まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 世界唯一の救難飛行艇「US-2」パイロットの職人芸&“オンリーワンの仕組み”を見た! 問われるお値段「F-35の2倍」

世界唯一の救難飛行艇「US-2」パイロットの職人芸&“オンリーワンの仕組み”を見た! 問われるお値段「F-35の2倍」

乗りものニュース

ビジネス

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

動かない滑走路を離着陸する陸上機とは異なり、常にうねる海上を離発着しなければならない飛行艇。搭乗員の練度ももちろん、それを支える機体の技術にも目を見張るものがあります。

辛坊治郎氏の救出時、エンジンが1発停止

 水面で離発着する「飛行艇」の搭乗員には、職業病のようなものがあるそうです。旅客機や船に乗客として乗っていても、海面の波を観察して、「これならここに降りられるな」と着水ポイントまで無意識に見えてくるのだそう。船乗りとも陸上機乗りとも違う、独特の感性です。

Large 240321 us2s 01海上自衛隊の救難専用飛行艇US-2(月刊PANZER編集部撮影)。

 陸上機は決められた滑走路に確実に降ろさなければなりませんが、飛行艇なら広い海のどこでも降りられそうです。しかし、滑走路は動きませんが海面は常に流動しています。波を解析し、着水できる場所を瞬時に見極める技量が飛行艇乗りには必要です。

 波は風や遠くから伝わってくるうねりも加わり、様々な力が複合的に作用して発生します。海上自衛隊が所有する救難専用飛行艇US-2には波高計が搭載されていますが、計測できるのは通過した場所のその瞬間の波であり、これから着水しようとする地点の波ではありません。波高計が波高1mと表示しても、ベテランになると「いやこれは1.1mだな」というように10cm刻みで見極められるそうです。訓練用シミュレーターもありますが、この感覚を養うには5年程度の実地経験を要するといいます。

 陸上機は滑走路に衝撃なくそっと降りるのが良いですが、飛行艇は緩い角度でそっと着水しようとすると、波にあおられてジャンプしてしまうので、むしろ「ドスン」という衝撃があるような着水をします。

 飛行艇にとって波は難物です。滑走中にぶつかると速度は相殺されますし、あまり酷く波を被るとエンジンは止まり、プロペラやフラップが破損してしまうこともあります。2013(平成25)年6月21日に、漂流した元ニュースキャスター・辛坊治郎氏をUS-2が救助したのは有名ですが、その際には波を被ってエンジンが1発停止したそうです。その後再起動して任務に支障はありませんでした。

波の影響を軽減する2つの工夫

 US-2では波の影響を軽減する様々な工夫がなされています。ひとつが、できるだけ波にぶつからず、すぐに離着水できるような短距離離着陸能力(STOL)です。

 60度の深い角度を持つフラップと、圧縮空気を翼面に吹きつけ上面と下面の気圧差を増強し、揚力を増す境界層制御装置(BLC)が装備されています。フラップとは、航空機の速度が遅くても充分な揚力を得られるように、主翼の前縁または後縁につけられた翼です。

 US-2は圧縮空気コンプレッサー駆動用に、1362馬力のヘリコプター用ガスタービンエンジンを搭載しており、噴出する空気の圧力はとても強く、近くにいると人も吹き飛ばされるほど。この機構により、最低着水速度約95km/hを実現しています。

 旅客機では加速滑走してようやく離陸するのに比べると、US-2は加速を感じた瞬間には離水しているような不思議な感覚です。BLCは水平尾翼エレベーター、垂直尾翼ラダーにも付加されており、舵の効きがよく大きな機体の割には運動性に優れています。

Large 240321 us2s 02高い揚力を発生させる分厚いフラップ(月刊PANZER編集部撮影)。

 もうひとつが、着水時の波の影響を緩和する波消し装置です。機首の波消し溝と波消板、機体側面から波を逃がすスリットなどを備えており、なるべく機体が波を被らないよう工夫されています。

 これらの機構により、公称では波高3mの海面にも離着水できるとされていますが、実際の運用では波長や風の状況など着水可能条件が決められています。着水したは良いが離水できないとなれば最悪です。

 着水できない場合は、救命キットを投下する間接救助や救難船舶、後続機の誘導を行います。海面状況は刻々と変化しており、先行機が直接救助できなくても、時間をおいて現着した後続機が救助できる場合もあるそうです。

中国も開発中 ただ救難特化というよりも…

 US-2は、1970年代から2017(平成29)年まで使われたUS-1Aの改良型ということになっており、機体の外見はプロペラの枚数以外あまり変わらないように見えますが、中身は大きく変わって運用の柔軟性は高くなっています。

 操縦席にはフルカラー液晶画面のグラスコックピットを採用するなど、電子機器まわりは一新されました。またキャビンが与圧できるため高高度で巡航でき、荒天空域にも影響されず最短距離を飛べるようになりました。脚部も大幅に強化され、燃料満載状態でも着陸が可能になっています。

Large 240321 us2s 03フルカラー液晶画面のグラスコックピットの操縦席(月刊PANZER編集部撮影)。

 US-2は世界でも珍しい救助に特化した飛行艇ということで、民間転用や輸出も話題に上がりましたが、いずれも実現していません。2023年11月6日付のロイターが、US-2生産終了の可能性を報じました。要因のひとつがコストの高騰です。2024年度分のUS-2の取得価格は300億円、2025年度には700億円と見積もられたと報じられています。ちなみに航空自衛隊のF-35A戦闘機の取得価格は約134億円です。

 2024年現在、救難飛行艇を運用しているのは日本だけですが、US-2よりやや大きく、最高速度以外の性能が同等のAG-600多用途飛行艇を中国が開発中で、2024年に認証取得、2025年に運用開始が予定されています。

 これはUS-2の競合相手という以上に、中国が進出を強める南シナ海の人工島へのアクセス手段になることに注目しておく必要があります。太平洋は波高しです。

【動画】US-2の車輪格納

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。