まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • ロシアが破壊「世界最大の飛行機」の操縦席映像が衝撃だった エンジン6発 ”怪鳥”のような規格外フォルム

ロシアが破壊「世界最大の飛行機」の操縦席映像が衝撃だった エンジン6発 ”怪鳥”のような規格外フォルム

乗りものニュース

ビジネス

4

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

いまはもう見られない…!

世界に1機のみ…だったのに

 2022年2月、ロシアによるウクライナ侵攻によって破壊された「世界最大の飛行機」こと、An-225「ムリヤ」。この機を保有していたウクライナ・アントノフ航空が公式SNS上で、この機を操縦する様子を公開していました。世界に1機しかなかったこの機の操縦は、やはり他機とは異なるようです。

Large 01アントノフAn-225「ムリヤ」(画像:Transport Pixels[CC BY-SA〈https://bit.ly/2VvpNUU〉])。

 An-225は、旧ソビエト連邦のアントノフ設計局によって開発され、1988年に初飛行しました。最大離陸重量は640tで「世界最大の航空機」としてのギネス記録をもち、全長84m、全幅88.74mの規格外の胴体をもちます。当初は、ソ連版スペースシャトル「ブラン」の輸送のため開発されました。

 ソ連崩壊後のAn-225は飛ぶことはなく、一時期は、An-124「ルスラン」などに使用するべく、エンジンなども取り外されていました。ところがアントノフ設計局の関係会社でもあるアントノフ航空などが民間機として復活させる計画を公開します。その後、航法装置の刷新や新たな空調システムの設置、貨物室の床の強化などの改修を経て、2001年に復活し、再び空へ戻り、貨物機として運用されていました。

 アントノフ航空の公式Twitterは、An-225のコクピットの様子を動画で掲載しています。その様子は、パイロット2人が狭い室内で大型ディスプレイが並ぶ操縦席の前に座る現代の飛行機のイメージとは全く異なるといえるでしょう。

 コクピットは標準的なものより明らかに広大なスペースが取られており、パイロット2人のうしろには、エンジニアが4人着座し、計6人体制で運航されています。操縦席はアナログ計器がならび、6発機というレイアウトから、エンジン出力を調整する「スラストレバー」も6つに分かれている様子が確認できます。

【規格外の極み!】6人で運航! 怪鳥An-225のコクピットを45秒動画で見る

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。