アメックス プラチナの口コミ・評判|最上級のステータスカード

プラチナ・カード®券面画像

アメックス プラチナカードは、アメリカン・エキスプレスが発行するプラチナランクのクレジットカードです。ヒルトンやマリオットホテルなどの上級会員の資格や世界の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスなど、プラチナランクならではの特典が満載です。

しかし、「他のプラチナカードと比べてどんなメリットがあるのだろうか」「年会費が高めだが見合うだけの恩恵を受けられるだろうか」と悩む方も少なくないはず。

そこで本記事では、アメックス プラチナカードの基本情報やどんな方におすすめなのかをまとめました。また、実際にアメックス プラチナカードを利用している方にアンケートを実施し、メリットやデメリット、お得な活用術などユーザーのリアルな声を掲載しています。

自分にあったクレジットカード選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

アメックス プラチナカードのキャンペーン情報
  • 入会後3ヶ月の合計利用額に応じて最大50,000ポイントプレゼント
※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

\入会後の利用額に応じて最大50, 000ポイント/

アメックス プラチナカードの評判|良い口コミと悪い口コミを紹介

では、さっそくアメックス プラチナカードの口コミを紹介します。アメックス プラチナカードのメリットやデメリットがよくわかる口コミをピックアップしていますので、それぞれ見ていきましょう。

アメックス プラチナカードの良い口コミ

特に多かったのは、質の高いサービスに対する良い口コミです。ホテルでのVIP待遇や24時間365日対応してくれるプラチナ・コンシェルジュ・デスク、一流レストランでの優待などサービスへの満足度が高かったです

加えて、手厚い付帯保険やボーナス特典などを評価する声も多くありました。

  • 男性/20代/会社員/年収500〜700万円/千葉県
    【上質なサービスを受けられる】 ホテルプログラムで上級会員資格が無条件に取得できるため、初めて宿泊するホテルでもVIP待遇が受けられるという点は見逃せません。特にヒルトンやマリオット・ボンヴォイは国内に系列ホテルが多く、宿泊先を豊富に選べるためおすすめです。
  • 女性/40代/自営業/年収700〜1,000万円/大阪府
    【24時間365日のサポートが受けられる】 コールセンターが24時間365日機能していることです。例えば紛失や盗難等の緊急性の高い時以外でも、お金に関することですぐに相談したいこともあるので、思い立ったときにすぐに連絡できるのは安心だし信頼できます
  • 男性/20代/その他/年収300〜500万円/千葉県
    【条件を満たすとボーナスポイントを獲得】 アメックスプラチナのよいところは、ポイント還元率が少しよいところです。還元率は0.5%とプラザカードにしては高くありませんが、50万円以上、100万円以上とカード会社が指定する金額を決済するとボーナスポイントがいただけます
  • \入会後の利用額に応じて最大50,000ポイント/

    アメックス プラチナカードのネガティブな口コミ

    ネガティブな口コミには、14万円を超える年会費が高いという意見が多数ありました。プラチナランクのクレジットカードの中には年会費が2万円ほどのものもあるので、比べるとアメックス プラチナカードは特に高く感じる方もいるようです。

    しかし、付帯保険やサービスの内容が優れているため元を取れるという声もありました。

    その他、会員サイトの使いにくさや、新型コロナウィルスで海外旅行の頻度が減り恩恵を受けにくくなったと感じている方がいました。

  • 男性/50代/会社員/年収1,000〜2,000万円/千葉県
    【年会費が高い】 高い年会費。15万円はハイレベルな会員サービス維持の為欠かせないものと理解できる。だからこそ大きな支出が継続的に発生するエグゼクティブでないと結局持ち出しになる。
  • 女性/40代/自営業/年収700〜1,000万円/大阪府
    【審査が厳しい】 審査が厳しいことです。年会費が高いことからも想像はできますが、審査が特段に厳しくなっているので誰でも簡単に持つことは厳しいかなとは思います。ある一定の収入が見込めない限りは、審査をクリアするのは難しいのではないでしょうか
  • 男性/20代/会社員/年収500〜700万円/千葉県
    【会員サイトやアプリがやや使いにくい】 会員サイト、アプリの作りがやや使いにくい点もマイナスです。利用履歴の確認等は問題なく可能ですが、ややマイナーな会員特典の申し込みページ等は探すのに苦労する場合があります。
  • \入会後の利用額に応じて最大50,000ポイント/

