三井住友カード ゴールドの口コミ・評判|年会費最大4,400円(税込)まで割引されるお得なカード

三井住友カード ゴールドは、総合金融グループであるSMBCグループが母体の三井住友カード株式会社が発行するクレジットカード。空港ラウンジサービスや海外・国内旅行傷害保険サービス、ドクターコールサービスなどお得な付帯サービスが多数備わっています。そんな多数の特典があるなか、年会費は最大4,400円(税込)まで割引されるお得なステータスカードでもあります。

しかし有名ブランドのゴールドカードのため、いざ申し込むときになると「果たして、自分でも発行できるのだろうか…」と、躊躇してしまう方は少なくないはずです。

そこで今回は、三井住友カード ゴールドを使用している方にインターネットでアンケート調査を行いました。実際に利用しているユーザーの良い点やイマイチな点がわかる口コミを紹介しているので、チェックしておきたい参考情報が見つかるはずです。

カードの特徴を紹介したあとには、一般ランクの三井住友カードや、同じステータスランクの楽天ゴールドカードとの比較情報も掲載しています。三井住友カード ゴールドにしかないお得な特徴も解説しているので、申し込みを考えている方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 三井住友カード ゴールドは普段使いでもポイントが貯まりやすい
  • 三井住友カード ゴールドは国内・海外旅行のどちらにも便利な特典がある
  • 三井住友カード ゴールドなら国内主要空港のラウンジを何度でも無料で使える

\入会・利用で最大5,000円相当/

【PR】今だからおすすめしたい!注目のお得なクレジットカード

まずはECナビClip! 編集部がおすすめする、今が旬なクレジットカードを紹介します。それぞれ期間限定のお得なキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

アメックスカード3選|ステータス性と付帯サービスを重視したい方におすすめ

向いてるユーザーステータス性を重視したい方よくホテルを利用する方よく飛行機を利用する方
カード画像
カード名アメリカン・エキスプレス®・カード
スターウッド プリファード ゲスト®
アメリカン・エキスプレス®・
カード
アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
おすすめポイント

・ステータスカードの登竜門として知られるブランド力
・基本還元率1.0%で普段使いもおすすめ
・メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば最大3%の還元率に(年会費3,000円:税込)

・Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格をもらえる
・世界133ヵ国の特定ホテルに無料宿泊が可能(1泊1室/2名様まで)
・HISが提供するトラベルデスクを無料で利用できる

・対象航空会社と代理店の商品を購入すると、ポイント還元率3倍に
・入会/初回購入/継続利用でボーナスポイントがもらえる
・ポイントは16の航空会社にマイルへ還元可能
詳細

JALカード3選|マイルを賢く利用したい方におすすめ

向いてるユーザーコスパよくマイルを貯めたい方よりお得にマイルを貯めたい方学生でマイルを貯めたい方
カード画像JAL普通カード(visa)の券面画像JAL CLUB-Aカード券面画像JAL CARD navi券面画像
カード名JALカード 普通カードJALカード CLUB-AカードJALカード navi
おすすめポイント

・約54,000店舗あるJALグループの特約店で利用すると最大2倍の還元率に
・マイルをAmazonギフトやWAONに交換可能
・Visaタッチ決済でスピーディーな支払いを実現

・搭乗時のフライトマイルボーナス25%還元
・入会・搭乗時に7,500マイルもらえる
・最高5,000万円の海外/国内旅行傷害保険

・学生向けに作られたJALカード
・在学期間中は年会費無料
・卒業後も継続利用すると2,000マイルもらえる
詳細

※記事内の商品と一部重複している場合がありますが、ご了承ください。

三井住友カード ゴールドの評判|良い口コミと悪い口コミを紹介

では、さっそく三井住友カード ゴールドの口コミを紹介します。アンケートで集まった調査内容から、三井住友カード ゴールドの使用感がよくわかる口コミをピックアップしました。良い評判・悪い評判どちらもしっかり確認しておきましょう。

三井住友カード ゴールドの良い口コミ

普段からクレジットカード払いをしている方から、ポイントが貯まりやすいことをメリットにあげる声が多くありました。通常時の還元率は0.5%と他社のクレジットカードと比べても平均的ですが、提携店舗での還元率は+2%となるため、上手く利用するとお得なポイ活ができるようです。

またポイントの交換に関する声も多く、マイルへの交換が手数料無料でできることにメリットを感じている方も多いようです。そのほか、空港ラウンジサービスを無料で利用できる点が良い口コミとして上がっていました。

  • 30代・女性・専業主婦(夫)・山口県
    【ポイント還元率が高い】 ポイント還元率が高く、普段使いのカードにすることで、ポイントがすぐに貯まるのがメリットです。生活に必要な範囲の買い物で、ほとんど使えるので、カードで支払いを統一することでポイントの特典で商品券がもらえるのでお得だと思っています。
  • 30代・女性・会社員・北海道
    【マイル交換手数料が無料】 カード払いで支払う額に応じてポイントが加算される仕組みだが、溜まったポイントをマイルにも交換することができる点。マイルに交換する場合に交換の手数料を支払うが、ゴールドカードの場合は、この手数料が無料になっている。
  • 50代・女性・自由業・東京都
    【空港ラウンジサービスが無料】 国内だけですが空港のラウンジサービスが無料で使えるのは仕事をしている際には凄く助かりよく利用していました。出張で疲れている時にはゆっくり休む事ができますし搭乗の待ち時間に仕事をする事も出来るので、バリバリ仕事をしていた際には本当に助かりました。
  • \入会・利用で最大5,000円相当/

