まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「もしママとはぐれて迷子になったらどうする?」と聞かれた子どもの回答が想定外だった!

「もしママとはぐれて迷子になったらどうする?」と聞かれた子どもの回答が想定外だった!

マイナビウーマン

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R

迷子になったときの対応についての、ある親子のやりとりが話題です。

「ママとはぐれて迷子になったらどうしますか?」

出先で子どもが迷子になってしまったら、とにかく焦りますよね。親とはぐれてしまったとき、子どもがどう行動すればいいか、事前に話し合っておく必要があります。

大人1人で3人のお子さんを連れて水族館へ行き、一瞬子どもを見失ってヒヤッとしたという さゆ(@sayurice_)さんは、Twitterに「ママとはぐれて迷子になったらどうしますか?」と子どもに尋ねたエピソードを投稿しています。

すると、4歳長女の答えはOKだったのですが、7歳長男の答えに少し不安になったそう。

「だれかそこらへんの人に言う」
「じゃあその人がママ一緒に探してあげるから一緒に外行こうて言ったら?→うーん、行く」
ううっ、たしかにこれはちょっと危険ですよね。

お子さんとはその後もまだまだ話し合いを続け、「まず中ではぐれたらママは外には出ないから、絶対外に出ないでね」と子どもたちに約束。

「まずはお店の人に言うのが一番」「見当たらなければ、子連れのお母さんを探して声をかける」「建物の中ではぐれた場合、外に出ないこと」などポイントを伝えたという、さゆさん。

「今日は水族館だったけど、広い公園だったら、ショッピングモールだったら、とかいろんな場合あるからその都度想定して教えないとなぁと思うけど、どんな人に話しかけたらいいかを子どもたちって判断つかないと思うから、伝えるの難しい」と、まだ試行錯誤は続きます。さゆさんに、お話を聞いてみました。

――このやりとりで心がけたことは?

さゆさん どんな答えが返ってきても第一声で「それだめ!」と否定しないことを心がけていました。

――お子さんの答えを聞いて、どう感じましたか?

さゆさん 普段、「知らない大人について行かないように」など、こういうときはこうしようねという形で一方的に教えていましたが、問題にして子どもに考えて答えてもらうことで、子ども自身も覚えて身に付きやすいのかもしれないと感じました。

――迷子の話のように大事なことを教えるときは「問題です」という方法をとることが今までもありましたか?

さゆさん 普段から「こんなときどうする?」という質問はよくしていますが、今回のように「問題です!」という形で出してみたのは初めてです。普段から、こういうときはこうしようね(道を聞かれたら大人に聞いてくださいと言おうね、など)と話してはいたので、今回は2人がどこまで危機意識があるかと、それぞれ違う意見を持っていそうだなと思ったので、問題という形でそれぞれ順番に答えてもらいました。

――お子さんはどんな様子で答えていましたか?

さゆさん それぞれ自分で考えて話していました。問題を出されることが楽しかったみたいで、「ほかの問題ももっと出して~!」と言われたので、普段の質問や防犯知識の教育も「問題です!」と付け加えるだけで、考えて答えようとするのかもと思いました。

―― 一方的に「~しなさい」と教えられるより、自分で考えて納得したことのほうが、しっかり実践できるかもしれません。さゆさん、大事なお話をシェアしてくれてありがとうございました。

====================
投稿主 さゆさん
Twitter @sayurice_

(マイナビ子育て編集部)

<関連記事>
感覚麻痺するよね……!「全然育児がんばれてないと思った」という三児ママがこなしていた激務がこちらです

1人で電車に乗る小学1年生にスマホを持たせたら、届いたメッセージ「こんなにかわいいのってあと何年だろう」

真夜中、赤子の夜泣きをあやしていたつもりが……!? 翌朝になって妻から聞かされた意外な事実!

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。