ライフカードの口コミ・評判|年会費・ポイント還元・特典を他券種と比較

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。年会費無料なので、初めてのクレジットカードにもおすすめ。さまざまなポイントアッププログラムを活用をするとポイントが貯まりやすいのも魅力です。

しかし、「ポイントの利便性は低くないだろうか」「他のカードと比べたメリットはなんだろう…」といった疑問から、利用者の正直な感想を聞いてから検討したいと考えている方も多いでしょう。

そこで今回は、実際にライフカードを利用している方にインターネット上でアンケートを実施し、ライフカードのメリット・デメリットに関する口コミを集めました。また、ライフカードと一緒に検討されやすい学生専用ライフカードやエポスカードとの比較から、どんな人におすすめできるかも記事にまとめました。クレジットカード選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • ライフカードは発行初年度、誕生月、L-Mall利用時にポイント還元率が高くなる
  • ライフカードはクレジットカードを持つのがはじめての人におすすめ
  • ライフカードはエポスカードと比べ家族カードが無料で作れるのが特徴

\新規入会で最大1万円/

【ユーザー調査実施】年会費永年無料の人気クレジットカード3選

はじめに、ECナビClip!編集部が独自で調査してわかった年会費永年無料で人気なクレジットカードを3つご紹介します。ユーザーアンケートを実施し、口コミ評価が特に高かったクレジットカードとなっています。

順位1位2位3位
商品画像リクルートカード券面画像
商品名イオンカードセレクトリクルートカードJCB CARD W plus L
おすすめポイント

・イオングループ対象店舗でポイントがいつでも2倍
・イオングループでの優待が豊富
・貯めたポイントをWAONで利用可能

・1.2%の高還元率
・電子マネーチャージもポイント加算
・Pontaポイントやdポイントへ交換可能

・基本還元率1.0%のプロパーカード
・女性向けの保険に申し込める
・特別な優待サービスが受けられる「LINDAリーグ」を利用できる
詳細

少しでも気になった方は、ぜひ公式サイトより詳細をご確認ください。

ランキング評価概要
  • 2021年6月、該当クレジットカードを利用したことがあるユーザーにインターネット上でのアンケート調査を実施。「年会費」「ポイント還元率」「付帯サービス」「利便性」「サービス対応」の5項目から満足度を調査し、その平均評価ポイントが高い順にランキング化。そのなかでも、ポイントの高かったTOP3の商品を紹介しています。

※記事内の商品と一部重複している場合がありますが、ご了承ください。

ライフカードの評判|良い口コミと悪い口コミを紹介

では、さっそくライフカードの口コミを紹介します。実際に利用したことがあるユーザーの経験から、良い口コミと悪い口コミをいくつかピックアップしました。

ライフカードの良い口コミ

誕生月に買い物をするとポイントの還元率が高くなるので、上手に使えばポイントが貯めやすいところに魅力を感じている方が多いようです。実際ライフカードのポイント還元率は、誕生月は+3倍となったり、ライフカードが運営するネットショップ「L-Mall」でカード利用すると最大25倍が適用されたりと、お得な特典があります。

その他には、洋服の青山での買い物でポイント還元率があがることをメリットに感じている声もあったり、年会費無料でクレジットカードを持てるのにメリットを感じている方もいました。

  • 40代・男性・和歌山県・会社員
    【年会費が無料】 年会費無料という点と誕生日月のポイント還元率の高さがメリットですね。実際この二点を重視してライフカードを選びましたし。年会費無料という点に関しては他にも年会費無料のクレジットカードがあるとはいえ、気軽に持っておけますし便利だな~と感じます。
  • 30代・男性・福岡県・会社員
    【ポイント還元率が高い】 通常はポイント還元率は1%でも、発行初年度は1.5%、更に利用額に応じて2倍となるので使えば使うほどポイントがどんどん貯まります。月に5万~10万円使うので年間を通すと1万ポイント以上の還元を受ける事が出来ました。
  • 40代・女性・神奈川県・会社員
    【ポイントが使いやすい】 特別な買い物だけでなく日用品やネットショッピングなどでこまめに利用していると、いつの間にかポイントがたまっているので良いと思います。
  • \新規入会で最大1万円/

    ライフカードの悪い口コミ

    デメリットとして多くあがっていたのが、通常利用でのポイント還元率についての声です。誕生月にポイント還元率が上がることがメリットに感じる方がいる一方で、通常のポイント還元率が低く、デメリットに感じてしまうケースがあるようです。

    そのほか、付帯保険の内容に満足していない、会員サイトが使いづらいという声もあがっていました。

  • 40代・男性・和歌山県・会社員
    【ポイント還元率が低い】 年会費無料クレジットカードなら仕方がないと感じる点もありますが、通常時の買い物支払いに使った場合、ポイント還元率は低いんですよね。通常の還元率が0.5%はちょっと低すぎます。
  • 30代・男性・福岡県・会社員
    【付帯保険が不満】 付帯保険をしっかり付けるには別途追加年会費の支払いが必要となります。他社大手のクレジットカードと比較すると付帯保険が不充分に感じられるので旅行の際などには注意が必要となります。
  • 20代・女性・沖縄県・会社員
    【会員サイトが使いにくい】 会員向けの専用サイトがとても使いづらいこととカスタマーセンターの電話が利用しにくい点です。退会の手続きを行おうとしたのですが専用Webサイトの退会ページがどこにあるのか分からず諦めてしまいました。
  • \新規入会で最大1万円/

