WiMAXのポケットWi-Fiはどれがよい?各社比較やメリットを紹介

ポケットWi-Fiの購入を検討している方のなかには、WiMAXの契約を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、「そもそもWiMAXとはなんなのか」「WiMAXのなかでもどのポケットWi-Fiがよいのかわからない」という方もいることでしょう。

実際、WiMAXの回線が利用できるポケットWi-Fiを提供しているプロバイダは数多くあります。

そこで今回は、WiMAXの基本的情報、WiMAXの各ポケットWi-Fiの特徴を紹介します。

これからWiMAXを契約する際の参考にしてくださいね。

WiMAXの基本情報

WiMAXの基本情報

テレビCMやネット広告で、「WiMAX」という言葉を最近よく聞くようになりました。しかしそれが一体どんなものなのか、きちんと説明できる人は多くないでしょう。

そこでまずはWiMAXの基本情報についてお伝えします。

そもそもWiMAXとは?

WiMAXとは本来、主に無線インターネット回線のひとつのことを指していました。ただし今やインターネット回線としてのWiMAXという意味ではありません。

 「WiMAX回線を利用したWi-Fiサービス」自体をWiMAXと呼ぶ傾向があります。

また、この「WiMAX回線を利用したWi-Fiサービス」はUQコミュニケーションズ社がはじめたものです。「UQ WiMAX」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

WiMAXとは、UQコミュニケーションズ社が提供している「WiMAX回線を利用したWi-Fiサービス」のことになります。

WiMAXとモバイル回線はなにが違うのか?

WiMAXの基本情報

WiMAXの回線は、スマートフォンなどで使われるモバイル回線となにが違うのでしょうか。それぞれの通信の特徴の違いをご紹介します。

WiMAX

WiMAXは短時間に多くのデータを高速通信できるという特徴があります。そのためウェブページの閲覧や動画の再生などの操作を行う分には、問題なく利用できるのです。

モバイル回線

一方スマートフォンで利用されているモバイル回線は、安定感のある通信を行えます。電話をしているときにタイムラグがあると困るでしょう。

モバイル回線はそのような音声遅延を、極力少なくすることを目指した回線であるという特徴があります。

WiMAX 2+とはなんなのか?

WiMAXの基本情報

WiMAX 2+は、従来のWiMAXよりも通信をさらに高速化したものです。

 実際にUQ WiMAXのWiMAXサービスでは、従来の無印WiMAXは既に提供が終了しています。

現在はこのWiMAX 2+を利用しているプランが採用されており、通信の安定化と高速化が進んでいます。

さらに最近は5Gを使用したプランも用意されているので、速い通信速度を求める人はそちらも検討してみてはいかがでしょうか。

WiMAXを使うメリット・デメリット

WiMAXを使うメリット・デメリット

それではWiMAXを利用するうえで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここではメリット・デメリットをそれぞれ2~3つずつご紹介します。

それぞれの内容をきちんと吟味して、WiMAXの導入を検討してみてください。

WiMAXを使うメリット

WiMAXを使うメリット
  • 通信容量が実質無制限
  • 工事が不要
  • 利用できる接続台数が多い

通信容量が実質無制限

WiMAXは3日間で10GB以下という制限はあれど、それ以外の通信速度制限はありません

この10GBという数字もなかなか使いきれるものではありません。極端に動画を再生し続けるなどせず普通に使っている分には、制限がかかる心配はないといえるでしょう。

そのため、WiMAXは通信容量が「実質無制限」といわれることが多いのです。

このようになかなか使い切ることが難しいほどの大容量だという点は、WiMAXの誇る大きなメリットです。

工事が不要

WiMAXを使うメリット・デメリット

家の備えつけるタイプのホームルーターは、購入後取り付けるための工事をしなければいけません。一方手軽に持ち運べるモバイルルーターは、その取りつけ工事の必要がありません

