まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「チャーリー、ないなー」どんな意味!? パイロットと管制官が交わす「英語」が特殊すぎる件

「チャーリー、ないなー」どんな意味!? パイロットと管制官が交わす「英語」が特殊すぎる件

乗りものニュース

旅行

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

パイロットと航空管制官との航空無線による交信では、原則「英語」が使われています。しかし、日常的な会話で用いられる一般的な英語と、交信で使われる英語は少々異なります。

「YES」→「Affirm」

 地上から飛行機の動きをコントロールする航空管制官と、航行中のパイロットとの航空無線による交信では、原則「英語」が使われています。しかし、学校で習ってきたような一般的な英語と、交信で使われる英語は少々異なります。

Large 91羽田空港の管制塔(2019年5月、伊藤真悟撮影)。

 代表的なものとして挙げられるのは「はい」「いいえ」のやり取りで、航空無線では原則「YES」「NO」は使いません。肯定、つまり「YES」のときは「Affirm(アファーム)」、否定「NO」のときは「Negative(ネガティブ)」という言葉を使います。

 その理由は、安全確保のため。「YES」「NO」では、やり取りの言葉としては短すぎ、聞き漏らしたりする可能性もあり、「Affirm」「Negative」を使えば聞き間違いの可能性を減らせるためとされています。

 ちなみに辞書通りだと「Negative(ネガティブ)」の反対の言葉は「Affirmative(アファーマティブ)」です。ただ、これだと語尾が似ていて聞き間違える可能性もあるため、肯定するときは、短い「Affirm」を用いるようになったといわれています。

 通常の英語と航空管制上の英語の違いは、アルファベットの読み方にも及んでいます。

 本来「スリー」に似た発音がされる「3」は航空管制では「トゥリー」、「ファイブ」とされる「5」は「ファイフ」、「ナイン」とされる「9」は「ナイナー」と読まれることが一般的です。この発音ルールは、航空無線特有の読み方「フォネティックコード」と呼ばれるもので、英語を母国語としない国の人が発音しやすいようつくられ、全世界で共通化されています。

 なお「フォネティックコード」では、アルファベットの読み方も、一般的なものとは異なります。たとえば「A」は「アルファ」と発音され、交信で「A9」と言う際には、「アルファ、ナイナー」と発音します。「C3」であれば「チャーリー・トゥリー」となります。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。