まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 令和の地下鉄に現れた“ザ・昭和の鉄道風景”にファン騒然!工事中の地下鉄東西線「スタフつくりました」

令和の地下鉄に現れた“ザ・昭和の鉄道風景”にファン騒然!工事中の地下鉄東西線「スタフつくりました」

乗りものニュース

旅行

3

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

東京メトロ東西線で、一部運休を伴う特別な運行形態のもと、線路切り替え工事が2日間にわたり行われました。そこでファンの度肝を抜いたのが「スタフ閉塞」の実施です。昭和の鉄道の保安システムが令和に現れたのは、なぜだったのでしょうか。

「おい運転士が“スタフ”持ってるぞ」 話題に

 2024年5月11日と12日の土日、東京メトロ東西線は南砂町駅改良工事に伴う線路切り替え工事のため、東陽町ー西葛西間で2日間にわたり運休となりました。東西線では歴史上、初めての計画運休を伴う工事です。期間中は周辺路線への迂回が呼びかけられたほか、バスによる代行運転も行われました。

Large 240514 tozai01東西線の工事中に運行された西葛西ー葛西間のシャトル列車(乗りものニュース編集部撮影)。

 期間中の東西線は、「中野―東陽町」「西葛西ー葛西」「葛西ー西船橋」で折り返し運転を実施。このなかで、鉄道ファンの度肝を抜いたのが、1駅間だけのシャトル列車となった西葛西ー葛西間で採用された閉塞(へいそく)方式です。

「運転士が“タブレット”を持っている!」「タブレット閉塞だ」「いや、“スタフ閉塞”だ」と、SNSでは誤りを修正する動きも出て、11日には「タブレット閉塞」「スタフ閉塞」ともにX(旧Twitter)のトレンド入り。いずれにしても、令和の地下鉄で見られるとは考えられない、極めてアナログな保安システムが採用されていたことが話題になったのです。

 東京メトロによると、今回採用されたのは「スタフ閉塞」。閉塞とは、線路を一定の閉塞区間に区切り、1つの閉塞区間に2本以上の列車を入れないようにするという、鉄道の最も基本的な保安システムです。その昔ながらのアナログな方式として、運転士がスタフや、タブレットなどの「通票」と呼ばれる通行手形のようなものを携行するやり方があります。

 スタフ閉塞は現在もローカル線などで採用されているところがあるものの、もはや失われた鉄道の光景といえます。

「スタフ閉塞」なぜ採用?

「渡り線などの関係で、西葛西ー葛西間はどうしても線路を区切って単線(東行きの線路のみを使用)で折り返し運行しなくてはならず、基準を満たす方式として採用しました。スタフも今回のためにつくりました」(東京メトロ)

 今回は運転士がケースに入れたスタフを携行し、もう一人の保安要員と2人1組で行動。一方の駅に到着すると、2人で列車の反対側まで移動し、折り返し運行を行っていました。正規の方向となる葛西行きは信号などが使えるものの、逆方向となる西葛西行きは、添乗の保安要員がブレーキの取り扱いや合図などの列車防護を担当していたそうです。

 西葛西ー葛西間は、このようなイレギュラーな方法で1駅間だけ、15分間隔にて運行されましたが、これで助かった人は多いことでしょう。

Large 240514 tozai02スタフを持った運転士(乗りものニュース編集部撮影)。

 東陽町ー南砂町ー西葛西―葛西の4駅を結んだ代行バスは、東陽町ー西葛西でも、乗り換えを含め20分近くは要しました。首都圏の多くのバス事業者からバスを文字通りかき集めての対応でしたが、予告通りの“大幅な時間増”となりました。しかも西葛西駅は、代行バスの停車場所(清砂大橋通り)から駅までが遠く、数分歩かなくてはなりません。

 東西線の南砂町駅改良工事による線路切り替えは、あと2回予定されています。うち1回は運休を伴いますが、最後の切り替え(3回目)は運休しない見込みとのこと。なお今後、スタフ閉塞を再び行うかは未定だそうです。

※一部修正しました(5月14日18:10)。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。