まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • ANA「国内線次世代フラッグシップ」ついに就航! 「胴体超長~い787」、どんな特徴が?

ANA「国内線次世代フラッグシップ」ついに就航! 「胴体超長~い787」、どんな特徴が?

乗りものニュース

旅行

0

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

客席ももちろん、最新です!

2クラス429席を設置

 ANA(全日空)が2024年3月27日より、同社が国内線「次世代フラッグシップ」と称する新型機、ボーイング787-10国内線仕様機の運航を開始しました。その初便となったNH59便(羽田→新千歳)が同日12時前、新千歳空港に到着しています。

Large 01新千歳空港に飛来したボーイング787-10国内線仕様機(2024年3月27日、乗りものニュース編集部撮影)。

 787-10は、787シリーズで最長胴(全長68.3m)の長さを持つ最新モデル。ANAではこのモデルを2019年より導入していますが、これらはすべて国際線仕様機でした。今回運航を開始した国内線仕様機は、現在ANA国内線で運航されているボーイング777シリーズの後継機としての導入となります。

 客席は2クラス429席。客室仕様はANA国内線最新のものとなり、全席に大型モニター・USBポート・電源コンセントを備えた座席が設置されています。

 上位クラスの「プレミアムクラス」は28席で、国内線最大クラスの座席幅(56センチ)を持つとのこと。401席設けられた普通席は、国内線最大という13.3インチの最新薄型パーソナルモニターが設置されているのが特徴です。

 787-10国内線仕様機の就航初便となったNH59便には416人の乗客が搭乗。到着地の新千歳空港ではその折り返し便であるNH62便を対象に、スタッフによる見送りなどのイベントが実施されています。

 なお、今後787-10国内線仕様機は現在2機体制で、今後は機数も増える予定。これらは、羽田~新千歳線、福岡線をはじめとする国内幹線を中心に投入される予定です。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。