まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「あなたのベッドで眠りたい」と言われた女性、気味悪さMAX!しかし翌日二人は婚約、いったい何があった?

「あなたのベッドで眠りたい」と言われた女性、気味悪さMAX!しかし翌日二人は婚約、いったい何があった?

マイナビウーマン

趣味

0

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

親子で楽しみたい物語をご紹介している本連載「親子のためのものがたり」。今日のお話はグリム童話「かえるの王さま」です。ちょっとわがままなお姫さまが森でかえるの助けを借りるのですが、その代わりにかえるが欲しがったものは、宝石でも金の冠でもなくて……。さて、かえるの望みに対してお姫さまは?

0705 c

「かえるの王さま」を子どもに聞かせよう!

「かえるの王さま」はグリム童話の代表的なお話の一つなので、題名を知っているという人は多いでしょう。しかし、「赤ずきん」や「白雪姫」、「シンデレラ」などと比べると、ちょっとあらすじが不安になるかもしれません。一種の変身譚なので子どもにぴったりのお話です。お姫さまの父親である王さまがキーパーソンになっていて、大人も楽しめるでしょう。本記事では楠山正雄訳をベースにあらすじを紹介します。

「かえるの王さま」のあらすじ

森の中で美しい姫がかえるに出会う

1178422

昔々、誰のどんな望みも叶ったときのお話。あるところに一人の王さまがいました。王さまには美しいお姫さまがたくさんいたのですが、なかでも一番下のお姫さまはそれは美しい方でした。

さて、お城の近くに深い森があり、その森に生えている古い菩提樹の木の下には綺麗な泉がこんこんと湧き出していました。暑い夏の日のこと、お姫さまはよくその森へ出かけて行って、泉の側に腰を下ろして休みました。そして退屈すると金の鞠を出して遊んでいました。

ある日、お姫さまがいつものように鞠遊びをしていると、つい鞠が泉の中へころげこんでしまいました。お姫さまは鞠の行方を目で追いますが、深い泉の底に沈み、どこに行ったかわかりません。

お姫さまは悲しくなって泣き出しました。そのうち、自分で自分をどうしていいかもわからなくなってしまいました。すると、どこからか声がしてきます。

「どうしたの、お姫さま。そんなに泣くと石までかわいそうだと泣きますよ」

お姫さまが声のする方を見回すと、一匹のかえるがこちらを見ていました。

「金の鞠を泉に落としてしまったからよ」
「もう泣かないで、私が力になりましょう」
「じゃあ、鞠を見つけてくれるの?」
「もし鞠を見つけてきたら、お礼に何をもらえますか?」
「お前の欲しい物なら何でもあげるわ。洋服でも、光る真珠でも、綺麗な宝石でも、金の冠でも」
「いいえ、そういうものはほしくありません。私を友人にしてください。あなたと一緒にテーブルに座り、あなたの金のお皿で食べたり、あなたのグラスでお酒を飲んだり、夜はあなたのベッドのそばで眠らせてくれるなら、水の中から金の鞠を見つけてきてあげましょう」
「ええ、いいわ。金の鞠を取ってきたら、お前の言うとおり、何でも約束してあげるわ」

お姫さまはそう言いながら、心の中では、(かえるのくせに人間の仲間入りしようなんて、本当に図々しいおばかさんだわ)と、思っていました。

さて、水の中に潜ったかえるですが、しばらくすると金の鞠を口に咥えて、ぴょこんと浮かび上がってきました。そして草の上に鞠を置きます。ところがお姫さまは、その鞠を掴むなり、ありがとうとも言わず、走り去って行きました。

かえるは大声で「待ってください、私も一緒に連れて行って」と叫びます。けれども、うしろでいくらかえるがぎゃあぎゃあ言っても聞こえないのか、お姫さまはかえるのことなんか、きれいに忘れていました。かえるは仕方なく、泉の中へ戻っていくのでした。

\ココがポイント/
✅美しいお姫さまが森の中で鞠遊びをしていたら、泉に鞠が落ちてしまった
✅かえるが現れて、鞠を拾ってあげるという
✅かえるはそのお礼にお姫さまと同じように食事をし、眠りたいと願い出た
✅かえるが鞠を拾い上げると、お姫さまは何も言わず鞠を持って去っていった

かえるがお姫さまのいるお城にやってくる

2027946

その翌日。お姫さまが王さまや家来たちと一緒に、金のお皿でご馳走を食べていると、外で誰かが大理石の階段を上がってくる音がしました。そして、戸をとんとん叩いて「お姫さま、いちばん下のお姫さま、どうぞこの戸を開けてください」という声がしました。お姫さまが行って戸を開けますと、そこには昨日のかえるがいます。お姫さまはぎょっとして戸を閉めると、知らん顔で席に戻りました。

でも心配で心配で、お姫さまが胸をどきどきさせているのを、王さまは見ていました。

「姫よ、何をびくびくしておいでだい。戸の外に鬼でもいたのかい」
「違うの、気味の悪いかえるが来て」
「そのかえるが、お前にどうしようというのだね」
「お父さま、それはこういうわけなのよ」

