イオンゴールドカードの口コミ・評判【年会費無料のゴールドカード】

イオンゴールドカードは、株式会社イオン銀行が発行するクレジットカードです。ゴールドカードなのに年会費無料で、全国のイオンラウンジが使えるお得なカード。

でも、いざイオンゴールドカードを作りたいと思っても、「どうやったら発行できるのか」「発行するメリットはあるのか」と悩んでしまう方は少なくないはず。

そこで今回は、イオンゴールドカードのメリット・デメリットをはじめ、お申し込み方法から審査基準まで詳しくご紹介します。あわせて、実際にイオンゴールドカードを利用されている方々の口コミ・評判を多数掲載しているので、あなたの参考になる情報がきっと見つかるはずです。

本記事が、クレジットカード選びに悩むすべての方々の助けになれれば幸いです。

\入会金・年会費無料/

【PR】今だからおすすめしたい!注目のお得なクレジットカード

まずはECナビClip! 編集部がおすすめする、今が旬なクレジットカードを紹介します。それぞれ期間限定のお得なキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

アメックスカード3選|ステータス性と付帯サービスを重視したい方におすすめ

向いてるユーザーステータス性を重視したい方よくホテルを利用する方よく飛行機を利用する方
カード画像
カード名アメリカン・エキスプレス®・カード
スターウッド プリファード ゲスト®
アメリカン・エキスプレス®・
カード
アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
おすすめポイント

・ステータスカードの登竜門として知られるブランド力
・基本還元率1.0%で普段使いもおすすめ
・メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば最大3%の還元率に(年会費3,000円:税込)

・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をもらえる
・世界133ヵ国の特定ホテルに無料宿泊が可能(1泊1室/2名様まで)
・HISが提供するトラベルデスクを無料で利用できる

・対象航空会社と代理店の商品を購入すると、ポイント還元率3倍に
・入会/初回購入/継続利用でボーナスポイントがもらえる
・ポイントは16の航空会社にマイルへ還元可能
詳細

JALカード3選|マイルを賢く利用したい方におすすめ

向いてるユーザーコスパよくマイルを貯めたい方よりお得にマイルを貯めたい方学生でマイルを貯めたい方
カード画像JAL普通カード(visa)の券面画像JAL CLUB-Aカード券面画像JAL CARD navi券面画像
カード名JALカード 普通カードJALカード CLUB-AカードJALカード navi
おすすめポイント

・約54,000店舗あるJALグループの特約店で利用すると最大2倍の還元率に
・マイルをAmazonギフトやWAONに交換可能
・Visaタッチ決済でスピーディーな支払いを実現

・搭乗時のフライトマイルボーナス25%還元
・入会・搭乗時に7,500マイルもらえる
・最高5,000万円の海外/国内旅行傷害保険

・学生向けに作られたJALカード
・在学期間中は年会費無料
・卒業後も継続利用すると2,000マイルもらえる
詳細

※記事内の商品と一部重複している場合がありますが、ご了承ください。

イオンゴールドカードの評判|良い口コミと悪い口コミを紹介

まずは、独自に収集したイオンゴールドカードの口コミの中から、特に参考になりそうな良い評判とイマイチな評判をピックアップして紹介します。

イオンゴールドカードの良い口コミ

良い口コミのほとんどが、イオンラウンジの無料利用に関するもので、満足感を得られるという声が多数挙げられました。ゴールドカードを年会費無料で所有できる点も評価されており、年会費がかからずにラウンジの利用や旅行損害保険が利用できるのはメリットが大きいと感じる方が多いようです。

また、イオン系列の店舗を利用する方はポイントが2倍になるためポイントが貯めやすく、日用品や食品など普段の買い物でサクサクポイントが貯まることに満足感を感じるという声も。

  • 20代・女性・岐阜県・専業主婦(夫)
    【ポイント還元率が高い】 ポイントの還元率がいいので、普段の買い物からイオン系列のお店で買えば、すぐポイントが貯まります
  • 40代・男性・愛知県・会社員
    【イオンラウンジが無料で使える】 イオンラウンジで無料で休憩が取れ、ドリンクもサービスで付いてくるのは、一般のお客さんより優遇されていると感じて優越感もあります
  • 20代・女性・熊本県・専業主婦(夫)
    【ゴールドカードなのに年会費無料】 ゴールドカードを持つのに、特に費用がかからないことは何よりのメリットだと感じています。
  • \入会金・年会費無料/

    イオンゴールドカードの悪い口コミ

    対してイオンゴールドカードの悪い口コミは、イオン系列店以外での利用は還元率が0.5%と低いため、生活圏内にイオン系列店がない方にはメリットがほとんどないという声が多く挙げられました。また、ショッピングセンター発行のカードということもあり、大手金融機関のカードや、航空会社発行のカードと比べるとゴールドカードでもステータス性を感じにくいという声も。

    カードのデザインが少なく、ゴールドカードに切り替わる際に同じデザインを引き継げない、選択肢が少ない点が残念という声も挙がっています。

  • 20代・男性・宮城県・会社員
    【ポイントが貯めにくい】 ポイントが貯まる店舗というのがイオンに限られるというのがデメリットだと思います。
  • 30代・女性・群馬県・専業主婦(夫)
    【デザインが少ない】 イオンのゴールドカードにはミッキーデザインがあるのですが、通常のイオンカードを使っていると、ゴールドカードに切り替える際にミッキーのものにするといったことができないこと。
  • 40代・男性・愛知県・会社員
    【ステータス性を感じない】 ショピングセンターのカードというイメージがあり、ゴールドカードとしてはあまりステータスを強く感じないので、普段使いの買い物用カードとしてしか使用していません。
  • \入会金・年会費無料/

