乗り換え 格安SIM

格安SIMは、今やテレビCM等でも頻繁に放送されていることで知名度も高く、大手キャリアを追い越せとばかりに注目されています。

毎月の料金の安さや選びやすいシンプルな料金プラン、そして取り扱い端末の豊富さなどから、乗り換えを検討している人も少なくないでしょう。

そこで今回は、格安SIMへの乗り換え手順やメリットなどを解説します。おすすめの格安SIM5選の基本情報や特徴を紹介しますので、ぜひチェックしておきましょう。

乗り換え時の注意点についても触れていきますので、ぜひ把握しておいてください。

格安SIMへの乗り換え方法

格安simへの乗り換え方法

今のスマホをそのまま使う場合

格安SIMは、今所持しているスマホをそのまま使える点が魅力となります。乗り換える際の手順は以下です。

基本的な流れ
  1. 所持するスマホのSIMロックを解除する
  2. 格安SIMの契約手続きをする
  3. MNP切り替えの手続きをする
  4. キャリア対応したSIMカードを受け取り挿入する
  5. 動作確認をして問題なければ完了

そのまま端末を使用するため、わざわざ写真やアプリ、電話帳などを新たな端末に移行する必要がありません。

スマホ自体も乗り換える場合

スマートフォン自体も新たなものに変更して格安SIMに乗り換える場合、以下の流れで進めましょう。

基本的な流れ
  1. 乗り換える格安SIMを決める
  2. 扱っている機種のなかから購入する種類を決める
  3. 申し込み手続き
  4. スマホ本体とSIMカードが届いたらMNP切り替え手続きをする
  5. SIMカードをスマートフォンに挿入して各種設定をする

格安SIM各社で扱っている機種は異なるため、希望の種類を販売しているかは事前にチェックしておきましょう。

最近では最新機種を取り揃えている格安SIMも少なくないため、選びやすくなっています。

格安SIMへの乗り換えに必要なもの

格安simへの乗り換えに必要なもの

格安SIMに乗り換える際は、以下のものを用意しておきましょう。

  • 使用する端末
  • MNP予約番号
  • 乗り換える先のSIMカード
  • SIMピン

MNP予約番号については、現在使っている携帯電話番号をそのまま使いたい場合のみ発行する必要があります。

 MNP予約番号は発行日を含めて15日間という有効期限があり、期間内に手続きをしなければいけないと理解しておきましょう。

MNP予約番号の取得は携帯会社へ連絡すると簡単に取得可能です。なお、費用もかからず無料となります。

新たな契約先となるSIMカードを端末に挿入する際、現在のSIMカードはSIMピンを使い取り出します。SIMピンはスマートフォンの箱に入っているため確認しましょう。

格安SIMへの乗り換え手順・やること

格安simへの乗り換え手順・やること

格安SIMに乗り換える際は、以下の手順で進めます。その際、やるべきことをきちんと把握しスムーズに手続きが進められるようにしておきましょう。

乗り換え手順
  1. 乗り換える格安SIMに申し込みをする
  2. 新しいSIMカードを受け取り現状のものと入れ替える
  3. APN設定をする

基本的には上記の流れで乗り換えを進めます。では、それぞれの手続きについて深掘りしていきましょう。

乗り換える格安SIMに申し込みをする

数あるなかから、乗り換え先とする格安SIMを選択します。格安SIMを選ぶ際は以下を意識してみましょう。

  • 店舗の有無
  • 現在使用している回線
  • 取り扱っている機種の数

今では電話やネット上で手続きや不明点を相談することは容易ですが、実店舗があると担当者と顔を合わせてやり取りができるうえ、急な対応もしやすい点が挙げられます。

そして、現在使用している回線と同じ格安SIMを契約するかによって、SIMロックの必要があるか否かが変わってきます。

 通信事業者が変わらない場合、SIMロックをする必要はありません。

格安SIM各社でiPhone・Androidともに取り扱っている機種には違いがあります。求める機種を販売しているかは、事前にチェックをしておきましょう。

新しいSIMカードを受け取り現状のものと入れ替える

格安simへの乗り換え手順・やること

乗り換え先となる格安SIMが決まり申し込み手続きが済んだら、数日後にSIMカードが届きます。届き次第、新たなSIMカードと今使っているSIMカードを入れ替えましょう。

