まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「ポジティブ信仰」はもう古い!? 年下に嫌われる人が言いがちな“2つの話題”

「ポジティブ信仰」はもう古い!? 年下に嫌われる人が言いがちな“2つの話題”

マイナビウーマン

その他

0

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

同年代は共通の話題が多く、お互い対等な立ち場で話しやすいもの。一方、職場や親同士の会話で相手が年下だと、「こんな話題、若い子に興味あるかな?」「私、説教くさくなってる?」と不安になることもありますよね。

Pixta 91300587 m

※画像はイメージです

今回は、話し方教室『TALK&トーク』を主宰する野口敏さんによる『人の輪の中にスッと入れる話し方』(三笠書房)から、下の世代の人たちとのコミュニケーションのコツについてお届けします。

下の世代の輪の中に入ったら「会話の主人公」は相手

「その場の『会話の主人公』は誰だ?」

そんな意識を持って話をしていますか。

雑談をしていて気分がいいのは、基本的に話し手。その立場をいつまでも独占していたら、一緒にいる人たちはその場を楽しめないでしょう。

特に下の世代の人たちの輪の中に入れてもらった時は、自分ではなく、その場にいる人たちが「会話の主人公」になるように気を使ってみてはいかがでしょうか。

「相手を主人公にする」というと、「休みの日は何をしているの?」などと質問をすればいいと受け取ってしまう人も多いようです。

でも、それでは内容のある話が出てくる確率は低いでしょう。そこには、相手が思わずしゃべりたくなる切り口というものが必要です。

説教くさい話よりこんな「切り口」で話を聞いてみる

Pixta 82889091 m

※写真はイメージです

年下の人と話す時、つい説教くさい話をしたり、アドバイスをしたりしたくなるものです。

しかし自分が彼らと同年代だった頃、どんな切り口で話しかけてくる先輩が話しやすかったかを思い出せば、説教や望まれぬアドバイスが嫌われる原因になることに気づくことでしょう。

前の項で「自分のカッコ悪い話を」とお話ししました。まず、自分が悩んだこと、苦しかったことを話せば、年下の人たちも自分に正直になれます。

自分の話は早々に切り上げて、こんな切り口で話を聞いてみてください。

「仕事、しんどい時もあるだろう」
「仕事で感じる壁ってあるよね」
「月曜の朝のエネルギー充填度は何%?」

こんなふうに話しかけてくれる上司や先輩とは話もしやすく、本音も出やすくなります。もしかしたら、ネガティブな気持ちを吐き出したりするかもしれません。

そして、

「〇〇さんは苦しかった時、何を心の支えにして働いていたんですか?」

「逃げ出したくなる時に、どう考えればいいのでしょうか」

という質問も飛び出してきたりして。

そうした質問が、やがて「前向きな話」へとつながっていくことでしょう。

ネガティブな気持ちを吐き出すと、人の心は前向きになるからです。

ポジティブ信仰に縛られている人たちは、こんな「心のメカニズム」を知っておくと、コミュニケーションの質がアップすると思います。

『人の輪の中にスッと入れる話し方』のほかの記事はこちら

この記事は、野口 敏著『人の輪の中にスッと入れる話し方』(三笠書房)より一部抜粋・再編集したものです。詳しくは下記をご覧ください。

書籍『人の輪の中にスッと入れる話し方』

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。