au回線の格安スマホを徹底解説|乗り換えにおすすめの会社や流れを紹介

auで契約しているがスマホ代を節約するために格安スマホを検討している方もいます。格安スマホにすることで安い料金プランになるなどメリットがあります。

ただし、「今の端末がそのまま使えるのか?」「通話や通信の品質はどうなの?」と気になることもあるでしょう。本記事では「auユーザーが格安スマホに乗り換えるときのポイント」について解説をしています。

おすすめの格安スマホも紹介しているので参考にしてくださいね。

au格安スマホとは?

au格安スマホとは?

格安スマホを提供している通信会社は基本的には自社回線を持っていいません。そのため、docomo・Softbank・auなど大手通キャリアから回線を借りて、サービスを提供しています。

 その中で、au回線を利用できる格安スマホを「au格安スマホ」と呼んでいます。

格安スマホによってどこの回線を使っているかは大手キャリアから乗り換えるときには重要な要素の一つです。

auユーザーにとってはau回線を使っている格安スマホを選んだ方が手続きがスムーズに進みやすいですよ。

au回線が利用できる格安スマホ3選

UQmobile

UQモバイル(UQmobile)

UQmobileのおすすめポイント
  • au 4G LTEでつながりやすい
  • データの繰り越しができる
  • 乗り換えや買いかえもしやすい

UQmobileはau 4G LTEの人口カバー率が99.9%※1となっており日本全国どこにいてもつながるでしょう。通信品質やサービスメニューなどでお客様満足度No.1※2になっている実績も心強いです。

 1ヶ月で利用できるデータ容量はプランにより3種類ありますが、いずれも余ったデータは翌月に繰り越しができます。

例えば、15GBで契約していて5GBのデータが余ったら翌月は20GB分のデータ容量になるのです。また、節約モードにすればSNS(Twitter・LINE・Facebook)のデータ消費量をゼロにできます。

UQ対象機種であれば今のスマホをそのまま継続して使えます。利用していたスマホのSIMをUQのSIMに変えるだけです。

auショップでも申し込みできるので乗り換えやすいですよ。

※1参照:公式サイト
※2参照:J.D. パワー 2021年携帯電話サービス顧客満足度調査

UQmobileの基本情報

月額料金プラン
  • くりこしプランS:1,628円(税込)
  • くりこしプランM:2,728円(税込)
  • くりこしプランL:3,828円(税込)
月間データ容量
  • くりこしプランS:3GB
  • くりこしプランM:15GB
  • くりこしプランL:25GB
音声通話 22円(税込)/30秒
オプションサービス
  • 使い方サポート
  • 故障紛失サポート
  • auスマートパスプレミアム など
運営会社 UQコミュニケーションズ株式会社

※出典:公式サイト

mineo

mineoのおすすめポイント
  • 自分に合ったデータ量が選べる
  • 余ったパケットをもらえる
  • コミュニティサイトで助け合える

mineoはau回線だけでなくSoftbankやdocomo回線を使用しています。データ容量は少ないプランであれば月間1GBや5GBを選ぶことができるので、料金を安く抑えられるでしょう。

 mineoには「フリータンク」と言って余ったパケット(通信データ)をシェアできる機能もあります。

余ったパケットをフリータンクに入れておけば誰かが有効活用してくれます。また、足りないときは分けてもらえるので安心です。Wi-Fiメインでパケットが余りやすい方は誰かの約に立って喜ばれます。

mineoには契約者同士が助け合えるコミュニティサイト「マイネ王」があります。実際に利用しているユーザーからの意見を消費者目線で聞けるので分かりやすいです。

掲示板もありメンバー同士でおしゃべりするのも楽しいですよ。

mineoの基本情報

月額料金プラン

【デュアルタイプ】

  • 1GB:1,298円(税込)
  • 5GB:1,518円(税込)
  • 10GB:1,958円(税込)
  • 20GB:2,178円(税込)

【シングルタイプ】

  • 1GB:880円(税込)
  • 5GB:1,265円(税込)
  • 10GB:1,705円(税込)
  • 20GB:1,925円(税込)
月間データ容量
  • 1GB
  • 5GB
  • 10GB
  • 20GB
音声通話 22円(税込)/30秒
オプションサービス
  • mineoでんわ10分かけ放題
  • 通話定額サービス
  • パケット放題Plus など
運営会社 株式会社オプテージ

