三井住友トラストVISAゴールドカードの口コミ・評判【30歳以上が持てるカード】

三井住友トラストVISAゴールドカードは、三井住友トラスト・カード株式会社が発行するクレジットカードです。30歳以上の方が申し込め、トラベルサポートや付帯保険が充実しているのが魅力のクレジットカード。

でも、いざ三井住友トラストVISAゴールドカードを作りたいと思っても、

「どんな特徴があるの?」
「審査が厳しそうだけど、作れる?」

と悩んでしまう方は少なくないはず。

そこで今回は、三井住友トラストVISAゴールドカードのメリット・デメリットをはじめ、お申し込み方法から審査基準まで詳しくご紹介します。あわせて、実際に三井住友トラストVISAゴールドカードを利用されている方々の口コミ・評判を多数掲載しているので、あなたの参考になる情報がきっと見つかるはずです。

本記事が、クレジットカード選びに悩むすべての方々の助けになれれば幸いです。

\新規入会で最大8,000円相当/

【PR】今だからおすすめしたい!注目のお得なクレジットカード

まずはECナビClip! 編集部がおすすめする、今が旬なクレジットカードを紹介します。それぞれ期間限定のお得なキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

アメックスカード3選|ステータス性と付帯サービスを重視したい方におすすめ

向いてるユーザーステータス性を重視したい方よくホテルを利用する方よく飛行機を利用する方
カード画像
カード名アメリカン・エキスプレス®・カード
スターウッド プリファード ゲスト®
アメリカン・エキスプレス®・
カード
アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
おすすめポイント

・ステータスカードの登竜門として知られるブランド力
・基本還元率1.0%で普段使いもおすすめ
・メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば最大3%の還元率に(年会費3,000円:税込)

・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をもらえる
・世界133ヵ国の特定ホテルに無料宿泊が可能(1泊1室/2名様まで)
・HISが提供するトラベルデスクを無料で利用できる

・対象航空会社と代理店の商品を購入すると、ポイント還元率3倍に
・入会/初回購入/継続利用でボーナスポイントがもらえる
・ポイントは16の航空会社にマイルへ還元可能
詳細

JALカード3選|マイルを賢く利用したい方におすすめ

向いてるユーザーコスパよくマイルを貯めたい方よりお得にマイルを貯めたい方学生でマイルを貯めたい方
カード画像JAL普通カード(visa)の券面画像JAL CLUB-Aカード券面画像JAL CARD navi券面画像
カード名JALカード 普通カードJALカード CLUB-AカードJALカード navi
おすすめポイント

・約54,000店舗あるJALグループの特約店で利用すると最大2倍の還元率に
・マイルをAmazonギフトやWAONに交換可能
・Visaタッチ決済でスピーディーな支払いを実現

・搭乗時のフライトマイルボーナス25%還元
・入会・搭乗時に7,500マイルもらえる
・最高5,000万円の海外/国内旅行傷害保険

・学生向けに作られたJALカード
・在学期間中は年会費無料
・卒業後も継続利用すると2,000マイルもらえる
詳細

※記事内の商品と一部重複している場合がありますが、ご了承ください。

三井住友トラストVISAゴールドカードとは

ー引用元:三井住友トラストVISAゴールドカード公式サイト

では、三井住友トラストVISAゴールドカードの基本的な特徴をご紹介します。

三井住友トラストVISAゴールドカードの基本情報

おすすめポイント
  • 保険が充実している
  • 旅行サポートが豊富
  • セキュリティが高い
年会費初年度2,750円(オンライン入会限定)/2年目以降11,000円
ポイント還元率0.3〜0.5%
付帯サービスETCカード/家族カード/旅行傷害保険/ショッピング保険/空港ラウンジサービス/ドクターコール24/ゴールドサービスセレクト
国際ブランドVisa
ランクゴールド

三井住友トラストVISAゴールドカードはこんな方におすすめ!

