まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 東武東上線「最古の駅」が様変わり!? 駅周辺で開発検討へ「閑散とした車両工場」はどうなる

東武東上線「最古の駅」が様変わり!? 駅周辺で開発検討へ「閑散とした車両工場」はどうなる

乗りものニュース

ビジネス

0

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

よく見かける行き先の駅。

東上線の川越市駅周辺で開発を検討

 東武鉄道は2024年5月、東上線の川越市駅周辺で開発を検討していく方針を明らかにしました。同社は、2027年度までのグループ中期経営計画に「鉄道ネットワークを基盤とした沿線中核拠点の地域ターミナル化」を盛り込んでおり、その一環として同駅周辺の開発を検討するとしています。

Large 230324 norimono 01東武東上線の車両(画像:写真AC)。

 川越市駅は、東武東上線の前身となる東上鉄道が1914年に開通した際、川越町駅として開業。川越市の市制施行に伴い、1922年に川越市駅に改称しています。東上線では池袋駅や下板橋駅、成増駅などと共に、開通当初から存在する最古の駅です。
 
 駅の西側に東武鉄道の川越整備所(旧川越工場)があり、東上線の車両検査などを行っていましたが、一部機能が埼玉県久喜市にある南栗橋工場に移管されたため、現在は閑散とした状態になっています。
 
 東側には、駅前に東武グループが運営する「東武スポーツクラブかわごえ」やスケートセンターがあったものの、2016年に営業を終了。2017年に解体工事が行われ、現在は駐車場として暫定的に活用されています。
 
 現時点では、川越市駅周辺の開発概要は明らかになっていませんが、観光や商業機能など、新たな都市機能の充実を図る方針が示されています。開発の対象地はどこになるのでしょうか。
 
 東武鉄道は「駅前の『東武スポーツクラブかわごえ』やスケートセンターの跡地を対象に、周辺環境の変化を見極め、行政とも協議を行いながら具体的な活用方法の検討を進めていきます」(広報部)と話します。
 
 川越整備所(旧川越工場)については「一部機能を南栗橋工場に移管したため、閑散としていますが、現在も車両修繕等で使用しており、閉鎖はしていません」とのこと。現時点で再開発計画などがあるわけではないとしています。

 今後は「東武スポーツクラブかわごえ」やスケートセンターの跡地で、具体的な開発の検討が進んでいく見通しです。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。