まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 海を「走る」!? 異形の船が日本で製造へ 爆速&揺れない!「狙いはジェットフォイル」

海を「走る」!? 異形の船が日本で製造へ 爆速&揺れない!「狙いはジェットフォイル」

乗りものニュース

乗り物

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

ジャパンインターナショナルボートショーに「サスペンション船」なる珍しい形の船が展示されました。まさに海を道路のように「走る」その船は、極めて高速。旅客船への導入も視野にあるそうです。

2つの船をゲタにする? 「サスペンション船」とは何か

 世界に2隻しかない「サスペンション船」に日本で乗れるチャンスが来るかもしれません。船舶の修繕などを手掛ける横浜工作所(本社・横浜市)は2024年3月21日から24日にかけて開かれた国内最大級のマリンイベント「ジャパンインターナショナルボートショー2024」で、オーストラリアのノーティ・クラフト(Nauti-Craft)が開発・設計したサスペンションボート「白鯨I」を展示しました。
 
 横浜工作所は自社工場で同船の建造を行うことを目指しているほか、ノーティ・クラフトはより大型の旅客船タイプを日本向けに提案しています。

Large 240326 suspention 01ノーティ・クラフトが提案するサスペンション船のイメージ(画像:ノーティ・クラフト)。

 横浜工作所が普及を進めようとしているサスペンション船は、船体が2つの船形シャーシの上に乗っかる双胴船のような構造となっています。キャビンのある船体は、ほぼ水面から浮いた状態となります。高級車や新幹線に使われているアクティブサスペンションの技術を応用し、船体とシャーシの間を油圧式のサスペンションでつなぐことで、船体が下部のシャーシから独立して動くことを可能にしました。

 これにより過酷な条件で高速航行する際の激しい衝撃を吸収するとともに、カーブする際の横向きのG(加速度)を大幅に低減。小型船でも大きな波に耐えることができ、移動中や作業中の船酔いなど乗船者が感じる動揺を抑えます。

 横浜工作所の二宮一也社長は「サスペンション船について聞いた時は海上保安庁など行政機関向けのパトロールボートや洋上風力発電所向けの作業員輸送船(CTV)などを想定していたが、実物の完成度が高く、レジャー用途でも使用できるのではないかと考え、まずは社員の福利厚生用として1隻を購入した」と話します。

 横浜工作所が導入したものと同じタイプのサスペンション船は現時点で世界に2隻しかありません。ボートショーに展示された「白鯨I」はそのうちの貴重な1隻です。

「白鯨I」の船体の材質はCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製で長さは7.4m、幅は2.9m。6人乗りで、最大船速は約45ノット(約83km/h)です。現在、国内初となる海上運転に向けて、検査機関の日本小型船舶検査機構(JCI)と共に承認作業を進めており、試乗会の開催も計画中とのことです。

「ジェットフォイル」の代替になりそう?

「せっかく購入したので市場動向を見るためにも、ボートショーに出展して船の反応を調べてみようと思った。『白鯨I』はそのまま輸入したが、次の段階として豪州からパーツを輸入して横浜工作所で組み立てられるようにする。さらに船体を一から当社で製造できないかということを考えている。これぐらいのサイズだと道路を使って牽引・出荷ができるため、内陸の工場で作ることも選択肢の一つだ」(二宮社長)

 一方でサスペンション船の開発を行ったノーティ・クラフトは、高速旅客船についての提案も行っています。同社のジャパンビジネスマネージング・ダイレクターを務める合田博英氏は「離島航路に就航している旅客船の代替需要を掴みたい。特にねらい目は『ジェットフォイル』。旅客型サスペンション船の船価は20億円程度を想定している」と話します。

 ジェットフォイルは日本の離島航路で多く導入され、航空用エンジンを用いて船体を浮かせて航行することから「飛ぶ船」とも形容されます。約45ノット(約83km/h)という高速性能が最大のメリットであるものの、その多くが老朽化問題を抱えるなか、船価が50億円以上と高額なため置き換えが進んでいないのが現状です。

 例えば東海汽船で2020年7月に就航した「セブンアイランド結」の新造を巡っては、東京都から船価の45%に当たる23億円の建造補助を得つつ、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)の共有建造制度を活用。エンジンは従来のものを流用するなどしてコストを抑え、ようやく費用面での見通しが立って、1隻での建造にこぎつけました。

 合田氏によると、サスペンション船で「旅客船タイプの『KAMIZA 110』は旅客定員110人で全長は24.3m、全幅は9m。速力は40ノット以上となっている。客室の大きさは運用する船会社の求めに応じて柔軟に変更が可能だ」とのこと。

Large 240326 suspention 02横浜工作所が購入したサスペンション船「白鯨I」(深水千翔撮影)。

「当社にはサスペンションシステムを知り尽くしたメンバーがそろっている。設計は豪州で行うが、それをベースに日本で建造や改造をすることはできる。もちろんベトナムなどコストが低く抑えられる場所で作ることも考えられるだろう。ぜひ日本のマーケットに良い船を届けていきたい」(合田氏)

 ノーティ・クラフトのサスペンション船はドイツでの導入が決まっています。同国の造船所ワラビー・ボートが18m級のサスペンション船2隻の建造を進めており、1隻はヴィルヘルムスハーフェン港向けのパイロット船として、もう1隻はCTVとして投入される予定です。3月21日には第1船目が進水しており、4月には命名式が行われる予定です。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。