三井住友トラストVISAゴールドカードは、以下のような方におすすめします。

  • クレジットカード付帯の保険が欲しい方
  • 旅行によく行く方
  • セキュリティに不安がある方

三井住友トラストVISAゴールドカードは、国内・海外の旅行傷害保険が付帯しており、ともに最高5,000万円まで補償可能。自動付帯と利用付帯があり、海外旅行傷害保険は本会員・家族会員以外の家族にも適用されます。
またトラベルサービスも充実しています。宿泊やツアー予約で割引が適用されたり、レンタカーの優待サービスがあったりするので、旅行が好きな方におすすめです。
クレジットカードを安心して使用できるように、24時間不審なカード利用をチェックしている上に写真入りカードも作成可能。顔写真で本人確認ができるので、セキュリティに不安を持っている方も安心して使用できます。

\新規入会で最大8,000円相当/
  • ECナビClip!編集部
    ここまで三井住友トラストVISAゴールドカードの概要についてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • 三井住友トラストVISAゴールドカードのメリット・デメリット

    それでは、三井住友トラストVISAゴールドカードの詳しい特徴を確認していきましょう。必ず入会申請する前に、メリットだけではなくデメリットも把握し、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    三井住友トラストVISAゴールドカードのメリット3つ

    まず、三井住友トラストVISAゴールドカードのメリットを3つご紹介します。

    1. 保険の補償内容が充実している

    三井住友トラストVISAゴールドカードは、保険の補償内容が充実しています。国内旅行傷害保険は、自動付帯で最高1,000万円まで補償してもらえます。さらに旅行出発前に宿泊費や交通費などの旅費をカードで支払うと、自動付帯と合わせて最高5,000万円まで補償可能です。

    同様に海外旅行傷害保険も自動付帯と利用付帯があり、最高5,000万円まで補償できます。海外旅行傷害保険の特徴は、家族特約がついていること。本会員・家族会員以外の家族にも保険が自動付帯します。家族特約の適用条件は、満19歳未満の本会員と生計を同じくする同居親族または生計を同一にする別居の未婚の子供です。家族旅行の際に、子供の保険を別で加入する手間がかからないので便利。

    またお買い物安心保険では、購入商品が90日以内に盗難・破損した場合に損害補償を受けられます。補償金額は年間500万円まで。自己負担額3,000円を差し引いた金額を補償してもらえるので、万が一の備えに安心です。

    2. トラベルサービスが豊富

    トラベルサービスが豊富なのも、三井住友トラストVISAゴールドカードのメリットのひとつです。国内・海外問わず旅行の準備段階から旅行中のサポートまであります。

    Relux(リラックス)優待割引サービスでは、三井住友トラスト・カードのゴールド・プラチナ会員限定でいつでも宿泊料金が5%割引になります。Reluxは一流ホテルや高級旅館を厳選した宿泊予約サービスなので、特別なひとときを過ごしたい方やいつもより豪華な旅行をしたいときにおすすめです。
    VJトラベルデスクから国内・海外のパッケージツアーを申し込むと、最大5%割り引かれます。浮いたお金で、ちょっと豪華な食事やお土産を楽しむのも旅行の醍醐味でしょう。

    他にも国内の主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジを無料で利用できるサービスやレンタカー優待サービス、荷物の宅配サービスなどがあります。旅行を充実させるサポートが豊富なので、旅行好きな方はメリットを感じやすいでしょう。

    3.セキュリティが安心

    三井住友トラストVISAゴールドカードは不正利用に対して、カード不正使用検知システムや写真入りカードなどの対策を取っています。そのため、セキュリティに不安がある方も安心して使用できるでしょう。

    三井住友トラスト・カードは業界最高水準の不正使用検知システムを導入しており、不正使用の兆候がないか24時間モニタリングを実施。不正利用を未然に防ぐよう体制を整えているので安心です。

    さらに特徴的なのが、写真入りカードを作成できること。クレジットカードの裏面に顔写真を入れられ、使用時に本人確認ができるので安全性が高まります。顔写真入りカードは身分証代わりに掲示できるので、海外のホテルやタクシーなどで本人確認が必要な場面でも重宝するでしょう。
    写真入りカードの年会費は通常カードと同額で、通常カードから切り替えをする際も発行手数料は無料です。安全性や利便性を高めたい方は、写真入りカードの作成をおすすめします。

