まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「あの棒人間みたいなの何?」 駅ホームで目立つナゾの黄色い標識 その正体とは

「あの棒人間みたいなの何?」 駅ホームで目立つナゾの黄色い標識 その正体とは

乗りものニュース

ビジネス

3

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

JR線の駅ホームなどを見上げると、黄色い菱形の標識が目立つように設置されています。なかには「棒人間」のようなものが描かれていますが、これは何を表しているのでしょうか。

何の記号? 棒人間? 目立つナゾ標識の正体

 都内のJR駅のホームを歩いていると、黄色いひし形の標識を目にすることがあります。そのなかには、棒人間の上半身のような、メス「♀」マークにも似た記号が黒い線で描かれていますが、どのような意味があるのでしょうか。

Large 240604 hyo 01駅のホームに設置される「軌道回路境界位置目標」(画像:写真AC)。

 この標識は「軌道回路境界位置目標」と呼ばれるもので「閉塞(へいそく)」との境界があることを示しています。「閉塞(へいそく)」とは、原則として「1つの列車しか入れない区画」を示す鉄道用語です。ひとつの閉塞に1列車しか進入できないというルールを設けることで、列車の衝突事故を防いでいます。

 本来閉塞の境界には、信号機もしくは、列車の運転台に表示されるデジタル信号の境界があります。それら境界となる信号機があることを、目視で分かりやすくした標識が軌道回路境界位置目標です。

 なぜこのような標識が必要かというと、列車が駅でオーバーランしたり、発車後に緊急停止ボタンが動作したりして、中途半端な位置で停車してしまったときに役立ちます。

 オーバーランを修正する際、列車の最後尾が標識のある地点を越えていると確認された場合、その列車はバックできないことになります。最後尾を超えた時点で、標識の手前の閉塞は空いたことになり、後続列車が入ってくる可能性があるからです。その状態でオーバーランを修正し続けると最悪衝突事故になってしまう可能性があるからです。

 境界を越えたオーバーランの場合、運転指令所に許可を取ってバックをするか、次の駅まで行って、降車予定の人たちには折り返してもらうこともあるようです。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。