洋地域諸国の住民に対する医療活動や文化交流などを目的とした国際防衛協力「パシフィック・パートナーシップ」にもたびたび派遣されており、日本の自衛隊を始めとして各国政府や軍、国際機関、NGO(非政府組織)と交流を深めたり、共同訓練を行ったりしています。

 こうした点から新たな病院船には、災害発生時にいち早く駆け付けられる高速性と、設備が整っていない港にも接岸が可能な船型、そして船内で完結できる高度な医療施設が求められていました。スピアヘッド級EPFも最新型となるフライトIIの「コーディ」から外科手術が可能な医療設備を船内に備えるようになっています。

日本も能登半島地震で苦い経験が

 ベセスダ級遠征医療船はアメリカ海軍が運用する新世代の病院船として、海上や沿岸部で病院規模の重症患者治療を提供できるため、人道支援や災害救援(HA/DR)、非戦闘員避難作戦(NEO)といった任務にも投入が可能です。

 加えて特殊作戦にも対応できる汎用性の高さを兼ね備えていることから、万一、アメリカ本土から遠く離れたアジアやアフリカなどの地域で不測の事態が起きた場合にも役立つのではないでしょうか。

Large 240202 medical ship 03海上自衛隊の輸送艦「くにさき」(手前)と並走する病院船マーシー(画像:アメリカ海軍)。

 なお、日本でも大規模災害が発生した時には船舶が大いに活躍しています。実際、2024年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」では、防衛省がチャーターする民間フェリーの「はくおう」と「ナッチャンWorld」が被災地のひとつである七尾港に派遣されました。

「はくおう」では、陸上自衛隊と石川県が協同して休養施設を開設し、1月14日から七尾市の避難所にいる被災者の受け入れを始めています。

 ただ「はくおう」も「ナッチャンWorld」も水深の問題があり、きちんと岸壁が整備された港でなければ入港できません。今後も一時的な避難先や復旧の拠点として船舶の活用を広げていく場合、ベセスダ級のようにさまざまな港に入れる船も一つの選択肢として考えられるのではないでしょうか。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。