    アメックス プラチナカードの口コミ・評判の分析まとめ

    ここからは、メリット・デメリットだけでなく、アメックス プラチナカードを選んだ理由や利用者だから知っているお得な活用術も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年9月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.7

    評価の内訳①

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \国内外旅行傷害保険は最高1億円/

    口コミ詳細

    5
    男性/40代/会社員/年収700〜1,000万円/北海道
    年会費:4/還元率(ポイント・マイル):4/付帯サービス:5/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:20万円以上
    • 選んだ理由
      グリーン、ゴールドはコールセンターが平日9~17時までの対応で、土日祝が対応休みなので、この点はかなり大きいと感じています。お金に関わることで、紛失盗難以外でも、すぐに相談したいこともあります。その点で思い立った時にすぐに相談できるのは安心だと思っています。コールセンター(コンシェルジュ)が24時間365日対応してくれるのは本当にありがたい。
    • メリット
      各種保険は素晴らしい、別に保険に入ることを考えればとてもお得。だたし、保険に興味がない方には、このカードの魅力はかなり落ちると思う。ホテル関連の付帯も充実していますが、私はヒルトンを時々使う折に、部屋のアップグレードと朝食無料はとてもありがたく思ってます。毎回エグゼクティブルームへの無料アップグレードをしていただいてます。裏技としては、アプリ上でエグゼクティブルームへのアップグレードされている事が当日の朝にはわかりますので、そこから有料アップグレードを使って数千円の追加でJr.スートにさらにアップして宿泊することも出来ます。
    • デメリット
      紹介制になる前のコンシェルジュの対応は、さすがステータスカードと思わせるようなレベル高い社員が多かったです。入会金集めと思われる申し込み制になりプラチナ会員が増えたことによりコンシェルジュ、問い合わせデスクの対応が悪くなりました。新卒で社会経験ない新入社員レベル、アルバイトかと思うようなやる気のない社員、対応の悪さに我慢の範囲を超えて上席に代わるよう言っても上席から連絡こない。
    • お得な活用術
      保険がとにかくすごい。 あらゆる電化製品に保険が無料付帯する。どれだけお世話になったか、これだけで年会費以上助かっている。さらにスマホも補償がつくようになった。フリーステイギフトも対象ホテルが増え、除外日が減ったため良くなった。年に数回特定店舗で30%キャッシュバックなどあるので年会費の4分の1くらい元を取れる。】
    4
    男性/20代/会社員/年収500〜700万円/千葉県
    年会費:3/還元率(ポイント・マイル):4/付帯サービス:4/会員サイト・アプリ:2/サービス対応:5
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:5〜10万円未満
    • 選んだ理由
      アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを保有しておりインビテーションをいただいた際、切り替えボーナスとして旅行特典が豊富に用意されていたことが理由の筆頭です。その他には、コンシェルジュサービスが利用可能であること、カード自体が金属製でかっこよいこと、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」というサービスで高級ホテル宿泊予約時にレイトチェックアウトなどのサービスが受けられることも決め手となりました。
    • メリット
      先述の「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」は圧倒的なメリットです。また、ヒルトンオナーズ、マリオット・ボンヴォイ、シャングリラ・ゴールデンサークル等のホテルプログラムで上級会員資格が無条件に取得できるため、初めて宿泊するホテルでもVIP待遇が受けられるという点は見逃せません。特にヒルトンやマリオット・ボンヴォイは国内に系列ホテルが多く、宿泊先を豊富に選べるためおすすめです。
    • デメリット
