まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 悪くないけどなんとなく微妙…2023年っぽヘアメイクvs2024年っぽヘアメイクのちがい

悪くないけどなんとなく微妙…2023年っぽヘアメイクvs2024年っぽヘアメイクのちがい

michill (ミチル)

美容・健康

5

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

2023年っぽヘア

2023年っぽヘア

2021年頃からずっと続いている長め前髪の切りっぱなしボブに変化が生まれ、顔周りレイヤーが浸透してきた2023年。

こなれ感や抜け感を重視する時代の雰囲気にもマッチするよう、前髪とつながった顔まわりレイヤーにS字カールで小顔効果を狙う髪型が圧倒的に人気でしたよね!

髪色は、いわゆる茶髪風の赤みのある明るいブラウンは卒業したくてもブルーブラックはハードルが高くて…という方が多かったかもしれません。

結果として、オリーブトーンのベージュにしたり、少しトーンをダウンさせてこなれ感を演出したりする髪色が人気だったようです。

2024年っぽヘア

2024年っぽヘア

少しずつ浸透してきた顔周りのレイヤーは、じわじわと人気が高くなり、かなりの確率で取り入れる人が多くなっています。ただ、今年っぽい新鮮さをまとっている…という意味では、これまでの顔周りレイヤーでは少し微妙。

これまでの、顔周りを膨らませて小顔に見せたり、レイヤーを入れて巻きやすくしたりするための顔周りレイヤーから、動きを出して個性を魅せるレイヤーの入れ方に移行しています。

例えば、姫カットを2段・3段入れたストレートレイヤーや、高い位置でレイヤーを入れて、あえて前髪にも長い部分にもつなげないヘアスタイルも2024年っぽく可愛いですよね。

さらさらストレートはデイリーには難易度が高い…という方は、38mmのカールアイロンで作る肩下の大きめな「くびれ」ワンカールでネオウルフをさらに進化させてみるのも◎。

きれいな髪の質感が大事なので、トリートメントやヘアケアには気を配ってくださいね!また、前髪を作る人もとても多くなってきて、これまでタブーとされていたワイドバングもこなれたおしゃな雰囲気づくりにぴったり。

モードをまといたい方は挑戦してみて!髪色はアッシュのベージュピンクが人気です。

メイク

2023年と2024年っぽメイク

2023年っぽメイク

透け感のあるアイシャドウでほどよく陰影をつくるアイメイクが人気でした。

過剰な涙袋メイクから、血色感で自然に盛る涙袋メイクへと移行し、適度な下まぶたメイクとして定着してきました。

2024年との大きな違いは、わかりやすいところではカラーです。

レッドをメインカラーとしたレッドブラウン系パレットの人気が高く、目元をレッドの囲み目にした女子が街にあふれていました。

また、リップは粘膜ピンクが人気でベースメークはツヤ肌と血色感チークの独壇場でした。

2024年っぽメイク

ツヤ肌と血色感チークが人気だった2023年から移行して、2024年春夏からはセミマット肌に進化系のハイライトで盛るメイクが人気になっています!

トレンドの「内側からの潤いはしっかり感じさせてくれるセミマットな肌」づくりを叶えてくれるリキッド状のハイライトやチーク、新作のパウダーをぜひチェックしてみて!

アイシャドウは、ラベンダーやオレンジを差し込んで、強めのラメでしっかり盛るのが2024年夏メイクとして人気になっています。

眉毛の地毛の色の存在感を消すような眉メイクと、ピンセットでしっかり作る束感まつ毛も2024年メイクにはマストなので、今年っぽさを纏いたい時はぜひ取り入れてみてくださいね!

リップは少しベージュっぽさを感じさせるピンクやオレンジ系が時代の雰囲気です。

少し前の2023っぽヘアメイクを今年も続けていても、決して古臭い印象にはならないので、無難にまとめたいときはむしろおすすめかもしれません。

でも、悪くないけどなんとなく微妙…に見えてしまうという一面もあります。より新鮮な今っぽさを纏いたいなら、ぜひ2024年っぽヘアメイクに挑戦してみてはいかがでしょう。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。