まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 東武線「普通列車しか停まらない小駅」が激変?過去には「駅まるごと移転」構想も 今後どうなる?

東武線「普通列車しか停まらない小駅」が激変?過去には「駅まるごと移転」構想も 今後どうなる?

乗りものニュース

ビジネス

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

「駅まるごと移転」構想どうなった?

東武が再開発を計画中の池袋から近い利点も

 東武鉄道は2024年5月、東上線の下板橋駅で開発を検討していく方針を明らかにしました。同社は、2027年度までのグループ中期経営計画に「鉄道ネットワークを基盤とした沿線中核拠点の地域ターミナル化」を盛り込んでおり、その一環として「下板橋開発計画」を検討するとしています。

Large 230324 norimono 01東武東上線の車両(画像:写真AC)。

 東上線の下板橋駅は、普通列車のみが停車し、乗降人員は1万4578人(2022年度)となっています。JR埼京線・板橋駅や都営三田線・新板橋駅も比較的近く、徒歩で約10分程度です。駅の西側(大山方)には留置線があります。
 
 現時点では、「下板橋開発計画」がどのような開発になるのかは明らかになっていません。下板橋駅をめぐっては、今から15年以上前の2008年、駅を西側に位置する留置線に移転したうえで、日本大学の病院と一体的に開発し、医療福祉拠点を整備する構想が発表されていました。ただ、その後は実現に向けた動きが全くない状況が続いています。この構想はどうなったのでしょうか。
 
 東武鉄道は、駅を移転して医療福祉拠点を整備する構想について、「2016年頃に中止になり、現在は検討していません」(広報部)と話します。今回浮上した「下板橋開発計画」は、過去の計画を復活させるわけではなく、別の形で検討していくようです。
 
 今後については「下板橋は再開発を推進中の池袋から至近にあり、東上線全体のブランドイメージの更なる醸成に大きく寄与することが期待できるため、将来計画については駅のあり方も含めて検討していきます」としています。
 
 現時点では、開発の対象地や方向性は未定とのこと。新たな開発計画がどのような内容になるのか注目されます。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。