      各種特典が充実しているとはいえ、やはり高額な年会費はデメリットとなります。また会員サイト、アプリの作りがやや使いにくい点もマイナスです。利用履歴の確認等は問題なく可能ですが、ややマイナーな会員特典の申し込みページ等は探すのに苦労する場合があります。また、コンシェルジュサービスへの商品検索依頼について、国内商品が対象外となっているところも痛いポイントです。
    • お得な活用術
      家族カードが4枚まで年会費無料のため、家族と一緒に使うとポイントを効率よくためることができます。また、家族カードでも本カードと同様の特典が利用できるため実質年会費がお得になります。再三言及している「ファイン・ホテル・アンド・リゾーツ」は、一般的な宿泊予約サイトと異なり各ホテルに直接予約した場合と同様にホテルのポイントがたまるためおすすめです。
    4
    女性/40代/自営業/年収700〜1,000万円/大阪府
    年会費:4/還元率(ポイント・マイル):4/付帯サービス:4/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品旅行・宿泊・ホテル百貨店/月間利用金額:20万円以上
    • 選んだ理由
      通常のアメリカン・エキスプレスカードに様々な高額特典が加えられているという点と、もっているだけで一目置かれるカードと言えるくらいのブランド力が魅力的だったからです。また、個人的には年会費は月で考えると1万円程度なので大した金額ではないし、ホテル内施設の割引クーポンがつくので月に1回ホテルを利用するだけで年会費の元は取れると考えたからです。
    • メリット
      コールセンターが24時間365日機能していることです。グリーン・ゴールドは、コールセンターが平日9~17時、土日祝休みなので、この違いはかなり大きいなと思います。例えば紛失や盗難等の緊急性の高い時以外でも、お金に関することですぐに相談したいこともあるので、思い立ったときにすぐに連絡できるのは安心だし信頼できます。
    • デメリット
      審査が厳しいことです。年会費が高いことからも想像はできますが、審査が特段に厳しくなっているので誰でも簡単に持つことは厳しいかなとは思います。ある一定の収入が見込めない限りは、審査をクリアするのは難しいのではないでしょうか。また、カード付帯しているサービス利用状況によっては年会費が高いと感じられる人もいるかもしれません。
    • お得な活用術
      全国の対象高級ホテルで、さまざまな特典を受けることができます。そのなかでも、部屋を無料でアップグレードできるというサービスがとても魅力的です。もちろん空室具合にもよりますが、全国8つのブランド、50以上のホテルが対象になっているので選択肢は多く、旅行や出張の時によりリラックスした時間を過ごすことができます。
    4
    男性/50代/会社員/年収1,000〜2,000万円/千葉県
    年会費:2/還元率(ポイント・マイル):5/付帯サービス:5/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1〜5万円未満
    • 選んだ理由
      なにより保有することのステータスを感じた事。また、会費に見合った会員サービス(レストランのお一人無料等)は他のクレジットカードには無い魅力だと思う。保有していた時はコロナによる行動制限が無く、アメックスプラチナカードの特典の一つ、空港プラチナラウンジ利用や旅行でメリット享受しようと考えていた。コロナが無ければ継続保有していた。
    • メリット
      持つこと自体のステータス。自分自身の満足に過ぎませんが。実際の利用に関しては高価な買い物を沢山する場合にはポイントの貯まりやすさやあとからリボに切り替えができる点、メリットが大きい。旅行の際も様々な会員専用サービスがあり積極的に利用すべき。でないと高い年会費に対するペイができないと思う。会員専用ダイヤルのサポート体制も秀逸。
    • デメリット
      高い年会費。15万円はハイレベルな会員サービス維持の為欠かせないものと理解できる。だからこそ大きな支出が継続的に発生するエグゼクティブでないと結局持ち出しになる。少額利用の積み上げも頑張れば出来るかもしれないが、現実的には庶民レベル店舗でアメックスが利用できない場合が割とあり、全支出をアメックスに一本化する事は出来なかった。
    • お得な活用術
      レストランでのお一人様無料のサービス。記念日、大切な接待で活用できるプラチナカードならではのサービス。利用回数に制限があるものの、会員になったら是非利用して欲しい。あと旅行をする方はポイントのマイル交換を利用すべき。ANAのマイレージ交換がいいレートで交換可能。レートが悪くなるがJALマイルにも交換できる。
    3
    男性/20代/会社員/年収300〜500万円/大阪府