    三井住友カード ゴールドの悪い口コミ

    ゴールドランクというステータスカードであるゆえに、年会費通常11,000円(税込)の高さにデメリットを感じている声が一定層いるようです。また、旅行関連の特典が充実している一方で、他社のゴールドカードの特典と比較すると、バラエティさに欠けていると感じるユーザーもいるようです。

    ただ年会費については、「WEB明細+マイ・ペイすリボコース」を選択すると最大4,400円(税込)まで割引されます。年会費の金額がネックになっている方は、事前に確認をしておくとよいでしょう。

  • 30代・女性・会社員・北海道
    【年会費が高い】 通常のカードと比較してゴールドカードの会員費は高額なので、利用額が少ないと、ゴールドカードの恩恵を受けられなくなる為、利用額が少ない人にはおすすめしない。
  • 50代・女性・自由業・東京都
    【もっと特典がほしい】 優待サービスや特典についても、他社がゴールド会員向けならではというサービスを用意しているのに対し、この点がかなり劣っていました。
  • 30代・男性・京都府・会社員
    【飛行機利用者以外メリットが少ない】 あまり普段飛行機を利用しない方は、支払いや買い物のみの利用になるので、ゴールドクラスである必要はないのではないかと思います。
  • \入会・利用で最大5,000円相当/

    三井住友カード ゴールドの口コミ・評判まとめ

    さらに、三井住友カード ゴールドの口コミを詳しく紹介します。選んだ理由やお得な活用術までレビューしているので、ぜひ参考にしてください。

    なお、各口コミは総合評価が高い順に掲載しています。

    口コミ調査について
    • 本記事のクレジットカードの口コミは、ECナビClip!編集部独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、事実確認がとれた信頼性の高い口コミのみを掲載しています。
    • 調査期間:2021年2月
    • 調査対象:対象クレジットカードを利用している、過去に利用実績がある方
    • 調査回答数:800 ※クレジットカード関連の口コミ合計数
    総合評価
    3.6

    評価の内訳①(レーダーチャート)

    評価の内訳②(棒グラフ)