そのため、部屋が回線で散らからないというメリットもあります。

また一部のWiMAXでは即日・翌日発送を行っています。今すぐにでもWi-Fiを使いたいという人には、工事の必要がないWiMAXのポケットWi-Fiがおすすめです。

利用できる接続台数が多い

WiMAXは一度に接続できるデバイスの数が多いとされています。一般的なモバイルルーターは最大接続台数が、10台前後です。

 UQ WiMAXのモバイルルーターは、16台程度のデバイスを同時に接続できます。

自分以外の家族・友人と一緒に使ったり、一度に数多くのデバイスを使ったりする人にとっては、ありがたい点といえるでしょう。

WiMAXを使うデメリット

WiMAXを使うメリット・デメリット

WiMAXを使うデメリット
  • システムが使用環境に左右される
  • 3日で10GBの通信制限がある

システムが使用環境に左右される

WiMAXに限らずモバイルルーター全般にいえることですが、システムが周りの使用環境に左右されるという特徴があります。

 モバイルルーターは、家に備えつけるタイプのホームルーターと比べると、通信の安定性が少し劣るためです。

モバイルルーターは、周りの電子機器が通信に干渉してくる電波干渉を受けたり、鉄筋コンクリートで一部電波が遮られてしまったりすることもあります。

もちろん最近のモバイルルーターは改善が加えられ通信も安定してきていますが、ホームルーターとの違いはきちんと理解しておきましょう。

3日で10GBの通信制限がある

WiMAXを使うメリット・デメリット

WiMAXは「実質無制限」を掲げられています。この「実質」とは、3日間で10GB以内という利用制限があることを示しています。

 この通信容量を超えると、制限を超えたその夜から明け方まで通信制限がかかってしまうのです。

ただし前述のとおり、3日で10GBという容量は普通にインターネットを使っている分にはなかなか到達しないものでしょう。

一日中インターネットを使い続ける予定のない人は、あまり気にする必要はないです。

また最近登場した5Gのプランにおいて、この通信制限が「3日間15GB」まで拡大されているケースもあります。

一日中動画を再生したりオンラインで編集するという人は、この高速・大容量のプランをおすすめします。

WiMAX回線のおすすめポケットWi-Fi3選

月額を抑えたいならBroad WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXのココがおすすめ
  • 月額料金が税込4,307円と他より低価格
  • 端末料金0円で契約すると、5,000円がキャッシュバック
  • クレジットカードの他に、銀行口座での振替にも対応

ひとつ目に紹介するのが「Broad WiMAX」です。Broad WiMAXは、株式会社リンクライフが提供するWiMAXのポケットWi-Fiです。

月額料金が4,307円(税込)と、ほかのプロバイダのものよりも低価格に設定されています。さらに端末料金が0円で契約すると、5,000円がキャッシュバックされるという特典もあります。

 ポケットWi-Fiを契約する際にできるだけコストを抑えたいという人に、とてもおすすめです。

また、月額料金の支払いがクレジットカード以外に、銀行口座での振替にも対応しています。

そのためクレジットカードをもっていないという人や、クレジットカードの支払い上限が気になる人にとっては大きなメリットです。

最速で当日発送・店舗で受け取れます。WiMAXを今すぐ使いたいという人は、ぜひとも一度検討してみてはいかがでしょうか。

Broad WiMAXの基本情報

使用回線

au回線
WiMAX2+回線
対応端末

WX06
W06 など

料金プラン(税込) ギガ放題プラン:2,999円~(税込)
ライトプラン:2,726円~(税込)
各種手数料(税込)