    イオンゴールドカードの口コミ・評判の分析まとめ

    上記で紹介した口コミ以外にも、さまざまなユーザーからの生の声を集めました。実際にユーザーが感じたメリット・デメリットに加えて、選んだ理由やお得な使い方まで具体的なレビューを載せているので、きっと参考になるはずです。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    4

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \入会金・年会費無料/

    口コミ詳細

    5.0
    男性/50代/会社員/年収1,000~2,000万円/埼玉県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):5/付帯サービス:5/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:その他/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:15?20万円未満
    • 選んだ理由
      私のイオンゴールドカードは年会費を高く払えば購入できるようなものではなく、年間100万円以上イオンで購入した人にインビテーションカードが送られるというものです。ゴールドカードになるとイオンラウンジが使用できたり、空港のラウンジが使用できたりするので私としては出張の時によく利用しています。ポイント還元率は他のカードとそん色ありませんが、イオンで購入すると10倍ポイント還元などがありますのでとてもお得な感じがします。
    • メリット
      上述してした部分がありますが、私の家のすぐ近くにイオンモールがあるので、主にそこで利用しています。毎月10万円以上は食料品などを購入するので、ポイントの高い日を狙って大量に購入しています。家からイオンが近いとイオンゴールドカードは威力を発揮するのではと考えています。現在はイオンラウンジがコロナの関係で開いていませんがお買い物の休憩にイオンラウンジで軽食やコーヒーがのめるのでこちらも大変重宝しています。
    • デメリット
      正直、デメリットと思たことはありません。カードもかわいいですし、年会費も無料です。イオンモールに行けばほとんどのものが購入でき、ポイント付与の状況でWAONで買うかカードで買うかも選択できます。私からしたら夢のようなカードだと思っています。して言えばビジネス用のカードではないので海外出張時の飛行場のラウンジなどはさすがにビジネス以上ではないとはいれないところが残念なところでしょうか。国内で使うには最強だと思っています。
    • お得な活用術
      多少上述した部分がありますが、ポイント還元率が高い日(10倍のときが月に1回はあります)はカードで購入し、それ以外はWAONで購入しています。またお客様感謝デーなどの日に合わせて購入すると5%オフになりますので月に2回あるこの日も有効に使っています。55歳以上になるとさらに5%オフの日が増えるらようなので、55歳になるのが楽しみなくらいです。イオンラウンジで休憩しながらお買い物を楽しむセレブのような感じでいいと思います。
    4.8
    女性/30代/専業主婦(夫)/年収700~1,000万円/群馬県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):5/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ飲食店/月間利用金額:5?10万円未満
       
    • 選んだ理由
      元々通常のイオンカードを使っていて、イオンモールが家の近くにあり、かなりの頻度で使っていたためイオンカードの方から案内がきて、ゴールドカードの存在を知りこちらに変更しました。デザインが通常のものより圧倒的に格好良いです。ゴールドカードだと大抵のものが年会費がかかると思うのですが、こちらは年会費がかからないというのが1番の決め手でした。ゴールドカードを持ってみたいという夢が低いハードルで叶うと思います。
    • メリット
      メリットはゴールドカードが持て自慢ができることでしょうか。それとイオンラウンジという場所がイオンモールの中にあり、ゴールドカードの提示で家族も一緒に無料で綺麗なラウンジで飲み物やイオンブランドのお菓子などが食べられます。時間制限などがありますが、田舎だからか土日なども他のゴールドカード所有者と重なったことがほとんどなくいつでも入れています。空港でもラウンジ利用ができるなのですが、旅行に行く機会があまりないので1度も使ったことはありません。
    • デメリット
      イオンのゴールドカードにはミッキーデザインがあるのですが、通常のイオンカードを使っていると、ゴールドカードに切り替える際にミッキーのものにするといったことができないこと。イオンの通常のカードはどこの銀行からでも引き落としができるのですがゴールドカードの場合はイオン銀行の口座が必要なこと。持っていなかったので変える際に手続きして作りました。あとはこれといったデメリットは特に感じたことは1度もありません。
    • お得な活用術
      家の近くにイオンモールがある方はイオンラウンジが使えるので非常にオススメだと思います。イオンに行く際はカフェでお茶をするといったことをほとんどしなくなります。それからイオン銀行での手数料などが優遇されることがお得だと思います。映画が好きなのでイオンシネマでは毎回割引が受けれてお得に映画が見れることが助かっています。それから買い物では20日と30日は食料品などの買い物も全て5パーセントOFFなどになるのでイオンが近くにある人には確実にお得なカードです。
    4.5
    女性/50代/自営業/年収300~500万円/香川県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):5/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:10?15万円未満
       
