まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「成田空港はときに世界屈指の着陸の難所に…」なぜ? 操縦桿を鬼操作 パイロット視点の「圧巻映像」とは

「成田空港はときに世界屈指の着陸の難所に…」なぜ? 操縦桿を鬼操作 パイロット視点の「圧巻映像」とは

乗りものニュース

旅行

2

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

これぞプロの技術…!

強敵「南西の横風」

 羽田空港につぐ国内2位の発着回数を有する成田空港。実はこの空港、ときに「着陸の難所」となることで知られています。そのような状況下のコクピットの様子はどのようなものなのでしょうか。

Large 01成田空港に着陸する旅客機(乗りものニュース編集部撮影)。

 とある国内航空会社のパイロットたちは、成田空港を次のように説明します。

「成田空港は気流が悪く、ものすごく操縦に技術を求められることもある空港です」
「当社の就航空港のなかではもっとも難しい空港で、特に空港周辺で南西の風が吹いた際は世界でもトップクラスです」

 成田空港の滑走路は2本。ほぼ南北を向く形で、平行に滑走路が備わっています。開発当初はこのほかに、横風用滑走路が設置される予定でしたが、さまざまな理由から実現しませんでした。そのため横風が吹いた際も、制限範囲内であれば、パイロットはさまざまな準備をしたうえ、滑走路への着陸にトライしなければなりません。

 動画共有サイト「Youtube」上でパイロット目線での動画を公開する「Air-Clips.com」では、この着陸シーンを、パイロット視点から紹介。A滑走路北側(16R)へ着陸する「ジャンボ・ジェット」、ボーイング747-400貨物機の着陸シーンが公開されています。シビアな条件のなか、機長が細かく操縦かんを操作しながら、冷静に着陸する場面を見ることができます。

 なお、横風時の着陸では、カニ歩きのように機首を横に向けて進入する「クラブ方式」と、機体を傾けながらラダーを逆方向に踏み込み着陸する「サイド・スリップ方式」などがあり、このふたつを組み合わせた方式などで着陸に挑むことが多いのだとか。また、適切なスピードを保たないとパス(降下角度)をキープできないので、着陸直前は、速度のコントロールにも注意を払う必要があるとのことです。

【映像】圧巻!「ジャンボ」で行う横風吹く成田空港着陸の様子

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。