まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • トンネル抜けたら墓地でした… 空間認識がバグる東京の不思議なトンネル そこは元“幽霊坂”

トンネル抜けたら墓地でした… 空間認識がバグる東京の不思議なトンネル そこは元“幽霊坂”

乗りものニュース

エンタメ

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

橋の下が入口というトンネル、その抜けた先は墓地…ちょっと不思議なスポットが東京のど真ん中にあります。空間認識がちょっとおかしくなるかもしれませんが、そこはもともと“幽霊坂”と呼ばれていました。

陸橋の上に現れるトンネルのシェルター

 東京メトロ千代田線の乃木坂駅で1番出口を出ると、その左隣は「乃木神社」、右には「乃木坂陸橋」が立ちはだかります。クルマはその陸橋の下にある「乃木坂トンネル」へ吸い込まれていきますが、このトンネル、構造が少々不思議です。

Large 230911 nogi 01陸橋の上にあるトンネルのシェルター。ソーラーパネルも見える(乗りもの編集部撮影)。

 この350mほどあるトンネルを抜けた先は、明治時代から数々の著名人が葬られている青山霊園になっています。同トンネルは、都会から墓地に出る点も特徴ですが、構造的にもかなり珍しい構造物となっています。

 まず、乃木坂駅側から入ると潜るようなトンネルになっているのにも関わらず、外に出るといきなり緑地や墓地のある丘の上にいます。確かに地下に潜るように入ったはずなのになぜが、上に出ているのです。

 答えはトンネルを出た直後に左折するとわかります。都道413号線を下り、都道319号線との境目の信号から右を見ると、青山陸橋の上に奇妙な筒があります。実はこれがトンネルの一部になっており、地面を走っていたのは途中までで、あとは陸橋の上を走っているのです。

 乃木坂トンネルは1990年代に開通しました。それまで、東京メトロ千代田線に沿う都道413号は、乃木坂駅付近の崖に阻まれ、赤坂地区と青山地区のあいだが長らく未開通でした。トンネル内を赤坂側から青山側にかけて上り坂にすることで、赤坂側の崖上の道路(外苑東通り)をくぐり、青山側の崖下の道路(環状3号線支線)をまたぐ構造にしたのです。

 トンネルに沿う形で、地上にも道がありますが、途中で行き止まりになります。そこから、墓地へ向かってトンネルの屋根(シェルター)が伸びており、その左右は歩道になっています。このシェルターの南側には大量のソーラーパネルが設置されており、トンネル内の電力はソーラーパネルで発生した電力で補われているそうです。

 また、道路の行き止まり部分付近は、下に道路が通っているとは思えないほど閑静な場所で、そこから階段を下りてたどり着くシェルター両脇の歩道は、数多くのテレビドラマや特撮モノのロケ地になっているのだとか。

 なお、「乃木坂」明治の陸軍大将だった乃木希典の邸宅(現・乃木神社)があったことに由来します。それ以前の江戸時代には、幽霊坂、さらには行合坂、なだれ坂、膝折坂(ひざおれざか)などとも呼ばれていました。ちなみに現在青山霊園がある場所には、江戸時代には美濃国郡上藩青山家の下屋敷があり、そのことにちなみ青山霊園と呼ばれています。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。