    • 選んだ理由
      地域にイオンモールができたのを機にワオンをつくって利用していましたが、チャージすることがめんどうになったので普通のカードを申し込みそちらを利用していたところ店頭のカードを推進している店員のかたにゴールドカードを勧められて、ポイント還元率や旅行保険、年会費が無料、ラウンジが使えるなどの魅力的な特典があったので申し込みました。それと家族カードも同じような特典内容でつくれるとのことだったのでゴールドカードにすることにしました。
    • メリット
      年会費無料なことはもちろんのこと、趣味の海外、国内旅行で使える旅行保険がついていること。一般だと硬い椅子に座って長い間待つことになる空港もラウンジが使えるなどの特典がついているのでワンランクアップされ快適な空間で待ち時間が苦にならなくなること。色々な特典情報があって使用しやすい。ポイント還元率も他のカードと比べていい。家族カードも同じような特典内容で作れてつかうことができるのでそれぞれが使うとポイントなどがたまりやすい。
    • デメリット
      公共料金や携帯代金がまとめて支払ったりできるのは知っていますが、どうしても携帯であれはその会社のカードの方がいろんな面でお得だったりするのでまとめれない。特典の中に旅行保険が付帯していたので選びましたが旅行代金をゴールドカードで支払いしないといけなかったりと条件がついているのでそれは使いにくいです。年会費が無料なのはいいですが、節約とかしている人にはゴールドカードに申し込みできるひとの条件が少し厳しい。
    • お得な活用術
      20.30日5%オフのひに買い物をすれば商品が安い上にポイントも付与されるのでお得です。大きな買い物やまとめ買いをするときはポイント何倍デーとかの日に買い物すると普段の時より断然いい。家族カードがあればそのカードをつかうとそちらの特典も付与される。店舗にあるラウンジ(現在は使えない)をつかえることやお金を払わないと使うことができない空港ラウンジも無料で使用できるので使える空港にいくとラウンジにいって楽しめる。
    4.3
    男性/20代/会社員/年収300~500万円/宮城県
    年会費:5/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品/月間利用金額:5?10万円未満
    • 選んだ理由
      イオンモール、イオンリテールを主とした母体のテナントとして勤務先が入っているため、勤務後買い物を良くするのがイオンということになります。イオンで買い物をするのであればイオンカードの方が一番ポイント還元率的にもよく、WAONも良く使用するためイオンカードを使用しています。ゴールドカードを希望していたわけではないのですが、年間のカード使用金額が100万円以上だったため、イオンクレジットからハガキが届きゴールドへ変更した形となります。
    • メリット
      イオンゴールドカードを所有しているメリットとしてはイオンモール店舗にあるラウンジが使用できる点が大きいと思います。ラウンジでは飲み物やお菓子を頂くことができ買い物に疲れた際などにはよく立ち寄らせて頂くことが多いです。また同年代ではゴールドカードを持っている人があまりいないので、自然とゴールドカードが出ると、すごいねと驚かれることが多いです。また、買い物時のときめきポイントが2倍だということもメリットだと思います。ときめきポイントを電子マネーWAONポイントに換えることができるため、すごくお得に買い物ができている気がします。
    • デメリット
      イオン経済圏があまり大きくないので、ポイントが貯まる店舗というのがイオンに限られるというのがデメリットだと思います。例えば、楽天カードであればココスやエネオスなどでもポイントを貯めて購入することができます。更に経済圏が大きくなればイオンゴールドカードを所有しているメリットがあると思います。また現状では楽天カードの方がポイント還元率が高く、対象店舗も多いためイオンゴールドカードを使うメリットがあまりないという点が挙げられます。
    • お得な活用術
      私の考えるイオンゴールドカードのお得な活用術は、まず最近はイオンモール各店舗でウォークラリーをすることでときめきポイントを貯めることができるキャンペーンなどを実施しています。そういったところでポイントを貯めながら、ラウンジでお菓子やジュースを飲みながら休憩、夕方になったらお買い物をしてときめきポイントを貯める。一日中ポイントを貯めながらイオン経済圏で生きていくということが可能です。またテナントによってはイオンカード提示でサービス提供を受けられる店舗もあり、例えば映画館ではポップコーン無料などもあるのでお得にカードを使っていくことがおすすめです。
    4.0
    男性/40代/会社員/年収500~700万円/愛知県
    年会費:4/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:15?20万円未満
    • 選んだ理由
      住宅ローンをイオン銀行にしたためゴールドカードになりました。選んだというよりは必然的にそうなったのですが、銀行のローンは何となくですが敷居が高く嫌なイメージで、商談も土日はできませんが、イオン銀行なら土日もやっており、近くのイオンで訪問もしやすいのでよかったです。後住宅ローンの率も変動ですが、低かったので決めてとなりました。大手銀行よりも安くイオンは何よりも絶対的に信用できると思い決定いたしました。
    • メリット
      ショッピングをすればそこそこのポイント還元がある点が魅力的です。定期的にポインタをWAONに移行してショッピングを楽しんでいます。家族カードもあり、妻も基本的には買い物はイオンカードを使用するようにしています。イオンラウンジで休憩に利用できる点魅力的です。ドリンクやお菓子も食べれて、イオンは特に店内が広いのでショッピングで疲れた際は利用させて頂くととても助かります。カードのデザインも気に入っております。
    • デメリット
      特にデメリットは感じませんが、イオン以外の買い物でもポイントの還元率が高まるとうれしいです。後WAONポイントとかのアプリが複数ありますが、わかりつらいので一つに統一した方が良いと思います。あとはiPhoneでWAONが使用できないのが今ひとつですね。使用できるようになれば、爆発的にユーザーも増えて利便性が高まり、もっとユーザーに対するサービスも良くなるのではと期待をしております。よろしくお願いします。
    • お得な活用術
      20日30日のお客様感謝デーは特に魅力的です。最近はポイントの多い日も月に何回かあるようなので、極力利用するようにしています。公共料金 ガス、電気、新聞、携帯電話、自動車税など基本的にはすべてイオンカードにまとめています。イオンだけでなくミニストップでの買い物にも利用でき、またキャッシュカードも兼務しており、土曜日曜祝日時間を問わずATMが無料で使用できますのでとても便利です。これかもこの機能は継続して欲しいです。
    3.8
    女性/20代/その他/年収100万円以下/長野県
    年会費:5/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:1枚/利用シーン:食料品・スーパー・コンビニ飲食店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      イオンで働いていた頃に給料の振込がイオンカードなら手数料無料だという事を聞いたのがきっかけでした。店頭で発行する際、担当スタッフさんから優しく丁寧に教えていただき書類の記入も簡単だったのでクレジットカードを発行する際のイメージである煩わしさや難しさがなかったので迷うことなく作りました。また、ゴールドという事で高級感や優越感があり持ってて財布を覗く度にウキウキ出来ています。そしてポイントも貯まるので便利だと思います。