古いSIMカードはSIMピンを使い抜いて、新たなSIMカードを挿入します。挿入する際はSIMトレイにSIMカードを載せてスマートフォン本体に戻すだけです。

SIMカードを新たな契約先のものに入れ替えなければ使用できないため、届き次第必ず入れ替えるようにしましょう。

APN設定をする

APN設定とは「この端末では、どの携帯電話会社からインターネットに接続するか」を指定すること。スマートフォンを使用し通信するうえで欠かせない設定です。

iPhoneとAndroidで若干設定手順が異なるため、それぞれ以下で説明していきます。

iPhoneの場合

格安simへの乗り換え手順・やること

iPhoneではAPN構成プロファイルと言われるファイルをダウンロードし、Wi-Fiに接続をして「格安SIM+APN構成プロファイル」で検索をかけましょう。

すると、検索結果でAPN構成プロファイルが表示されるため、インストールをして指示通りに手続きを進めます。

Androidの場合

Androidでは機種により異なる場合もありますが、基本的には以下の流れとなります。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「その他の設定」を選択
  3. 「モバイルデータ通信」を選択
  4. 「アクセスポイント」を選択

なお、自身が新たに契約した格安SIMのAPNがある場合は、そのブランド名を選択しましょう。表示されていない場合はAPNを入力する必要があります。

APNは格安SIM各社のホームページにて公開されています。

格安SIMに乗り換えるメリット

格安simに乗り換えるメリット

毎月の料金が安くなる

格安SIM最大のメリットと言えるのが、毎月の料金が安くなることです。出費が少なくなるため、家計の節約にも繋がります。

 格安SIMは、大手通信会社であるドコモ・au・Softbankの回線を借りているためコストを抑えることに成功しています。結果として格安な料金での提供を実現しているのです。

もちろん契約するプランにより異なりますが、場合によっては大手キャリアの半分くらいの料金で使用できることもあります。

縛りがなくなる

格安simに乗り換えるメリット

今や当たり前になりつつあるスマートフォンの2年縛りについて、格安SIMでは縛り契約をしていません。そのため、大手キャリアよりも気軽に所持できます。

つまり、解約するタイミングによって発生していた違約金について意識する必要がないため、ある程度自由がきくのです。

音声通話付きの場合、1年間の最低利用期間が設けられている場合があります。

最適な料金プランが選びやすい

格安SIM各社では、シンプルな料金プランを提供しています。そのため、人それぞれに合ったものを選びやすい点は大きなメリットです。

 複雑でわかりにくいオプション等を含んだプラン内容を組んでいません。つまり、最適なものを選択しやすくなっているのです。

使用するデータ容量を把握しておくことで、より自分に合うプランを探しやすくなるため事前にチェックしておきましょう。

スマホ端末のみを安く購入できる

格安simに乗り換えるメリット

格安SIMを利用するにあたり、使いたい端末のみを購入してSIMカードを挿入すれば使用可能な状態にできます。そのため、端末のみを安く購入できる点もメリットです。

iPhoneの場合はApple Store、他端末においては家電量販店などで中古販売がされています。

機種をそのまま使える

契約する格安SIMのSIMカードを端末に挿入することで、今使っている機種をそのまま引き継いで使える点も魅力的です。

そのまま使えば写真や各データ、メモリなどを引き継げるため、新たな端末に引き継ぐ必要がありません。

手間をかけずに新たに契約できる点も、格安SIMの魅力の一つと言えるでしょう。

格安SIM乗り換え時の注意点

格安sim乗り換え時の注意点

端末が動作するかを確認

乗り換え先となる格安SIMで動作するかを、動作確認端末ページに確認しておきましょう。

 場合によっては動作できない端末もあるため、乗り換えても使用できないという可能性もゼロではありません。

格安SIMごとで実際に利用できる端末は異なることを理解しておきましょう。

SIMカードの大きさを確認

格安sim乗り換え時の注意点

端末に挿入するSIMカードは、標準SIM・microSIM・nanoSIMという3つのサイズがあります。つまり、自身が使うスマートフォンとサイズが異なれば挿入できません。

