まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 【建設業2024年問題】現場では、施工管理ツール使う26.1%の調査結果 業務改善あまり進まず

【建設業2024年問題】現場では、施工管理ツール使う26.1%の調査結果 業務改善あまり進まず

J-CAST ニュース

ビジネス

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。
建設業2024年問題には業務効率化が欠かせない
建設業2024年問題には業務効率化が欠かせない

建設業界に特化した人材サービスを展開するウィルオブ・コンストラクションは2024年3月22日に、建設現場で勤務する10代~60代の技術者を対象にした「建設現場のデジタル活用実態調査」の結果を発表した。

施工管理ツールの活用、81.2%は業務効率化を実感

調査でははじめに、就業先の現場で業務をサポートする施工管理ツールを使っているのかを質問。「はい」と答えた回答者は26.1%、「いいえ」は73.9%という結果が出た。

また、「はい」と答えた回答者のうち、施工管理ツールの利用は業務効率化や工数削減につながっていると感じているかについて質問すると、「感じる」が33.0%、「やや感じる」が48.2%、「やや感じない」は17.9%、「感じない」は0.9%となった。

施工管理ツールの利用によって、効率化につながっている実感のある人は81.2%ということになる。

「BIM/CIMを導入している現場」12.2%

また、「就業先の現場で、電話・メール以外にチャットでの連絡・コミュニケーションを行なっていますか」と聞くと、「はい」は67.1%で過半数を超えた。「いいえ」は32.9%に留まった。

最後に、「就業先の現場ではBIM/CIMを導入しているか」と質問した。

「BIM/CIM(ビムシム)」とは、計画、調査、設計段階から3次元モデルを導入することによって、事業全体にわたる関係者間の情報共有を容易にし、一連の建設生産・管理システムの効率化・高度化を図る取り組みのこと。

今回の調査によると、「はい」と答えた人は12.2%、「いいえ」が87.8%。建設現場におけるBIM/CIMの導入率はまだ低かった。導入ハードルの改善が必要な状況のようだ。

なお、この調査は2024年2月22日から29日まで、オンライン上でのアンケート調査を実施。建設現場で勤務する10代~60代の技術者から、444件の回答を得た。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。