    • メリット
      イオンで働いているスタッフさんはイオン銀行を給料の振込先にすると24時間手数料無料なので好きな時間に引き出せるのでとてもお得でなんなら職場で引き出せるのでわざわざ他銀行に行かずに済むのはとても良いと思います。また、ゆうちょ銀行でも時間内なら手数料無料なので給料日が休みの時で職場が遠くても大丈夫なのも素敵です。そしてバースデーパスポートなど割引優待券がちょくちょく届くのでクレジットカードを利用するメリットがあります。
    • デメリット
      引き落とし日が翌月の2日で2日が祝日なら次の平日なのですが、だいたいの社会人は給料日が15日や25日だったりするので引き落とし日にしては中途半端な日だなと感じてしまいました。また、諸事情で振込が遅れた場合1日3回電話がかかってくるので大変です。これはたまたまですが振込の猶予を延長された日がちょうど給料日より前の日だったので困ってしまいました。払えていないこちらも悪いのですが配慮が足りない気がしました。
    • お得な活用術
      クレジットカードを利用する毎にときめきポイントが貯まるのでそれを貯めつづけると1000ポイントからWAONポイントに交換する事が出来るので買い物する際にお得に買う事が出来ます。また、バースデーパスポートなどが自宅に届くのですがそれを持っていきレジで提示すると割引があるのでこちらも便利です。飛行機をよく利用する人なら空港ラウンジが無料だったり国内や海外旅行で保険が適応されるようなので利用する価値はあると思います。
    3.8
    男性/40代/会社員/年収500~700万円/愛知県
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:その他/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電食料品・スーパー・コンビニガソリンスタンド/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      住宅ローンを利用する際に、特典としてカードに入会すると、食料品が毎日5%割り引きになるので加入した。自宅から1番近いショッピングセンターがイオンな事もあり、日常的に食料品や日用品の買い物は、全てイオンで購入しているので、現金よりもクレジットカード決済にした方が便利になるから。また、普段利用している店舗なので、カード会社からのDMでお得な買い物が出来る特典も、他のカードよりも身近に感じて魅力的だった。
    • メリット
      期間限定でしたが、日々の食料品が割り引きで購入出来たのは大きなメリットでした。また、ゴールドカードだと、衣料品等の買い物で多少時間がかかるような時は、イオンラウンジで無料で休憩が取れ、ドリンクもサービスで付いてくるのは、一般のお客さんより優遇されていると感じて優越感もあります。トキメキポイントも貯まりやすいような気がしますし、そのポイントがワオンポイントにして買い物に利用できるのも良い点です。家族カードも利用しているので、夫婦揃って恩恵に与っています。
    • デメリット
      デメリットとしては、やはり大手金融機関のクレジットカードや、航空会社のカードと比べるとランクは低く見られるので、そこが1番残念なポイントです。ショピングセンターのカードというイメージがあり、ゴールドカードとしてはあまりステータスを強く感じないので、普段使いの買い物用カードとしてしか使用していません。トキメキポイントをワオンポイントに変換して買い物に使えるが、ポイントをそのまま交換して嬉しくなるような商品は用意されていないのも残念です。
    • お得な活用術
      大きな買い物をする時はもちろん、食料品や日用品等の普段の買い物も、出来るだけトキメキポイントが多くもらえる日に買い物をする事です。それによって、トキメキポイントをワオンポイントにして買い物に利用する事で、割り引きされているのと同じ効果が得られます。衣料品等の買い物をする時は大きめのイオンモールへ行き、休憩はイオンラウンジでサービスされるドリンクで休憩します。また、映画鑑賞もイオンですれば、上映前後に休憩してもいいと思います。
    3.7
    女性/20代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/岐阜
    年会費:5/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店習い事・趣味/月間利用金額:5?10万円未満
    • 選んだ理由
      イオンだけでなく、マックスバリュなどのイオン系列のお店でもポイントがたくさん貯まるため、便利だと思ったからです。また、イオン系列のお店もたくさんあるため、ポイントも貯めやすいと感じました。さらに、ポイント交換の商品が微妙でも、電子マネーWAONポイントに変換することができるので、自分の好きな時に好きな商品を買うことができて、一番ポイント効率がいいと感じました。ポイント交換もアプリですぐ簡単にできるので、とても楽です。
    • メリット
      ポイントの還元率がいいので、普段の買い物からイオン系列のお店で買えば、すぐポイントが貯まります。また、アプリで明細なども管理でき、ポイントの失効日なども教えてくれるので、ポイントの交換し忘れがなくなりました。また、ポイントの交換に関しても、アプリですぐできるので、全く手間ではありません。せっかく貯めたポイントを、特に欲しくもない商品に交換することなく、電話マネーWAONポイントに移行でき、お買い物に使うことができるので、助かります。
    • デメリット
      せっかくゴールドカードに申し込んでいても、他会社のゴールドカードに比べて、カードの特典に魅力が感じられないので、ゴールドカードにする意味があまりないと思います。例えば、ゴールドカード保持者ですと、空港のラウンジに入れたりすると思いますが、イオンのゴールドカードでは、入れるラウンジが限られます。主要な空港のラウンジには入れないと思った方がいいです。年会費がかからないので、仕方ないのかもしれませんが、少し残念に思います。
    • お得な活用術
      ポイントの還元率と、ポイントの交換に関してはとても魅力的なので、私は普段から日用品の買い物であったり、食料品、外食費、光熱費、ガス代、ガソリン代、服、オンラインショッピング、携帯代などありとあらゆる料金を、全てイオンゴールドカードにまとめています。私だけでなく、家族全員分まとめているので、ポイントがすぐ貯まります。そして、アプリに登録して、明細を家計簿代わりにすると、家計の管理もできて一石二鳥だと思います。
    3.2
    女性/40代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/大阪府
    年会費:5/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):1/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:その他/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電食料品・スーパー・コンビニ飲食店百貨店/月間利用金額:1?5万円未満