    \入会・利用で最大5,000円相当/

    口コミ詳細

    4.5
    女性/30代/会社員/年収100~300万円/京都府
    年会費:3/還元率(ポイント):5/還元率(マイル):5/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:10~15万円未満
    • 選んだ理由
      社会人になって初めて持つクレジットカードは何にしようかと検討していた時、VISAだとどんなお店でも大抵使えるなと思い、最大手の三井住友カードにしました。最初に申し込んだのは、25歳以下限定のアミティエでした。カード使用実績を重ねていって3年後くらいに、若年層向けのゴールド会員の勧誘をカード会社から受けて、切り替え。そしてそのまま使用実績を重ねてまた数年後、現在のゴールドカードへ切り替えました。その都度ごとにカード会社からの勧誘を受けての切り替えでしたが、ポイント還元も切り替えごとに上昇していき、非常に満足しています
    • メリット
      日本国内でVISAカードといえば三井住友カード、というほど定番なだけに、どこのお店でも安心して使えます。最近家族カードも増やしましたが、すべてネットで申し込みができ、カードが郵送されてくるのも早くて助かりました。そして、カード会社ホームページを経由して、Amazonや楽天市場、スーパーマーケットや化粧品専門店などのバラエティー豊かなサイトでショッピングをすれば、ポイント還元がアップします。頻繁に買うサイトはこの方法で購入するようにしていたら、ポイントがざくざく貯まっていくので嬉しいです。
    • デメリット
      銀行系カード会社であるためか、利用限度額の審査が割と頻繁に行われているようで、審査基準も他社カードに比べると厳しい印象です。当初は高額の利用可能限度額だったのが、リボ払い・分割代金の残高が嵩んでくると、たちまち限度額を引き下げられてしまいました。ショッピング枠、キャッシング枠共に、結構シビアに都度審査されているなという感じを受けます。また、一旦限度額が下げられると、元の高額枠にまで戻してもらうためには割と大変です。
    • お得な活用術
      ゴールドになると、やはりポイント還元率が違います。このカードを我が家のメインカードに据えて、家族カードを家族全員作成し、クレジットカードでの支払いの時はすべて同社カードをつかってもらっています。また、公共料金や通信費などの固定費もこにカードで支払うので、メインカードだけに本当にあっという間にポイントが貯まります。キャッシュバックやギフト券などにもよく交換することが出来るため、非常に重宝しています。
    4.3
    女性/30代/会社員/年収300~500万円/北海道
    年会費:4/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):5/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:10~15万円未満
    • 選んだ理由
      もともと同じカードのゴールドではない通常会員だった。利用額が増えたことから、ゴールドカードに変えた方が、ポイント還元率も良いことから、ゴールドカードへ変更の申し込みをした。国内海外の出張、旅行に出かけることも多く、ゴールドカードに付帯されている、旅行時の付帯保険の内容がよく、毎回自分で数1000円保険料を払うことを考えると、付帯サービスがとても魅力的なないようだと感じたから。家族カードもあり、1人一枚カードを持つことができるから。
    • メリット
      カード払いで支払う額に応じてポイントが加算される仕組みだが、溜まったポイントをマイルにも交換することができる点。マイルに交換する場合に交換の手数料を支払うが、ゴールドカードの場合は、この手数料が無料になっている。利用額が多ければ、その分貯まるポイントも多い。また、スマートフォンに取り込むことができるので、、カードを財布から出す煩わしさなく、カードを利用できる。
    • デメリット
      通常のカードと比較してゴールドカードの会員費は高額なので、利用額が少ないと、ゴールドカードの恩恵を受けられなくなる為、利用額が少ない人にはおすすめしない。また、例えばマイルなどの他のサービスやポイントに還元する人にとってはお得であるが、溜まったポイントをそのまま使う人にとってはあまり魅力的な交換商品はないように見える。また、家族カードを使った際、メインカードの持ち主はこの金額をチェックできるが、家族会員は会員になっても、自分の明細しか見ることができない?
    • お得な活用術
      1人で利用する場合は、月額の利用予想金額をたてて1~2万であれば、通常のカードでのお買い物がおすすめです。家族で利用する場合には、家族カードを発行してもらい、家族で合算での利用金額を上げることで、還元率もよく、ポイントも貯まるのでおすすめです。スマートフォンにもカードを入れることで、細かな出費、例えば自動販売機の100円の飲み物まで簡潔に購入することができる。その上ポイントまでゲットすることが出来る。
    4.2
    女性/30代/専業主婦(夫)/年収100~300万円/山口県
    年会費:3/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):3/付帯サービス:5/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:4枚/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品食料品・スーパー・コンビニ飲食店/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      カードのデザインと付帯特典が良いので選びました。三井住友カード ゴールドは、審査があるのでステータス感があり、持つ価値があると思っているので選びました。ゴールドカードだと、国内の空港のラウンジのサービスが利用できるのでとても便利です。年会費も高すぎないので良いです。オンラインショッピングや、スーパーやコンピ二での買い物でも使える場所が非常に多いので、気に入っています。また、切符を買う際にJRの窓口でも使えるので良いです。
    • メリット
      ポイント還元率が高く、普段使いのカードにすることで、ポイントがすぐに貯まるのがメリットです。生活に必要な範囲の買い物で、ほとんど使えるので、カードで支払いを統一することでポイントの特典で商品券がもらえるのでお得だと思っています。毎年送られてくる雑誌も、綺麗に包装されていて内容も面白いので、無料で貰えるのがお得だと感じています。また、毎年貰える特製カレンダーのデザインや写真の風景が好みなので、とても満足しています。
    • デメリット
      普段カードを持ち歩きたくない方や使わない方には、ポイント還元が少ないのであまりおすすめできません。カードを使わないとお得感が感じられにくいと思います。また、普段買い物をあまりしない方や、まとまった出費の際にカードを使わない方にも、ポイント還元が少ないのであまりおすすめできません。他には特にデメリットと感じることはないです。ただ、カードを使う前提で作らないと、年会費だけ払うことになるのであまりおすすめできません。
