まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 約8割の上司が部下に不満!「やる気/熱意がない」「言われたことしかできない」…部下と接するときに心がけることは?

約8割の上司が部下に不満!「やる気/熱意がない」「言われたことしかできない」…部下と接するときに心がけることは?

マイナビウーマン

その他

0

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

アシロが運営する、労働問題の相談・対応を得意とする弁護士・法律事務所を検索できるポータルサイト「ベンナビ労働問題」はこのほど、部下を持ったことがある男女2,432人に対して、「部下とのコミュニケーション」に関する調査を実施しました。

Main

多くは部下と「対面」でコミュニケーション、飲み会やランチも実施

Sub1

これまでに部下を持ったことがある男女2,432人を対象として「部下とのコミュニケーションでよく使用する手段はなんですか?」と質問したところ、80.3%が「対面」と回答しました。

企業や業界によってケース・バイ・ケースではありますが、次点では11.5%が「チャットツール(Chatwork/Slack/LINEなど)」と回答しています。

また同じ人を対象として、「部下とランチや飲み会の機会はありますか?」と聞くと、9.3%が「よくある(週に1回以上)」、23.2%が「たまにある(月に数回)」と回答。「まったくない」と回答した26.7%を除くと、全体のうち73.3%が部下との何らかの飲み会やランチを実施しているようです。

約4割は「部下とのコミュニケーションに課題」を感じている

Sub2

「部下とのコミュニケーションが円滑に行われていると感じますか?」と尋ねたところ、60%以上が「感じる」と回答。約4割は、部下とのコミュニケーションが円滑に行われておらず、何かしらの課題を感じていることがわかりました。

その理由については、407人が「話す機会が少ない」と回答しており、続いて385人が「考え方・常識が違う」と回答。価値観やジェネレーションギャップなどが原因となり、コミュニケーションに課題が生じているケースが考えられます。

約8割は部下に不満を抱えており、多くは「熱意」や「受動的態度」に不満

Sub3

続いて、「部下に不満はありますか?」と聞いたところ、「まったくない」と回答した人は20.1%に留まり、79.9%は少なくとも何かしらの不満を抱えていることがわかります。

さらに上記の質問で、部下への不満が「かなりある」「ややある」「多少ある」と回答した1,943人に対して「どんな不満がありますか?」と質問したところ、最も多い不満は560人が選択した「やる気/熱意がない」に。次点では518人が選択した「言われたことしかできない」となりました。

また、「その他」と回答した人に具体的な不満の内容を聞くと、「仕事が遅い」「言葉遣いが受け入れられない」「私語が多い」などさまざまな不満が挙がりました。

次項では、上記から無作為に選定した200人に聞いた具体的な不満を一部紹介しています。

【年代別】部下への具体的な不満と要望

・半端なところで中断せず、もっと良くする努力をしてほしい。(30代・男性・福岡県)
・こちらから話しかけないと状況がわからないので、もっとコミュニケーションを積極的にとりにきてほしい。(30代・女性・東京都)

・気分に波があるので、仕事のときはコントロールしてほしい。(40代・女性・岩手県)
・ミスをしたときに過剰に落ち込む。こちらとしてもハラスメントは絶対にしたくないので、どう指導すべきか難しい。(40代・男性・神奈川県)
・リアクションが薄いのでもっとハッキリ意思表示してほしい。(40代・男性・富山県)

・いつも忙しいアピールをしているので、落ち着いてほしい。(50代・女性・神奈川県)
・先輩に従順でも後輩へハラスメント気質を感じるので心配。(50代・女性・東京都)
・真面目すぎるので、少し気を抜いてほしい。(50代・男性・東京都)

部下への不満は「話し合う」か「やんわりと指摘する」ケースが多数派

Sub4

続いて部下への不満が「かなりある」「ややある」「多少ある」と回答した1,943人に対して「不満がある場合、どう対応しますか?」と質問したところ、747人が「話す機会をもうける」と回答し、最多となりました。

一方で、同程度の711人が「やんわり指摘する」とも回答しており、部下への不満に対して向き合いはするものの、メンタル面への悪影響やハラスメントを懸念して毅然とした対応や行動に移れないケースがあるようです。

また、部下を持ったことがある2,432人に対して「部下への対応に困ったとき、誰に相談しますか?」と聞いたところ、1,058人が「上司・先輩」と回答。続いて970人が「近い間柄の同僚」と回答しました。

他方、「誰にも相談していない」との回答も538人と決して少なくないことから、多くが部下とのコミュニケーションの悩みを独りで抱えている現状がわかります。

「感情的にならず、こまめなコミュニケーションを心がけている」上司が多い

Sub5

最後に部下を持ったことがある2,432人に対して「部下と接する際、どんなことに気をつけていますか?」と質問すると、1,068人が「感情的にならない」、1,054人が「こまめにコミュニケーションをとる」と回答しました。

また「意見を押しつけない」「部下の話をよく聞く」といった回答も多く、上司が部下に対して気を遣っている状態ともいえます。

この質問は複数回答が可能であり、回答者2,432人に対して回答件数は6,479件にのぼり、一人あたり2.6個の「気をつけていること」があることがわかりました。

調査概要

調査対象:20歳以上の男女2,432人
性別割合:男性(1,486人)/女性(946人)
調査方法:Freeasyを用いたインターネットリサーチ
調査日:2024年5月21日(火)〜5月22日(水)
出典:ベンナビ労働問題(アシロ)
出典元:https://roudou-pro.com/columns/597/

アシロ
https://asiro.co.jp

(マイナビ子育て編集部)

<関連記事>

「上司に不満があるが言えない...」20〜40代の正社員、仕事の悩みを上司や同僚に相談しないは6割。誰に相談してる?


マウンティング上司は3割の職場に存在…!「昔はこうだった今のお前らの仕事は温すぎる」「情報を一方的に握り……」


「定時に帰りたい」新入社員が約半数で過去最大に、「成長のためにたくさん働きたい」は1割以下<最新版・新入社員意識調査>

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。