    ライフカードの口コミ・評判の分析まとめ

    この他にもさまざまなライフカードの口コミが集まっています。メリット・デメリットに加えて、各ユーザーの選んだ理由やお得な活用術も一緒に紹介しているので、チェックしてみてください。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.1

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \新規入会で最大1万円/

    口コミ詳細

    3.8
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/大阪府
    年会費:5/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):2/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:1?5万円未満
    • 選んだ理由
      複数あるクレジットカード会社から「ライフカード」を選んだ理由は「年会費無料で作ることができましたし、解約もいつでもすることができる」ということだったので、初めてクレジットカードを持つにはぴったりだなと思ったため、ライフカードを選びました。ライフカードの申し込みするのはネットですることができ、簡単に申し込みすることができたのも良かったです。その頃はまだ独身でポイント還元率など考えていなかったため、「作りやすい、解約しやすい」というだけでライフカードを作りました。
    • メリット
      ライフカードを利用していてメリットに感じている点は「審査基準が甘め」なところです。自分は、クレジットカードを作るのに何社か審査落ちしていたのですが、それでもライフカードを申し込むと審査を通過したので、個人的には「審査基準が甘め」と感じました。しかも、カードを発行してくれるのも審査が通過してから3日後くらいには家に届いていたので、すぐにクレジットカードがほしい人にはおすすめのクレジットカードだと感じています。
    • デメリット
      ライフカードを利用していてデメリットに感じている点は「ポイント還元率が悪い」ところです。ライフカードを作った当初はポイント還元率のことを考えてなかったのですが、他のクレジットカードなどを見て、ポイント還元率を考えるようになってからは、ライフカードのポイント還元率の低さには残念さを感じるほどです。1000円利用して1ポイントしか付かないのは他のクレジットカードと比べても明らかに還元率が低すぎですし、誕生月はポイント還元率「3倍」まで上がり「1.5%」です。その月だけポイント還元率が良くなっても年間で利用している人からすればずっとポイント還元率を少しでも高めにしてほしいと感じています。
    • お得な活用術
      ライフカードのお得な使い方としては「誕生月だけ利用する」ことです。誕生月だと通常のポイント還元率より「3倍」の「1.5%」も付くので、他のクレジットカードよりもお得です。しかし、通常のポイント還元率は低いので、誕生月以外の月は他のクレジットカードを利用して、誕生月だけライフカードを利用するようにした方が良いと感じています。年会費も無料ですし、いつでも解約することができるので、保有していても損はないと感じています。
    3.5
    男性/30代/会社員/年収500~700万円/福岡県
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:4/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド/月間利用金額:5~10万円未満
       