    • お得な活用術
      カードを使える場所が多いので、普段の買い物やネットでの支払いをなるべく三井住友カード ゴールド1つで行うようにすることで、ポイントを沢山貯めることができます。ポイントの特典で、商品券が貰えるので、デパートでの買い物や食品を買う際に利用できるのでとても良いです。ポイントで貰う商品も、使い勝手の良い物が沢山あるので、非常にお得です。空港でラウンジを利用したい方は1枚あると、空港での待ち時間を快適に過ごすことが出来るので良いです。
    4.0
    男性/30代/会社員/年収100~300万円/京都府
    年会費:4/還元率(ポイント):4/還元率(マイル):4/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      飛行機をよく利用するので、アップグレードしたほうが自分の生活スタイルにあっていると思いゴールドクラスにしました。実際によくたまります。また、インターネットでの申込みも簡単で、クレジットカードのクラス比較もできたのが大変よかったです。そして、変更もネット上でできたり、わからないこと、不明点もインターネットまたは電話、メールで解決できる手軽さがいいと思いました。友人も何人かもっていますが、みんなおすすめしています。
    • メリット
      とにかくポイント、マイルを貯める楽しみがあります。JALと一緒にしているので旅行で飛行機に乗るだけで楽しくたくさんのマイルがたまります。また、カードを持っているので飛行機の搭乗手続きも簡潔にでき、優先的に案内される場合もあるのでいいポイントです。各飛行機会社の料金を調べてあまり値段が変わらなければ、余裕があるときは時間をずらしてでもJAL系の航空会社を選び利用しています。マイルを使っての飛行機利用もお得感を感じでとてもいいです。
    • デメリット
      あまり普段飛行機を利用しない方は、支払いや買い物のみの利用になるので、ゴールドクラスである必要はないのではないかと思います。いくつもクラスが別れているので、自分の生活スタイルにあったカードを選ぶと同じ三井住友カードでも有益に使えると思いました。年会費もゴールドクラスなのでそれにりになります。そのため、還元率を考えると飛行機をあまり利用しない人はよく熟考してから選び、申込みをしたほうがよいと思いました。
    • お得な活用術
      上記にも示した通り、飛行機を利用してマイルを貯めるほかにも使えるのは魅力です。様々な場面での支払いもつかえ、オンラインでの支払いや普段の買い物にも使えるので、まとめてポイントが貯まります。それも、マイルに変えることができるのでどんどんマイルが貯まります。また、この情勢で飛行機を使わない時期でも逆にマイルをポイントに変えて利用できるのでお得にお買い物ができます。どちらにも使えるのはとても使いやすいです。
    3.8
    女性/50代/自由業/年収700~1,000万円/東京都
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:その他/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:旅行・宿泊・ホテル/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      世界でなるべく通用するカードを所有したいと思っていて、ちょうど候補としてVISAを考えていた時に自分のメインバンクが三井住友銀行で、このカード所有の勧めがあり話を聞く事にしました。当初はまだ20代で普通のカードでしたが、30代後半で再び銀行の方からゴールドへの切り替えの話があり、所有する事になりました。クレジットカード会社と違い銀行に出向いた際に、思った以上に時間をかけて説明して下さったのも決め手の一つです。何かトラブルが起きた時に、直ぐに対応し難い際にもカード会社だけでなく銀行からもカード会社への対応をしてくれるという話もありました。
    • メリット
      国内だけですが空港のラウンジサービスが無料で使えるのは仕事をしている際には凄く助かりよく利用していました。出張で疲れている時にはゆっくり休む事ができますし搭乗の待ち時間に仕事をする事も出来るので、バリバリ仕事をしていた際には本当に助かりました。病院に行く時間も無く行くほどでも無いけど、具合が悪く体調が優れない時にコンビニの様に24時間医師に相談出来るサービスがあるのが良かったです。何度か利用し健康への不安を取り除く事が出来ました。
    • デメリット
      所有した当初は、クレジットカードの種類もそれ程多く無かったので特にデメリットは無かったのですが、その後他社の進出により、他社に比べ低い還元率が気になりました。また、優待サービスや特典についても、他社がゴールド会員向けならではというサービスを用意しているのに対し、この点がかなり劣っていました。三井住友というプロパーカードだから仕方がないのかもしれませんが、やはり特典の内容が良いのは嬉しいので、そこが残念に感じていました。
    • お得な活用術
      旅行好きな人や仕事で出張特に国内の出張で飛行機移動が多い人には国内旅行の損害保険も付いていますし、空港ランジサービスだけでなく旅先の宿泊施設の割引があるので良いと思います。自分もかなり利用していて凄くお得に感じました。またホテルや宿泊施設だけでなくレストランなどの飲食店に関するサービスは絶対にお得で、家族とのお祝い事や年中行事のクリスマスやお正月の食事会などにも最適です。それと特定の店舗で買い物すると還元率が高くなるので事前にそれを調べてその店舗で買い物をするようにすればポイントを集めやすいです。
    3.7
    男性/50代/会社員/年収500~700万円/栃木県
    年会費:3/還元率(ポイント):1/還元率(マイル):3/付帯サービス:5/利便性:5/サービス対応:5
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング家電飲食店/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      正直ポイント還元率については、良いとはいえません。また、年会費も初年度無料であっても、次年度より会費が10,000円程度発生します。しかしながら、ここで一番大切なのは、もつことによる「ステータス性」の高さだと思います。三井住友カード自体、全世界で使用できます。また、ゴールドにより。使用の保証、借入額などの幅などは広がります。私は特に、キャッシングなどにも使用することがおおいため、限度額の高さも含め重宝しています。
    • メリット
      上述しましたが、メリットのひとつには、持つこと自体に「ステータス」を感じます。勿論、ブラックカードほどではありませんが。私は、会社に出張で空港を利用しますが、専用ラウンジの使用など、優遇をうけることが多く、その時は優越感にひたれます。また、世界各国で万国でしようできるのもメリットの一つだと思います。日本はもちろんのこと、各国で、知名度がたかいので、悩むことなく使用ができます。1枚のカードで、これだけ幅があるのは「安心」がもてます。
    • デメリット
