まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 旅客機の操縦席「実は窓開きます」なぜ? 客室窓は開けられない、開けたらヤバイ!?

旅客機の操縦席「実は窓開きます」なぜ? 客室窓は開けられない、開けたらヤバイ!?

乗りものニュース

旅行

4

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

旅客機では多くのモデルで、コクピットの窓は開けられるようになっています。メモリアルフライトなどでは、この窓を開けて担当パイロットが手を振ることも。ただ、この窓を開けられる理由は、ほかにも存在します。なぜなのでしょうか。

いざというときのため…?

 旅客機では多くのモデルで、コクピットの窓は開けられるようになっています。メモリアルフライトなどでは、この窓を開けて担当パイロットが手を振ることも。ただ、この窓を開けられる理由は、ほかにも存在します。なぜなのでしょうか。

Large 01コクピットの窓が空いている元ANAグループのボーイング737-500(乗りものニュース編集部撮影)。

 コクピット以外の窓を開けることは、少なくとも旅客機の客室ではありません。

 というのも、多くの路線で用いられているジェット旅客機は、高度1万メートル以上で巡航するためです。外の気圧は地上(高度0m)の5分の1、気温はマイナス40度という過酷な世界のなかで、窓を開けることは不可能。人間はまず生きられない過酷な環境ですが、巡航中の機内では乗客が快適に過ごせるよう、地上に近い気圧や温度が人為的に供給されています。

 にもかかわらず、多くの旅客機でコクピットの窓が開くようになっているのは、万が一の際に乗員がここから脱出できるようにするためです。

 パイロットは万が一の緊急時、乗客全員が機外へ脱出したのを確認し、最後に乗客と同じように脱出用スライド(滑り台)を用いて機体から出るというのがスタンダードですが、火災などが発生した場合はコクピットに取り残されてしまうこともあります。そういったケースでは、コクピット以外の窓を開け、パイロットはそこから脱出します。

 しかし「ジャンボ機」として知られるボーイング747や、JAL(日本航空)やANA(全日空)の主力機のひとつであるボーイング787のコクピットには、窓が開けられるような設計はありません。そのため、機首上部にハッチがあり、乗員はここから機外に出られるようになっています。

【映像】ヤバすぎ! これが「ジャンボ機の操縦席からの緊急脱出法」です

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。