個人情報の漏えいを防ぐための重要なお願い。あなたのパスワードは安全ですか?

他人のメールアドレスやパスワード等を不正に入手してアクセスする「なりすまし」行為が増えています。

パスワードを使いまわしていませんか?

「なりすまし」行為の主な原因として、複数のウェブサービスで同じパスワードを利用している場合、どこかのサービスでパスワードが漏れてしまったときに、その情報を利用されて他のサービスにログインされてしまうということがあります。

なりすましてパスワードを不正利用されてしまうと、

  • 貯めたポイントを交換されてしまう
  • 登録している個人情報を見られる、盗まれてしまう

これらの被害を防ぐために、安全性の高いパスワードの設定をお願いします。

ECナビでは個人情報の管理に対して万全を期しておりますが、より安全にお使いいただくためには、会員のみなさまご自身による対策が必要です。

「ECナビ」のパスワードを管理するために、4つの注意点をご確認ください。

1

パスワードの使いまわしはやめてください。

複数のサービスで同じ組み合わせのメールアドレスとパスワードを設定している場合、被害に遭う可能性が高くなります。
必ず各サービスごとに異なるパスワードを設定してください。

2

他人に推測されやすいメールアドレス・パスワードは使用しないでください。

「生年月日」「電話番号」「自動車のナンバー」などが含まれている場合、メールアドレスやパスワードが第三者に推測されやすくなり、危険です。

3

インターネット上で公開している情報をメールアドレス・パスワードに使用しないでください。

ブログ等のインターネットサービスで公開している情報(子どもやペットの名前、アカウント名等)は多くの方に閲覧されているため、メールアドレス・パスワードに使用すると盗用されやすくなります。

4

パスワードをメモ帳などに保存しないでください。

第三者が容易に閲覧できる「メモ帳」や「Excel」等のファイルに、メールアドレスを保存することは危険です。

パスワードの再設定はこちら

メールアドレスの変更はこちら

平成12年2月13日、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」が施行されました。
不正アクセスはもちろん、不正アクセス行為を助長する行為も禁止されています。
第三者にパスワード等を知られることがないよう、十分にお気を付けください。