      デメリットは年会費くらいなもんでしょう。しかし、そのデメリットの穴を埋めるくらいの「メリット」の価値の高さがあることの方が重要です。10,000円程度の年会費は特段気にもしません。それだけ、多くの使用で優遇されることが多いのですから。また、ポイントなど付与率も、デメリットにおもうかたがいるかもしれませんが、その様な部分でのデメリットを考える人は、ゴールド、プラチナ、ブラックを持つことはすすめません。
    • お得な活用術
      得な使い方としたら、年会費をきにされるなら、一定額の買い物を年内にするおとにより、次年度の年会費が削減できます。また、このクラスのカードを持つ方は、皆同じで、ショッピング以外に、食事(レストラン)や、旅行(飛行機、電車)などを頻繁にりようされる方にはポイント付与もあり、便利かと思います。ただし、このカードを持つことの意義を考えて欲しいと思います。ちまちま買い物でポイントを集めたい方なら、それなりの専用カードがよいですし、ステータス性を生かしたいならこのカードをすすめます。
    3.7
    女性/40代/会社員/年収300~500万円/東京都
    年会費:5/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:店頭お申し込み/クレジットカード所有枚数:3枚/利用シーン:オンラインショッピング家電飲食店/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      学生時代に初めて作ったクレジットカードが三井住友カードで社会人になってからも使い続けていました。1枚くらいゴールドカードを持ちたいなと漠然と考えていたのですがゴールドカードの年会費を払う価値があるのか悩んでいたところ、国内や海外の出張が多くなりゴールドカードに付帯されている空港ラウンジ利用と海外旅行保険に魅力を感じました。ずっと使い続けている三井住友カードであればゴールドカードの審査にも通りやすいことと、web明細やマイペイすリボを利用すると年会費が半額近くになることがわかったので選びました。
    • メリット
      空港でラウンジが利用できるのはとても便利で、特に羽田空港国際線では出国後にあるラウンジを利用できるので搭乗時刻ギリギリまでいられてよかったです。またスーツケースが破損し航空会社免責の場合でも携行品損害補償が付帯しているので、自己負担金は若干かかりますが何度も修理してもらいました。年間のお買い物金額に応じてボーナスポイントが貰え、ポイント交換先も豊富で自分がよく使うedyや楽天ポイントに交換し利用していました。
    • デメリット
      最近は100円利用で1ポイントが貯まったり、毎月色々なキャンペーンやポイント還元祭などを行っているクレジットカードが続々と登場している中で、基本200円で1ポイントそしてこれまでの年間買い物金額に応じてステージが決まりボーナスポイントが獲得できるという制度も終了してしまうそうなのでメリットがどんどん減ってしまいました。またマイペイすリボによる年会費優遇制度もマイペイすリボ登録だけでよかったものが年1回以上リボ払いの手数料を支払った場合にのみ適用と改悪されるようです。
    • お得な活用術
      web明細とマイペイすリボを利用すると通常のゴールドカード年会費の半額近くになるのでとてもお得感があります。海外旅行の際は、このゴールドカードによる旅行代金支払いの有無に関わらず海外旅行保険補償の対象となるので必ず持って行くことをおすすめします。帰国時に海外でのクレジットカード利用明細を対象空港の宅配カウンターで見せると500円でスーツケース宅配サービスがついてくるのも嬉しいサービスです。たまにキャンペーンで100円で利用できることもあります。
    3.5
    男性/60代以上/会社役員/年収2,000万円以上/東京都
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:郵送お申し込み/クレジットカード所有枚数:5枚以上/利用シーン:オンラインショッピング衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:5~10万円未満
    • 選んだ理由
      三井住友銀行に給与口座を作ったことから、必然的な流れでクレジットカードは三井住友カードを持つことになった。だいぶ長い間、銀行のキャッシュカードとクレジットカードの2枚持ちであったが、ある時点で、キャッシュカードとクレジットカードが一体となったので、是非にと勧められ今の一体カードを持つようになった。その後、海外出張や海外旅行に行く機会が増えたので、海外滞在時の保険内容が手厚いゴールドカードが良いと勧められて今のゴールドカードを所有することになった。
    • メリット
      年会費が1万円ほどかかるが、金色に輝くゴールドカードは、ステイタス性が高く、持ってよかったと思う。若い頃は、買い物の時にゴールドカードを差し出すのが、何とも言えずうれしかった思い出がある。実際のメリットとしては、一番は、海外滞在時の保険内容の手厚さだと思う。海外での医療費の高さは驚異的だが、このカードを持っていれば医療にお世話になったら300万円の保障がある。万が一、死亡した時には、5000万円の保険金が用意されている。
    • デメリット
      デメリットは何もない。しいて言えば、普通のカードが年会費無料のご時世で、年会費1万円が必要となることだろうかと思う。ただ、メリットとのバランスを考えると海外医療保険の充実に加えて、空港でのラウンジが無料で使えたり、ゴールドデスクがあって電話での相談ができたり、いろいろと心強い。一点だけ、家族会員の年会費が、妻は無料だが、子供たちに持たせた時に追加料金が一人1000円であった。子供が増えるとその数だけ掛け算になる。子供はたいした買い物もせず、そもそも支払いは私なので、追加料金が必要なのかどうか疑問であった。
    • お得な活用術
      私の場合は、三井住友VISAカードなのだが、毎月とても充実した会員誌が届く。中年以降に、妻が宝塚のファンになったのだが、この会員誌に宝塚の情報が多く掲載されている。ジェンヌの特集などもたまにあり、妻はいつも楽しみに見ている。それから、宝塚の公演を三井住友カードで借り切って行うカード会員だけの公演もあり、抽選だがたまに当たるのでこれもとても楽しみに利用させていただいている。宝塚以外のミュージカルなどの演目も数多く紹介されていて、豊かな暮らしの後押しをしてもらっている。
    3.0
    無回答/20代/学生/年収100万円以下/福岡県
    年会費:3/還元率(ポイント):3/還元率(マイル):3/付帯サービス:3/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:2枚/利用シーン:オンラインショッピング/月間利用金額:1万円未満
    • 選んだ理由
      友人が紹介してくれて作ることにしました。それまでカードを持っておらず、どのカード会社にはどういうメリット、デメリットがあるのかを全く考えずにつくりました。なので、今現在メインのカードではないのですが、三井住友さんは大きな会社なのでカードを作る際の両親の合意もすぐにあることができたので、会社への信頼は大切だと感じさせられました。初めに何度か使用しましたが、おかしな手数料を要求されたりすることもなく作って良かったなと思います。