SIMカードを挿入しなければ端末は動作できないため、必ず事前にサイズを確認しておきましょう。

違約金に注意

大手キャリアでは、解約をするタイミングによっては違約金がかかってしまう場合があるため、乗り換え時期をきちんと確認しておく必要があります。

違約金は数万円もかかってしまうため、無駄な出費とならないよう注意しておきましょう。

SIMロック解除をする

例えば、ドコモからau回線といったように通信会社が変わる場合は、端末のSIMロックを解除しなければいけません。

 乗り換え前と通信会社が同じ場合は、SIMロック解除をしなくても良いです。

SIMロック解除の方法については、各キャリアで異なる場合もあるため事前にチェックしておきましょう。

乗り換えにおすすめの格安SIM5選

UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • 15日間無料でお試しできる
  • 人口カバー率99.9%超※2020年12月末時点
  • 節約モードならSNSを利用してもデータ消費0

15日間無料でお試しができる

乗り換えにおすすめの格安sim5選

格安SIMを使ったことがない人にとって、実際に所持してみなければ良さがわからない、操作はサクサクできるかなど不安を抱えている人は少なくないでしょう。

UQモバイルでは、そういった声に応えるため15日間無料でお試しができる「Try UQ mobile」を提供しています。

 試しに使ってみることで、家の電波状況や時間帯により通信速度にムラがないかなど、普段使いで支障がないかをチェック可能です。

Try UQ mobileの申し込みは店頭もしくはWEBです。年齢制限もあるため事前に把握しておきましょう。

3つのシンプルなプランを用意

UQモバイルではくりこしプランといい、余ったデータ容量は翌月に繰り越せる無駄のないプランを用意しています。

プラン名 くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
基本データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
利用料金(税込) 1,628円/月 2,728円/月 3,828円/月

シンプルな内容で自分に最適なものを見つけやすい点も、UQモバイルの魅力と言えるでしょう。

運営会社 UQコミュニケーションズ株式会社
回線 au
料金プラン(税込)
  • くりこしプランS:1,628円/月
  • くりこしプランM:2,728円/月
  • くりこしプランL:3,828円/月
データ容量
  • くりこしプランS:3GB/月
  • くりこしプランM:15GB/月
  • くりこしプランL:25GB/月
音声通話(税込) 22円/30秒

出典:https://www.uqwimax.jp/

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 料金3カ月無料キャンペーン実施中

  • 初回申込で5,000円相当のポイント還元
  • データ1GBまで0円
  • 他社から乗り換えで22,000円割引

すべての人に最適なワンプランを提供

乗り換えにおすすめの格安sim5選

楽天モバイルは、毎月使ったデータ分だけ支払う最適なワンプランを提供しています。そのため、無駄がない点が大きな特徴であり利用者にとってメリットです。

1GBまで 月額0円
3GBまで 月額1,078円(税込)
20GBまで 月額2,178円(税込)
20GB超過分 月額3,278円(税込)

20GB超過分については50GBや100GBなど、どれだけ使っても月額料金が変わりません。

最新モデルのiPhoneも取り扱っている

楽天モバイルでは、最新モデルであるiPhone12・iPhone12 mini・iPhone12 Pro・Pro Maxといった機種を扱っています。

 iPhone12シリーズは5G回線に対応しているため、快適な動作を実現する点も魅力です。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵに他社から乗り換え(MNP)てiPhoneを購入すると、iPhone12とiPhone12 Proが22,000円割引となる点も見逃せません。

運営会社 楽天モバイル株式会社
回線 楽天・ドコモ・au
料金プラン(税込)
  • 1,078円/月
  • 2,178円/月
  • 3,278円/月(1GBまで0円)
データ容量
  • 1GB
  • 3GB
  • 20GB
  • 無制限
音声通話(税込)
  • Rakuten Linkアプリ:国内通話無料
  • 通常:国内通話30秒22円

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

BIGLOBE mobile

BIGLOBE mobile ビッグローブモバイル

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • 対象端末の購入で20,000円相当還元
  • プラン料金が1年間値引きでお得!
  • エンタメフリー・オプションは最大6ヶ月間無料で楽しめる!

