まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「自分の身を守る方法を伝えなければいけない」10~12歳の子どもをもつ母親の約7割が必要だと思う“家庭の教育”とは

「自分の身を守る方法を伝えなければいけない」10~12歳の子どもをもつ母親の約7割が必要だと思う“家庭の教育”とは

マイナビウーマン

美容・健康

0

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

ひまわり教育研究センター(運営会社:イノベーションシステム)はこのほど、10〜12歳の子ども(男子50名、女子50名)を持つ母親100人に「家庭での性教育」について複数のアンケート調査を行いました。

Main

10〜12歳の子どもに「家庭で性教育をしてきた」母親は4割強に

Sub1

10〜12歳の子どもを持つ母親100人に、「家庭で性教育をしてきたかどうか」について尋ねたところ、「はい」と回答した母親は44人(男子の母親22人、女子の母親22人)で44%、「いいえ」は52人(男子の母親26人、女子の母親26人)で52%でした。

「回答したくない」は4人(男子の母親2人、女子の母親2人)で4%でした。「性教育をしてきたかどうか」については、男女共に全く同じ結果となりました。

子どもへの性教育は、女子の方が早い年齢からスタートしている

Sub2

子どもに家庭で性教育をしてきたと回答した母親44人(男子の母親22人、女子の母親22人)に「お子さんには何歳ぐらいから性教育をしましたか」と聞いたところ、男子の母親は「10〜12歳」との回答が14人(63.6%)で最も多く、「7〜9歳」は8人(36.4%)でした。

女子の母親では、「10〜12歳」が14人(63.6%)で最も多く、「7〜9歳」および「4〜6歳」は、それぞれ4人(18.2%)でした。女子の母親の約18%が男子の母親に比べて性教育を早い年齢からはじめているという結果となりました。

家庭で子どもに性教育をしているのは、男子・女子とも「母親」が最多に

Sub3

子どもに家庭で性教育をしてきたと回答した母親44人(男子の母親22人、女子の母親22人)に「ご家庭でお子さんに性教育をしているのは誰ですか」という質問をしたところ、男子の母親では「母親」が17人(77.3%)で最も多く、「父親」との回答は10人(45.5%)でした。

女子の母親に同じ質問をしたところ「母親」が18人(81.8%)で最も多く、「父親」は7人(31.8%)でした。

ご家庭でお子さんにどんな性教育をしてきましたか?具体的に教えてください。

<男子の母親>

・人の誕生の仕組み、子どもの作り方、赤ちゃんのでき方(3人)
・男の子と女の子の違いを教えました。身体的な特徴だけでなく心の違いについても、夫婦で息子に教えました。(2人)
・女性の生理について(2人)
・セックスについてゆるく伝える(2人)
・赤ちゃんが産まれるのはなぜか

<女子の母親>

・生理について(9人)
・身体のしくみの説明
・子どもができる仕組み
・水着で隠れる部分+口はプライベートゾーンであること
・どうやったら子どもが出来るか?言葉で説明をした

「家庭での性教育は必要」と考えている母親は、女子の方が多い

Sub4

10〜12歳の子どもを持つ母親100人に、「家庭での性教育は必要だと考えているか」について尋ねたところ、男子の母親は「はい」が30人(60.0%)、「わからない」は19人(38.0%)、「いいえ」は(2.0%)でした。

女子の母親では「はい」が39人(78.0%)、「わからない」は8人(16.0%)、「いいえ」3人(6.0%)でした。女子の母親の方が男子の母親に比べて、「家庭での性教育は必要である」と考えている人が18%多いという結果となりました。

家庭での性教育が必要だと感じたきっかけは何ですか?

<男子の母親>

⚪︎社会的情勢
・色々な事件が多いから
・子どもが巻き込まれる事件をニュースでみるからです
・性被害などのニュースをみる度に、感じます
・テレビやネットで、性関連のニュースを見た時

⚪︎子どもの成長、性へ関心
・異性に興味を持ち始めたこと
・息子から「男と女の違いは何?」と尋ねられたのがきっかけでした。そこで夫婦で話し合って、性教育をしようと決めました
・会話の中で性にまつわる事を言い始めたから
・赤ちゃんがどうやってできるのかを聞かれた

⚪︎教育環境
・今はまだ具体的には考えていませんが、学校で教わることだけではダメな気がしています。
・学校や友だち間でどんな話をするかわからないから
・学校では寝た子を起こさず的な部分があり、それぞれの子どもに応じた説明の仕方も必要だと考えるため
・インターネットなどで、偏った知識を持ってほしくないと感じたから