    三井住友トラストVISAゴールドカードのデメリット2つ

    つぎに、三井住友トラストVISAゴールドカードのデメリットを2つご紹介します。

    1.年会費が高い

    三井住友トラストVISAゴールドカードは年会費が11,000円かかります。年会費無料やもっと安いゴールドカードもあるので、年会費が高いと感じる方もいるでしょう。
    ただ年会費がかかる分、旅行傷害保険の補償額は高く家族特約もあるので、サービスが充実しているともいえます。荷物宅配サービスや空港ラウンジサービスなどトラベルサポートが充実しており、旅行や出張の機会が多い方にはメリットが大きいです。一方旅行をあまりしない方やサービスをあまり活用できない方は、年会費に見合わないと思う可能性もあるので見極めが必要です。
    オンラインから入会すれば、初年度の年会費は2,750円まで安くなります。年会費を懸念される方にとっては、入会しやすくなるでしょう。

    2.入会ハードルが少し高い

    三井住友トラストVISAゴールドカードは、30歳以上の方しか申し込みできません。他社クレジットカードは20代から保有できるゴールドカードもあるので、20代で三井住友トラストVISAゴールドカードを検討している方にはデメリットです。
    また本人に安定継続収入があることも申し込み資格と記載されています。そのため専業主婦や学生、収入が不安定な方は申し込めないでしょう。

    20代の方は三井住友トラストカードを先に発行し、30歳を迎えたタイミングでゴールドカードにアップグレードするのもひとつの手です。学生や専業主婦の方は、家族に三井住友トラストVISAゴールドカードを発行してもらい、家族カードを保有するのをおすすめします。

    三井住友トラストVISAゴールドカードの口コミ・評判

    これから、三井住友トラストVISAゴールドカードのリアルな口コミ・評判をご紹介します。実際にユーザーが感じたメリット・デメリットに加えて、選んだ理由やお得な使い方まで具体的なレビューを載せているので、きっと参考になるはずです。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.5