    • 選んだ理由
      イオンゴールドカードは、年会費がかからない事が決め手の一つになりました。せっかく使うのであれば、無料のカードが世間にあるのに、お金を払ってカードを持ちづづけるという事に損してる気分になってしまうので、年会費が無料の方がお得感がありますし、あまり使う気がなかったとしても、持っていても損はないなと思います。特に、イオンのカードは、優待やポイントの多い日などに、使う事も頻繁にできるので、気軽に使うチャンスが多いと感じます。
    • メリット
      イオンのカードは、イオンのお買い物で優待セールがあったり、20、30日の5パーセントオフの日があったり、ポイントアップデーがあったりと、お得に買い物できる日がある事がたくさん用意されていることがメリットだなと思います。イオンには、食料品も日用品も、様々な物が揃っているので、お買い物がお得にできる感じがあり、その日に買おうという計画も立てやすいです。ゴールドカードになると、ラウンジで飲み物とお茶菓子がセットで、無料で頂けるのも、イオンモールに行ったときの楽しみです。
    • デメリット
      イオンゴールドカードのデメリットは、ポイントの交換の仕方が良くわからないという事があります。ワオンポイントに交換するという方法もあるのですが、ワオンとクレジットカードの違いも、あまり良くわかっていない状態で、どちらがお得かもよく知らないですし、交換方法が専用の機械を使って行うのですが、いまいち交換の仕方が良くわからなくて、とても悩んでしまいます。商品券に交換しようとすると、手数料として、ポイントがひかれてしまうので、とても損した気分になってしまいます。
    • お得な活用術
      ポイントが10倍の日が時々おとづれますが、食品などのまとめ買いにはとてもいいなと思ってます。そのほかには、いつも対象店舗で2倍ポイントなどもありますし、ポイントを貯めようと計画立てて、カードを使用すると、とてもたまる確率が高いカードだと思います。アプリで、割引のクーポンなどの配信もあるので、そういったものも一緒に活用すると、安く購入することができる物もあるので、アプリのチェックも頻繁にするといいのかなと感じます。
    3.2
    女性/20代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/熊本県
    年会費:4/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:1枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニガソリンスタンド/月間利用金額:5?10万円未満
    • 選んだ理由
      私はディズニーが好きで、イオンカードにミッキーがあることを知り、クレジットカードを持っていなかった為作りました。主婦で収入が低いので他のカード会社ではなかなかカードを作る事が難しいのですが、イオンカードは作る事ができたことも理由の一つです。作成当時はイオンモールの近くに住んでいた為よくカード利用していました。最近は家賃等の固定費もカードから引き落としています。還元されたポイントは子どもたちの買い物なかも使えるのでよく利用しています。
    • メリット
      毎月10日、20日は、カードがあればお得に買い物ができます。付随したサービスとして、イオン内のサロンを利用できるので、子供達の休憩もできるし、空港のラウンジも利用できるので羽田空港を使うときには便利です。また、現在はコロナでいけませんが、海外旅行の際は保険もついているので安心感もあります。ゴールドカードを持つのに、特に費用がかからないことは何よりのメリットだと感じています。ゴールドのミッキーのデザインも好みです。
    • デメリット
      クレジットカードをこのゴールドカードしか利用していないので、特にデメリットは感じていません。しかし強いて言えば、ゴールドカードだからといって、それほど還元率がいいという実感はありません。イオンモールの近くに住んでいた頃は、溜まったポイントを使って買い物をして有効に活用していましたが、引越してイオンが近くにはない為、ポイントを買い物の中で使うことは少なくなりました。そう言った点でデメリットにかんじます。
    • お得な活用術
      海外旅行の時には、旅行会社から勧められる保険でなくとも、ゴールドカードに付随している保険を選んでも問題ないと思います。また、羽田空港利用時にはラウンジを利用できるので、快適に過ごすことができると思います。一度しか利用したことがありませんが、イオン内のラウンジも利用できるので、ちょっとした休憩ができ、混雑した店舗から少し離れて休むことができました。家賃や光熱費、ガソリン等カード払いにしているので、毎月コツコツポイントを貯めることができます。
    3.2
    男性/40代/会社員/年収300~500万円/兵庫県
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:2/利便性:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:15~20万円未満
    • 選んだ理由
      近所で買い物をできるところがイオンしかないので、イオンカードを作って、頻繁に利用していたところ、ゴールドカードの対象になった。イオンでたいてい何でも揃うので、頻繁に利用するのでありがたいとは思います。特別何かメリットを感じてゴールドカードにしたわけではなく、勝手になったという感じですが、カードのデザインがかっこ良いので、財布に入れておいても見栄えがするし、ポイントがよく貯まるので、イオンに行く人にはありがたい。
    • メリット
      生活に必要な物は、たいていイオンで揃うし、専門店街でも使うメリットが用意されているので、イオンにばかり行くため、カードを頻繁に使うので、自然とポイントがたまっていく。カードを持ってるだけで割引があるのも良い。ポイント還元の際には商品券にかえることができるので、キャッシュバックのようで嬉しい。カード払いをすれば割引やポイントが多く付く日が月に何日も設定されているので、自然とカードの恩恵に被ることができることが多い。
    • デメリット
      ゴールドではあるが、他の会社のゴールドカードに比べたら、安っぽく感じてしまうので、少し高級感のある飲食店やショップでは、出すのが恥ずかしいことがある。ゴールドの色合いがだんだんとくすんできていて、それも使う時に恥ずかしい。また、イオンに来る人のほとんどがイオンカードを持ってるので、カード会員に割引や値引きがある日は、お客さんが多くて、食料品コーナーのレジは大渋滞しており、結果的にそういう日を外して行くとメリットが薄い。
    • お得な活用術
      ポイントがよく貯まるので、公共料金の引き落とし等を全てこのカード経由にする。ETCカードを作れば高速道路の料金もポイントになる。イオンでは生活に必要な物はだいたい揃うので、ポイントが多くもらえる日や値引きがある日に、必要な物は全てイオンで買えば、ポイントがかなり貯まる。ガソリンも、最近は提携しているガソリンスタンドが増えているので、そういうところでガソリンを入れれば、ガソリンの値引きもあるし、ポイントも貯まる
  • ECナビClip!編集部
    ここまでイオンゴールドカードの口コミについてご紹介しました。詳しい特徴は、次の章から解説します!
  • イオンゴールドカードの特徴