    年会費:2/還元率(ポイント・マイル):2/付帯サービス:4/会員サイト・アプリ:3/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:5〜10万円未満
    • 選んだ理由
      このカードを選んだ1番の理由は、カードの券面のカッコ良さとステータス感に惹かれたためです。また年会費はそれなりにしますが、その分の付帯サービスが魅力的でした。具体的には海外旅行の際の荷物の配送サービスや空港ラウンジの利用、保険の自動加入などです。また、ポイント還元率も高くはないもののポイントやアメックス独自の交換プログラムがあり充実していたため。
    • メリット
      カードを使用した時のステータス感、カッコよく支払える感はアメックスならではと感じました。とくにデートのシーンではスマートにかっこよく支払えることでアピールもできて良いです。(自己満足ですが…) カード会員用の電話受付に電話したことがあり、その際の電話対応の丁寧さ、スムーズさには驚かされました。このあたりはやはり高い年会費を払っているだけあるなと感心しました。
    • デメリット
      カードを複数枚所有しておりますが、ポイントの還元率はほかのカードよりも低く感じました。(当時は0.3%)コロナ禍になって海外旅行に行けなくなり、海外保険や荷物配送サービスなどの付帯サービスを使用できなくなりデメリットを感じ始めました。やはり頻繁に海外旅行に行かれる方にしか大きな恩恵を受けられないカードだと思いました。
    • お得な活用術
      アメリカン・エキスプレスは、「入会後に条件を達成すると◯◯◯◯ポイント付与」というキャンペーンを頻繁にしています。そのため、カード入会後はできるだけ支払いをアメックスカードにまとめ、条件を達成してポイントを貰うようにするとお得に使えます。その他にも、期間限定ではありますが一部の店舗で支払額が半額になるようなキャンペーンも行うことがあります。そういったキャンペーン情報を見逃さずに利用すると、年会分はペイできるくらいお得に利用できます。
    3
    男性/20代/その他/年収300〜500万円/千葉県
    年会費:1/還元率(ポイント・マイル):3/付帯サービス:4/会員サイト・アプリ:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング/月間利用金額:10〜15万円未満
    • 選んだ理由
      私がアメックスプラチナを選んだ理由は、プロテクションサービスが付帯されているからです。プロテクションサービスとは、カードで購入した商品が壊れたら、カード会社が無料で商品購入にかかったお金を補償してくれる制度です。私の場合、テレビを10万円で購入しましたが、画面がつかなかったという不具合でもサービスの対象となりました。カードで高額決済をよくするので、安心できるアメックスプラチナを申し込みました。
    • メリット
      アメックスプラチナのよいところは、ポイント還元率が少しよいところです。還元率は0.5%とプラザカードにしては高くありませんが、50万円以上、100万円以上とカード会社が指定する金額を決済するとボーナスポイントがいただけます。ためたポイントはマイルに交換して旅を楽しんでいました。アメックスプラチナですので、高額決済をして優雅な旅をできたことに満足しています。
    • デメリット
      アメックスプラチナのデメリットは、使い方がむずかしいところです。確かにカードを持てばステータスが高いですが、その分年会費も14万円とかなり高額です。カードの使い方がわからない人は、まずアメックスグリーンなどから試してみると良いでしょう。私もアメックスプラチナを持った時には効果的なカードの使い方がわからず、年会費ばかり払って無駄だと感じました。例えば、そのときは年間で15万円の決済でしたので、ポイントはあまりたまらず14万円が年会費としてかかりました。
    • お得な活用術
      アメックスプラチナをお得に使うには、高額決済は必要です。もし高額決済をせずにカードばかり持っていても意味がありません。年会費に見合うサービスを受けるには、少なくとも年間100万円以上かできれば300万円以上は使うべきです。また、付帯されているサービスもどんどん使っていきましょう。例えば、空港ラウンジや一流レストランを使うとアメックスプラチナのサービスを体感できるので、元がとれる可能性が高まります。
  • ECナビClip!編集部
    ここまでアメックス プラチナカードの口コミについてご紹介しました。さらに詳しくは、次の章から解説します!
  • アメックス プラチナカードの特徴|選ばれる理由とキャンペーン情報

