まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 未婚者が結婚相手に求める条件...2000年代に入って、男性は女性に「経済力」、女性は男性に「経済力」「容姿」求める割合高まる【人口問題2】(鷲尾香一)

未婚者が結婚相手に求める条件...2000年代に入って、男性は女性に「経済力」、女性は男性に「経済力」「容姿」求める割合高まる【人口問題2】(鷲尾香一)

J-CAST ニュース

その他

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

少子化は日本の抱える最大の問題と言える。未婚者の結婚や出産に対する考え方、既婚者の出会いと結婚、そして、出産や子育てに対する考え方は、少子化に大きな影響を与える。

国立社会保障・人口問題研究所の2021年調査の「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」から、今回は独身者が結婚を踏まえた生活のあり方をどのように考えているのかに焦点を当てる。

結婚相手に求める条件は「人柄」「家事・育児の能力や姿勢」「仕事への理解と協力」

未婚者の結婚の意思は、この40年でどう変化したか? 「一生結婚するつもりない」は増加し、独身生活で「行動や生き方が自由」を重視【人口問題1】(鷲尾香一)>の続きです。

まず、未婚者が結婚相手に求める条件として第1位は、男性の95.0%、女性の98.0%が「人柄」をあげている。次いで、男女ともに、「家事・育児の能力や姿勢」「仕事への理解と協力」となっている。

ただ、2000年代に入ってから変化がみられるのは、男性が女性に対して「経済力」を求める割合が増加していることだ。1992年には26.7%だったが、2015年には41.9%に増加し、2021年には48.2%と50%に迫っている。

一方、90%以上の女性が「経済力」求める傾向に大きな変化はないが、男性に「容姿」を求める女性の割合が、1992年には67.6%だったのが、2015年には70%を超えて77.7%に、2021年には80%を超え、81.3%にまで増加している。

さて、結婚相手に求める条件として未婚の男女ともに、「家事・育児の能力や姿勢」「仕事への理解と協力」が上位を占めるというのは、前述したとおり。

この中で、将来の結婚、出産・子育て、仕事の組み合わせを、

(1)結婚せずに仕事を続ける「非婚就業」
(2)結婚するが子どもを持たず、仕事を続ける「DINKs」
(3)結婚して子どもを持つが、仕事も続ける「両立」
(4)結婚して子どもを持つが、結婚や出産を機に退職し、子育て後に再び仕事を持つ「再就職」
(5)結婚し子どもを持ち、その後は仕事を持たない「専業主婦」

の5つパターンから、女性には「理想」と現実的な「予想」を、男性には「希望」をたずねたところ、男女ともに「両立」、「再就職」、「専業主婦」が上位3を占めた。

ただ、女性の「理想」では、結婚や出産を機に退職し、子育て後の再び仕事に就く「再就職」が、前回(2015年)調査までは最も多かったのだが、今回(2021年)調査では、結婚して子どもができても仕事を続ける「両立」が34.0%、「再就職」が26.1%となり、初めて両者の順位が逆転した。一方、「専業主婦」は一貫して減少を続けており、13.8%にまで低下した。(グラフ1)

女性の現実的な「予想」でも、「両立」が28.2%、「再就職」が22.7%と初めて両者の順位が逆転した。専業主婦は理想でも減少が続いているが、現実的な予想では3.6%にまで減少している。(グラフ2)

同様に、男性が「希望」でも、「両立」が39.4%、「再就職」が29.0%と初めて両者の順位が逆転している。専業主婦を望むパターンも6.8%となり、初めて10%を割り込んだ。

第1回で取り上げたように、未婚男女の結婚意欲や家族をつくる意欲の低下とともに、男女の役割や行動、意識ともに大きく変化していることがうかがえる。こうした結果から、働き方や家事・育児といった男女のあり方における違いが縮小していることが鮮明になっている。

子どもの希望数...男性は1.82人、女性1.79人 「子どもはいらない」...男性11.1%、女性13.1%

新型コロナの影響もあってか、特に男性が女性に対して、前回調査から女性の経済力や仕事との両立を希望する傾向が強まっている。

結婚の意思のある18~34歳の未婚者に、子どもを何人ぐらい欲しいのかをたずねると、男性で1.82人となり、女性では初めて2人を下回り1.79人となった。(グラフ3)

年齢層別でも、今回調査で初めて男女ともにすべての年齢層で2人を下回っており、特に30~34歳の男性では前回調査の1.83人から1.58人に、25~29歳の女性では2.03人から1.75人に、30~34歳の女性では1.78人から1.50人に大きく低下した。

そこで、希望子ども数の分布を見ると、今回調査で男女ともに、初めて「子どもはいらない」が1割を超え、男性は前回調査の8.5%から11.1%に、特に女性では6.9%から13.1%へと大きく上昇した。(グラフ4)

加えて、「1人」という回答も男性10.9%、女性10.5%と男女ともに初めて1割を超え、未婚者の間で、無子・少子志向が強まっていることが明かになった。

また、子どもを持つことを希望する未婚者に理由をたずねると、男女ともに、「子どもがいると生活が楽しく心が豊かになるから」が男性68.1%、女性72.8%でトップ。

だが、一方で、「結婚して子どもを持つことは自然なことだから」は男性が前回調査の48.1%から33.5%に、女性も38.8%から23.8%へと大幅に減少している。さらに、女性では「好きな人の子どもを持ちたいから」が56.0%から47.2%へと減少している。

このように、子どもを希望する未婚者でも、結婚して子どもを持つことは自然な流れという感覚は減少傾向を強めているようだ。

第1回と今回は未婚者の結婚、出産・子育て、仕事に対する考え方を取り上げた。第1回で取り上げたように、未婚者には異性との交際を望まず、生涯結婚しないという人が増加している。さらに、結婚しても子どもはいらないという人も大幅に増えている。

次回は、既婚者の現在の結婚、出産・子育て、仕事に対する考え方を取り上げてみたい。【第3回につづく】

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。