※出典:公式サイト

IIJmio

IIJmio

IIJmioのおすすめポイント
  • データ容量を選びやすい
  • iPhone13も使える
  • 光回線とセットで割引

IIJmioは月間2GBからデータ容量を選ぶことができます。また、通話オプションも通話定額5分・10分・かけ放題の3種類があります。

 データ容量はあまり必要ないが通話は時間は増やしたいという方には組み合わせしやすいでしょう。

au版のiPhone13も利用可能です。5Gオプションに加入すれば5G通信も使えます。iPhone13以外でも使える機種は多いです。IIJmioの公式サイトで利用中の機種が使えるかをすぐに確認できます。

光回線を一緒に契約すれば、mio割で月額660円(税込)安くなります。例えば、ギガプラン(音声・2GB)で、光回線はマンションタイプの場合、4,554円(税込)の通信費にできます。

割引はずっと続くのでまとめて節約できますよ。

※ネット代(マンションタイプ)4,356円(税込)・ギガプラン(音声・2GB)858円(税込)・mio割-660円の場合

IIJmioの基本情報

月額料金
  • 2GBプラン:858円(税込)
  • 4GBプラン:1,078円(税込)
  • 8GBプラン:1,518円(税込)
  • 15GBプラン:1,848円(税込)
  • 20GBプラン:2,068円(税込)
データ容量
  • 2GB
  • 4GB
  • 8GB
  • 15GB
  • 20GB
音声通話 11円(税込)/30秒
オプションサービス
  • みおふぉんダイアル
  • 新品端末補償
  • みまもりパック など
運営会社 株式会社インターネットイニシアティブ

※出典:公式サイト

auから格安スマホへ乗り換えるメリット

料金

auから格安スマホへ乗り換えるメリット料金

格安スマホに変更すればauのプランよりも料金が安くなります。auにはデータを利用した分だけ支払いする「ピタット4GLTEプラン」があり、比較的料金を安く抑えることができます。利用料金は月額1GBまでのとき、月額3,278円(税込・2年契約適用時)です。

 ところが、格安スマホにすれば1GB以上でも月額2,000円以内で契約できます。しかも、契約年数の縛りなどない会社が多いです。

例えば、UQmobileの繰り越しプランS(3GB)で1,628円(税込)、mineoの1GBのデュアルタイプでも月額1,298円(税込)です。

契約プランにもよりますが、auから格安スマホへ乗り換えをすれば月額2,000円ほど節約できる場合もあります。

SIMロック解除は不要

auから格安スマホへ乗り換えるメリットSIMロック解除不要

au回線を使った格安スマホにすればauで使っていたときのスマホをそのまま利用できます。しかし、docomoやSoftbank回線の格安スマホにするときはSIMロック解除をする必要があります。

  auショップでSIMロック解除するには手数料として3,300円(税込)かかります。また、本人確認書類を一緒に持って行ったり手間と時間がかかります。

もちろん、乗り換えと合わせてスマホを買い替える場合、SIMロック解除は不要です。しかし、新規購入するためスマホの端末代が別途かかります。それに、これまで使っていたスマホがもったいないです。

auの契約で使っているスマホを使い続けたいときは、au回線の格安スマホを選ぶのが良いですよ。

エリアを気にする心配がない

auから格安スマホへ乗り換えるメリットエリア

格安スマホへ変更すると「ちゃんとつながるのか?」という不安があります。しかし、auの契約で問題なくつながっていたのであれば、同じ回線を使うのでエリアを気にすることがありません。

auから格安スマホへ乗り換える際の注意点

auのサービスを継続できない

auから格安スマホへ乗り換える際の注意点auサービス

auのときに使っていたサービスは継続して利用できなくなります。例えば、キャリアメールやキャリア決済などです。キャリア決済でサブスクリプションを利用していた場合は、支払いの変更が必要になります。

通信速度の低下

同じau回線を使えるとは言っても、格安スマホの通信会社は回線を借りている立場です。そのため、回線へのアクセスが集中する時間帯など通信が遅くなる恐れがあります。

auを解約するときの違約金

auを解約するときの違約金

auを解約するときには費用がかかる場合があるので、事前に確認してください。

例えば、更新月以外で解約すると、旧プランの場合10,450円(税込)、新プランの場合1,100円(税込)の解約金がかかります。また、MNPの手数料として3,300円(税込)の請求もあります。

