まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • エスカレーター?動く歩道? どっちもです!? 日本初のエスカレーターには愛称までついている!

エスカレーター?動く歩道? どっちもです!? 日本初のエスカレーターには愛称までついている!

乗りものニュース

旅行

3

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

エスカレーターに乗ったと思ったら途中でステップが「動く歩道」のように平らになり、そして再び階段状になって上っていく――やや不思議な体験ができるエスカレーターを、日本初採用したという駅があります。

愛称は「ゆうロード・三島」

 傾斜を上り下りするエスカレーターが、途中で水平になるタイプが増えています。有名どころではJR東京駅の中央線ホームのほか、地下の立体構造化が進んだ東急の渋谷駅などで見られます。では、その構造が“日本で初めて”設けられたところはどこでしょうか。

Large 220604 kakky 01JR三島駅の新幹線と在来線をつなぐ通路には、日本初というエスカレーターと動く歩道の融合タイプがある(2024年4月、大藤碩哉撮影)。

 それはJR三島駅(静岡県三島市)です。北側にある東海道新幹線のホームと南側にある東海道本線のホームとをつなぐ通路にあります。平らな箇所はさながら「動く歩道」です。

 そして水平部に差し掛かると、手すりの左側のスペースに小さな案内板が置かれており、次のように書かれています。

日本初のエスカレーター
ゆうロード・三島
動く歩道とエスカレーターが一体化したもので、日本で初めてのエスカレーターです。皆様に決めていただいた愛称名は「ゆうロード・三島」です。可愛がって下さい。駅長

 通路にエスカレーターが設置されたのは1992(平成4)年3月のことで、翌月には愛称が公募されたそう。脇には階段もありますが、その段数を数えると、16段上がっていったん平らになり、再度16段上がります。

 それなら階段部分だけでいいのでは……と思うなかれ、エスカレーターは2023年秋、約2か月をかけて取替工事が行われ、動く歩道部分も含めて真新しく生まれ変わりました。

 日本エレベーター協会は以前、水平部付きのエスカレーターについて、下から上までそのまま延ばすと途中で天井にぶつかってしまうような場所で、天井が低くなるところを“避ける”べく設置する場合があると話していました。また、長くて高低差のあるエスカレーターの場合、高さの恐怖を和らげるため水平部付きにすることもあるそうです。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。