まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

妊婦としてプロレスと向き合う 出産後はママアスリート?それとも...

J-CAST ニュース

0

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る
P R
P R
母子手帳とマタニティマークをもらい、妊娠を実感
母子手帳とマタニティマークをもらい、妊娠を実感

読者のみなさんにご報告です。

この度、赤ちゃんを授かりました! 現在安定期に入り、来春に出産予定です。

性別は女の子!

3月に結婚して、5月4日の試合から寿休業に入った理由は、子どもが欲しいと思ったからです。ただ、授かり物なので、その理由を公表する勇気がなかったのも事実でした。でも運良く7月に妊娠が判明し、順調にここまで過ごすことができました。

今月は、私の妊娠生活とプロレスの向き合い方についてお話しします。

赤ちゃんがドロップキック

自分の定期的な行動で良かったのは、試合前にニンニク注射を打っている内科の病院に11年通っていたことです。その病院は産婦人科も併設しているため、内科での受診と同時に子宮頚がんやAMH検査(卵子の残りの数を調べる検査)をしたりと、20代の頃から自分の体と向き合う機会が多々ありました。

それでも妊婦になるまで、妊娠周期の数え方も分からなかったし、期間は「十月十日(とつきとおか)」というけど、妊婦の1か月は4週間だから実際は40週(9か月ちょっと)だったことも知らなかった。

妊娠が分かった当初は、赤ちゃんの大きさは2.4ミリでオレンジの種くらい!小さい! それが今や30センチほどのトウモロコシくらいの大きさだから、驚き。公表した途端、「もういいよね」って言わんばかりにどんどんお腹が大きくなりました。胎動もかなり激しく感じています。

試合でお腹を蹴られることはあれど、内側から蹴られたのは初めての経験。お腹の中でドロップキックされてる感覚!

運良くつわりも軽い方で、大会も休まず行けました。

所属選手たちには早めに伝えていたのですが、みんな気を使ってくれて、「重いものは持っちゃダメ」など、その優しさに泣けました。みんな、ありがとね(涙)。

メキシコでは40代が全盛期

私の周りには先輩ママがたくさんいるので、アドバイスを聞いています。アイスリボンだけでも、千春さん、星ハム子さん、牛木さん、弓李(きゅうり)、キクさん、紫雷美央さん。

最近だと、弓李が出産後プロレス復帰しました。最新情報やオススメアプリなどを教えてもらったり、ほんと心強いです。

元女子プロレスラーで2児のママの大畠美咲さんと、アイスリボンレフェリーで現在育児休暇中で3児のママ、紫雷美央さんも、藤本家に遊びにきてくれました。生まれた時に必要なものを頂いたり、経験談を教えてくれたり。葉酸サプリメントの大切さを教えてくれたのも大畠さんだったなぁ。

不安もたくさんあるけど、周りに恵まれて妊婦生活を楽しんでます。両親学級にも行ってきました!

アスリートの妊娠は、その後のキャリアに影響します。プロレスでも結婚を機に辞める人がいれば、出産したあと現役を続ける先輩方もいます。

会場に自分の子を連れてきて試合ができる環境をつくるのは、簡単ではありません。団体や他の選手の協力がないと出来ません。それを実行できるパワーは、本当に尊敬します。

1年前にメキシコのグランプリックスに出場した際、海外にはママアスリートが多くいることを初めて知りました。

「あなたはまだ30代だから、全盛期はこれからね」

と言われ、衝撃。私の中には、結婚や出産を期に引退しようという考えもありましたが、180度価値観が変わり、ママアスリートとしての道を残しておきたいとなりました。

先輩方が先に道を作ってくださったので、悩みを相談出来る。妊娠・出産を機に、仕事から離れる選択肢だけではなく、どのような工夫をすれば続けていけるのか、続けるにはどのようなサポートが必要か、そういう部分を話し合いながら進めていけたらなと思ってます。妊娠・出産期の女性アスリート支援プログラムや相談窓口も、あるみたいですよ。

ただ、今は母子ともに健康で、無事出産できるのを祈るばかり。来年から産休育休に入るため、会場には行けませんが、いい報告ができるように頑張ってきます。

今年も残り1か月。1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。<J-CASTトレンド>

藤本つかさhttps://twitter.com/tsukka0730
女子プロレスアイスリボン所属(https://iceribbon.com/
宮城県利府町出身。利府町観光大使。
東北福祉大学卒業後、広告代理店に就職。上京後、芸能事務所にスカウトされる。プロレスを題材とした映画「スリーカウント」出演のため、2008年プロレス団体アイスリボンの練習に参加したところからプロレスラー人生が始まる。
2015年アイスリボン取締役選手代表就任。18年には東京スポーツ新聞社制定女子プロレス大賞受賞。21年8月23日デビュー13周年を迎える。

【アイスリボン公式YouTube】
https://youtube.com/user/iceribbon
【藤本つかさ公式YouTube】
https://youtube.com/channel/UC_V0vfhOMxE9bCVvxjJ9JBw

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
P R
P R

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール
  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「ふーん」のうち、いずれかの感情ボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目、4記事目、5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
注意事項
  • ポイントはニュース記事ページ下部にある感情ボタンを押した時点で加算されます。
  • ポイント獲得に有効なクリックは、各記事につき1回までです。
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数のリセットは毎日午前3時に行われます。