お姫さまは昨日起こったことを王さまに説明します。そのとき、また廊下の戸をとんとん叩く音がしました。王さまは言いました。「それはお前がいけないね、約束は守らなくては。さあ、早く行って開けておやり」

お姫さまは渋々、戸を開けました。するとかえるはぴょんと飛び込んできて、椅子のところまでやってくると、「私もその椅子に上げてください」と言いました。お姫さまは仕方なく、かえるを椅子に乗せてやりました。

するとかえるは、「どうぞ私を、テーブルの上に乗せてください」と言います。お姫さまがかえるをテーブルに乗せてやると、今度は「その金のお皿を私の方に寄せてください。そうすると二人一緒に食べられるから」と言うので、お姫さまはそのとおりにしてやりました。

かえるは食べ終わると、「おなかいっぱいで眠くなった。お姫さま、私をあなたのお部屋に連れて行ってください。あなたの絹のベッドの中でゆっくり眠りたい」と言います。お姫さまはついに、我慢できなくなって泣き出しました。触るのも気味が悪いのに、自分のきれいなベッドで眠りたいと言われ、お姫さまが悲しくなるのも無理はありません。

するとまた王さまが「泣くことがあるか。困っている時に助けてくれた者に、後で知らん顔するのはいけないことだよ」と言いました。お姫さまは気味悪そうに、指先で蛙をつまみあげて上のお部屋まで持っていくと、そっとすみっこに置きました。そして自分だけベッドに入りました。

するとかえるは、ベッドに上げてくれないと王さまに言いつけると言います。怒ったお姫さまはかえると掴み上げると、力いっぱい壁に叩きつけてしまいました。

ところが、かえるは床の上に転げた途端、美しく優しい目をした王子になっていたのです。

\ココがポイント/
✅かえるが王さまやお姫さまのもとへやってくるが、お姫さまは気味悪がって無視しようとする
✅王さまはお姫さまに「約束は守らないといけない」と教える
✅お姫さまはかえるを壁にたたきつけてしまう
✅かえるは美しい王子の姿に変わった

王子の家来、ハインリヒの胸のたがが外れていく

王さまの意向で、この王子はお姫さまの友達というだけでなく、お婿さまとなることに。王子はある悪い魔女によって醜いかえるの姿に変えられていたのでした。自分を人間に戻してくれるのは、お姫さましかいなかったのだと王子は打ち明けました。

その夜、二人はゆっくり休みました。翌朝、八頭の白馬をつけた馬車が入って来ました。馬車の後ろには若い王さまの家来がしゃんと立っています。これが忠義者のハインリヒです。ハインリヒは鉄のたがを三本も胸に巻き付けていました。主君がかえるにされ、悲しみのあまり胸が破裂しそうだったので、たがでおさえていたのです。

ハインリヒは二人を馬車に乗せました。主人の魔法が解けたのが嬉しくてなりません。さて馬車が少し走り出した頃、後ろで何かが弾ける音がしました。馬車が壊れる音かと思った若い王さまですが、ハインリヒは、「いいえ、馬車ではございません。私の胸に嵌めたたがなのです」と答えました。

それは、主君が人間に戻った喜びでハインリヒの胸が開けたため、胸のたがが破裂して飛び散る音だったのです。

(おわり)

\ココがポイント/
✅お姫さまと王子は婚約する
✅王子の家来が馬車でやってくる
✅家来のハインリヒは王子がかえるにされた悲しみで胸が破裂しそうになり、3本のたがを胸にしめていた
✅王子が元の姿に戻った喜びでハインリヒの胸がふくらみ、たがが大きな音を立てて外れていった

子どもと「かえるの王さま」を楽しむには?

546927

いかがでしたか? 

お姫さまのかえるに対する態度があんまりひどいようですが、現実のかえるを想像すると、かえるを触りたがらないお姫さまの描写にはリアリティも感じられます。そんなお姫さまに正しい行いをするよう諭す王さまの言葉は、ぜひ子どもにちゃんと聞かせたいですね。

最後に登場するハインリヒにちょっとびっくりした人もいるかもしれません。実はこのお話は副題を含めると「かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ」となるんです。ハインリヒの喜びが、結末をより幸福のあるものにしています。

お子さんには、
・困っているときにかえるが助けてくれたら、お礼を言える?
・かえるを嫌がるお姫さまの気持ちはわかる?わからない?
・自分がかえるだったら、お姫さまの態度をどう思う?
・ハインリヒのことをどう思う?
などと聞いてみてもいいかもしれません。

まとめ

王子さまが人間に戻れてよかったですよね。子どもには、見た目が見にくいという理由で誰かを下に見たり嫌ったりすることや、一度した約束を守らないことはよくないのだと教えあげるとよいでしょう。

(文:千羽智美)

※画像はイメージです

<関連記事>

グリム童話「小人のくつ屋さん」のあらすじは?貧しいくつ屋が豊かになったのは可愛い小人のおかげ!


グリム童話「星の銀貨」のあらすじは?貧しくも心優しい少女に幸福が訪れる奇跡の物語


「マッチ売りの少女」のあらすじは?大晦日の夜に少女が最後に見た幻は大好きなあの人だった

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。