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \新規入会で最大8,000円相当/

    口コミ詳細

    4.0
    男性/40代/会社員/年収700〜1,000万円/愛知県
    年会費:4/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      カードを保有している友人から話を聞き、ポイントの還元率やサービス内容にたいへん魅力を感じました。あと三井ブランドに惹かれました。三井は信頼性や社会的地位もあり、堅実で間違いがないと思いました。また奥さんの意見を尊重していろいろあるゴールドカードの中からこのカードに決めました。
    • メリット
      メリットはやはりポイントの還元率がよいところです。ポイントが使える店が豊富で、基本的に買い物のすべてに使えるのでたいへん便利なカードだと感じました。あとかなり充実した海外旅行保険もあるので、海外に行くときに他の保険に入らなくてもよくてとても助かりました。また友達に三井のゴールドカードを持っていることを自慢でき、友人からうらやましいといわれとても優越感を感じました。
    • デメリット
      強いていえば使いすぎることが何回かありました。使用できる限度額が多くついつい買い物をしすぎてしまい、何回か残高がなくなりそうになりました。三井のカード以外を持っていない場合が多く、買い物中にたまに磁気不良でうまく読み込めないときは面倒でした。
    • お得な活用術
      買い物をすべて三井のゴールドカードで支払ったら年間のポイントがかなり貯まったので、ポイントを使って自分が欲しいものをいろいろ買えました。別のカードとも併用して使えたので、一度に二度お得な感じがしたことが何度かありました。公共機関の支払いもポイントが貯まりやすいです。使えば使うほどお得感があります。
    3.8
    男性/30代/会社員/年収300〜500万円/福岡
    年会費:4/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      申し込んだきっかけは会社の取引でのお付き合いということで申し込みました。三井住友トラストVISAゴールドカードを使い続けて10年近くになります。不正引き落としは一度も起こっていません。また「三井住友トラストVISAゴールドカードを使えなかった」という不便さを経験したことも一度もありません。トラブル経験が非常に少ないということで海外など限定で使用しています。 クレジットカードのもっとも大切なことは、安全性と安定性だと思います。その点で三井住友トラストVISAゴールドカードは合格していると思います。
    • メリット
      私がこのカードを評価する点は、海外での不正使用の際のアフターフォローが良い点です。10年ほど前にスキミングによるものと思われる不正使用がありました。海外旅行の際にショッピングではカードを利用しますが、不正使用のリスクがあります。そのようなことが起こった際は、引き落とし前にカード会社からの事前確認が直接入り、事無きを得ました。他のカードで不正利用の為引き落としまでされ、後処理が大変だった話を聞くと事前に 不正使用を止められた点は素晴らしかったです。
    • デメリット
      デメリットは、還元率が0.5%と低いことと、年会費が高めなことです。 元々ゴールドカードの性質上、還元率よりもサービス重視になっているので、還元率の低さは仕方ないと思いますが、昨今はどこでもクレジットカードは作成できてしかもポイント還元率 が1%以上なのは当然だと思います。いくらなんでも0.5%と言う還元率ではユーザーは使えないと思います。おまけに年間会費が高く設定されていることに関しても他のゴールドカードと比較してもデメリットです。
    • お得な活用術
      上記にも記載しましたが、プラスは安全性、マイナスはポイント還元率の低さになり、 メリット・デメリットが非常にはっきりしています。 私の場合は、海外での現地使用や、海外サイトでのネットショッピングの際に利用することが多いです。日本国内であればカードのリスクはかなり低いですが海外となるとそのリスクはかなり高くなります。そういった観点から 安全性の高いカードを海外で使用することが安心・安全につながるので良いのではと考えています。
    3.7
    男性/40代/会社員/年収1,000〜2,000万円/東京都
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店習い事・趣味/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      ちょうど住宅ローンを三井住友信託銀行で借りていて、支払いを集中させようとこちらのカードを作りました。年会費は11,000円ですが、家族カードを一枚無料で発行できるので、妻の分と合わせれば妥当な金額です。空港のラウンジが使えて、旅行保険も付帯しているので、出張や旅行の多い私なら年会費分くらいは簡単にペイできると考えました。ステータスはあまり気にしませんが、銀行系のゴールドカードなので悪くはないと思います。
    • メリット
      出張や旅行で空港を利用する際に、ラウンジが使えるのはよいです。カードラウンジなのであまりラクジュアリー感はありませんが、フライト前にゆっくりコーヒーを飲めてスマホを充電できれば十分です。また家族カードが無料で発行できるのも魅力です。夫婦で利用するとお得感があります。ETCカードは初年度年会費無料、年に一度でも使えば翌年度も無料と、実質無料で使えるのはメリットです。
    • デメリット
      他のカードと比べると還元率が低いのがデメリットです。家族カードやETC、iD対応など、せっかくこのカードに支払いを集中させる仕組みは整っているものの、あまりたくさん利用する恩恵を受けられないのは残念です。このカード特有のサービスがあるかというと、それも特に見当たりません。せっかく三井住友信託銀行のカードホルダーはそれなりに金融資産があるのですから、もっと金融系サービスの優遇があればよいと思います。
    • お得な活用術
      このカードを最大限活用するには、家族カード、ETCカード、iD払いの3つを意識することです。家族カードは1人目は年会費無料で本会員の年会費が実質半額になるので、ゴールドカードのメリットを夫婦で活用しましょう。またETCカードも年会費が掛かりますが、年に一度でも使えば実質無料になります。コンビニでもiD払いが使えるので、少額決済も無駄なくポイント還元に繋げられますし支払いもスムーズです。
    3.3
    女性/20代/会社員/年収300〜500万円/東京都
    年会費:2/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:3
