まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「二度と同じ写真が撮れない」チェキ!?  INSTAXシリーズの新モデルが革新的すぎた

「二度と同じ写真が撮れない」チェキ!?  INSTAXシリーズの新モデルが革新的すぎた

マイナビウーマン

IT

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

近年、若年層の間で広がりを見せるチェキ。イベントやお出かけの際に持参し、さまざまな思い出をチェキに残すという方も多いのではないでしょうか?

筆者もチェキを愛用する一人です。プリントされた時にフィルムを手に取る瞬間、スマホやデジタルカメラで撮った写真とはまた違ったアナログな風合いがたまらないですよね。

そんな“チェキ”の愛称で親しまれているインスタントフォトシステム INSTAXは、1998年の発売からなんと25周年を迎えました。時代とともに、トレンドや進化する技術を取り入れ、アナログインスタントカメラのみならず、デジタル技術を取り入れたハイブリットインスタントカメラ、スマホプリンターなどラインアップの拡充が止まらないINSTAXシリーズ。

そのINSTAXシリーズに、4月11日、新しいモデルが登場します! その名も「INSTAX mini 99(インスタックス ミニ ナインティーナイン)」

現在、発売されている「INSTAX mini 90」の後継機として開発され、さらなる進化を遂げた“アナログインスタントカメラ最上位モデル”となっているのだそう……。

マイナビウーマン編集部は、先日行われた富士フイルム「INSTAX“チェキ”新商品発表会」に参加し、その“すごさ”を実際に体験してきました!

■撮ったその瞬間を光と色で自由に彩る“革新的なカメラ”

「INSTAX mini 99」の最大の特徴はなんといっても、多彩な写真の仕上がり

瞬間を自由に彩れる「カラーエフェクトコントロール」や、光量を調整できる「ビネットモード」、写真の明暗を調整できる5段階の「濃淡調整」など、プリント表現の幅を広げる機能が多く備わっています。

中でも「カラーエフェクトコントロール」は今までのカメラになかった驚きの機能。カメラ内部に4つのLEDを搭載したことで、異なる色の光を撮影時にフィルムに直接照射することができ、6種類の色表現が楽しめるのです。

6種類のエフェクトは側面にある「カラーエフェクトダイヤル」を回して選択することができます。

これによって同じ写真を撮っても、仕上がりが全く異なる写真が完成。さらに、「ビネットモード」や「濃淡調整」を組み合わせることで、味わい深いその瞬間にしか表せない一枚の写真が出来上がります。ある意味、二度と同じ写真が撮れないカメラなんです……!

発表会に登壇した写真家の木村和平さんも、「裏ぶたを開けた時に、LEDが光ったことに“なんて大胆なことをしたんだ……”と、衝撃を受けました」と、この「カラーエフェクトコントロール」機能には驚いた様子。

実際に使用されて、「その瞬間の明るさや暗さによってエフェクトののり方が異なるので、それもまた面白かった」と語ります。

同じく写真家の草野庸子さんは、本製品に搭載されているバルブモードを使用した写真も撮られたそうで、「INSTAX mini 99」が映し出す“光の表現”に魅力を感じたとのこと。また、お気に入りのカラーエフェクトは「WT(Warm Tone)」で、「馴染みやすく自然な仕上がりになるのがいい」と、本製品の多様な機能を存分に楽しんだ様子でした。

■沼にハマる使用感

展示されていた製品を実際に触ってみましたが、多彩な機能のわりに操作は単純で、覚えてしまえば使いこなせそうな印象でした。プリントするまでどんな仕上がりになるのか分からないドキドキ感とワクワク感がたまらなく、これは沼にハマりそう……。

エフェクトや明るさ調整しながら、自分のお気に入りの仕上がりを探してみるのも楽しそうです。

また、時代のトレンドに流されないシンプルなデザインで、男女ともに使いやすいスタイリッシュな見た目。これなら長く使えそうですし、家族や友人とシェアしながら使うのもいいかもしれません。

■自分だけの特別な一枚を楽しんでみて

大切な思い出やその瞬間の雰囲気を形として残せるのがチェキの魅力のひとつ。「INSTAX mini 99」は、それがより多彩に、自由に楽しむことができる新しいカメラです。

写真やカメラ好きの方はもちろん、普段あまりカメラを使う機会がない方もこの多様な機能を使えば新しい世界と出会えるかも。イベントやお出かけの新しいお供になる予感……!

ぜひ「INSTAX mini 99」で自分だけの特別な一枚を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■商品概要

「INSTAX mini 99」

発売日:2024年4月11日
価格:オープン価格

(取材・文:杉田穂南/マイナビウーマン編集)

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。