まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

モラハラ夫、口癖は「別れるぞ」「もう離婚だ」…謝り続けた妻の“反撃”

オトナンサー

その他

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。
何気ない「口癖」が亀裂につながることも…
何気ない「口癖」が亀裂につながることも…

 夫婦間でやりとりする言葉は、一生分にすると膨大な量です。なれ合いになってしまい、深く考えずに相手に投げかけていることが多々あります。「おまえ、頭悪いなあ」「あなたのお母さんにはうんざりよ」「おまえに似て、この子は落ち着きがない」「あなたの家事能力はゼロね」といった“あるある”会話です。

 使っているのが常に汚い言葉だったり、相手を尊重していないものだったりしたら、夫婦関係も“ピカピカで円満”とはなりません。結婚前、そんな言葉は絶対に口にしなかったでしょ、というようなことを平気で口にしていないか――。立ち止まってみてください。言葉の刃(やいば)が夫婦関係の致命傷となりかねないのです。

最初はふざけて呼んでいただけだったのに

 公子さん(44歳、仮名)と豊さん(54歳、同)は二人暮らし夫婦です。豊さんの経営する飲食店に、公子さんがアルバイトに来た縁でお付き合いが始まり、結婚へと至りました。

 当時、公子さんは20歳、豊さんは30歳。大学生だった公子さんには同級生の彼氏がいましたが、豊さんの落ち着いた大人の魅力(に当時は感じていた)にハマり、猛プッシュをして付き合うことになりました。結婚してからも公子さんは夫のことが大好きで、幸せでした。

 そんな関係がおかしくなり始めたのは、豊さんが40歳を過ぎた頃から。あんなに好きだった豊さんの体臭が年齢とともに変化したそうで、公子さんが「臭い」と言うようになったのです。「加齢臭がするし、前髪も薄くなってきたね」と、豊さんのことを“おっさん”呼ばわりするようになりました。

 豊さんは気にしてコロンをつけたり、シャツを1日2回着替えたりと、清潔にするように心がけました。育毛剤もつけ始めたそうです。しかし公子さんは“おっさん”と呼び続けます。結婚して10年が経過し、マンネリ化していたというのもあったかもしれません。寡黙で落ち着いた大人として大好きだった豊さんが、無口で元気がない男に見えるようになります。

 公子さんは休みの日や平日の夜、地元の友達と遊びに行くようになりました。やがて、友達やお店のお客さんの前でも、豊さんのことを“おっさん”と呼ぶように。豊さんに対する態度もぞんざいになっていったのです。そしてとうとうその日が訪れます。

 豊さんのお店で、常連のお客さんとおしゃべりをしていたときに、公子さんが豊さんに対して「おっさん、おっさんって言っていたら本当におっさんになっちゃったね。おっさん」と言うと、豊さんの堪忍袋の緒が切れました。「いい加減にしろ! 俺はおっさんじゃない。ふざけんな。出てけ」と叫んだのです。

 豊さんが怒鳴ったのを初めて見た公子さんは、何も言えなくなりました。常連さんが豊さんをとりなしましたが、彼の怒りは収まらず、そのまま店から出ていってしまいました。

「私が全面的に悪かったんです。最初はからかっているだけだったのに、いつの間にか当たり前に呼んでしまっていて。あんなに気にしているなんて思ってもみなかった。その日、泣いて謝りました。時間をかけて謝って、何とか許してもらいました。

そのときから、前のように『豊さん』って呼ぶようになって、また前のような好きっていう気持ちも湧いてきたんです。不思議ですね。呼び方一つで気持ちが変わるなんて。あのとき、許してくれて本当によかったです」

「別れる」が口癖だった夫の末路

 敬之さん(42歳、仮名)はモラハラ気質のある夫で、由利さん(38歳、同)とけんかをすると、すぐに「別れるぞ」と言う人でした。一種の口癖のようなものでした。そう言われた由利さんは胸が苦しくなって、「別れるなんて言わないでよ。ごめんなさい」と必ず謝っていました。妻にとっては一番言ってほしくない言葉です。

 結婚して4年が過ぎた頃のこと。またもけんかになったときに、いつものように敬之さんが「もう離婚だ」と怒鳴りました。由利さんは「そうね、別れましょう」と、引き出しから離婚届を出して、敬之さんにサッと渡したのです。

 離婚するつもりなんて毛頭なかった敬之さんは慌てて、「何言ってんだ? いつものことだろう」と取り乱しました。由利さんは本気でした。

「子どもが生まれて3歳になって、言葉の意味もちゃんと理解するようになってきて、ふと思ったんです。なぜ夫は当たり前のように『別れる』って言うんだろうって。

都合が悪くなると、突き放そうとする人は信頼できない。この先、年を取ってから頻繁に『別れる』って言われてもつらいなと悩んでいたんです。この子はどんどん成長していくのに、夫の突き放す態度はきっと変わらないだろうなって。

子どもの前で『別れる』って脅かされるのはもう嫌だ。そしたらスッキリしてきて、次に別れるって言われたら出してやろうと思って、離婚届を用意していました。本当にさっぱりしました」

 言っている方と言われている方、それぞれに感情があり、思いがあります。子どもの頃、言われたことがあると思います。「自分が言われて嫌なことは相手に言わないこと」と。

「夫婦だから」という甘えは通用しません。夫婦だからこそ、日々投げかけ合う言葉が積み重なるんだと意識してください。今日からでも遅くありません。自分が言われてうれしい言葉を、ぜひパートナーに投げかけていただければと思います。

「恋人・夫婦仲相談所」所長 三松真由美

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。