ちなみに、分割払いで端末を購入していたときの残債は、終了まで分割払いが継続します。

解約と同時に残債が一括で請求されることはありませんよ。

auから格安スマホへ乗り換える方法

自分に合った格安スマホ会社を選ぶ

auから格安スマホへ乗り換える方法

auと契約していればau回線を利用できる格安スマホにメリットがあります。まずは、UQmobile・mineo・IIJmioなどを検討しましょう。他にも格安スマホを提供している通信会社を選ぶときときは以下のポイントをチェックしてください。

格安スマホを選ぶポイント
  • 料金
  • 月間で使えるデータ量
  • 電話オプション
  • エンタメやSNS使い放題などのオプション

料金はキャンペーンで1年目割引している会社もあります。また、月間で使えるデータ量も会社によって、細かい違いがあるので、ご自身の通信量に合ったものを選んでください。

電話オプションは「かけ放題」や「5分間以内かけ放題」などがあります。電話オプションが無ければ30秒あたり22円(税込)かかる会社がほとんどです。

YouTubeやLINEなど日常から使っているサービスにかかる通信量をカウントしない会社もありますよ。

乗り換えの流れ

auから格安スマホへ乗り換える方法流れ

乗り換える格安スマホ会社が決まったら次のような手順で手続きを進めていきます。

auから格安スマホへ乗り換える流れ
  1. auでMNP番号予約

  2. 格安スマホへ申し込み

  3. 利用開始する

電話番号を変更せずに乗り換える場合はauでMNP予約番号を取得しましょう。auショップ、auへ電話、WEBから予約できます。

予約番号を取得したら番号が有効な期間(発行日を含めて15日)内に格安スマホへ申し込みをします。格安スマホは基本的にWEB申し込み可能です。

申し込みが終わり手続きがうまくいったら、SIMカードが届くので差し替えをします。差し替え方法の資料は同梱されていることが多いです。資料を見ながら慎重に差し替えをしてください。

最後に契約した格安スマホの中継地点を経由できるようにAPN設定をします。こちらも資料で説明があるので分かるようになっています。

番号をそのまま乗り換えるときはauへの解約手続きは不要です。格安スマホが使えるようになったときに自動で解約になりますよ。

au格安スマホに関するよくある質問

au格安スマホとは何ですか?
au回線を利用できる格安スマホを「au格安スマホ」と呼んでいます。格安スマホを提供している通信会社は基本的には自社回線を持っていません。大手キャリアから乗り換えるとき利用できる回線は重要な要素になります。
UQmobileの特徴は?
UQmobileはau 4G LTEの人口カバー率が高く、お客様からの評価も高い通信会社です。節約モードにすればSNSのデータ消費量をゼロにできるなど喜ばれる特徴があります。auショップでも申し込みできるので乗り換えやすさでもおすすめです。
meineoはどんな格安スマホ会社ですか?
データ容量は少ないプランであれば月間1GBや5GBを選ぶことができるので、料金を安く抑えられる会社です。また、「フリータンク」と言って余ったパケット(通信データ)をシェアできる機能もあります。
IIJmioのおすすめポイントはどこですか?
月間2GBからデータ容量を選ぶことができ、通話オプションも通話定額5分・10分・かけ放題の3種類があります。そのため、通信量と通話を細かなニーズで組み合わせしやすいです。
auから格安スマホへ乗り換えるメリットやデメリットは?
契約プランにもよりますが、auから格安スマホへ乗り換えをすれば月額2,000円ほど節約できるのがメリットです。対して、au決済やキャリアメールは使えなくなるので注意が必要です。
auから格安スマホへ乗り換えるには何が必要ですか?
電話番号を変更せずに乗り換える場合はauでMNP予約番号を取得が必要です。予約番号を取得したら番号が有効な期間(発行日を含めて15日)内に格安スマホへ申し込みをしましょう。

まとめ

auユーザーであれば「UQmobile」「mineo」「IIJmio」などau回線を利用できる格安スマホがおすすめです。

SIMロック解除なしに今のスマホを使い続けられるうえに、「つながり難いのでは?」と言った不安も少ないです。番号をそのまま乗り換えるときはMNP予約番号を取得するだけで、auへ解約の手続きをすることもありません。

格安スマホの手続きは自分で行う部分も多いですが、丁寧な案内があるのでスムーズに進められるので安心ですよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事