    • 選んだ理由
      クレジットカード発行を考えていた際に会社の先輩からライフカードについて説明を受けました。その情報をもとにインターネットの比較サイトで調べたところポイント還元の高さで申込みました。クレジットカードに関しては様々なブランドがありますが、シンプルなデザインで恰好が良かった。費用に関しても年会費・解約金・入会金などは全て無料で発行できるので申込みにあたって大きな負担がないとのことと家族で使えばお得に利用できるとのことが決め手となりました。
    • メリット
      ポイント還元率が高く、様々な特典が付いています。通常はポイント還元率は1%と他社のクレジットカードと同等の還元率なのですが、発行初年度は1.5%還元となります。更に利用額に応じて2倍となるので使えば使うほどポイントがどんどん貯まります。誕生日の月には3%のポイント還元となりますので通常の3倍のポイントを獲得することが出来ます。私自身は平均して月に5万~10万円の買い物や固定費の支払いで使うので年間を通すと1万ポイント以上の還元を受ける事が出来ました。
    • デメリット
      付帯保険をしっかり付けるには別途追加年会費の支払いが必要となります。他社大手のクレジットカードと比較すると付帯保険が不充分に感じられるので旅行の際などには注意が必要となります。追加年会費を支払うことで最大2,000万円までの保証を付ける事が可能ですが内容を見ると他社大手のクレジットでも同等レベルの保険を無料で付けているところもあるので、万が一のときのリスクを考えると海外旅行に行く際などはメインとしてではなくサブカードとして利用した方が安心かもしれません。
    • お得な活用術
      誕生日月には3%のポイント還元となりますので日用品や服・靴などの購入に関しては誕生日月にまとめ買いをしています。また、家族で利用することでそれぞれの誕生日月にはそれぞれのカードで3%のポイント還元を受ける事ができます。年に数回の大きな買い物なども家族の誕生日月に合わせて購入すれば年間で大きなポイントとなります。また、ライフカードは全国のコンビニや飲食店など対応しているのでポイントを貯めるにはお得が多いので普段の買い物などにも利用しています。
    3.5
    女性/30代/専業主婦(夫)/年収100万円以下/和歌山県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:4
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:1枚/利用シーン:オンラインショッピング/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      専業主婦でも持てるクレジットカードだったからです。誕生日月にはポイント率が確か3倍にアップするのでそれも良いところです。ポイントが貯まれば、色んな商品と交換が可能で私はいつもJCBギフトカードに交換しています。主人のススメで一緒にライフカードに入会し、もう長年使っています。カードの色も紺色で男女問わず持てるものであり、高級感を感じるので気に入っています。明細書もカラフルで見やすく工夫されていて良いです。
    • メリット
      買い物をした時に付くポイントに使用期限がなく、失効する前にポイント繰り越しというのが選べるのが良いです。私自身、何回かそれを利用し交換したいものを手に入れました。サポートも手厚く、以前、クレジットカードを不正利用された時もライフカードの方から連絡を頂き、今後の段取りを説明してもらいました。不正利用されたお金は一切私は支払わなくて良く本当に手厚いサポートに感謝です。誕生日月には普段の3倍のポイントが付与されるので、そこも気に入ってます。
    • デメリット
      以前使っていた他社のクレジットカードに比べて、ライフカードは買い物の支払いで使ったお金の請求が早いことです。今はもう慣れましたが、使い始めの頃は「もう請求?」という感じで戸惑ってしまいました。それなら、他社のクレジットカードで支払うか、現金の方がマシだと思ったものです。ポイント還元率は普通です。ポイントで交換できる商品が増えたのは良いですが、ポイント還元率が少し悪いような気がします。実際、以前から交換してるものしか交換しません。
    • お得な活用術
      気になった欲しいものは誕生日月にまとめて買うようにしています。ポイント付与が、いつもより多く確か3倍付くからです。普段のスーパーの買い物も、誕生日月には積極的にライフカードを使用しています。毎月支払いの公共料金の支払いもまとめてライフカードを使うと良いと思います。最近はスーパーのレジは、無人レジも増えてきたので、買い物金額が少なくても気にせずライフカードを使用しています。ポイントも貯まりおすすめです。
    3.3
    女性/30代/会社員/年収300~500万円/大阪府
    年会費:5/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:5/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      誕生月ポイントが5倍だったのが魅力でけ申し込みました。今は3倍になり、還元率は1.5%ですが、誕生月だけは他のクレカの中でも還元率が高いので好んで保有しています。以前は一年に一度、誕生月に日用品を購入してポイントを得ていました。ポイントも繰り越しと言う操作を行う事が出来、比較的長く貯め続ける事が出来るのも魅力です。1000円の支払いで1ポイントです。イオンカードだと1000円未満は切り捨てられますが、ライフカードだと100円で0.1ポイント貯まるのも魅力です。ポイントが貯めやすいし、使いやすいので選択しました。
    • メリット
      ポイントは貯めやすく、繰り越しをする事が出来るので比較的長くゆっくりポイントを貯める事が出来ます。一年間に使う金額によってポイント何倍と言うランクもあります。沢山使う人は更にポイントを貯めやすいのでお勧めです。毎日使った金額が次に活かされる事は大変メリットです。貯まったポイントは商品の他、商品券やポイント移行に使う事が出来ます。商品だけだと別に欲しくないのにポイント消化の為に使ってしまいがちですが、商品券もあるので日常使い出来ます。