    • メリット
      あまり何度も使用したことがないので、これを使ったメリットはこれです、とむねを張って言えるようなことは今ひとつ知りません。ですが、手数料がかかりにくかったりする点はさすが大手さんだなと感じます。また私自身持っている銀行の口座が三井住友さんではないので、メリットをあまり感じないだけで、三井住友さんの銀行口座を作っておられる方からしてみたら、大変お得なカードではないかなと思います。これを機に口座の開設も検討したいです。
    • デメリット
      三井住友銀行さんの銀行口座を持っていないとメリットはたくさん感じられないのではないかなと思います。そういう点も含めてもっと他社銀行の口座を使っていらっしゃるかたにもそういうメリットを得られやすいようにしていただけたらいいのではないかなと思いました。ですが、大手の銀行会社さんなので信頼も厚くここでならカードを使ってもいいのかなというふうにも感じられたので、カードをつくっています。もっと幅広くカードをお得に使える情報が伝わったらいいなと感じます。
    • お得な活用術
      あまり何度も三井住友カードを利用していないので、お得な情報をうまくお伝えできないのですが、手数料がかかりにくいところは大変いいなと感じます。他社さんでは初年度のみ手数料が不要で翌年からは毎年手数料を取られるというのを伺ったことがあります。そういうところはないのがいいところだと思います。また三井住友銀行さんの口座を開設されていらっしゃるかたはもっといろいろなお得な特典があったりするのではないかなと思うので、これを機に口座を作ることを検討したいです
    3.0
    男性/30代/会社員/年収300~500万円/大阪府
    年会費:2/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):2/付帯サービス:4/利便性:4/サービス対応:4
    お申し込み方法:インターネットお申し込み/クレジットカード所有枚数:1枚/利用シーン:オンラインショッピング公共料金・携帯電話料金衣服・靴・化粧品家電旅行・宿泊・ホテル食料品・スーパー・コンビニ飲食店ガソリンスタンド百貨店/月間利用金額:10~15万円未満
    • 選んだ理由
      自分のメインバンクの三井住友銀行のクレジットカードというのが、きっかけでした。初めは社会人になって取得したので、ゴールドカードではなかったですが、自然切り替えでゴールドカードになりました。年会費がかかるので、他のカードも検討しましたが、やはり三井住友銀行のクレジットカードというネームバリューがあり、ステータスになると思い使用し続けています。また、年会費も明細書を郵送せずにネットで閲覧できるようにすると年会費が下がるので、気にならなくなりました。
    • メリット
      メリットとしては、どこでも使うことができる便利さです。カードが使えるところは断られたことはないです。また、使うとポイントが貯まり、他のポイントに交換できるのは利点です。また、色が目立つので、サイフに入れていてもすぐに見つかるので、ついついカードで支払いたくなります。カードの利用上限や利用履歴もすぐに変更、確認ができてとても便利です。また、たまにカスタマーセンターからお得な情報も電話でおすすめしてくれるので、助かっています。
    • デメリット
      デメリットは年会費が多少なるので、色々なカードを分散して使用されている方はポイントが貯まりにくく高く感じるかもしれません。私はこのカード1枚でまとめているので、ポイントも貯まりやすく、年会費はあまり気になりません。還元率は他社のカードの方が高いものもあるので、ポイントを貯めたい方はそちらの方がいいと思います。また、空港のラウンジを使用できますが、あまり空港を利用しない方は必要ないと感じるかもしれません。
    • お得な活用術
      使えば使うほど、ポイントが貯まっていくので、ポイントを貯めてポイントサイト経由でTポイントに変えてウェル活が出来て便利です。また、三井住友銀行のアプリを入れておけば、クレジットカードを連携して、すぐに明細を確認することができます。家族カードを作っているので、妻が何を買ったのかも一目瞭然です。また、会員限定で冊子が郵送で届いた時に会員制のお店の1日入場券がついていたので、会費を払わずに店内に入ることができたので良かったです。
    2.3
    男性/60代以上/その他/年収300~500万円/東京都
    年会費:2/還元率(ポイント):2/還元率(マイル):2/付帯サービス:2/利便性:3/サービス対応:3
    お申し込み方法:その他/クレジットカード所有枚数:1枚/利用シーン:オンラインショッピング/月間利用金額:1~5万円未満
    • 選んだ理由
      住友関連の会社に勤めていたので仕方なしにでした。最初は一般カードでしたが主任とか何とか役職が付き「長」の役が付いた時にはこれも仕方なしというか必然というか周囲もそうだったので何の違和感もなくゴールドを作りました。何かステータスのような感じもありましたね、特にメリットを感じたわけでもないのですが何か「仲間意識の一つだった」ような気もします。当然VISAでした。
    • メリット
      作ったときの理由とも重なるのですが会社の中での仲間意識も向上した気もしますし、お店で使う時に「三井住友のゴールド」ということで見栄か何か優越感もあったような気がします。メリットといえば、そういう精神的なものが大きかったようです。付帯サービスなどで特に三井住友カードだからこれが優れていると感じたことはありません。むしろJCBの方が付帯サービスは、キャンペーンとかレジャー施設の優待申し込みとかが多かったように感じます。ホテルの予約やゴルフ場の予約もJCBを通じての方が多かったです。
    • デメリット
      自分としては年会費に見合うものがあったのかどうか疑問があります。また「優越感」の反面、お店によっては、ゴールドなんか見せびらかして、みたいな顔をされたこともあります。特に若い女性と一緒にお店を使ってレジに立った方が、若い男性の時に嫌な顔をされた記憶が数回あります。不思議なもので、カードは持つと使いたくなるという誘惑があるようで、必要以上に使ってしまったのはデメリットかもしれません。時々、必要のないキャンペーンにつられて使うのもデメリットかもしれません。
    • お得な活用術
      ホテルとかレジャー施設や百貨店などの優待、劇場の優先招待などが私の場合の活用術でした。映画の試写会はよく利用しましたし、美術館や博物館などの優待も使いました。ポイントはほとんど意識しませんでしたが、一年で結構貯まるのでそのポイントは誰かへのプレゼントなどの時に利用していました。滅多にないことではありますが、どうしてもローンが必要で急ぐ時には、限度額などは一般カードよりも多いので二度ほど利用したことがあります。
  • ECナビClip!編集部
    ここまで三井住友カード ゴールドの口コミについてご紹介しました。詳しい特徴は、次の章から解説します!
  • 三井住友カード ゴールドの特徴|選ばれる理由とキャンペーン情報