    イオンゴールドカード券面画像

    次に、イオンゴールドカードの基本的な特徴をご紹介します。

    イオンゴールドカードの基本情報

    おすすめポイント
    • 年会費無料
    • 全国のイオンラウンジが利用可能
    • 各種保険が無料付帯
    年会費無料
    ポイント還元率0.5%~10.0%
    付帯サービス海外旅行傷害保険(最高5,000万円)/国内旅行傷害保険(最高3,000万円)/ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)
    国際ブランドVISA/Master/JCB
    ランクゴールド
    \入会金・年会費無料/

    イオンゴールドカードのメリット・デメリット

    それでは、イオンゴールドカードの詳しい特徴を確認していきましょう。必ず入会申請する前に、メリットだけではなくデメリットも把握し、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    イオンゴールドカードのメリット3つ

    まず、イオンゴールドカードのメリットを3つご紹介します。

    1. 全国のイオンラウンジで休憩ができる

    イオンゴールドカードの保有者は、全国のイオンラウンジが無料で利用できます。このサービスは、イオン株主優待カードの保有者と同様のサービス。保有者だけでなく、帯同者3名まで利用できるため、子連れの方にもうれしいメリットです。

    イオントップバリュのコーヒーや紅茶、お茶、ジュースなど、ドリンクサービスをいただける他、イオントップバリュのお菓子類の試食もできます。さらに、新聞や雑誌も閲覧でき、イオン関連情報や行政サービスをインターネットにて閲覧することも可能です。

    利用は一日一回、一組30分が制限ではありますが、少し休憩するのには最適な空間で、買い物途中や帰宅前の一休みなどにとても便利です。子供との休憩、買い物をしている家族を待つなど、さまざまな使い方ができます。

    しかし、現在(2021年2月)イオンラウンジは新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、休止しています。最新の情報や再開については、適宜イオンゴールドカードのホームページなどでご確認ください。

    2. 国内主要空港のラウンジ利用で出発前もゆっくり快適

    イオンゴールドカードを保有していると全国のイオンラウンジだけでなく、空港のラウンジも利用できます。利用できる空港は羽田空港(国際線)、成田空港(第2旅客ターミナル)、新千歳空港(国内線)、伊丹空港(大阪国際空港)、福岡空港(国際線は出国審査後の利用)、那覇空港の全国主要都市の6空港、合計12のラウンジです。

