まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • ゴジラに最も「やられた」戦闘機とは? 恐ろしさの“引き立て役” 最近じゃ地位が上がってきてる!?

ゴジラに最も「やられた」戦闘機とは? 恐ろしさの“引き立て役” 最近じゃ地位が上がってきてる!?

乗りものニュース

エンタメ

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

アカデミー賞・視覚効果賞を受賞した『ゴジラ-1.0』では幻の戦闘機である「震電」が、対ゴジラ兵器として大活躍します。では、ほかの作品ではどのような機体が登場したのでしょうか。

歴代最多出演の戦闘機とは?

 ゴジラ70周年記念作品として公開された映画『ゴジラ-1.0』は、日本でのヒットだけでなく、アジア初のアカデミー賞・視覚効果賞を受賞。監督としての受賞はこれまで『2001年宇宙の旅』のスタンリー・キューブリックさんのみだったということで、山崎 貴監督が同賞を受賞したことは国内外で大きな話題となりました。

Large 240322 gff 01 現状、ゴジラ映画で登場した中で一番新しい戦闘機であるF-2(画像:航空自衛隊)

 この作品では、開発途中で終戦を迎えた旧日本軍の幻の戦闘機「震電」が、対ゴジラ兵器として大活躍します。同作ほど重要な役割は果たしていないものの、同様に過去のゴジラ映画でも、実在する戦闘機が数多く登場しています。そのいくつかを見てみましょう。

 まず最初に紹介するのは、記念すべき第一作目、1954年に公開された『ゴジラ』の映画ポスターです。ゴジラが戦闘機を1機手で破壊しているほか、左右の端にそれぞれ1機ずつ戦闘機が描かれています。

 ゴジラ対戦闘機の脅威をイメージさせるデザインですが、その戦闘機のうちタイトルの「ゴ」の部分を飛んでいる1機は、戦時中を思わせるレシプロエンジンの単発戦闘機で、旧日本軍の機体をイメージしたものと思われます。残りの2機に関しては後退翼が特徴的なジェット戦闘機で、F-86 「セイバー」っぽくみえますがF-86D「セイバードッグ」ではないかともいわれています。ただし、F-86Dの航空自衛隊での導入は1958年ですので、ゴジラが公開された1954年には、まだ航空自衛隊になかった機体です。

 そしてゴジラ映画本編の中で、一番多く登場するのは、F-86F「セイバー」です。第一作目のゴジラでは劇中にも登場し、ゴジラに対しロケット弾で攻撃を行います。しかしゴジラは無傷で、航空機程度の火器など効かないと、後の作品に強く印象付ける瞬間となりました。

 同機は、第13作目の『ゴジラ対メガロ』まで、数作に登場しており、ゴジラの「やられ役」としての地位を確立しました。

1990年代からはF-15も登場!

 約10年の休止期間を経て、1984年に公開された『ゴジラ』のポスターにも戦闘機が登場しています。

 その姿は、単発で主翼が大きく、日の丸を背負っており、F-2と非常に似ています。ただF-2の初飛行は1995年、この時はまだ計画段階で、影も形もありませんから、おそらくこれはF-16を参考に描かれたものだと考えられます。

 F-16をめぐっては1982年、航空自衛隊で使用しているF-1の後継機を決めるために、後のF-2を開発することとなる、FS-X(次期支援戦闘機)計画が立ち上がり、その候補機として挙がっていたため、ゴジラに登場する戦闘機に反映された可能性もあります。

 ポスターではこれらの戦闘機がスモークをひきながら、曲技飛行のような編隊飛行を見せていますが、本編でその姿は確認できません。代わりに本編で確認できるのは、戦後初の国産戦闘機F-1を改良したF-1CCVと呼ばれる機体です。

 F-1CCVは、1983年8月に防衛庁技術研究本部と三菱重工がT-2をベースに開発した実験機T-2CCVに、F-1の要素を合わせたような機体ですが、実は架空の存在です。ゴジラシリーズの対ゴジラ兵器として名の知られる「スーパーX」と呼ばれる飛行体とともに登場しました。

 そして2024年現在でも航空自衛隊の主力戦闘機として運用されているF-15が、ゴジラのスクリーンに初登場したのは1989年の『ゴジラVSビオランテ』でした。

 ただしこのときは、ゴジラやビオランテとは戦わず、抗核エネルギーバクテリアを打ち込まれたゴジラの体温を、人工落雷によって上昇させるために薬品を散布するだけの登場でした。

 しかしその後のゴジラシリーズで順調に登場回数を伸ばし1984~1995年までの「VSシリーズ」はもちろん、その後、1999~2004年まで続いた「ミレニアムシリーズ」でも度々姿を現し、F-86Fに次ぐ登場回数を誇る戦闘機となっています。

 2016年に公開された『シンゴジラ』では、F-15ではなくF-2が登場しています。この作品では、現実に存在する自衛隊の兵器のみを使用した、対ゴジラ作戦が描かれていますが、地上にいるゴジラを攻撃するには対空戦闘能力の高いF-15よりも対地対艦攻撃を想定しているF-2の方が適していることは明白です。

 今まではゴジラの周囲を飛び回るだけの「やられ役」だった戦闘機が、ここへきて正しく作戦行動をしている姿で描かれているのが同作の大きな特徴です。

Large 240322 gff 05 ゴジラシリーズ出演数最多の戦闘機F-86「セイバー」。画像アメリカ軍のもの(画像:アメリカ空軍)

 そのほか、歴代ゴジラシリーズにはF-4やF-1も登場しています。時代を彩った名戦闘機たちが、ゴジラと共演する姿をぜひ探してみてください。
 

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。