まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 空飛ぶガソスタに「逆給油」なぜ!? 米軍が成功した“奥の手” 一体なにが変わるのか?

空飛ぶガソスタに「逆給油」なぜ!? 米軍が成功した“奥の手” 一体なにが変わるのか?

乗りものニュース

ビジネス

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

アメリカ空軍が画期的な空中給油方法のテストに成功しました。いわば空中給油機への「逆給油」。これにより作戦活動の柔軟性や運用の幅が広がるとされていますが、一体どういうことでしょうか。

上から下じゃなく「下から上」へ!

 アメリカ空軍が2023年12月、ある画期的な空中給油に成功したと発表しました。C-5M「スーパーギャラクシー」大型輸送機とKC-10A「エクステンダー」空中給油機を使って「逆空中給油(リバースエアリフューエリング)」の飛行試験を実施し、見事成功したというのです。

 この試験は、従来の空中給油の概念を逆転させるものです。KC-10が機体後部に備える空中給油用ブームをC-5の「レセプタクル(給油口)」へ挿入して両機をつなげるところまでは一緒ですが、斬新なのはその後で、なんとC-5からKC-10側へ燃料を送り込みました。

 アメリカ空軍いわく、これはKC-10に限らず既存のKC-135「ストラトタンカー」や、最新型のKC-46「ペガサス」といった空中給油機でも実施可能なのだとか。しかし、このような逆空中給油は開発時の動作テストを除くと、これまで実際に行われたことはありませんでした。

 そのため、今回はじめて実用を目指しての逆空中給油が実施されたことになりますが、この裏側にはアメリカ空軍が抱える深刻な問題を解決する意図があるようです。

Large 240508 kc10 01アメリカ空軍のKC-10「エクステンダー」空中給油・輸送機。右下に見えるのは新型のKC-46A空中給油・輸送機(画像:アメリカ空軍)。

 そもそも空中給油機の役割は、空の上で航空燃料をほかの航空機に「受け渡す」ことです。燃料を受け取った飛行機やヘリコプターは、航続距離や滞空時間を理論上は無限に伸ばすことができます。

 さらに輸送機や戦闘機などは、最大離陸重量という制限の枠内に収めるため、離陸時にあえて燃料を少なくすることもあります。代わりに貨物や武装をより多く搭載して離陸、のちに空中給油を受けることで、見かけ上のペイロードを増やすことも可能です。

アメリカ空軍の即応性を支える屋台骨

 また、アメリカ空軍は世界中あらゆる場所へ展開する能力を重要視しており、場合によってはその能力に「即時」という制約が課せられることもあります。たとえば1990年の湾岸戦争では、24機のF-15C「イーグル」戦闘機をわずか15時間でアメリカ本土からサウジアラビアへ飛行させ、翌日には任務に投入しています。このF-15の即時展開飛行を支えたのは数十機の空中給油機でした。

Large 240508 kc10 02アメリカ空軍のC-5M「ギャラクシー」大型輸送機(画像:アメリカ空軍)。

 このように、アメリカ空軍にとって空中給油機はいくらあっても困ることのない存在であると言えるでしょう。その保有機数たるやKC-135が377機、KC-10は20機、KC-46 では72機、そしてプロペラ機であるMC-130は57機であり、これら4機種を合計すると526機という大艦隊にもなります。

 また空軍だけでなく、アメリカ海軍や海兵隊も空中給油機を保有しているため、それらまで含めるとアメリカ軍全体では実に606機にも達します。この数はアメリカを除いた全世界の空中給油機の合計数を3倍にしてようやく匹敵するという凄まじい量です。

 空中給油機は、まさにアメリカ空軍の屋台骨とも言える存在ですが、翻ると自機の燃料不足と常に戦わなければならないという宿命的な欠点も持ち合わせています。他機に燃料を分け与えるということは、自身の作戦時間や帰還するための燃料を代償として支払い続けていることを意味し、搭乗員の安全にも直結しかねないリスクの高い作戦とも言えるでしょう。

空中給油機は無限に燃料あるわけじゃない

 実際、空中給油機が燃料不足に陥り帰還困難になってしまったという例も少なくありません。こうした事態に備え、KC-10や今後主力となることが見込まれるKC-46は空中給油レセプタクルを備えており、自身が空中給油を受けることも可能です。しかし空中給油機が空中給油を受けるということは、ほかの作戦に使えたはずの空中給油機を奪ってしまうことになります。

Large 240508 kc10 03フライングブームを下ろしたKC-10空中給油・輸送機とドッキングしようとするC-5M大型輸送機(画像:アメリカ空軍)。

 今回の試験では約30分で1万660kg(約2万3500ポンド)の逆空中給油に成功しています。これは通常のフライングブーム式の空中給油に比べて約1割程度の送油量であり、C-5とKC-10の両機ともに最大燃料搭載量が約150tもあることを考慮すると、燃料満タンにするような使い方は現実的ではないようです。

 とはいえ、逆空中給油が実用化されれば空中給油機が安全に着陸するための最低限の燃料を輸送機などから与えるという運用が可能になるため、空中給油機の作戦持続能力と安全性を高めることにつながり、結果、リスクを軽減することができます。

 そのため、こうしたことが行えるという余地が生まれるだけでも、アメリカ空軍の戦略的な柔軟性と即応性はさらに向上し、かつ緊急展開や長距離作戦における支援能力が強化されることは間違いないと言えそうです。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。