    無料のソフトドリンクサービスや軽食などがいただけるため、出発前にゆっくりでき、快適かつ贅沢な時間を過ごすことができます。さらに無線LANサービスやフリースペースなどが用意されているラウンジもあるので、出発前にお仕事をしたり着替えたりなど、時間とスペースを有効活用することができます。年会費無料のゴールドカードなのにも関わらず、空港のラウンジが利用できるのはとてもお得なカードではないでしょうか。

    利用する際はイオンゴールドカードと当日の搭乗券、または航空券の提示が必要です。同伴者は基本的に有料となってしまいますが、イオンゴールドカードの家族カードを持っていれば、その家族も無料で一緒に利用することができます。

    3.年会費無料なのに付帯サービスが充実していて安心

    イオンゴールドカードは無料付帯サービスも充実しています。海外旅行、国内旅行の傷害保険に加え、ショッピングセーフティ保険、クレジットカード盗難補償が付帯されています。海外旅行の傷害保険は最高補償額5,000万円、国内旅行の傷害保険が最高補償額3,000万円と金額も十分です。

    どちらもイオンゴールドカードを利用した旅行であることが条件なため、宿泊費や交通費、パッケージ旅行であればパッケージツアー代金をイオンゴールドカードで支払えば補償の対象となります。旅行で万一のことがあっても安心です。

    ショッピングセーフティ保険はイオンゴールドカードでお買い物された商品が偶然による破損、火災などの事故で被害を受けた場合に安心のサービス。一品5,000円以上であれば購入日から180日以内、年間300万円まで無料で補償してくれます。

    また、万一クレジットカードを紛失・盗難などで不正利用されてしまっても損害額を補填してくれるクレジットカード盗難補償も付帯されています。

    イオンゴールドカードのデメリット3つ

    つぎに、イオンゴールドカードのデメリットを3つご紹介します。

    1.イオングループ以外ではポイントが貯まりにくい

    イオンゴールドカードのポイント還元率は、イオングループの対象店舗では実質ポイント1.0%と高い還元率ではありますが、イオングループ以外の店舗やサービスではポイント還元率が0.5%です。そのため、他のクレジットカードに比べるとそこまで高いポイント還元率ではありません。

    イオンゴールドカードのみ保有する方であれば、イオングループ以外での買い物をしてもポイント還元率が高くなく、なかなかポイントが貯まらない、と感じることも予想できます。

    しかし、「AEONCARD ポイントWデー」でポイントが2倍、毎月0のつく日(10日、20日、30日)に対象店舗でイオンゴールドカードを利用した買い物をするとポイントが5倍つくなど、イオンを利用する方にとってはWAON POINTをためやすい環境は整っています。

    2.選べるデザインが少ない

    イオンゴールドカードのデザインは、ベーシックデザイン、ミッキーマウスデザイン、トイストーリーデザインの3つのみです。一般のイオンカードではミニオンズのデザインやTGC(東京ガールズコレクション)のデザインもありますが、それらの人気デザインはゴールドカードには用意されていません。

    さらに、一般のイオンカードからゴールドカードに変える場合、それまで使っていたデザインと変更することもできず、デザインが選べないのはデメリットといえるでしょう。たとえば、一般のイオンカードが通常デザインだった場合、ゴールドカードにランクアップしてもデザインをミッキーなどに変更することができず、再び通常デザインを保有することになります。

    ちなみに、ミニオンズやTGCの一般イオンカードはゴールドカードへのランクアップ対象外なため、最初の一般イオンカードのデザインは慎重に選ぶ必要があります。

    3.空港ラウンジは国内主要都市のみ、同伴者は原則有料

    イオンゴールドカードは国内主要都市の計12ヶ所の空港ラウンジが利用できるのはメリットですが、それ以外の空港で利用できないのは少し残念なポイントです。羽田空港、成田空港、新千歳空港、伊丹空港、福岡空港、那覇空港以外の空港ラウンジは利用できないため、全国の空港ラウンジを利用されたい方にはデメリットになります。

    また、家族カードを持っている家族なら一緒に無料で利用できますが、持っていない同伴者の方は有料利用となるのは残念な点です。出張などでお一人の場合はメリットとして利用できるかもしれませんが、同伴の方がいる場合や家族カードを持たない家族と利用される場合は、少しマイナスに感じるでしょう。

    イオンゴールドカードをおすすめできる方|他券種と比較

    イオンゴールドカードはどんな方におすすめなのか、同じゴールドカードである楽天ゴールドカードやJCBゴールドと比較しました。他社のクレジットカードと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

    カード画像イオンゴールドカード券面画像 楽天カードゴールド券面画像

    カード名イオンゴールドカード楽天ゴールドカードJCBゴールド
    年会費無料2,200円(税込)11,000円(税込)
    ポイント還元率

    【通常0.5%】
    ・イオン系列店での利用でポイント2倍

    【通常1.0%】
    ・楽天市場での買い物でポイント+2倍
    ・誕生日月サービス利用でさらに+1倍

    【通常0.5%】
    ・ポイント優待店の利用で2~10倍
    ・海外利用でポイント2倍
    国際ブランドVISA/MasterCard/JCBVISA/MasterCard/JCBJCB
    付帯サービス海外旅行傷害保険(最高5,000万円)/国内旅行傷害保険(最高3,000万円)/ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)海外旅行損害保険(最高2,000万円)/カード盗難保険/ETCカード/家族カード/楽天Edy