    • デメリット
      年々、改悪されています。今、誕生月はポイント1.5%還元率ですが、通常時は0.5%なのであまりこのクレカで支払いをしない人は還元率が悪くなります。数年前は誕生月ポイント5倍なので、2.5%の還元率でしたが、それが改悪になりました。今後もその可能性はあります。以前はポイント数よりも高額な商品券と交換する事が出来ましたが、今はレートはそのままなので沢山貯める事の醍醐味は少なくなりました。ポイントをそのまま共通ポイントで使いたいなら、普通に楽天カード、ヤフーカードの方が貯めやすく使いやすいと思います。
    • お得な活用術
      クレカで年間200万円以上使うなら、まとめてライフカードにする事をお勧めします。通常はポイント還元率0.5%ですが、年間の使用金額に応じてポイント倍付があります。ヤフーカードや楽天カードの様にポイント還元率1%に並ぶのは年間の使用金額が200万円以上の時です。その場合、誕生月の還元率1.5%の分だけお得です。一年間にどれくらい使うかをきちんとジャッジする事で還元率を上げる事が出来ます。反対に言えば、それ以下の場合には他のクレカの方がポイント還元率を高める事が出来ます。
    3.2
    女性/40代/パート・アルバイト/年収100~300万円/愛知県
    年会費:5/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:2/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電食料品・スーパー・コンビニ飲食店百貨店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      10年以上前に申し込みましたが、その当時はあるサイトでキャンペーンをしていて、申し込むと数千円(正確な金額は忘れてしまいましたが)もらえるということだったので、それが目的で調べてみました。わたしは、あまり保険などの付帯サービスは気にしないので、年会費を払うのがもったいないと思ってしまうタイプなので、年会費無料のタイプもあったし、ポイント還元率も悪くなく、ポイントも商品券に変えられるということだったので申し込んでみようと思いました。
    • メリット
      作った当時は、かなりお買い物をしていたので、ポイントでけっこう商品券に還元することができました。今は、よくお買い物をするスーパーのクレジットカードを使うことが多く、ライフカードは変更がめんどうだった定期的な引き落とし以外には使用していないのですが、やはり年会費が無料だったのでよかったなと思っています。また、ほかのカード会社ではひんぱんにメールを送ってくるところもありますが、ライフカードは金額のお知らせ以外送ってこないところも気に入っています。
    • デメリット
      カードには、保険などの付帯サービスは期待していないので、デメリットは特に感じたことはありません。ライフカードに限ったことはないですが、マスターカードで作っているので、海外旅行へ行ったとき、国によっては使えないことがあったり、その当時はディズニーリゾートではマスターカードが使えなかったので、その時は不便だなと思いました。(ライフカードさん特有のデメリットではありませんが、ほかに思いつかなかったので)
    • お得な活用術
      お得なキャンペーンなども定期的にやっているので、ライフウェブデスクをこまめにチェックするのがいいと思います。とくに紹介キャンペーンはよくやっていて、ひとり紹介すると3000円など金額も大きいので、家族など作ってくれる方がいる人にはお勧めです。会員限定のショッピングモールも、ポイントが20倍などたくさん貯まるようになっているので、ほしいものがあるときは、ここをチェックしてから買うようにするといいと思います。
    3.2
    女性/40代/会社員/年収100~300万円/神奈川県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):1/付帯サービス:2/利便性:2/サービス対応:2
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      店頭で勧められて入会しました。キャンペーン中で、その時にポイントがもらえるということで作成したと思います。信頼できるブランドなのでカードを作っても良いかと思いました。積極的にライフカードを選んだというよりは、入会の特典につられて作っても良いかという気持ちで選びました。カードのデザインも悪くなく、普通に使えて便利だと思うところ、信頼できるところも入会する決め手にはなりました。CMなどをしていて有名なので信頼できるというイメージはあります。
    • メリット
      国内では、だいたい使いたいと思ったお店で使えるところはメリットだと思います。使いやすいということはカードを利用するうえで大切だと思いました。ポイントについては特に還元率が良いとは思わないのですが、現金を使ってもポイントはつかないので、カード利用額に応じてポイントがたまるところはメリットだと思います。特別な買い物だけでなく日用品やネットショッピングなどでこまめに利用していると、いつの間にかポイントがたまっているので良いと思います。
    • デメリット
      海外で利用しようとしたときに、使えないことがありました。最近はあまり海外利用はしないのですが、以前は頻繁にアメリカへ行っていたので、アメリカで使用できないのは少し不便だと思いました。アメリカ以外で利用しようとしたことはないのですが、たぶん海外ではあまり使えないのではないでしょうか。国内利用がメインならよいと思いますが、海外でも使いたい場合には使い勝手が良くないと思うので、そこはデメリットだと思います。
    • お得な活用術
      スーパーやコンビニの買い物など、少額の利用でもこまめにライフカードを利用していると、いつの間にかポイントがたまっているのでお得だと思います。以前は洋服やネットショッピングなどの大きな買い物の時だけカードを利用していましたが、最近はなるべくカードを利用するようにしていて、そうするとポイントが予想外にたまっているので楽しいです。ライフカードが使えないお店は国内ではほとんどないので、できるだけライフカードを使うようにするとポイントがたまり良いです。