    アメリカンエキスプレスプラチナカード券面画像

    ここからは、アメックス プラチナカードの基本情報を紹介します。

    アメックス プラチナカードの基本情報

    おすすめポイント
    • ヒルトンなど世界的なホテルの上級会員資格がもらえる
    • ポイントの有効期限を無期限にできる
    • 加盟店での買い物はポイント3倍
    年会費143,000円(税込)
    ポイント還元率0.5~1.0%
    付帯サービスメンバーシップ・リワード/プラチナ・コンシェルジェ・デスク/フリー・ステイ・ギフト/アメックス・スペシャル・リザーブ/2 for 1ダイニング by 招待日和/ラグジュアリー・ショッピング/アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション など
    国際ブランドAmerican Express
    ランクプラチナ
    \入会後の利用額に応じて最大50,000ポイント/

    次に、アメックス プラチナカードの詳しい情報を紹介していきます。必ず入会申請する前に、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    アメックス プラチナカードが選ばれる理由

    アメックス プラチナカードが支持される理由は、最上級の娯楽を提供する数多くのサービスです。特に、ホテルの上級会員資格やペア無料宿泊券プレゼントなど、プラチナカードならではの上質なサービスが魅力です。

    1. 世界的なホテルの上級会員資格がもらえる

    引用元:アメックス プラチナカード公式サイト

    特典のひとつ「ホテル・メンバーシップ」を利用すると、世界的なホテルグループの上級メンバーシップまたはVIPプログラムに無料で登録できます。会員限定の割引料金で宿泊できたり、空室があれば部屋を無料でアップグレードできたりと特別なおもてなしを受けられます。対象は、下記の3つです。

    ホテル・メンバーシップの対象
    • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
    • 「Radisson Rewards™」Goldエリートステータス
    • 「Marriott Bonvoy™」ゴールドエリート会員

    通常、上級会員になるにはホテルごとの条件をクリアしなければなりません。たとえばヒルトン・オーナーズ ゴールド会員は、系列のホテルに20滞在または40泊宿泊をするか、ホテルのポイントを年間75万円分獲得する必要があります。条件をクリアしても、資格は達成した年の残りの日数と翌年1年間に限られます。

    アメックス プラチナカードなら、対象ホテルに宿泊履歴がなくても上級会員資格が得られるため、いつでもリッチな待遇を受けられます。

    2. ホテルのペア宿泊券を無料プレゼント

    引用元:アメックス プラチナカード公式サイト

    毎年カードを更新するたびに「フリー・ステイ・ギフト」がカード会社から贈られます。これは、対象ホテルのペア無料宿泊券です。北海道から沖縄まで8つのホテルブランド、50を超えるホテルから好きなホテルを選び宿泊できます

    さらに連泊を希望する場合は、ホテルのレストランやスパなどで利用できる5,000円分のホテルクレジットをもらえる特典付きです。

    2021年4月からは、宿泊できる対象日が大幅に増えました。これまでは、土曜日や祝日の前日は宿泊対象外のホテルが多かったですが、現在はゴールデンウィークや年末年始など特に混み合う期間以外は特典を利用できるように改善されています。記念日や大切な人との贅沢なひとときにぴったりなサービスです。