音声通話SIM特典でお得に利用できる

2021年8月2日(月)~2021年8月31日(火)の23:59までに、以下の条件を満たせば12ヶ月間プラン月額料金が値引きされるため大変お得です。

  • 新規に音声通話SIM(シェアSIMを除く)を申し込みいただき申し込み月の翌月末日までに本サービスを開始する
  • Webにて特典のエントリーをする

なお、12ヶ月間が過ぎると通常料金に戻ります。以下表に料金をまとめているため確認しておきましょう。

ギガ数 1年間特典料金(税込) その後(税込)
1ギガ 770円 1,078円
3ギガ 770円 1,320円
6ギガ 1,320円 1,870円
12ギガ 3,190円 3,740円
20ギガ 5,170円 5,720円
30ギガ 7,645円 8,195円

エンタメ好きに最適なオプションを用意

エンタメフリーオプションといい、定額料金で対象の動画や音楽系アプリのデータ通信量がカウントされないスマホ向けオプションサービスを提供しています。

音声通話SIM月額308円(税込)・データSIM月額1,078円(税込)で使い放題です。全21種類あるうち、以下が主な対象サービスとなります。

動画配信 YouTube・ABEMA・U-NEXT
音楽・ラジオ配信 Apple Music・Spotify・AWA
電子書籍配信 dマガジン・楽天マガジン
その他のアプリ au PAY マーケット

なお、エンタメフリー機能をオフに設定していると対象外となるため注意しましょう。ダウンロード機能や、一部サービスでは動画視聴もエンタメフリー対象外となります。

運営会社 ビッグローブ株式会社
回線 ドコモ・au
料金プラン(税込)
  • 1ギガプラン:770円
  • 3ギガプラン:770円
  • 6ギガプラン:1,320円
  • 12ギガプラン:3,190円
  • 20ギガプラン:5,720円
  • 30ギガプラン:7,645円
データ容量 1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GBから選択
音声通話(税込) 22円/30秒

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobileのおすすめポイント
  • ネット申込で事務手数料が0円
  • 毎月5のつく日曜日はPayPayボーナス3,300円相当もらえる
  • 余ったデータは翌月も繰り越せる

iPhone12シリーズを用意

乗り換えにおすすめの格安sim5選

Y!mobileでは、人気の最新モデルであるiPhone12・iPhone12 miniを取り扱っています。Y!mobileの5G対応プランで利用できるため、快適な操作性を実現してくれるでしょう。

iPhone11もお得なプライスで提供されているため、ぜひチェックしておきましょう。

お得な3つのプランを提供

Y!mobileではお得な3つのシンプルプランを用意しています。月額料金を抑えつつ大容量のデータ容量となるため、大変コストパフォーマンスが良いです。

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
基本データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
利用料金(税込) 2,178円/月 3,278円/月 4,158円/月

高速大容量の5Gについては、限定エリアで提供されています。なお、通話については30秒あたり22円(税込)です。

運営会社 ソフトバンク株式会社
回線 Softbank
料金プラン(税込)
  • シンプルS:2,178円/月
  • シンプルM:3,278円/月
  • シンプルL:4,158円/月
データ容量
  • シンプルS:3GB/月
  • シンプルM:15GB/月
  • シンプルL:25GB/月
音声通話(税込) 22円/30秒

出典:https://www.ymobile.jp/

mineo

おすすめ格安スマホ7選

mineoのおすすめポイント
  • 端末、電話番号を変更せずに乗り換え可能!
  • 3大キャリア対応で500種類以上の端末で使える
  • 総合満足度No.1※公式サイトより。

ちょうどいいプラン「マイピタ」を提供

わたしの「ちょうどいい」をキャッチフレーズにしているマイピタは、1GB・5GB・10GB・20GBのコースから選択できます。どのプランを選んでも料金は同じです。

そして、mineoにはデュアルタイプ(音声通話+データ通信)とシングルタイプ(データ通信のみ)という2種類があります。

デュアルタイプ

以下は、デュアルタイプ(音声通話+データ通信)の料金です。

プラン名 Aプラン Dプラン Sプラン
1GB 1,298円(税込)
5GB 1,518円(税込)
10GB 1,958円(税込)
20GB

2,178円(税込)