    3.0
    女性/20代/会社員/年収100~300万円/沖縄県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):2/付帯サービス:2/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      クレジットカード会社の中でも大手であるという点で選びました。カード申し込み時ちょうど留学を控えており、当時JCBしか持っておらずVISAカードが必要で申し込みをしました。大手ということもあり付帯の海外旅行保険の補償内容が手厚く、口コミでも高評価だったためライフカードを選びました。すでに使っている友人からも申し込みまでの手続きもスムーズだと聞いたので出発までに時間がなかったという点でもメリットを感じました。
    • メリット
      付帯の海外旅行保険のサービスが手厚い点です。ライフカードには海外旅行に行く人にはお勧めの「LIFE DESK」というサービスがあります。実際にフィリピン留学時に携帯の盗難被害にあったのですが、すぐにこのデスクへ連絡をし後日補償金を貰えることができました。またこのような盗難被害や事故があったときにサポートしてくれるだけでなく現地の観光情報を収集してくれるサービスもあります。普段から海外旅行へ行くことが多いのでこうしたサービスは嬉しいですね。
    • デメリット
      会員向けの専用サイトがとても使いづらいこととカスタマーセンターの電話が利用しにくい点です。留学から帰国後ほとんど利用しなくなったので、退会の手続きを行おうとしたのですが専用Webサイトの退会ページがどこにあるのか分からず諦めてしまいました。カスタマーセンターに連絡しようとしたところ、平日しか対応していないこともあり平日は働いているとなかなか連絡ができません。そのためいまだに契約が残っている状態です。
    • お得な活用術
      ライフカードのポイントは色々な会社の商品券に変えられることができるのでポイントの使い勝手に困っている人でもたまったポイントをうまく活用しやすいカードになっています。私の場合は、旅行に行くことが多いこともありJTBの旅行券に使って海外旅行の資金の一部にしました。他にも有効期限のない「AOYAMAギフトカードセット」や図書券などに使うことが出来るので、普段のお買い物などに気軽にポイントを利用することが出来ますね。
    2.8
    男性/20代/会社員/年収100~300万円/東京都
    年会費:2/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):2/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金家電旅行・宿泊・ホテル飲食店/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      成人式用のスーツを近所の洋服の青山で購入したが、その際に洋服の青山の会員入会と同時に勧められました。当時はまだクレジットカードを持っておらず、両親もクレジットカードを持つことを勧めていたので、申し込みました。ライフカードは、洋服の青山のクレジットカードのブランドとして選択できるカード会社のひとつであり、幼い頃にテレビコマーシャルを頻繁に放送しており、そのイメージも強く残っており、ブランド力があると思い選択しました。
    • メリット
      洋服の青山で衣服類を購入する際のポイント還元率が高く、近所に競合他社となるような紳士服店がなかったため、スーツ購入時のポイントを多く入手できてお得な感じがしました。また、継続の際にいただける優待券の割引率も高く、成人式やその後の就職活動、そして冠婚葬祭等で今までよりもスーツがはるかに多く必要となる大学生からすると、青山での買い物の際にはカードのポイントや割引券を利用することで、よりお得に衣服を購入することができました。
    • デメリット
      初年度は無料の年会費でしたが、二年目以降は1,000円以上の会費が必要となる点が一番大きなデメリットだと感じました。また、VISAやJCB、マスターカードなどは現在市中の様々な場面で利用ができるものの、マスターカードは利用できない場面にも多く遭遇したため、ライフカードの加入からおよそ半年後に、両親に勧められて新たに加入した楽天カードと比較すると、以上の二点がデメリットとして大きく響いたと感じました。
    • お得な活用術
      洋服の青山でスーツやネクタイ、靴下などを購入すると、他社発行のカードよりも4倍程多くポイントをいただけるので、洋服の青山でのお買い物の際には欠かさずに利用してました。また、自分の買い物だけでなく、同時に父親の衣料品も購入し、決済をライフカードですることで、父親が別会社カードで得るポイントよりも多くのポイントを確保することができました。また、更新時にいただける優待券も上手く駆使して、大学在学中や新卒一年目に向けた準備をお得に済ませました。
    2.8
    男性/30代/自由業/年収100万円以下/大阪府
    年会費:3/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1?5万円未満
    • 選んだ理由
      自身の父親が利用しているクレジットカードであったため、クレジットカードというとライフカードのイメージが強かく、その影響でライフカードを選択した。自身で初めて作るクレジットカードであったため、とりあえず年会費無料、ポイント還元があるものということであまり深く検討することなく作成した。また、利用しているポイントサイトで、ライフカードがポイント付与の対象となるクレジットカードであったこともライフカードを選択した理由。
    • メリット
      メリットとしては年会費が無料であること、クレジットカードの利用に応じたポイント還元があることがあげられる。そのため、とりあえずクレジットカードを持つという意味では選択肢としてありだと思われる。ただし、普段のポイント還元率は他のクレジットカードと比べてあまり高いとはいえないため、ポイント還元率が高くなる誕生月に利用するのが効率よくポイントを獲得することにつながる。他にはライフカード会員限定のショッピングモールもあるので、そちらを利用してポイントを獲得するという手段もある。