契約事務手数料:3,300円(税込)
契約解除料:0円~
初期費用:20,743円(税込)
※初期費用無料キャンペーンなどあり

出典:Broad WiMAX

本家の安心感がほしいならUQ WiMAX

UQ WiMAX

UQ WiMAXのココがおすすめ
  • WiMAX回線を提供している本家の会社
  • クレジットカードと銀行口座振替、ふたつの支払い方法

続いて紹介するのが「UQ WiMAX」です。UQ WiMAXはその名前のとおり、UQコミュニケーションズが提供しているWiMAXのポケットWi-Fiです。

UQコミュニケーションズは、WiMAX回線を提供している、いわゆるWiMAX本家の会社となります。

 もちろんほかのプロバイダが提供するものが劣るわけではありませんが、本家という安心感がほしいという人におすすめです。

こちらも支払い方法はクレジットカード支払いと、銀行口座振替のふたつが用意されています。

また、条件にもよりますが、申し込んだ当日に発送してもらえるというスピード感もあります。

UQ WiMAXの基本情報

使用回線

au回線
WiMAX2+回線
対応端末

WiMAXWX06
WiMAX HOME02など

料金プラン(税込) ギガ放題:4,268円
ギガ放題プラス:4,380円~
各種手数料(税込)

契約事務手数料:3,300円
初期費用:0円

出典:UQ WiMAX

対面で購入したいならYAMADA AIR MOBILE

YAMADA AIR MOBILE

YAMADA AIR MOBILEのココがおすすめ
  • ヤマダ電機の店舗で契約できる
  • 申し込み後すぐ、ポケットWi-Fiの端末を持ち帰ることが可能
  • クレジットカードと銀行口座振替、ふたつの支払い方法

最後に紹介するのがYAMADA AIR MOBILEです。YAMADA AIR MOBILEは、大手家電量販店のヤマダ電機が提供するWiMAXです。

現在ポケットWi-Fiを購入する手段はインターネットが主流になっています。しかしWeb上での契約に、不安を抱える人もいるでしょう。

 YAMADA AIR MOBILEはヤマダ電機の店舗で契約できるため、直接店員さんから契約内容や説明を受けられます。その場で疑問を解消でき、安心感があるでしょう。

また店舗で申し込むとその後すぐに、ポケットWi-Fiの端末を持ち帰ることができます

その日からすぐにポケットWi-Fiを使いたい」という人にもおすすめです。

さらにこちらも支払い方法はクレジットカード支払いと、銀行口座振替のふたつが用意されています。

YAMADA AIR MOBILEの基本情報

使用回線

WiMAX 2+回線
WiMAX+5G回線
au 4G LTE
対応端末

Speed Wi-Fi 5G X11
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 など

料金プラン(税込) ギガ放題:4,268円~
各種手数料(税込)

契約事務手数料:0円
初期費用:0円
※別途端末料金が発生

出典:YAMADA AIR MOBILE

WiMAXを提供するおすすめ3社のデータ容量・料金比較

WiMAXを提供する3社のデータ容量・料金などを比較

WiMAXの回線を用いたポケットWi-Fiは数多く存在するものです。それゆえに一体どのポケットWi-Fiを選べばよいのか、決めかねているという人も多いでしょう。

そこでここからは、WiMAXを提供している3つのプロバイダのポケットWi-Fiを、データ容量・料金などの観点から比較していきましょう。

WiMAXを提供する3社を比較:データ容量・料金など

今回は数多くあるWiMAXのなかでも、おすすめのプロバイダのものを3つ紹介します。

どれも優れたものですが、それぞれに特徴があるため、自分の利用スタイルに合ったものを選ぶ参考にしてみてください。

Broad WiMAX UQ WiMAX YAMADA AIR MOBILE
実質月額料金(税込) 4,307円 5,124円 5,124円
データ容量 月間制限なし
 (3日で15GB)
月間制限なし
 (3日で15GB)
月間制限なし
 (3日で10GB)
契約年数 3年 2年< 3年

Broad WiMAX

WiMAXを提供するおすすめ3社のデータ容量・料金比較

Broad WiMAXは、初期費用や月額料金を抑えられるという利点があります。

そのほかキャッシュバックキャンペーンも行っているため、お得にポケットWi-Fiを利用したいという人におすすめです。

UQ WiMAX

UQ WiMAXは、月額料金は5,124円(税込)と一般的な水準といえます。UQ WiMAXの大きな特徴は、WiMAX回線を提供している本家ともいえる立ち位置にある、会社のポケットWi-Fiであるという点です。