    3. 24時間365日コンシェルジュデスクのサポートを受けられる

    引用元:アメックス プラチナカード公式サイト

    プラチナカード会員専用窓口「プラチナ・コンシェルジュ・デスク」では24時間365日、カードやサービスに関する問い合わせ、ギフトの手配やレストランの予約など、電話1本で要望に応えてくれます。

    たとえ深夜であっても「友人に花束のプレゼントを手配してほしい」と電話するだけで、選定から手配までを任せることができます。また、日本では発売されていない入手困難なアイテムでも「パーソナル・インポート・サービス」を利用し海外から取り寄せることも可能です

    旅行プランに合わせたホテルや航空券の予約はもちろん、スポーツやコンサートなどのチケットの手配、旅行中のトラブル対応など、自分では面倒なことや困ったときはデスクに連絡するだけで対応してくれる至れり尽くせりなサービスです。

    \入会後の利用額に応じて最大50,000ポイント/

    アメックス プラチナカードのキャンペーン情報

    アメックス プラチナカードでは、入会後3ヶ月以内にカードの合計利用額に応じて、最大50,000ポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

    期間内の合計利用額が50万円なら、20,000ボーナスポイント。100万円なら、さらに20,000ボーナスポイントをプレゼント。これらに加え、通常のカード利用ポイントが合計額に応じて加算されます。

     ※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

    アメックス プラチナカードをおすすめできる方|他券種と比較

    つぎに、アメックス プラチナカードと、プラチナランクでカード会社が異なる「JCB プラチナカード」「三井住友カード プラチナ」を比較してみましょう。

    同じランクでも年会費や付帯サービスが全く違います。比べた上で、アメックス プラチナカードが良いと思えたなら、あなたに最適なカードといえます。

     アメリカンエキスプレスプラチナカード券面画像
    カード名アメックス プラチナカードJCB プラチナカード三井住友カード プラチナ
    ポイント還元率0.5~1.0%0.5%0.5%
    年会費

    本会員:143,000円(税込)
    家族カード:4枚まで無料

    本会員:27,500円(税込)
    家族カード:全員無料

    本会員:55,000円(税込)
    家族カード:1人まで無料

    主な特典

    メンバーシップ・リワード/プラチナ・コンシェルジェ・デスク/フリー・ステイ・ギフト/アメックス・スペシャル・リザーブ/2 for 1ダイニング by 招待日和/ラグジュアリー・ショッピング/アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション など

    プラチナ・コンシェルジュデスク/ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ラウンジ招待/グルメ・ベネフィット/JCB Lounge 京都
    JCBプレミアムステイプラン/海外ラグジュアリー・ホテル・プラン/プライオリティ・パス など

    プラチナオファー/ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ユニバーサル・エクスプレス・パス/三井住友カード ラウンジサービス/Visaプラチナゴルフ/プラチナグルメクーポン/ダイニング by 招待日和/Visaプラチナ空港宅配 など

    付帯保険

    海外・国内旅行傷害保険/個人賠償責任保険
    航空便遅延費用/ホームウェア・プロテクション/スマートフォン・プロテクション

    海外・国内旅行傷害保険/ショッピングガード保険/海外・国内航空機遅延保険

    海外・国内旅行傷害保険/航空便遅延保険/動産総合保険

    詳細

    ※表内の画像は、公式サイトより引用しております。

    いずれもプラチナランクだけあり、付帯保険やサービスが一般やゴールドランクよりも充実しています。世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」はもちろん、24時間いつでも要望に応えるコンシェルジュデスク、高級レストランやホテルでの優待などワンランク上のサービスが付帯されています。旅行傷害保険の補償額も、最高1億円と差はありません。

    大きな違いといえば、年会費です。手頃さだけでいえば、JCB プラチナカードが27,500円(税込)で最も安く、次いで三井住友カード プラチナが55,000円(税込)、アメックス プラチナカードの年会費は比較カードの2~4倍と高額です。そのため、年会費を抑えたい方にはおすすめできません。