    • デメリット
      デメリットとしては、ライフカードのポイント還元率が他のクレジットカードに比べて低いことがあげられる。個人的にはクレジットカードとして最低限のポイント還元率はあるとは思っているが、やはり、普段使いするクレジットカードとしてはポイント還元率の低さがデメリットになっていると思われる。一応、誕生月にポイント還元率が高くなったり、ライフカード会員限定のショッピングモールが合ったりするので、ポイントを求める場合はそちらを利用することで多少はマシになるはず。
    • お得な活用術
      ライフカードのお得な使い方としては、ポイント還元率が高くなる誕生月にまとめて利用することだと思われる。ライフカードは、誕生月のポイント還元率が3倍なのでそこでいかにポイントを獲得するかだと思う。また、ライフカード会員限定のショッピングモールである「L-Mall」が自身に合っているのであれば、そちらで買い物をすることでポイントをお得に獲得することができるようになるので、この「L-Mall」を利用することもライフカードを活用するための方法のひとつだと思われる。
    2.7
    男性/40代/会社員/年収300~500万円/和歌山県
    年会費:5/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング食料品・スーパー・コンビニ/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      基本的に私はネット通販を毎月頻繁にするのではなく、たまに高額商品を購入するという買い方をしていました。そしてその買い物シーズンが私の誕生日月になる事が多かったんです。私の誕生日は年明けということもあり、色んな商品の値段が下がる時期だったので。そこで誕生日月に買い物するなら、誕生日月のポイント還元率が高いライフカードっていいんじゃないか?と友人から勧められました。確かに誕生日月によく買い物をするならそれ方がいいなって感じて、作ってみました。
    • メリット
      年会費無料という点と誕生日月のポイント還元率の高さがメリットですね。実際この二点を重視してライフカードを選びましたし。年会費無料という点に関しては他にも年会費無料のクレジットカードがあるとはいえ、気軽に持っておけますし便利だな~と感じます。実際年会費無料だしと試しに作ってみたわけですし。誕生日月ボーナスはかなり助かっています。年明けセールの買い物は結構お金を使ってしまうので、その時の1.5倍還元はなかなかに魅力です。
    • デメリット
      年会費無料クレジットカードなら仕方がないと感じる点もありますが、通常時の買い物支払いに使った場合、ポイント還元率は低いんですよね。そこがネックだなって感じています。通常の還元率が0.5%はちょっと低すぎます。私は誕生日月の買い物時に使うようにしてこのデメリットを補っていますけど、誕生日月以外も高還元な月があると嬉しいですね。あとは利用金額で会員ステージの条件が厳しい点でしょうか。上の方へいけば恩恵は高いとはいえ、私のように年50万円以下の利用金額だとレギュラー会員なのでさらに通常時に使いづらいようになっています。
    • お得な活用術
      ライフカードは年会費無料なので、気軽に持っておけるというのが嬉しいですね。実際年会費無料という事で気軽に作ろうという気持ちになれましたし。次に活用術としては、誕生日月の買い物の支払いにはライフカードを利用する点です。ここがライフカードの重要なポイントなので、絶対守るようにしています。これは私の誕生日が年明けという点も大きく影響しているんですけど、年明けセールに爆買いをしたらポイントも沢山つくので助かっています。
    2.2
    男性/30代/会社員/年収300?500万円/青森県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:衣服・靴・化粧品/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      衣服専門店で、このカードに入会すると、常に数パーセント引きで衣服類が買えてポイントが貯まるという宣伝が魅力的で申し込みを行った。また、年会費は1000円ちょっとであり年に一回、提携している衣服専門店の商品券約3000円分と誕生日割引クーポンが発行されるので、年会費よりもお得に買い物ができるというセールスに口説かれ、申し込みへと至った。また、カードデザインも綺麗なブルーカラーで所有欲も満たされたくなったため。
    • メリット
      やはり、提携している衣服専門店でショッピングすればする程、ポイントが貯まり、商品を常に数パーセント引きで購入できる点が良い。さらに魅力的なのが、カード利用で数パーセント引きなのに他のネットクーポンや紙クーポンなどを併用できる点がかなりお得だった。また、上記にも記載したが、年に一回3000円程度の商品券と誕生日割引クーポンが郵送で届いたので、それもカード決済と併用し利用できるところが非常にメリットだと思った。
    • デメリット
      ライフカードは、主にその衣服専門店でショッピングするにあたりお得なカードとなっていたため、他にお得なクレジットカードを持っているので、普段使いにはあまり使用していなかった。なので、その衣服専門店を良く利用する必要がなければ他の通常のクレジットカードと大差がないと感じた。自分自身、仕事が変わったことで、その衣服専門店でショッピングする機会が大幅に減ったことで、年会費のみ払い、あまりカードの恩恵を感じられなくなったのがデメリットだった。
    • お得な活用術
      提携している衣服専門店で良くショッピングする方は是非カードの申し込みをした方がお得だと思う。やはり、クーポン商品券の併用をした上でのカード決済はかなり魅力的だと思った。また、そこでショッピングすることでポイントも非常に貯まりやすく、長い目をみてショッピングするとかなりお得だと思う。ポイントが貯まると、ポイントサービスでの交換等もしやすくなると思うので、提携しているお店で使うに越したことはないと思う。
     