⚪︎その他
・自分が若い内に妊娠したので
・大切だから
・自分の事だから
・知っていた方がいいからなんとなく

<女子の母親>

⚪︎社会的情勢
・梅毒の感染が広がっているというニュースを見て、妊娠の危険性などより、そういった性感染症の危険性を教えた方が良いと感じたから早いうちから、理解が必要
・テレビの情報番組などでも、家庭での性教育が大事だというのを見たことがあるから
・学校の先生から性被害を受ける可能性があるから
・悪質なSNSサイトに騙されないでほしいから

⚪︎子どもの成長、性へ関心
・月経がきたから
・気づいたら裸でいるから
・子どもが小さい時に「赤ちゃんってどうやったらできるん? 」と聞いてきたから
・避けて通れない生理による体調不良の説明
・そろそろ中学生になり興味が出てくると思うので

⚪︎教育環境
・自分の身を守る方法を伝えなければいけないと考えているから。私たち世代は親や学校でちゃんとした性教育を受けていない。生理は恥ずかしいことではないし、子どもを授かってから、大切な体の仕組みだと思った。ちゃんと伝えたいと思った
・学校の保健の授業で教えてくれる事には限界があると思う 私自身も妊娠しやすい時期など知らなかった。母に教えてもらった
・学校より家庭でのほうが質問しやすいと思ったので
・自分が子どもの頃はあまり親から教えてもらえず、友達やマンガ本から知識を得ていた。エロの知識が先行してしまうこともあったので、思春期前に正しい性教育をして欲しかったと感じたので

⚪︎体の防衛のため
・周りに彼氏彼女がいるため
・将来のために。誤った妊娠をしないために
・感染症予防と望まない妊娠を避けるため
・知識がないと自分が傷つく可能性があるから

お子さんへの性教育について困っていることや悩んでいることは何ですか?

<男子の母親> 
※18人(36%)が『困っていることや悩みはない」と回答

⚪︎教え方がわからない(22人)
・言葉での説明が難しい。専門的な言葉がいいのか、子どもにわかりやすい方がいいか
・どのようにしたらよいかわからない。学校に任せてよい気がする
・今後はさらに踏み込んだこと、子どもが出来る理由などをどのように話せばいいのか、今、夫と話し合っています。特に性交に関しては避妊の仕方も一緒に教える必要があるため、この問題で頭を悩ませます
・学校でどんなふうに性教育をしてるのかがわからないので、家でどうゆうふうに教えたらいいのかわからない

⚪︎恥ずかしい、聞いてくれない(5人)
・本人があまり話をちゃんと聞いてくれない
・お互いに恥ずかしい
・子どもが恥ずかしさを覚える前にもう少し説明すればよかった
・恥ずかしがって聞いてくれない

⚪︎その他
・小学校でセックスと叫ぶ子どもがいるらしく、「セックスってなに?」と聞かれて困った
・学校で性について学んできた後に私達夫婦をどのように感じて、見ているのか気になる
・性別により教えることも多少変わってくるように思う
・男の子の感情、行動を母親の自分はすべてを理解できないこと
・父親が積極的に教育する姿勢でないこと

<女子の母親> 
※23人(46%)が「悩みや困っていることはない」と回答

⚪︎教え方がわからない(21人)
・ほんとに理解しているのかわからない
・なかなか表現しにくいことや、伝えてもきちんと伝わっているのかがわからない
・ユーチューブや本などを活用すれば良いのか悩んでいる
・どの程度学校で教わるのかわからないのと、本人がどの程度理解をしているのかわからないので、どのように伝えていいかわからない。
・答え辛いような質問を聞かれたらどうしようかと悩みます
・セックスは好きだからっていう気持ちで簡単にやるものではないと言うことを理解してもらう為にはどう伝えたらわかりやすいか?

⚪︎その他
・漫画や、SNSで、面白おかしく捉えられること
・間違った知識が身につかなければよいが
・性について話すのは恥ずかしく感じてしまう
・なにも教えることがない

調査概要

調査実施機関:Freeasy (アイブリッジ)
調査時期:2024年2月26日〜2月27日
アンケート設計:イノベーションシステム「ひまわり教育研究センター」
調査方法:インターネット調査
対象者:10〜12歳の男子の子どもを持つ母親50人、同年の女子の子どもを持つ母親50人。

イノベーションシステム
https://www.himawari-child.com

(マイナビ子育て編集部)

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。