まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

ロシア空軍に大打撃?「貴重な目」また墜落か ウクライナ軍が撃墜と発表

乗りものニュース

ビジネス

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

かなり貴重な機体です。

前線から離れた場所でA-50早期警戒管制機が墜落か

 ウクライナ国防省情報総局は2024年2月24日、ロシア空軍のA-50早期警戒管制機を撃墜したと発表。墜落したA-50の航跡図も公開しました。

Large 230731 norimono 01ロシア空軍のA-50早期警戒管制機(画像:ロシア国防省)。

 A-50は、目標検知や味方戦闘機の指揮などを主な任務とする軍用機で、機体に大きなレーダードームを搭載していることが外観上の特徴です。ロシア空軍にとっては広域を見通す「目」であり、価格も非常に高価な虎の子とも言える存在です。
 
 A-50は2022年2月のウクライナへの全面侵攻開始以降、その広い探知範囲を活かし、ロシア空軍の航空作戦にレーダー監視能力を提供してきました。ただ配備されている機数は10機に満たず、喪失が確実であればかなりの打撃となります。
 
 公開されたA-50の航跡図を見ると、アゾフ海に面したロシア本土のクラスノダール地方上空を飛行していたことが確認でき、速度表示が0km/hになった地点で墜落したとみられます。墜落地点は前線からやや離れた場所です。

 ウクライナ国防省は、1月にもロシア空軍のA-50を撃墜したと発表しており、今回の戦果が確実であれば2機目の撃墜となります。ただ、どのように撃墜したのかは明らかにしていません。
 
 ウクライナメディアの「ウクラインスカ・プラウダ」は、軍情報筋の話として、1960年代に旧ソ連が開発したS-200地対空ミサイルでA-50が撃墜されたと報じています。一方、ロシア側の軍事ブロガーは、今回の撃墜は味方の誤射によるものという見方を強めているようです。
 
 1機目のA-50が撃墜された1月時点で、イギリス国防省は「ロシアが今後、A-50の運用地域の再検討を迫られる可能性が高い」と指摘。また、「当面は運用上の影響をカバーできるものの、残っている機体にかかる負荷は増し、長期的な任務の持続可能性が制約される」と分析していました。
 
 イギリス国防省は、ロシア軍がウクライナ軍が導入予定のF-16戦闘機に対抗するため、広い探知能力を持つA-50をS-400地対空ミサイルの目標検知に活用し、防空能力を向上させようとしているとも指摘していました。ただ相次いでA-50が失われる中、機体の喪失はこうしたロシア側の作戦にも影響を及ぼす可能性があります。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。