シングルタイプ

以下は、シングルタイプ(データ通信のみ)の料金です。

プラン名 Aプラン Dプラン Sプラン
1GB 880円(税込)
5GB 1,265円(税込)
10GB 1,705円(税込)
20GB 1,925円(税込)

いずれも月額220円(税込)で5G通信オプションを付けられるため、高速通信可能なエリアでは快適な操作性を実現するでしょう。

パケットで困ったときは助け合える

「パケットギフト」といい、自身の余ったパケットをmineoユーザーやその他利用回線にギフトとして贈れるというサービスがあります。パケットギフトを利用する流れは以下です。

利用手順
  1. マイページのパケットギフトを選択
  2. データ通信量を決めて「ギフト発行」をタップ
  3. 内容を確認して「ギフトを発行」ボタンをタップ
  4. 表示されたパケットギフトコードをメール等で贈る相手に送付
  5. 贈った相手がマイページでパケットギフトコードを入力すれば完了

さらに、フリータンクといいmineoユーザー全員の余ったパケットを大きなタンクに入れることで、みんなで分け合えるサービスも提供しています。

運営会社 株式会社オプテージ
回線 ドコモ・au・Softbank
料金プラン(税込)

【デュアルタイプ】

  • 1GB:1,298円/月
  • 5GB:1,518円/月
  • 10GB:1,958円/月
  • 20GB:2,178円/月

【シングルタイプ】

  • 1GB:880円/月
  • 5GB:1,265円/月
  • 10GB:1,705円/月
  • 20GB:1,925円/月
データ容量 1GB・5GB・10GB・20GBから選択
音声通話(税込) 22円/30秒

出典:https://mineo.jp/

格安SIMに関するよくある質問

乗り換えにおすすめの格安SIMは?
料金プランがワンプランでわかりやすい楽天モバイルや、15日間試しに使えるUQモバイルなどが挙げられます。

多くの格安SIMでわかりやすいプランを提供しているため、ぜひチェックしておきましょう。

格安SIMへの乗り換えに必要なものは?
格安SIMに乗り換える際は、新たに使用する端末とMNP予約番号、乗り換え先のSIMカードを用意します。

なお、SIMカードを入れ替える際にSIMピンが必要となるため、スマートフォンの箱に入っていることを確認しておきましょう。

格安SIMへの乗り換え手順は?
基本的な流れとしては、乗り換え先の格安SIMに申し込みをして、新しいSIMカードが届き次第現状のものと入れ替えます。

その後、APN設定をして問題なく動作すれば完了です。

格安SIMに乗り換えるメリットは?
毎月の料金が安くなることは最大のメリットと言えます。

また、各社でわかりやすい料金プランを提供しているため、それぞれに最適なものを選びやすい点も魅力です。

格安SIMに乗り換える際の注意点は?
格安SIMにより利用できる端末は異なるため、事前に動作確認をしておきましょう。

その他、SIMカードの大きさやSIMロックの解除を忘れないことなどの注意点も押さえておいてください。

格安SIMによって販売している端末は異なる?
各社で取り扱っている端末には違いがあります。

最新モデルとなるものから過去の人気機種など、自分が求めている機種を販売しているかを事前に確認することは忘れないようにしてください。

格安SIMを乗り換える際の選び方は?
店舗の有無や数について把握し、万が一の事態において店頭でスタッフに相談できるかを確認しておきましょう。

また、現在使用している回線と同じ格安SIMを契約するかにより、SIMロックの必要があるか否かが変わってきます。面倒な作業をなくすには同じ回線を選ぶようにしてください。

まとめ

この記事では、格安SIMへの乗り換え手順やメリット、おすすめの格安SIM5選の特徴などを解説しました。

乗り換え手順は簡単で、乗り換え先の格安SIMに申し込みをして、新しいSIMカードが届き次第現状のものと入れ替え、APN設定をして問題なく動作すれば完了となります。

格安SIMにすることで毎月の料金が安くなること、最適なプラン選びがしやすくなるといったメリットがあります。

格安SIM各社で提供するプランやサービス内容、取り扱い機種は異なるため事前に確認しておきましょう。

関連記事|格安SIM

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事