    ただ、世界的ホテルの上級会員の資格や毎年1回ホテルに無料で宿泊できる特典などに魅力を感じる方なら、年会費以上の恩恵を受けられる可能性が十分にあります。より上質なサービスを望むならアメックス プラチナカードを選ぶとよいです。

    \入会後の利用額に応じて最大50,000ポイント/

    ポイント還元率を比較

    ポイント還元率は、アメックス プラチナカードが基本還元率1.0%、その他は0.5%なのでアメックス プラチナカードに軍配が上がります。

    「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、対象加盟店やサービスでポイントが3倍になる特典付きで、Yahoo!JAPAN、iTunes Store/App Store、Uber Eats、ヨドバシカメラ、一休.com、HIS公式ウェブサイト、アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインでの買い物はポイントアップの対象です。

    JCB プラチナカードは提携するコンビニやスーパー、薬局など身近な店舗でポイントが2~10倍、三井住友カード プラチナは対象のコンビ二やマクドナルドではポイント2倍、対象のお店から好きな3つの店舗を選ぶといつでも還元率が0.5%アップする特典があります。

    さらにどちらの比較カードも、楽天市場やAmazon、ビックカメラ.comなど対象サイトでの買い物はポイント最大2~20倍です。よく利用する店舗がポイントアップ対象の方やオンラインショッピングが多い方は、アメックス プラチナカードと同等か、それ以上の恩恵を受けられるかもしれません。

    ただし、貯めたポイントをどのように使いたいかも考えておきましょう。せっかくポイントを貯めても、ほしい商品と交換するときのレートが低ければ損してしまいます。マイルに交換したい方は、アメックス プラチナカードが最もマイル還元率が高いためおすすめです。

    アメックス プラチナカードをおすすめできるユーザーの特徴

    上記の結果から、アメックス プラチナカードは以下のような方におすすめします。

    ホテルやレストランで上質なサービスを受けたい方

    アメックス プラチナカードは、高級ホテルや有名レストランで優遇を受けられる特典が満載です。世界的ホテルの上級会員になれたり、厳選されたレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料金が無料になったりと、プラチナ会員ならではのサービスが受けられます

    年会費は他券種に比べ143,000円(税込)と高額ではありますが、付帯されたサービスを考えれば価値あるカードなことがわかります。ただし、付帯サービスを利用する機会が少ない方や普段の買い物でポイントを貯めることだけが目的の方は年会費分の元を取るのは難しいかもしれません。

    アメックス プラチナカードは、日常に娯楽を求める方ほど向いている1枚です。

    ANAマイルを貯めている方

    カードで貯めたポイントは、ANAマイルに移行できます。通常、「メンバーシップ・リワード・ANAコース」の参加費として年間5,500円(税込)が必要ですが、アメックス プラチナカードは参加費がかかりません。

    さらに、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すれば、マイル還元率を0.5%から1.0%にアップさせることもできます。たとえば1,000ポイントは、そのまま1,000マイルに交換可能です。こちらも本来、登録料が年間3,300円(税込)かかりますが、プラチナランクの優待で無料になっています。

    今回比較したJCB プラチナカード、三井住友カード プラチナは、どちらもマイル交換率が1.0%に満たないため、ANAマイルを貯めている方はアメックス プラチナカードが最適です。

    なお、JALマイルへの交換率は0.4%、スカイマイルなどその他15の航空会社のマイルへは0.8%で交換できます。

    20代前半でプラチナカードを利用したい方

    プラチナカードは、ゴールドカードよりもさらにステータス性が高いクレジットカードです。そのため、どのカード会社でも申し込み条件や審査基準を厳しめに設定していることがほとんどです。たとえば、年齢は一般カードなら18歳以上から申し込めるカードが多いですが、プラチナカードの対象年齢は高めです。

    本記事で比較した3枚のカードの対象年齢は、アメックス プラチナカードが20歳以上、JCB プラチナカードは25歳以上、三井住友カード プラチナは満30歳以上となっています。比べると、アメックス プラチナカードが最も対象年齢の間口が広いことがわかります。