    三井住友カード ゴールド

    引用元:三井住友カード ゴールド公式サイト

    次に、三井住友カード ゴールドの基本情報を紹介します。多くのユーザーから支持されている三井住友カード ゴールドが選ばれる理由とキャンペーン情報についても解説しているので、しっかりチェックしておきましょう。

    三井住友カード ゴールドの基本情報

    おすすめポイント
    • 対象店舗で利用すると通常の5倍のポイントが貯まる
    • 海外旅行傷害保険の最高額が5,000万円と高額
    • 医師による24時間・365日の電話相談サポートが無料
    年会費初年度無料(インターネット入会の場合)/年会費11,000円
    ポイント還元率0.5%
    付帯サービス宿泊予約サービス/空港ラウンジサービス/ハーツGoldプラス・リワーズ/VJシュプリーム・セレクション/ゴールドデスク/海外・国内旅行傷害保険/空港宅配サービス/手荷物預かりサービス/レンタルモバイルサービス/スーツケースレンタルサービス/海外お土産品宅配サービス/ショッピング補償/ドクターコール24/ボーナスポイント/スマホ支払い/iD(専用カード、一体型、携帯型)/ApplePay/GooglePay/PiTaPa/WAON/紛失・盗難サポートサービス/ETCカード/家族カード(年会費1人目無料、2人目1,100円(税込))/バーチャルカード
    国際ブランドVisa/Mastercard
    ランクゴールド

    三井住友カード ゴールドが選ばれる理由は下記の通りです。

    三井住友カード ゴールドが選ばれる理由

    三井住友カード ゴールドは、普段のちょっとした買い物でポイントが貯めやすいのが特徴です。また、旅行に関するサービスも豊富に用意されています。

    1.普段の買い物でポイントが貯めやすい

    普段の買い物でポイントが貯めやすいシステム

    引用元:三井住友カード ゴールド公式サイト

    三井住友カード ゴールドはセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社やマクドナルドと提携しており、提携店舗でカードを使って買い物をすると、通常ポイントに加えて200円につき2%のポイントが還元されます。

    さらに、ココイコ!を利用して街のショップでお買い物をすれば、普段より多くポイントやキャッシュバックを獲得できます。事前にエントリーが必要ですが、100以上のショップから選べるので普段の買い物がお得になります。

    2.トラベルサービスが充実している

    情報誌VISAを無料で届けるサービス

    引用元:三井住友カード ゴールド公式サイト

    三井住友カード ゴールドなら、国内旅行も海外旅行も便利に利用できます。国内、海外のホテルや旅館を予約できるサービスが利用できたり、VJトラベルデスクで最大5%引きのパッケージツアーを申し込みできたりと、便利なサービスが充実しています。

    また、海外旅行保険や国内旅行保険が付帯し、内容も充実しているので、三井住友カード ゴールドを持っているだけでいざというときに備えられます。さらに空港ラウンジサービスも付いているので、飛行機での旅行も快適な待ち時間を過ごせます。

    3.電話サービスが充実している

    ドクターコールができる電話サービス

    引用元:三井住友カード ゴールド公式サイト

    三井住友カード ゴールドの付帯サービスとして、ドクターコールを利用できます。国内で怪我や急病などがおきた場合には、医師や看護師などの医療スタッフが年中無休の24時間体制で電話で対応をしてくれます。

    さらに、VJデスクが世界主要都市に設置されているので、電話で相談すれば観光情報を教えてくれるだけでなく、ホテルやレストランなどの紹介やチケットの手配までしてくれます。必要な場合には、ガイドや通訳もお願いできますし、アシスタントサービスも利用できます。

    \入会・利用で最大5,000円相当/

    三井住友カード ゴールドのキャンペーン情報

    三井住友カード ゴールドでは、時期によってさまざまな入会キャンペーンなどを行なっています。今では、新規入会とカードの利用で、最大5,000円相当のVポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

    入会後に指定のサービスを利用登録するなど、条件や特典も時期によって異なるので、申し込む際はキャンペーンを適時チェックしてみましょう。

    ※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

    三井住友カード ゴールドをおすすめできる方|他券種と比較

    三井住友カード ゴールドはどんな方におすすめなのか、特徴を他券種と比較して紹介します。今回は三井住友カード ゴールドと同社の三井住友カード(NL)と、楽天ゴールドカードを例に挙げて比較しました。

     三井住友カード(NL)券面画像
    カード名三井住友カード ゴールド三井住友カード(NL)楽天ゴールドカード
    年会費11,000円(税込)※条件付きで4,400円(税込)まで割引可能永年無料2,200円(税込)
    ポイント還元率0.5%0.5%1%
    主な提携店舗ヤマダデンキ/タカシマヤ/紀伊國屋書店などセブンイレブンなどコンビニ3社/マクドナルドマクドナルドなどの飲食店各種/東急ハンズなどの百貨店・販売店各種/ファミリーマートなど
    付帯サービス海外旅行保険/国内旅行保険/ショッピング保険/VJデスク/家族カード(年会費1,100円(税込)(初年度無料))/ETCカード(年会費550円(税込)(初年度無料))/空港ラウンジサービスなど海外旅行保険など天市場での買い物でポイント+2倍/海外旅行保険/トラベルデスクサービス/家族カード(年会費550円(税込))/ETCカード/空港ラウンジサービス(2回)など
    詳細

    通常のポイント還元率は楽天ゴールドカードが一番高いですが、三井住友カード ゴールドや三井住友カード(NL)も実用的なコンビニ3社と提携しており、日常的な買い物でポイント還元率がアップします。また、国内旅行保険やショッピング保険など、付帯サービスでは三井住友カード ゴールドが充実しており、空港ラウンジサービス利用に回数制限がないなど、うれしい特典があります。

    上記の結果から、三井住友カード ゴールドは以下のような方におすすめします。

    出張などで飛行機をよく使う方

    三井住友カード ゴールドは、利用回数制限なく空港ラウンジサービスが利用できます。楽天ゴールドカードでも利用できますが、楽天ゴールドカードには2回までの回数制限があるので、出張などで飛行機に乗る機会の多い方は三井住友カード ゴールドの方がおすすめです。

    また、年に何度か飛行機で旅行や帰省をする方も同様です。空港ラウンジサービスを利用できれば、通常の待合場所を使うのに比べ、待ち時間をリラックスして快適に過ごせるので、旅の特別感がアップしてさらに楽しめるでしょう。

