まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!
  • まいにちニュース
  • 「旧態依然としたローカル線」が劇的変化! テコ入れで完全に一新へ 氷見線・城端線「再構築計画」が認定

「旧態依然としたローカル線」が劇的変化! テコ入れで完全に一新へ 氷見線・城端線「再構築計画」が認定

乗りものニュース

ビジネス

1

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

テコ入れの規模がスゴすぎる!

国交省が「城端線・氷見線鉄道事業再構築実施計画」を認定

 国土交通省は2024年2月8日(木)、富山県などから申請のあった「城端線・氷見線鉄道事業再構築実施計画」を認定したと発表しました。

Large 230324 norimono 01城端線の車両(画像:写真AC)。

 氷見線は高岡駅から北へ延び、氷見まで結ぶ16.5kmの路線です。城端線は高岡駅から南へ向かい、城端駅までの29.9kmを結んでいます。新幹線の開業で北陸本線が第3セクターに移管されたため、これらの路線は他のJR幹線とは接続しない「飛び地」的な路線です。現在は国鉄型の気動車が走っています。
 
 富山県や沿線自治体は氷見線と城端線について、LRT化を検討してきましたが、これは断念。その後、「城端線・氷見線再構築検討会」で新型車両を導入し、あいの風とやま鉄道へ移管する方向性が固まりました。検討会の最終回で再構築実施計画が策定され、2023年12月に国交省に申請が行われています。
 
 実施計画では、おおむね5年後を目途にJR西日本から、あいの風とやま鉄道に事業主体を変更するとしています。新型車両の導入、交通系ICカードへの対応、設備改良、増発、毎時一定時刻に発着する「パターンダイヤ」化、両線の直通に向けた改良などが行われる予定です。
 
 新型車両では電気式気動車などの導入を想定。車両前面にオリジナルデザインを取り入れるなど、デザインを工夫することが想定されています。
  
 実施計画の期間は2034年3月31日まで。JR西日本は150億円を拠出し、鉄道整備費の一部に充てるほか、あいの風とやま鉄道への移管時に「城端線・氷見線経営安定基金(仮称)」に拠出するとしています。
 
 業再構築事業により、両線の1日あたりの利用者数は9606人から1万2000人以上に増加することが見込まれています。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。