au 格安sim

スマホの料金を安くしたい人が検討している格安SIMですが、いろいろなMVNOが提供しているため、どれを選べばいいかわからない、という人も多いかもしれません。

格安SIMとは、大手キャリアから回線を借りて運営しているため、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線を利用して通信できるものがあります。

こちらの記事では、au回線を利用して通信できる格安SIMのおすすめや、メリットでメリットなど、気になるポイントを解説すします。

au回線の格安simへ乗り換え手順も紹介していますので、検討中の人はぜひチェックしてください。

au回線系おすすめ格安SIM5選

まずは、au回線系の格安SIMのおすすめを5つ紹介していきます。

au回線系おすすめ格安SIM5選
  • UQモバイル
  • IIJmio
  • BIGLOBEモバイル
  • mineo
  • イオンモバイル

上記5つを詳しく紹介するので、ポイントを確認してみてください。

UQモバイル

UQモバイル

おすすめポイント
  • キャリアと遜色のない通信速度の安定感
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • 店舗数が多くサポートが充実

au回線が使える格安SIMといえば、auのサブブランドであるUQモバイルをまず思い出す人も多いかもしれません。

 auのサブブランドということもあり、通信速度がキャリアに引けを取らない安定感があるのが、UQモバイルの大きな魅力です。

料金プランは3パターンで、くりこしプランS+5G(3GB)、くりこしプランM+5G(15GB)、くりこしプランL+5G(25GB)から選ぶことができます。

翌月繰越もでき、MとLならデータを使い切った後、速度制限がかかっても最大1Mbpsとなっていて比較的快適です。

UQモバイルの店舗も全国各地にある上、auショップでも対応してもらえるので、店舗でサポートして欲しい人におすすめします。

IIJmio

IIJmio

おすすめポイント
  • セットで購入できる端末が多く取り揃えられている
  • フルMVNOなので、安定感が高い
  • ファミリーシェアプランなど家族みんなで使うのに向いている

IIJmioは格安SIMを早くから提供している老舗で、通信速度などにも安定感があります。

 格安SIMの契約と同時に購入できる端末の種類も多く、セットで買いたい人にぴったりです。

また、IIJmioは家族で使うのに向いている格安SIMで、ファミリーシェアプランならSIMカード5枚までまとめて申し込むことができます。

MNP転入も契約者名義があれば家族みんなまとめて行うことができるので、手間がかからないのが嬉しいポイントです。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

おすすめポイント
  • エンタメフリーオプションで気軽に動画視聴などができる
  • BIGLOBEでんわという通話オプションが豊富
  • 家族で使うならシェアSIMでお得に

BIGLOBEモバイルの特徴的なポイントのひとつが、「エンタメフリーオプション」です。

こちらは、月額400円でYouTubeなどのストリーミングサービスを利用する際のデータ通信量は消費されないサービスです。

 外出中にYouTubeやYouTube Musicなどの音楽配信サイトを利用する機会が多い人は、エンタメフリーオプションを契約すればデータ通信量を気にせず楽しめます。

また、BIGLOBEでんわは「3分かけ放題」「10分かけ放題」「通話パック60」「通話パック90」の4種類のプランが用意されているので、自分の通話スタイルに合わせて選べるのもポイントです。

データ通信量を家族でシェアできるサービスもあり、家族全員を1つの契約でまとめれば手間がかからない点もメリットです。

mineo

mineo

おすすめポイント
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアサービスを展開
  • 基本使用料がリーズナブル
  • パケットシェアやパケットギフト、フリータンクなどデータ通信シェアサービスがある

mineoは、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリア全ての回線から好きなものを選べるのが嬉しい格安SIMとなります。