    海外旅行も国内旅行も好きな方

    三井住友カード ゴールドには海外旅行保険だけでなく、充実した国内旅行保険も付いています。楽天ゴールドカードにも海外旅行保険はついていますが、国内も旅行するなら付帯保険のある三井住友カード ゴールドがおすすめです。

    また、国内でも海外でもホテルや旅館を予約できるサービスが利用できますし、VJトラベルデスクで最大5%引きのパッケージツアーを申し込みできたりと、旅行をするなら活用したい便利なサービスが充実しています。海外旅行も国内旅行も好きな方は三井住友カード ゴールドが便利です。

    毎日コンビニを使う方

    毎日コンビニを利用する方も、三井住友カード ゴールドがおすすめです。三井住友カード ゴールドはセブンイレブンなどのコンビニ3社と提携しており、支払いで三井住友カード ゴールドを使うとポイント還元率がアップします。

    駅までの行き帰りや会社までの途中で必ずコンビニに立ち寄る方も、ランチ選びはコンビニで済ませることが多い方も、今までと同じようにコンビニを利用しているだけでポイントが貯まるので、三井住友カード ゴールドを持っているとお得になります。

    \入会・利用で最大5,000円相当/
  • ECナビClip!編集部
    ここからは、三井住友カード ゴールドのお申し込み時の注意点について解説します。最後までしっかり目を通してくださいね!
  • 三井住友カード ゴールドのお申し込み方法と審査基準

    三井住友カード ゴールドのお申し込み方法

    三井住友カードゴールドの申し込みの流れ

    引用元:三井住友カード ゴールド公式サイト

    三井住友カード ゴールドは、インターネットお申し込みが可能です。入会申請時は、お持ちのスマホやパソコンから公式サイトにアクセスしてみましょう。なお三井住友カード ゴールドは、事前準備として以下のものが必要です。

    お申し込み時に必要なもの
    • 本人確認書類
    • 金融機関の通帳やキャッシュカード
    • メールアドレス
    • 電話番号

    インターネットで三井住友カード ゴールドを申し込む際は、申し込みページ内に本人確認書類と金融機関の通帳やキャッシュカードを用意するよう記載があります。

    本人確認書類とは、運転免許証か運転経歴証明書、もしくはパスポートや健康保険証、住民票か印鑑証明書の写し、マイナンバーカードなどのコピーが必要です。有効期限内であるかチェックしておきましょう。また、これらの本人確認書類は、申し込みの際に2種類必要です。しかし1種類しか持ってない方は、本人確認確認書類と現住所や氏名が確認できる領収書などが必要になります。

    さらに支払いに指定する金融機関の口座番号(ゆうちょ銀行の場合は通常番号)を確認するため、金融機関の通帳やキャッシュカードが必要です。申し込み後の様々な通知の際に使用するメールアドレスも用意する必要があります。さらに連絡先として電話番号も必要です。固定電話を持っている方は必ず入力するよう求められるので、間違いのないように入力しましょう。

    三井住友カード ゴールドの審査基準

    三井住友カード ゴールドの審査基準
    • 満30歳以上
    • 本人に安定収入がある

    三井住友カード ゴールドの審査基準は、満30歳以上で本人に安定した継続収入がある方が対象となります。一般ランクの三井住友カードとは違い、申し込みできる年齢が引き上げられ、本人に安定した継続収入があることが申し込み条件に明記されています。

    具体的な収入の基準は公表されていませんが、正社員や公務員など、安定して継続的に収入を得られる職業に就いていることがポイントになります。また、勤続年数が1年未満の場合は審査で不利になるケースがあるので注意が必要です。転職したばかりや勤続年数が短い場合には安定していないと判断され、審査に落ちる可能性があります。

    そのほか、他社で延滞などがあった場合にも審査で不利になる可能性がありますし、クレジットカードを使用したことがない場合にも返済実績がないために審査で不利になるケースがあります。過去の実績が不利と考えられる場合、一般ランクの三井住友カードで利用実績を作っておくとよいでしょう。

    三井住友カード ゴールドに関するよくある質問

    • 三井住友カード ゴールドのポイント還元率は上げられる? 三井住友カード ゴールドには、ポイントが付与されるサービスがたくさんあります。対象店舗での利用やボーナスポイントを利用すれば上手にポイントを貯められます。
    • 三井住友カード ゴールド独自のサービスはある? 三井住友カード ゴールドには、ドクターコール24というサービスがあります。24時間いつでも無料で医療の専門家に相談できるので安心です。

    三井住友カード ゴールドの口コミ・評判のまとめ

    いかがだったでしょうか。

    この記事では、三井住友カード ゴールドの口コミ・評判を紹介しました。とくに、はじめてクレジットカードを作る方は、自分にぴったりなものが見つかるよう慎重に選ぶようにしてくださいね。 では、最後に三井住友カード ゴールドのおさらいをしておきます。

    三井住友カード ゴールドのおすすめポイント
    • 対象店舗で利用すると通常の5倍のポイントが貯まる
    • 海外旅行傷害保険の最高額が5,000万円と高額
    • 医師による24時間・365日の電話相談サポートが無料

    もし三井住友カード ゴールドを魅力に感じたなら、ぜひこの機会にお申し込みを検討してみてください。

    \入会・利用で最大5,000円相当/
  • ECナビClip!編集部
    あなたにぴったりなクレジットカードが見つかりますように!
  • ※この記事は2021年5月24日に調査・ライティングをした記事です。
    ※本記事の価格はすべて税込価格で表記しております。

    TOPへ