まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 伝説の「ランデブー走行」も存続 名鉄「複雑怪奇ダイヤ」の理由は? 途中で「急行→普通→急行」の変化も日常

伝説の「ランデブー走行」も存続 名鉄「複雑怪奇ダイヤ」の理由は? 途中で「急行→普通→急行」の変化も日常

乗りものニュース

ライフ・美容

6

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

途中の種別変更、特別停車など、名鉄の「複雑怪奇」なダイヤはなぜ生まれるのでしょうか。それを象徴する犬山線の「ランデブー走行」も、ダイヤ改正後は存続します。

複雑怪奇な名鉄ダイヤの象徴

 複雑怪奇なダイヤで知られる名鉄。特急や急行が正規の停車駅以外の駅に、列車によって停まったり停まらなかったりする「特別停車」や、準急が途中から急行になってさらに各駅停車になるなど、慣れない人は常識を覆す運用に驚くかもしれません。

Large s名鉄の車両(画像:写真AC)。

 その中でも象徴的な存在が、岐阜から犬山、名古屋を経由して東へ向かう、早朝の2本の列車でした。わずか数分差でずっと抜きつ抜かれつを繰り返す「仲良し」とも言える2列車ですが、2023年3月18日のダイヤ改正で「名鉄各務原線内は線内折り返しになり、犬山線への直通は廃止」という変更があり、その去就が注目されていました。

 そしてダイヤ改正を迎えましたが、この「ランデブー走行」、岐阜発着から新鵜沼発着に短縮したものの、その先はほぼ変わらず運行継続となっています。

ダイヤ改正後も存続 伝説の「ランデブー列車」とは

 新鵜沼駅では6時47分にまず急行・吉良吉田行きが発車。その3分後の6時50分に普通・豊橋行きが発車していきます。

 先行の急行が後続の普通との差を広げていき、名鉄名古屋の時点では8分差になっていますが、ここでなんと、互いに種別が逆転。急行だった先行の「普通」吉良吉田行きは、普通から「急行」に変わった後続の豊橋行きに次第に近づかれ、鳴海でついに抜かれてしまいます。

 抜かれた吉良吉田行きは、鳴海でなんとふたたび「急行」に変化し、ついでに後ろ4両を「普通・豊明行き」として切り離します。

 抜いた豊橋行きはそのまま逃げ切るかと思いきや、新安城で7分停車し、さっき追い抜いた吉良吉田行きを律儀に待機。異例の「急行に急行が追い付く」というシーンが見られます。

 2列車はその後、一方は名古屋本線で豊橋へ、もう一方は西尾線で吉良吉田へ、「それぞれの道」を歩んでいきます。まるで人間関係のように近づき、すれ違い、出会い、離れていくというドラマが展開されています。

なぜこんなダイヤが誕生?

 紹介した2列車のダイヤ、どのシーンを切り取っても、他の鉄道会社ではめったに見られない、異例に異例を重ねたものです。いつからこの「ランデブー走行」のダイヤはあり、なぜこのような一筋縄ではいかないダイヤが生まれたのでしょうか。

 名古屋鉄道にたずねたところ、この2列車が生まれたのは2011(平成23)年3月のダイヤ改正の時だそうです。この列車に代表される「頻繁な種別変更、追い抜き」が行われる理由については、「各駅の利用状況などをふまえ、列車本数や間隔を考慮し、お客様の利便性向上を図っています」とのこと。この中でキモとなるのが「各駅の列車本数や間隔を考慮」という点です。

 一般的な列車のダイヤは、「急行を走らせて、次に各停を走らせる」というように一本の列車をどこに配置するかをメインに考えられますが、これだと駅によっては、「急行が発車した直後に各停が来て、そこから10分近く列車が来ない」というアンバランスな列車間隔になることがあります。

 いっぽうで名鉄はダイヤ設定のうえで「A駅はこのくらいの本数と間隔が欲しい」「B駅もこの本数と間隔が欲しい」と、駅ごとに最適な列車が来ることを重視しているようです。

 そうして、それぞれの駅ごとの理想を追求していくと、「この急行を途中で各停にすれば、この駅のこのダイヤの隙間に列車を入れられるぞ」「この駅は特急が通過するが、今回だけ特別に特急を停めれば、列車間隔が空かずに済むぞ」というように、“駅の列車間隔に悩んだ時に、ちょうどやってきた列車を停めたり通過させたりして、都合よく調整に使う”手法を取るようになったのが、名鉄特有のダイヤだったのです。

 そのつじつま合わせが2つの列車の行く先々で行われた結果、互いに種別がチェンジしたり、抜かしたりまた追い付いたりするようにまでなったのが、今回紹介した新鵜沼~新安城の「ランデブー走行」と言えるでしょう。この2列車のドラマは、18日のダイヤ改正後も続いていきます。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。