 料金プランリニューアルにより、3回線とも料金が同一になったのもわかりやすく嬉しいポイントとなっています。

さらに、基本プランは4種類から選べるのですが、1,518円/5GB(税込)2,178円/20GB(税込)とリーズナブルな料金設定がされているのも魅力です。

家族や友達、mineoを使う全ての人とデータをシェアできる機能が充実しているのも、mineoならではのサービスとなっています。

イオンモバイル

イオンモバイル

おすすめポイント
  • 全国のイオンの店頭で受付ができるのが便利
  • 利用期間の縛りや解約金がない
  • プラン数が豊富で必要なデータ量に合わせて選べる

イオンモバイルは、全国にあるイオンの店舗で申し込みなどを受け付けてもらえるのが便利な格安SIMです。

 2年縛りなどの契約期間の縛りがなく、解約する時に料金が発生することもないので、気軽に利用することができます。

プラン数が500MB〜50GBまで17種類もあるため、自分にぴったりなプランを選べるのも魅力です。

ほとんどWi-Fiを使うなど、データ通信量を利用しない場合は音声500MBプランで1,130円(税込)の利用料で使えます。

au回線系おすすめ格安SIMの料金比較

上記に5つのau回線系おすすめ格安SIMをまとめましたが、それぞれのデータ通信量ごとの料金比較を表にまとめてみます。

基本使用料をとにかく安くしたい人や、自分が契約したいデータ通信量のプランがだいたいいくらぐらいなのかをチェックしたい人は、参考にしてみてください。

容量 UQモバイル IIJmio BIGLOBEモバイル mineo イオンモバイル
1GB 858円(2GB) 1,078円 1,298円 1,078円
3GB 1,628円 1,078円(4GB) 1,320円 1,298円
5GB 1,518円(8GB) 1,870円(6GB) 1,518円 1,518円
10GB 2,728円(15GB) 1,848円(15GB) 3,740円(12GB) 1,958円 2,068円
20GB 3,828円(25GB) 2,068円 5,720円(20GB) 2,178円 2,398円
20GB〜 8,195円(30GB) 6,578円(50GB)

※項目該当の料金プランがない格安SIMについては、1段階データ量の多いプランの料金を記載しています。
※全て税込表記です。

au回線系格安SIMのメリット

au回線系の格安SIMのメリット

ここまで、au回線系のおすすめ格安SIMについて紹介してきましたが、これらを選ぶことでのメリットを詳しく紹介していきます。

auと同じエリアで使える

au回線系の格安SIMということは、auの回線を借りて通信を行うということなので、もちろんauと同じエリアで利用することが可能です。

現在auキャリアで快適にスマホを使えているという人なら、安心してau回線系の格安SIMに乗り換えることができるでしょう。

auで買った携帯がスムーズに使いやすい

au回線系の格安SIMのメリット

格安SIMのSIMカードは、相性が合わずに手持ちのスマホがスムーズに使えないというデメリットが出てくる場合があります。

その点、auで買って利用しているスマホを所持しているならau回線系の格安SIMと相性がいいので、スムーズに利用し始めることができるのが嬉しいポイントです。

利用料金は格段に安くなる

キャリアから格安SIMに乗り換える最も大きなメリットは、利用料金が安くなることです。

 どの格安SIMを選んだとしても、キャリアでの利用料金に比べるとコストダウンが期待できます。

とにかくスマホの利用価格を下げたいという人にとっては、大きなメリットとなります。

au回線系格安SIMのデメリット

au回線系の格安SIMのデメリット

上記で、au回線系格安SIMのメリットについて解説しましたが、デメリットについても合わせて解説します。

人によってはデメリットとならないことでもあるので、自分にとってデメリットとなりうるのか、しっかりと検討してみましょう。

他キャリアのスマホと相性が悪い可能性も

先ほどメリットで、auで購入したスマホと相性がいいと書きました。

 反対にドコモやソフトバンクで購入したスマホとは相性が悪い可能性があるので、注意が必要です。

大きな理由がないなら、使っていたキャリアの回線を選んで格安SIMに乗り換えるのが手軽でいいかもしれません。

キャリアで使えていたサービスが使えなくなる

キャリアのメールアドレスや、キャリア決済などが使えなくなるのも、デメリットのひとつです。

特に、キャリアメールがないと申請できないようなサービスもあるので、メールアドレスが使えなくなると困る人にとっては、デメリットとなります。

サービスによっては、先に手続きすることで継続して使えるものもあるのでチェックしてみましょう。

auから格安SIMへの乗り換え手順

auから格安SIMに乗り換える方法

現在auで契約していて、格安SIMに乗り換えたいという人に向けて、手順を紹介していきます。特に、今使っている電話番号を引き継いで使いたいなら、1つ手順が必要になるのでしっかりチェックしましょう。

1.MNP予約番号を発行する

番号をそのまま引き継いで乗り換えるためには、auでMNP予約番号を取得する必要があります。予約番号を取得するには、店舗やコールセンター、My auなどで申し込むことになります。