    • 選んだ理由
      私はよく旅行に行くので、なるべく旅行保険に強いカードを探していました。カードのデザインもシンプルで格好よく、だれでも発行できるのではなく一定の基準を満たした方のみが作れる安心感にも惹かれました。その年度に使った金額で、翌年のポイント還元率があがるのが最高だと思います。
    • メリット
      空港ラウンジも無料で使えるし、カードに付いている旅行保険の条件などもとてもよいです。海外旅行によく行くので、クラブオンラインがあるのは旅行がお好きな方にうってつけのカードかと思います。モノだけでなくいろいろなポイントに還元できるのでコツコツ貯めて好きなときに好きなものが買える点が魅力的です。シンプルで格好よいデザインもよいです。
    • デメリット
      2年目からは年会費が10,000円に上がってしまい、ポイント還元率も1%を切っていてこれといった特典がないので、年会費のわりに損をしている気分になります。またiDを普段よく使うのですが、一体型ではないためとても不便を感じます。本体のカードとポイントを合体できないのはなぜかなと思います。初めてゴールドカードを作る方にはよいのではないかと思います。
    • お得な活用術
      基本的に現金は使いません。公共料金、オンラインショッピング、コンビニなどすべてクレジット払いです。ネットショッピングは少しでも還元率が上がるよう専用のサイトを経由してから購入をしています。航空券の予約はポイントがたくさん貯まるので積極的にカードを使うようにしています。ですがカードを使ってばかりでは自分が使った金額がわからなくなってしまうので、レシートは確実にもらうようにし、その日の最後に必ずまとめて家計簿に記載するよう徹底しています。
    3.2
    女性/50代/専業主婦(夫)/年収500〜700万円/大阪府
    年会費:2/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル百貨店/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      よく知られているカードで、紛失や盗難にあったときの対応が大手で安心感があるので選びました。国内だけでなく海外でも信頼感があるのでこのカードで使えなかったことは今までにありません。VISAのゴールドカードというステータスが確立しているので、海外ホテルでのデポジットにも問題なく対応していると思います。公共料金などの引き落としも問題ないのでこのカードにまとめて振り替えするようにしています。
    • メリット
      旅行の保険が付帯しているのでその都度海外旅行保険に入らないで済むし、余分な費用が抑えられて助かります。海外での病気や怪我に十分対応できる金額なので、旅行費用をカード払いにすれば旅行も安心です。公共料金やガソリン代などをカードでまとめているのでポイントが結構貯まります。貯まったポイントはVISAのギフト券に変えられます。年間3〜4万円のギフト券が送られてきて、大抵のお店で使えるので得をした気分になります。
    • デメリット
      年会費がかかるのでなるべくカード払いにしてポイント還元できるようにしていますが、年会費以上のポイントが貯まらないと損だと思います。貯まったポイントもカタログの商品かギフト券への交換しかなく、現金でキャッシュバックされればよいのにと思います。またポイント還元手続きが少し面倒で、カタログの商品も変わり映えないのでちょっと不満です。
    • お得な活用術
      普段の買い物、公共料金、ガソリン代、税金などVISAで払えるものは全てカードで払い、ポイントを貯めるようにしています。使えば使うほどボーナスポイントもつくのでおすすめです。海外旅行には必ず持っていき付帯保険を活用します。空港のラウンジも利用できるので、待ち時間はラウンジで用意された飲み物やお菓子を楽しみながらゆっくりと過ごせるのがうれしいです。カードの裏面に顔写真を載せられるので身分証明にもなり役に立ちます。
    2.8
    女性/60代以上/その他/年収300〜500万円/兵庫県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:2/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:旅行・宿泊・ホテル百貨店/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      三井住友信託銀行の投資信託の売買などに応じてポイントが貯まるので、年会費を支払っても損はないと三井住友信託銀行の担当者にすすめられて作りました。三井住友VISAゴールドカードは既に持っており、カードの特典、還元率、付帯サービスなどは基本的にすべて同じで、唯一違うのが三井住友信託銀行の取引でポイントが貯まる点でした。
    • メリット
      三井住友信託銀行での投資信託の売買取引でポイントが貯まるところがメリットです。取引で得たポイントをVISAギフトカード券と交換すれば、年会費負担は実質無料でゴールドカードを持てました。また既に持っていた三井住友VISAゴールドカードは三井住友銀行、後から作った三井住友トラストVISAゴールドカードは三井住友信託銀行と、引き落とし先を分けられました。
    • デメリット
      年会費を払ってまで類似の三井住友VISAゴールドカードとあわせ持つ必要はないと考えているので、三井住友信託銀行との取引で貯まるポイントをよく確認しておかないといけません。また最近改善されたようではありますが、2年ほど前まではハワイ・オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが、他のゴールドカード所有者は使えるのに、VISAのゴールドカードでは利用できませんでした。これは三井住友トラストVISAだけではなくVISAカード全般そうでした。
    • お得な活用術
      三井住友信託銀行との取引がある、あるいはこれから取引予定がある方には、ポイントが貯めやすいと思います。お金に関することはできるだけ三井住友信託銀行にまとめるとこのカードは生きるでしょう。ただ以前は三井住友トラストVISAゴールドカードだけでしたが、最近ダイナースカードでも取引ポイントが貯められるようになったので、どちらかに決める必要が出てきました。お得に使うためには、年会費やその他の付帯サービスなどの比較が大事になってくると思います。
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、三井住友トラストVISAゴールドカードのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • 三井住友トラストVISAゴールドカードのお申し込み方法と審査基準