  • ECナビClip!編集部
    ここまでライフカードの口コミについてご紹介しました。詳しい特徴は、次の章から解説します!
  • ライフカードの特徴|選ばれる理由とキャンペーン情報

    ライフカード券面画像

    次にライフカードの基本情報を紹介します。ポイント還元率や年会費だけでなく、付帯サービスなどもしっかり確認してください。

    ライフカードの基本情報

    おすすめポイント
    • 18歳以上(高校生除く)から申し込めて年会費無料
    • 誕生日月は還元率が3%にアップ
    • ポイントの有効期限を最大5年間まで延長可能
    年会費初年度:無料、2年目以降:無料
    ポイント還元率約0.5%(初年度:0.75%/誕生日月:1.5%)
    付帯サービスカード会員保障制度/海外旅行傷害保険/国内旅行傷害保険/シートベルト傷害保険/ショッピングプロテクション(動産総合保険)
    国際ブランドMasterCard/Visa/JCB
    ランク一般
    \新規入会で最大1万円/

    それでは、ライフカードの詳しい特徴を確認していきましょう。必ず入会申請する前に、自分に必要なクレジットカードかどうか慎重に判断するようにしてください。

    ライフカードが選ばれる理由

    ライフカードは、初年度や誕生月にポイント還元率があがり、ポイントが貯めやすいのが特徴です。また、会員専用ショッピングモールサイトがあるので、日常的に使いやすいのもポイントです。

    1. 年会費永年無料

    年会費永年無料紹介画像

    引用元:ライフカード公式サイト

    ライフカードは、初年度だけでなく次年度以降も年会費が無料で利用できます。Visa、MasterCard、JCBからブランドを選べますが、どのブランドのカードでも年会費が無料です。さらに、家族カードやライフカードiD、ライフETCカードに関しても年会費無料で発行できるので、年会費無料のETCカードが欲しい方にもぴったりです。

    また、年会費無料カードでも各種優待サービスを受けられます。じサカイ引越センターが20%オフで利用できたり、乗馬クラブクレインで30%割引を受けられたりと、さまざまな特典が用意されています。

    2. 初年度と誕生月でポイントが貯めやすい

    誕生月のポイントアップシステム

    引用元:ライフカード公式サイト

    ライフカード入会後、最初の1年間はポイントが1.5倍なので、入会初年度はポイントが貯めやすくなっています。さらに、誕生月に利用するとポイントが3倍なので、買い物をコントロールして、誕生月にまとめて買い物をすれば効率よくポイントを貯められます。

    また、利用金額に応じてステージがあがり、ポイントの還元率があがるのも魅力です。年間200万円利用すれば、プレミアム・ステージになってポイントが2倍になります。

    3. L-Mallでさらにポイントが貯まる

    L-Mallでのお買い物の流れ紹介

    引用元:ライフカード公式サイト

    ライフカード会員専用ショッピングモールサイトである「L-Mall」を活用すると、さらにポイントが貯めやすくなります。L-Mallではショップごとにポイント倍率が設定されており、最大で25倍ポイントを獲得できます。

    人気ショップがおよそ500点掲載されており、お買い物に便利なRakutenやYahoo!ショッピングをはじめ、ホテルや旅行予約のじゃらんやRakutenTravel、電気店のNojima onlineやソフマップドットコムなど、さまざまな種類のショップが利用できます。

    ライフカードのキャンペーン情報

    新規入会と利用の特典として、最大10,000円相当分のポイントがプレゼントされます。カード発行で1,000円相当分、カードをショッピングで利用すると最大6,000円相当分のポイントがプレゼントされ、家族や友達を紹介すると、さらに3,000円相当分のポイントがプレゼントされます。

    ※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

    ライフカードをおすすめできる方|他券種と比較

    ライフカードはどんな方におすすめなのか、特徴を同一ブランド内の他券種と比較して紹介します。今回は学生専用ライフカードとエポスカードを例に挙げて比較しました。

     ライフカード券面画像学生専用ライフカード券面画像
    カード名ライフカード学生専用ライフカードエポスカード
    年会費永年無料永年無料永年無料
    ポイント還元率通常0.5%(初年度:0.75%/誕生日月:1.5%)通常0.5%(初年度:0.75%/誕生日月:1.5%)0.5%
    主な提携店舗近畿日本ツーリスト/ニッポンレンタカーなどのレンタカーなど近畿日本ツーリスト/ニッポンレンタカーなどのレンタカーなどマルイやモディ/魚民などの居酒屋など
    付帯サービスL-Mall/家族カード/ETCカードなどL-Mall/海外旅行保険/海外ショッピング利用キャッシュバックなど海外旅行保険/ETCカードなど
    詳細

    通常利用でのポイント還元率では3種とも0.5%と差はありませんが、ライフカードと学生専用ライフカードは初年度と誕生日月の還元率がアップし、ポイントが貯めやすくなります。また、提携店舗の多いエポスカードも魅力がありますが、家族カードが発行できるのはライフカードのみです。さらに、ライフカードは家族カードも年会費無料で発行できます。

    上記の結果から、ライフカードは以下のような方におすすめします。

    クレジットカードを持つのが初めての方

    ライフカードなら年会費無料で発行できるので、クレジットカードを初めて持つ方にもぴったりです。年会費のあるカードだと使わなくてもお金がかかるイメージがあって今まで敬遠していた方も、年会費無料のカードなら気軽に持てます

    また、初年度はポイント倍率が1.5倍になるので、入会直後にお得な還元率でカードが利用できるのもうれしい点です。さらに、誕生月にはポイント倍率が3倍になるので、お買い物を誕生月にまとめるなどの工夫をすれば、上手にポイントを貯められる上に、楽しみを増やすこともできるのではないでしょうか。

    年会費無料の家族カードを探している方

    ライフカードでは家族カードも年会費無料で発行できます。クレジットカードの中には元のカードが年会費無料でも、家族カードには年会費が発生するケースも少なくありません。