    プラチナカードを検討している方の中には、20代前半の方も少なくないはず。若いうちに高ステータスなカードを持ちたいならアメックス プラチナカードがおすすめです。

  • ECナビClip!編集部
    ここからは、アメックス プラチナカードのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • アメックス プラチナカードのお申し込み方法と審査基準

    アメックス プラチナカードのお申し込み方法

    お申し込み時に必要なもの
    • 本人確認書類
    • 利用代金の支払い口座
    • PC向けEメールアドレス

    アメックス プラチナカードは、オンラインから申し込みできます。本人確認情報を入力後、オンライン明細書サービスやリボ払いなどに関する項目に同意の上、連絡先、収入などの情報を入力してください。その際、PC向けEメールアドレスの入力が必須です。スムーズに進むと10~15分ほどで申し込みが完了します。

    審査に通過すると本人確認手続きがあります。専用ページからアップロードまたは、郵送で本人確認書類を提出してください。審査状況によって、確認手続きよりも前に本人確認書類の提出を求められることもあります。連絡があったときは、すみやかに提出しましょう。

    本人確認書類や申し込み情報に不備がない場合は、2週間ほどでカードが手元に届きます。

    アメックス プラチナカードの審査基準

    アメックス プラチナカードの審査基準
    • 20歳以上の方
    • 現住所が日本国内である
    • 支払い能力がある

    アメックス プラチナカードの入会資格で公開されているのは、「20歳以上の方」「現住所が日本国内の方」です。そのほかの審査基準は公開されていません。支払い能力については、公式サイトにパートやアルバイトの方は申し込みできないと記載があります。

    ただし、申し込み時の「主なご職業」欄で「主婦・主夫」を選択できることから、カードを発行する本人に収入がない場合でも一定の世帯収入があれば審査に通る可能性があることがわかります。また、年金受給者でもカードの申し込みが可能です。

    オンラインで申し込みした場合、最短60秒で審査状況の案内が届きます。10日ほど経っても案内がなく、急ぎで審査状況を確認したい場合は0120-020120に電話をすると確認できます。

    アメックス プラチナカードに関するよくある質問

    • 基本カードとセカンド・プラチナ・カードの違うはカード番号だけですか? 基本カードとセカンド・プラチナ・カードの違いは、カード番号のほかに「素材」が異なります。基本カードは別名メタルカードと呼ばれ、メタル素材を採用しています。スタイリッシュなメタル製のカードは、アメックス プラチナの特長とされています。一方、セカンド・プラチナ・カードはプラスチック製です。カード特典やサービスは同じなので、用途に応じて使い分けると良いです。
    • プラチナ・コンシェルジェ・デスクで対応できないことはありますか? タクシーの手配、花やギフトを除く国内で発売されているアイテムの手配は頼めません。ホテルやレストランの予約も、アメックス加盟店でない場合やクレジットカード払いに非対応な施設などでは予約ができないこともあります。また、コンシェルジュへの依頼は電話でのみ可能です。メールが対応しているのは、依頼への回答だけです。
    • 家族カードの対象は? 家族カードの対象は原則、本会員の配偶者・両親・18歳以上のお子様です。ただし、公式サイトにはお子様が18歳未満で海外留学やホームステイの予定がある場合は、カード会社に電話で相談するよう明記されています。家族カード発行を希望する方で該当する場合は、0120-020-444(通話無料/9:00~21:00/土日祝日休み)にお問い合わせください。

    アメックス プラチナカードの口コミ・評判のまとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、アメックス プラチナカードの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にアメックス プラチナカードのおさらいをしておきます。

    おすすめポイント
    • ヒルトンなど世界的なホテルの上級会員資格がもらえる
    • ポイントの有効期限を無期限にできる
    • 加盟店での買い物はポイント3倍

    もしアメックス プラチナカードを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

    \入会後3ヶ月の利用額に応じて最大50, 000ポイント/
  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年9月16日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。  

     

    TOPへ