まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 【意外?】今の日本は人権が尊重されている社会だと思うか?「そう思う」「そう思わない」、多かったのは…?

【意外?】今の日本は人権が尊重されている社会だと思うか?「そう思う」「そう思わない」、多かったのは…?

マイナビウーマン

その他

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

最近、日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルとしたドラマが話題ですね。日本国憲法で保障されている私たちの「人権」について、改めて考える人も増えているのではないでしょうか。そこで今回は、東京都が実施した意識調査をもとに、人々が「日本社会における人権」についてどのように感じているのかを見ていきます。

【関連】モラハラ夫に人生を狂わされた女性

18歳以上の都民5,000人を対象に調査

東京都では、「人権に関する都民の意識等を調査し、今後の人権施策をすすめていく」ことを目的に、都内に在住する18歳以上の男女5,000人を対象に「人権に関する都民の意識調査」を実施しました。なお、10代の18歳、19歳に関しては合計150人程度として、20代から70歳以上の年齢層および男女比は概ね均等に配分されています。

34%が「今の日本は人権が尊重されていない」

日本が「人権を尊重されている社会だと思うか」という設問に対し、「そう思う」(10.4%)、「どちらかと言えばそう思う」(55.4%)を合計した「思う」の割合は65.8%、「どちらかと言うとそう思わない」(25.4%)、「そう思わない」(8.8%)を合計した「そう思わない」の割合は34.2%でした。

日本社会は人権が尊重されていないと考える人が3割以上というのは、決して少なくない数字だと感じられます。

Fig01

あなたは、今の日本は、人権が尊重されている社会だと思いますか。
―東京都「人権に関する都民の意識調査」より

今の日本で人権が尊重されていないと思う理由は?

続いて、日本は人権が尊重されている社会ではないと答えた人に、その理由を聞いた結果は、次のとおりとなりました。

最も多かったのが「テレビやインターネットのニュース報道を通じ、社会で人権侵害や誹謗中傷が増えたと感じるから」で30.9%でした。次いで、「自分中心で他人のことを考えない人が増えたと感じるから」が25.0%、「多様性が尊重されていないと感じるから」18.3%が続いています。

ニュース報道など、メディアが発信する情報を通じて、人権が尊重されていないと感じる人が多いようです。

なお、実際に「自分の人権が侵害されたと思うことがあった」人は5.2%、「家族や知人等、自分の身近で人権が侵害されたと思うことがあった」人は3.5%で、いずれも少ない結果となっています。

Fig02

それはどのような理由からですか。
―東京都「人権に関する都民の意識調査」より

最も関心が高いのはインターネットによる人権侵害

「人権に関わる問題のうち、関心のあることは何か」を聞いた設問では、最も関心が高かったのは「インターネットによる人権侵害の問題」で48.1%の人がこれを挙げています。

そのほか「子供の人権」42.1%、「プライバシーや個人情報の流出・漏えいの問題」41.3%、「セクハラやパワハラなどのハラスメント」40.6%も4割を超えており、関心が高いと言えます。

SNSが生活の中心となっている現代社会では、その特徴の一つでもある「匿名性」を悪用した誹謗中傷がたびたび問題となっています。また、近年、いじめや虐待、性加害などの事件報道もたびたび見られるためか、子供の人権への関心も高くなっているのでしょう。

Fig03

人権に関わる問題のうち、あなたが関心のあるものをすべてお選びください。
―東京都「人権に関する都民の意識調査」より

まとめ

身近な問題として

「人権問題」と聞くと小難しい響きがあり、普段あまり意識せずに過ごしている人も多いのではないかと思います。しかし、実際には日々の生活にかかわる身近な問題です。後から考えて、自分や大切な人の人権が侵害されていたことに気づく、ということを避けるためにも、人権とは何かを意識することは大切でしょう。そうすることで、世の中のおかしいことに「ノー」と言える力を養うことにもつながるはずです。とくに子供の人権に関しては、もっと社会がその権利の保護について、考えを深めていく必要があるのではないでしょうか。

(マイナビ子育て編集部)

調査概要

■人権に関する都民の意識調査/東京都総務局人権部
調査対象:都内に在住する満18歳以上の男女5,000人(18歳・19歳は合計150人程度とし、20代から70歳以上の年齢層及び男女比は概ね均等に配分)
調査時期:令和5年8月24日~28日

<関連記事>

日本を含む6カ国の若者に調査、日本だけ「特にない」が異様に多いという衝撃!米・英・中・韓・印との違いとは


【子供の性被害】約7割が「父親」によるという現実…そのうち「実父」が4割超


ひとり親世帯の貧困は待ったなし、4人に1人が年収100万円未満、非正規雇用が半数以上

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。