まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 初公開! 13年ぶり復活の「JALの貨物機」その内部に迫る! 旅客機時代とは大違いな機内

初公開! 13年ぶり復活の「JALの貨物機」その内部に迫る! 旅客機時代とは大違いな機内

乗りものニュース

旅行

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

かつての「JALの貨物機」にもあった767ってのがまた。

「JA653J」が初号機に

 JAL(日本航空)が13年ぶりに導入する貨物専用機「ボーイング767F」。2024年2月19日の運航開始に先駆け8日、成田空港で報道関係者にむけ、その外観・および機内が初公開されています。その全容はどのようなものなのでしょうか。

Large 01報道陣に公開されたJALの貨物専用機「ボーイング767F」(2024年2月8日、乗りものニュース編集部撮影)。

 JALは1959年に貨物専用機を就航。「ジャンボ機」ことボーイング747、そして今回導入されたものと同シリーズである767をはじめ、多くの貨物専用機を運用し、一時期は世界NO.1の輸送量を持つ航空会社であった時期もあったとのことですが、経営破たん後の2010年10月末にこれらを全て退役させました。

 以降同社は、需要変動が大きい航空貨物事業において、旅客機の貨物スペースと、他社の貨物専用機のチャーター運航による事業経営を実施してきました。

 今回の貨物専用機の再就航でJALは、ネット通販などのeコマース、医薬品、生鮮食品を始めとする国際貨物の輸送を担います。

 国内では、成田・中部空港の2つを拠点とし、台北(桃園)、ソウル(仁川)、上海(浦東)の3つの海外空港に就航。国際宅配サービス大手DHLエクスプレスとも提携し、同社が引き受けた荷物を安定的にJAL便へ積み込むことで、基礎的な貨物需要を長期的に確保するとのことです。

「コロナ禍で貨物輸送の重要性を改めて認識しましたし、貨物機退役以来、旅客機の運航という収益の柱をひとつしかもっていなかった状況で、旅客需要と違う動き方をするビジネスの必要性を認識しました。航空貨物輸送は、まったく新しいビジネスを立ち上げるのではなく、創業時からやっているものです。旅客需要がピンチのときには航空貨物で支えるぞ!と考えています」(JAL木藤 祐一郎貨物郵便本部長)

復活の「JALの貨物機」機内はどんなもの?

 新たな「JALの貨物機」は同社の旅客機「ボーイング767-300ER」を改修したもので、初号機「JA653J」は2023年8月まで国内線仕様機として運航されたのち、シンガポールで改修作業を実施。2024年1月に成田空港へ到着しました。

Large 02報道陣に貨物専用機「ボーイング767F」を用いた事業について説明するJAL木藤 祐一郎貨物郵便本部長(2024年2月8日、乗りものニュース編集部撮影)。

 機体はベースデザインはJALの旅客機と同様で、尾翼にはロゴマークの「鶴丸」も入っています。その一方、旅客機と違い客室窓が取り払われており、胴体前方の「JAPAN AIRLINES」の文字も「JAL CARGO」へと変更されています。

 貨物はメインデッキ(上部貨物室)・床下の貨物室あわせて、大型のボーイング777旅客機2.5機分にも相当する48tの貨物を積み込むことができます。またコクピットにはパイロット席のほか、荷主向けの座席を3席設置。ギャレー(簡易キッチン)も設置されています。

「改修され、とてもキレイな状態のフレイター(貨物専用機)の実機を今回初めて見ましたが、使命感が高まりました。私達はフレイターを守れなかった世代なので、のちの世代にフレイターを残すというのが大切な使命だと考えています」(JAL木藤 祐一郎貨物郵便本部長)

 なお、今後JALの貨物機は2025年度までに、3機体制へと増える予定とのことです。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。