「公式という安心感をもちたい」という人におすすめのポケットWi-Fiでしょう。

YAMADA AIR MOBILE

最後のYAMADA AIR MOBILEは、店舗で申し込めます

 ヤマダ電機の店員から詳しい説明を受けたうえで契約できるので、「Web上で購入するのが不安だ」という人におすすめです。

以下からはそれぞれのポケットWi-Fiの細かい特徴を紹介していきましょう。

 

よくある質問

契約年数とはなんですか?
契約年数とは、そのポケットWi-Fiを使い続ける必要がある年数のことです。この契約年数に満たない段階で解約する場合は、解約手数料がかかります。
試しにポケットWi-Fiを使いたいという人は、この契約年数が比較的短いものを選ぶことがおすすめです。
WiMAXを比較する際のポイントはなんですか?
求める利用スタイルにもよりますが、月額料金・データ容量・通信速度を総合的に評価することが大切です。
また契約するときに、期間限定のキャンペーンが行われていないかをかならず確認するようにしましょう。
WiMAXのプロバイダは結局なにが違うのですか?
いずれのプロバイダも使用している回線は同じなので、通信速度や提供エリアに違いはありません。
大きく異なるのは月額料金やキャンペーン内容、契約年数などの契約形態です。それぞれのプロバイダの違いを理解したうえでの、プロバイダ選びを心がけましょう。
各プロバイダで料金を比較するときのポイントはありますか?
WiMAXの料金を比較するうえで、よく注目されるのが月額料金です。しかしかならず「総支払い額」を気にするようにしましょう。
なぜなら月額料金以外にも、端末料金や初期費用など追加でかかる費用が存在するからです。なかには端末料金を無料にする、キャンペーンを行っているプロバイダもあります。
WiMAXには数多く契約プランがあると聞きました。どの契約プランがおすすめですか?
WiMAXには「通常プラン」「ギガ放題プラン」「ギガ放題プラスプラン」の、3種類の料金プランが用意されています。この3つの違いは、月間データ容量にあります。
通常プランは7GB・ギガ放題プラン以上からは、月間データ容量が無制限になるのです。
通常プランと比較しても月額料金が数百円しか変わらないので、心置きなくWiMAX回線を使いたいという人には、ギガ放題プランがおすすめです。
とにかく安く済ませたい場合はどのWiMAXがよいでしょうか?
コスト節約が最優先という方におすすめなのが「Broad WiMAX」となります。
Broad WiMAXは、基本月額料金が最低水準であるうえに、端末料金が無料となっています。そのため初期費用が抑えられるという、大きなメリットがあるのです。
インターネットでの買い物に抵抗があります。店舗でポケットWi-Fiを購入したいのですが……。
店舗で店員さんから、直接説明を受けたいという人におすすめなのが「YAMADA AIR MOBILE」です。
YAMADA AIR MOBILEならヤマダ電機の店舗で契約し、その当日に端末を持ち帰れます。
ただし対面での購入はスタッフの人件費なども上乗せされた、初期費用を支払わなければいけない可能性が高いでしょう。
そのため料金が高くつくことも、しっかりと考慮に入れておきましょう。

まとめ

ここまでWiMAXとはなにかという基本的なことから、WiMAXのポケットWi-Fiを提供しているプロバイダの比較などを解説しました。

WiMAXはほかのポケットWi-Fiの回線と比べても、最高水準の通信速度を誇っています。家の外でも快適にインターネットを楽しみたいという人には、大変おすすめです。

WiMAXのポケットWi-Fiは、いずれも同じWiMAX回線を使用しているため通信速度に違いはありません。

しかし提供するサービスや利用料金などは、大きく異なるため総合的な比較検討が必要となります。

ぜひともこの記事を参考に、自分の利用スタイルに合ったWiMAXのポケットWi-Fiをみつけてみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事