P R

PC版辞書検索 気になるワードを検索して1日最大2ポイントゲット!

ポイントをもらうにはログインが必要です。

1~7件目

/

7

P R
P R

辞書検索

  • せんだら【旃陀羅 - 別ウィンドウで開く

    〘名〙 (Caṇḍāla の音訳) インドで四姓(カースト)の最下級である首陀羅(しゅだら)よりもさらに下の階級。と畜、漁猟、獄守などの職業にたずさわった。不可触民。チャンダーラ。パリア。※顕戒論(8...

    出典:精選版 日本国語大辞典

  • せんだら【旃陀羅 - 別ウィンドウで開く

    〘名〙 (Caṇḍāla の音訳) インドで四姓(カースト)の最下級である首陀羅(しゅだら)よりもさらに下の階級。と畜、漁猟、獄守などの職業にたずさわった。不可触民。チャンダーラ。パリア。※顕戒論(8...

    出典:精選版 日本国語大辞典

  • せんだら【旃陀羅 - 別ウィンドウで開く

    出典:世界大百科事典 第2版

  • せんだら【×旃×陀羅】(センダラ) - 別ウィンドウで開く

    《〈梵〉caṇḍālaの音写》インドで、四姓外の、最下級とされた階級。狩猟・と畜などを生業とした。...

    出典:デジタル大辞泉

  • チャンダーラ【Caṇḍāla】 - 別ウィンドウで開く

    古代インドにおいてその存在が穢(けが)れていると考えられていた賤民。漢訳仏典では旃陀羅(せんだら)とする。古代インド社会では賤民制が複雑に発達したが,チャンダーラはそうした社会の最下層に置かれた集団。...

    出典:世界大百科事典 第2版

  • チャンドラグプタChandragupta - 別ウィンドウで開く

    インド,マウリヤ朝の創始者 (在位前 317頃~296頃) 。漢訳仏典では旃陀羅掘多,月護などと記す。ナンダ朝治下のマガダ国辺境で挙兵してこの王朝を倒し,さらに北西インドからアレクサンドロス3世 (大...

    出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

  • バルナ(古代インドの四大階層)ばるなvara - 別ウィンドウで開く

    古代インドで形成された社会階層概念で、バラモン(司祭階層)、クシャトリヤ(王族・武人階層)、バイシャ(庶民階層)、シュードラ(上の3バルナに奉仕する階層)の四つからなる。インド最古の文献『リグ・ベーダ...

    出典:日本大百科全書(ニッポニカ)

P R
P R
P R
P R

辞書検索について

ポイント加算条件
PC版:検索2回につき1ポイント加算されます。
※ポイント付きでの検索は1日4回までとなります。(毎日午前5時に更新)

スマホ版:検索1回につき1ポイント加算されます。
※ポイント付きでの検索は1日1回までとなります。(毎日午前0時に更新)
ポイント加算時期
即時加算となります。
注意事項
  • 必ずECナビにログインした状態でご参加ください。
  • 辞書検索ページからの検索、注目キーワードのクリックがポイント獲得の対象となります。
  • 同じキーワードで連続して検索された場合は、ポイント獲得の対象外となります。キーワードを変更して検索してください。
  • 以下のような検索で獲得されたポイントは、取り消しさせていただく場合があります。
    ・「あ」や「1」など、意味のないキーワードでの連日の検索
    ・プログラムを利用した検索
  • 検索結果画面からECナビのショップページを経由しないで直接購入した場合は、お買い物ポイントやECナビメンバーズクラブの対象となりません。