まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 渋谷駅の「東西分断」ついに大変化!? 「南口空中通路」2本も誕生 謎の存在「新南口」も便利に!?

渋谷駅の「東西分断」ついに大変化!? 「南口空中通路」2本も誕生 謎の存在「新南口」も便利に!?

乗りものニュース

ビジネス

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

かなり便利になりそうです!

東西の行き来が便利に

Large s渋谷駅の南側に東西歩道橋が(乗りものニュース編集部撮影)。

 12月1日、JR渋谷駅の南側に、新たな空中歩道橋が2本完成しました。

 渋谷駅南西側、国道246号&首都高を越えたところにある「桜丘口エリア」では、巨大再開発ビル「渋谷サクラステージ」がついに開業。国道246号より南側への新たな区道も開通し、まさに「新たな街」が誕生しました。

 渋谷駅南側では、JRの線路で東西エリアが完全に分断され、線路の向こう側へ行くには薄暗い国道246号のアンダーパス、もしくは遥か南側の猿楽橋まで通路がなく、「隔絶されたエリア」のようになっていました。そこに、以下の2本の東西通路が生まれました。

●渋谷駅南口北側自由通路
 渋谷サクラステージから渋谷ストリームへ直結。今は暫定供用ですが、2026年度にはここにJRのホームを丸ごと覆う新しい橋上駅舎が完成し、「南口改札」がこの通路へ直結する予定です。

●渋谷駅南跨線人道橋
 渋谷サクラステージの末端部から、渋谷駅「新南口」へ直結します。特に東西エリアが分断されて行き来不可能になっていた場所で、利便性が大幅に向上します。

 もともとこのあたりには埼京線・湘南新宿ラインの渋谷駅ホームがあり、「駅ひとつ分ズレた謎ホーム」として有名でした。2020年に山手線の隣へ移設されたあとも新南口は存続し、いまは「元埼京線ホーム」の通路を延々と歩いて到達する形になっています。最終的に新南口は、先述の新設される「南口」から新しい通路が伸びてつながる予定です。

 開通初日となった12月1日の昼は、皆まだ存在すら知らないのか、人通りはまばら。「新南口」につながる空中歩道橋からは、渋谷駅ホームの南端部を上から見下ろすことができ、行き交う人々は足を止めて線路や駅、電車を写真に収めていました。新たな鉄道観察スポットとなりそうです。また、線路西側から新南口経由で東側エリアへ渡れるのは新鮮で、「ここからこう行けるのか」と感慨深そうに話す人もいました。

 渋谷ストリームへつながる空中歩道橋は、字のごとくストリームの「横っ腹」に突き刺さるように、渋谷サクラステージの2階から伸びています。やはりこちらも人通りはまだまばらで、「まさかストリームから西側へ直接行けるとは」と、まだ存在に気づいていない様子がうかがえます。

 開業した渋谷サクラステージも、まだ「中に入れるようになった」程度で、これから少しずつテナントが開店を迎えていきます。「そもそも渋谷駅西口の国道246号より南側とか、行く用事が無いよ。歩道橋渡るの面倒くさいし」という扱いだったエリアも、本格的な街びらきとともに、「皆が集まってくるエリア」に変化していきます。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。