    三井住友トラストVISAゴールドカードのお申し込み方法

    三井住友トラストVISAゴールドカードは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。なお三井住友トラストVISAゴールドカードは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • 金融機関の通帳やキャッシュカード
    • 運転免許証などの本人確認書類

    オンライン申し込みの場合、申請フォーム入力にかかる所要時間は10分程度です。まず、名前や住所などの本人情報や職業を入力します。支払い口座設定は、インターネット上で設定できる金融機関とできない金融機関があるため注意してください。インターネット上で設定できるのは三井住友信託銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行です。それらの銀行のウェブサイトで設定を行います。ただ早朝や深夜時間帯は利用できない場合もあるので、注意しましょう。インターネットで支払い設定できない場合、郵送で設定します。


    法令によって、カード申し込み時には本人確認書類を提出しなければいけません。そのため運転免許証などの本人確認書類を2種類準備しましょう。運転免許証のほかには、パスポート、健康保険証、住民票の写し、在留カード、個人番号カードが該当します。その際現住所が記載されているかも確認しましょう。記載されていない場合、公共料金の領収書のような現住所が記載された領収書のコピーを代わりに提出できます。

    三井住友トラストVISAゴールドカードの審査基準

    三井住友トラストVISAゴールドカードの審査基準
    • 満30歳以上
    • 本人に安定継続収入がある

    三井住友トラストVISAゴールドカードの申し込み資格は、原則満30歳以上の方のみです。また本人に安定継続収入がなければいけないので、20代の方や学生、専業主婦は申し込みできないでしょう。また収入がある方でも、月によって収入が変動したりアルバイトやフリーランスの場合は、審査に通らない可能性もあるので要注意です。


    ただし家族カードは、本会員と生計を同じくする配偶者、高校生を除く18歳以上の子供、両親が対象です。学生や専業主婦の方でも、家族カードなら保有できます。家族に本会員になってもらい、家族カードを申請してもらいましょう。家族カードは1人目は無料で、2人目以降は年会費1,100円が必要。


    それ以外の審査基準は非公開ですが、ゴールドカード独自の審査基準によって審査が実施されます。審査状況次第ですが、通常申請から約2週間でカードが発送されます。もし急ぎでカードの発行をしたい方は、サービスデスクに電話で相談してみてください。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、三井住友トラストVISAゴールドカードの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後に三井住友トラストVISAゴールドカードのおさらいをしておきます。

    三井住友トラストVISAゴールドカードのおすすめポイント
    • 保険が充実している
    • 旅行サポートが豊富
    • セキュリティが高い

    もし三井住友トラストVISAゴールドカードを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

    \新規入会で最大8,000円相当/
  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年2月21日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