    しかし、ライフカードなら元のカードも家族カードも年会費無料で使えます。あまり使用頻度は高くないけど、いざというときに備えて家族カードを作っておきたい、でも年会費はかけたくない、といった要望にもぴったりです。

    買い物はネットショッピングが中心な方

    ライフカードには、「L-Mall」という会員専用ショッピングモールサイトがあります。L-Mallにはネットショッピングの人気サイトであるRakutenやYahoo!ショッピングもあるので、L-Mall経由でいつも通りネットショッピングをするだけで、最大で25倍のポイントを獲得できます。

    ライフカードを使っていつものお買い物をしているだけで今までよりお得になるので、買い物がネットショッピング中心な方はライフカードを持っておくのがおすすめです。

    \新規入会で最大1万円/
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、ライフカードのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • ライフカードのお申し込み方法と審査基準

    ライフカードのお申し込み方法

    ライフカード申し込みの流れ

    引用元:ライフカード公式サイト

    ライフカードは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。なおライフカードは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • 支払い用口座
    • 本人確認書類(カード受け取り時と郵送申し込み時)

    申し込み方法は大きく分けてインターネット申し込みと郵送のふたつです。どちらの場合も顔写真つき本人確認書類を持っているとスムーズに進みます。

    設定対象金融機関の口座を持っている場合は、サイト内にて必要事項の記入をし、審査結果メールを待ちます。メールで指定されたページで支払い口座の設定をするとカードが発行され、最短3営業日でカードを受け取ることが可能。簡易書留郵便または本人限定郵便で自宅に届くので、受け取り時には顔写真つきの本人確認書類を用意しておきましょう。

    口座が設定対象の金融機関でない場合やカード申込者と口座名義人が異なる際は、カードを受け取ってから口座振替依頼書にて支払い口座の登録を行います。カードの発送は、申し込み手続き日から一週間程度。返送が一定期間を過ぎてしまうと辞退とみなされてしまうので注意してください。

    郵送での申し込みは、公式サイト内の資料請求フォームから入会申込書を取り寄せます。記入済みの入会申込書と本人確認書類のコピーを同封し返送すると最短3営業日でカードが発送されます。

    ライフカードの審査基準

    ライフカードの審査基準
    • 国内在住
    • 高校生を除いた満18歳以上
    • 電話連絡が可能

    ライフカードは満18歳以上(高校生を除く)で電話連絡ができる国内在住の方であれば、誰でも申し込みが可能。パートやアルバイト、専業主婦・主夫の方でも無収入でなければ審査対象です。収入が安定せず、これまでクレジットカードの作成を諦めていた方でもカードを作れる可能性があります。

    審査の難易度はそれほど高くなく、詳しい収入を記載する項目もありません。家賃や住宅ローンの支払いの有無を確認される項目はありますが、本人または配偶者が行なっていればよく、審査にそれほど影響はないでしょう。

    未成年の方が申し込む際は親権者に同意を得ましょう。また、満18歳以上満25歳以下の学生であれば「学生専用ライフカード」の方が審査が通りやすい可能性があります。学生時に作成したカードは、社会人になってもそのまま継続して利用が可能です。

    審査結果は最短1営業日後にメールで通知されます。オンライン申し込みであれば公式サイトにて審査状況を確認することも可能です。申し込み時の受付番号が必要になるので控えておきましょう。

    ライフカードに関するよくある質問

    • ライフカードの審査は何日くらいかかりますか? 土・日・祝日・年末年始は審査を行なっていません。申し込み日の正午以前に申し込み内容の記入が終わっていると、最短で1営業日後、正午を過ぎていると2営業日後になります。その他、未成年である場合や審査状況により日数は変動します。
    • ライフカードをAmazonや楽天市場で使いたい場合、ライフカードのサイト上で手続きが必要になりますか? 特に必要はありません。ポイントをより貯めたい場合はL-Mallを経由するとお得になります。ただし、楽天市場はL-Mall内にありますがAmazonは提携していないので、注意してください。L-Mall内の楽天市場を利用するとポイントが2〜6倍アップします。
    • 誕生日月だとポイント交換時も3倍になりますか? 誕生日月は、クレジットカード利用時の還元率が3倍になるのみで、保有しているポイントが3倍になるわけではありません。誕生日月の対象となるのは「カード利用日」で、引き落とし日ではないので注意しましょう。
    • ライフカードに付帯保険はありますか? 一般のライフカードは海外・国内旅行傷害保険などの保険がついていません。紛失・盗難による不正利用金額を補償する「カード会員補償制度」のみです。もし保険を利用したい場合、年会費1,375円(税込)のトッピング機能の追加が必要です。

    ライフカードの口コミ・評判のまとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、ライフカードの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後にライフカードのおさらいをしておきます。

    ライフカードのおすすめポイント
    • 18歳以上(高校生除く)から申し込めて年会費無料
    • 誕生日月は還元率が1.5%にアップ
    • ポイントの有効期限を最大5年間まで延長可能

    もしライフカードを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

    \新規入会で最大1万円/
  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年5月24日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