    旅行損害保険(最高1億円:海外)/国内・国外航空機遅延保険/ショッピングガード保険/ETCカード/QUICPay/家族カード/Apple Pay/Google Pay

    詳細

    年会費無料でゴールドカードを保有できる点は、イオンゴールドカードが飛び抜けてお得です。基本還元率は0.5〜1.0%と平均的ですが、上記3種のカードすべて、特定の店舗やサービスの利用で大幅にポイントアップできる特徴があります。

    国際ブランドは、イオンゴールドカードと楽天ゴールドカードはVISA・MasterCard・JCBから選べます。JCBゴールドはJCBのみとなっています。

    海外旅行損害保険は上記3種のカードすべてに付帯されていますが、一番手厚い補償がJCBゴールド、次いでイオンゴールドカード、楽天カードの順となっています。

    楽天ゴールドカードとJCBゴールドが気になる方はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

    \入会金・年会費無料/

    イオンゴールドカードをおすすめできるユーザーの特徴

    もし、イオンゴールドカードが自分に適しているか気になったなら、本記事で紹介した3つのクレジットカードと比較してみましょう。下記のチャート図を参考にしてください。

    イオンゴールドカードがおすすめな人の特徴|チャート図

    イオン系列店でよくショピングをする方

    イオン系列店で買い物をする機会が多い方は、ポイントが貯めやすくメリットも大きいです。「AEON CARD ポイントWデー」でポイントが2倍、毎月0のつく日(10日、20日、30日)に対象店舗でイオンゴールドカードを利用した買い物をするとポイントが5倍とお得にポイントを貯められます。

    また、イオンゴールドカードを持つと、全国のイオンラウンジが利用できます。イオンでお買い物をしたついでに、飲み物やお菓子をもらえるのはうれしいメリット。また、WAON POINTも貯まるため、イオンユーザーにとっては持っていて損のないカードではないでしょうか。

    出張や旅行で国内の空港をよく利用する方

    イオンゴールドカードは羽田空港をはじめとする全国主要都市の空港ラウンジも利用できます。出張や旅行で飛行機をよく利用する方にとっては、出発前にゆっくり快適な時間を過ごる点は嬉しいポイントといえるでしょう。

    さまざまな付帯サービスを年会費無料で使いたい方

    イオンゴールドカードには、海外旅行・国内旅行の傷害保険だけでなく、年間300万円までのショッピングセーフティ保険なども付帯されています。年会費無料でこれらの付帯サービスを利用できる点は大きなメリットといえます。

    \入会金・年会費無料/
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、イオンゴールドカードのお申し込み方法や審査基準について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • イオンゴールドカードのお申し込み方法と審査基準

    イオンゴールドカードのお申し込み方法

    イオンゴールドカードは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。なおイオンゴールドカードは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • イオンカードからの招待状(インビテーション)
    • 電話、またはインターネット環境
    • 年収など本人の基本属性

    イオンゴールドカードは、イオンカードからのご案内(インビテーション)が来たら申し込みが可能となります。まず、そちらが発行されてから申し込みを行いましょう。ここでは、インビテーションが届いてから実際のお申し込み方法について簡単にご説明いたします。申し込み方法は2通りあり、どちらも簡単なのでご都合にあわせた方法で行ってください。

    1つ目は、電話にて手続きをする方法です。インビテーションに記載されている電話番号に電話をして、ガイダンスにて従い手続きを進めます。

    2つ目は、インターネットにて手続きをする方法です。まず「暮らしのマネーサイト」のマイページへログインし、「各種カード切替・追加申し込み」を選択します。その後、「イオンゴールドカードのお申し込み」を選択し、お名前やご住所、年収などの基本属性を入力したらお申し込み完了です。

    電話、インターネットどちらもお申し込みが完了すると、インビテーションが来たとしても審査がなされ、審査に通ると晴れてイオンゴールドカードが発行されます。

    イオンゴールドカードの審査基準

    イオンゴールドカードの審査基準
    • 直近年間利用額が100万円以上
    • その他一定の基準あり(公式非公開)

    イオンゴールドカードはお申し込み方法の項目でも説明しましたが、ゴールドカードへランクアップできるご案内が発行されないと作ることができません。このご案内が発行される基準としては、直近の年間カードショッピングが100万円以上の方に発行していると公式サイトでは公表しています。

    お買い物だけではなかなか難しい、と思ってしまいますが、イオンカードでさまざまな支払いを行っていれば難しくない条件といえるでしょう。そして、この条件を満たすと翌月中旬ごろにインビテーションが送られます。この条件以外にも、他の一定基準をクリアするとご案内が発行されるそうですが、その詳細については公式サイト非公開のようです。

    インビテーションが届いて、イオンゴールドカードへの発行手続きを行ったとしても、お申込み後に再度審査がなされます。この審査基準についても公表されておらず、「お申込みの意にそえない場合もある」と公式サイトにて掲載されているため、必ずしもインビテーションが届いたからといってイオンゴールドカードに切り替えられるわけではないようです。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、イオンゴールドカードの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にイオンゴールドカードのおさらいをしておきます。

    イオンゴールドカードのおすすめポイント
    • 年会費無料
    • 全国のイオンラウンジが利用可能
    • 各種保険が無料付帯

    もしイオンゴールドカードを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

    \入会金・年会費無料/
  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年2月9日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