発行日を含めて15日間でMNP予約番号の有効期限が切れてしまうため、取得後なるべく早めに格安SIMに申し込むのがおすすめです。

2.乗り換え先の格安SIMに申し込む

auから格安SIMに乗り換える方法

MNP予約番号が取得できたら、有効期限内に申し込みしたい格安SIMに契約を行います。

 申し込みは、実店舗があるなら店舗でも行えますし、ウェブ専用の格安SIMならオンラインで申し込みをすることになります。

一般的には、オンラインの方が手数料が安くなるなどのサービスがあることもあるのでチェックしてみましょう。

3.SIMカードをスマホに入れAPN設定する

申し込みをすると、数日後にSIMカードが送られてくるので、利用したいスマホに差し込み、APN設定などの初期設定を行います。

これらは、各格安SIMの公式サイトなどに方法が載っているので、確認しながら進めるようにしましょう。

新たなSIMカードが開通したら、auが解約になるようになっているため安心です。

au回線系格安SIMに乗り換えた場合の注意点

au回線系格安SIMに乗り換えた場合の注意点

au回線系格安SIMにはメリットがたくさんあることがわかりましたが、あらかじめ注意しておくとよいポイントもあります。

以下の点を踏まえて、問題ないと判断できれば、乗り換えても困りごとは少ないと考えられるでしょう。

キャリアメールが利用できない

auで割り当てられていたキャリアメールは、格安SIMに乗り換えることで利用できなくなので注意してください。

特に、さまざまなサイトやサービスなどを、auメールで登録している人は、別のメールアドレスに登録し直す必要があるので注意が必要です。

キャリア独自サービスも利用できなくなる

au回線系格安SIMに乗り換えた場合の注意点

auのキャリア決済や、auで受けていたサポートなども、格安SIMに乗り換えることで使えなくなるので注意しておきましょう。

キャリア決済の代わりに、スマホアプリ決済を導入してみるなど、他のサービスで便利になる方法を検討するのもおすすめです。

通信速度が遅い場合がある

UQモバイルのように、auと遜色ない程度のスピードを誇る格安SIMもありますが、基本的にはキャリアから回線を借りているのが格安SIMなので、通信速度が遅くなる傾向にあります。

 特に昼時など多くの人がインターネットを利用する時に遅延しやすい傾向にあります。

一方で在宅時間が長くWi-Fiでの通信が多い人などなら、あまり困ることはないかもしれません。

通信速度の速さを重視するなら、一旦乗り換えの前によく考えた方が失敗が少ないのでおすすめです。

au回線系格安SIMがおすすめの人

格安SIMがおすすめの人

ここまで、au回線系格安SIMのメリットやデメリットをまとめてきましたが、それらを踏まえて格安SIMに乗り換えるのが向いている人をまとめていきます。

スマホ代が安いことを重視する人

格安SIMの最も大きな特徴は、やはり料金が安くなるということが挙げられます。

場合によっては通信速度が遅い・通信量が足りない・キャリアサービスが受けられないなどデメリットもありますが、それらを踏まえても安い料金でスマホを所持したい人に向いているでしょう。

キャリアメールや使い放題などのサービスが不要な人

キャリアメールやキャリアサポートなどのサービスや、データ通信量使い放題などが必要ないという人には、格安SIMがおすすめです。

 スマホをWi-Fi環境でない場所で多用する人にとって、格安SIMは少し物足りないかもしれません。

基本的にWi-Fi環境がある人や、基本的にスマホを利用する機会が少ない人には格安SIMで十分事足りることが多いでしょう。

よくある質問

au系格安SIMの特徴はどのようなものがありますか?
auの回線を借りて運営する格安SIMなので、auと同じエリアで利用することができ、auからの乗り換えが比較的容易に行えるというところが大きな特徴です。
ただし、auの回線を借りているため、auのキャリアよりも通信速度が遅くなる時間帯があるので注意してください。
au系格安SIMに乗り換える際の注意点を教えてください。
キャリアメールやキャリア決済が使えなくなるので、よく使っている人は注意しましょう。
また、通信速度が遅くなるなど、不便になる点も考慮しておくのが大切です。
au系格安SIMがおすすめの人はどんな人ですか。
もともと、auで契約してスマホを使っていた人は、特に乗り換えがしやすいのでおすすめです。
auで購入したスマホなら、au系格安SIM回線をスムーズに利用できるでしょう。
au系格安SIMを安く使うためのポイントは?
自分が利用するデータ通信量を把握し、適したプランを選ぶことがポイントです。
また、通話をよくするなら、通話オプションが豊富な格安SIMを選ぶのもいいでしょう。
auから格安SIMに乗り換える時に注意しておくことは?
MNPを利用して電話番号を引き継ぐなら、MNP予約番号を取得してから期限が切れてしまわないように注意しましょう。予約日から15日以内に次の契約を進める必要があるので、なるべく早めに進めておくと安心です。
auから格安SIMに乗り換えたら、LINEなどは利用できなくなりますか?
基本的に、LINEは引き継ぎが可能です。他にも、アドレス帳の引き継ぎなどもできます。使う機種によって引継ぎ方はさまざまなので、詳しい手順は公式サイトなどで確認してください。
通信速度が遅くなるのは困りますが、何か良い方法はありますか?
auのサブブランドであるUQモバイルなら、比較的速い通信速度を保ってくれます。
また、タブレッドとスマホを併用する方などは、他にポケットWi-Fiなども合わせて契約するのも便利になるかもしれません。

まとめ

こちらの記事では、au系回線の格安SIMについて、メリットやデメリットを紹介し、おすすめの格安SIMについても紹介しました。

同じau系回線の格安SIMとはいえ、プランの種類や価格が違ったり、オプションのタイプも違ったりするため、自分にぴったりの回線を選ぶことが大切です。

乗り換えを検討中の方は、格安SIMの選び方などを参考にして、自分に合っている格安SIMに乗り換えてみてください。]

関連記事|格安SIM・格安スマホ

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事