まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

炎天下 サウナ状態のクルマ いち早く冷やすためのポイントは?

乗りものニュース

乗り物

4

この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

炎天下で駐車していると、車内温度は60度近くに達することも。乗車前にドアを何度か開閉する、走行中は対角線上に位置する窓を開ける、などの対策が温度を下げるのに効果的ともいわれますが、どのような仕組みなのでしょうか。また、エアコンはどう使うのが効果的なのでしょうか。

すべての窓を全開にして換気するのがグッド!

 熱中症に警戒すべき季節になりました。炎天下、屋根なしの駐車場にクルマを置いておくと、車内はまるでサウナかと思えるほど、温度が上昇していることがあります。

 車内を効率よく冷やすためにはどうすればよいか、都内にある空調関連メーカーの広報に話を聞いたところ、次のような回答でした。

――乗り込んだらまず、どうすべきでしょうか?

 夏場は車内温度が60度以上になることもあり、エアコンを使うにしても、車内の熱気を早く外へ逃がすため、窓を開け換気することを推奨します。最も早く換気する方法は、すべての窓を全開にして走行することです。そのうえで、エアコンはマックスクール(A/Cオン、風量最大、温度最低、内気循環モード)に設定します。

Large 230803 sauna 01炎天下の車内、どうすればすぐ冷えるのか。写真はイメージ(画像:写真AC)。

 雨などで窓を全開できない場合でも、少し開けるだけで効果はあります。部分的に開ける際は運転席だけでなく、助手席や後席など複数の窓を開け、空気の通り道を確保することがポイントです。

――換気が重要という点では、状況に応じてエアコンを外気導入モードに切り替え、外気を取り込んだほうがよいのでしょうか?

 いえ、あまり気にすることなく、内気循環モードのままでよいと思います。車内温度が外より高い場合は、外気導入モードで外気を取り込んだ方が原理的には効果的ですが、クルマが停止している場合は、取り込む空気がボディーやエンジンルームの熱に影響されるため、窓を開けるよりも効果は小さくなります。

 車内が十分に換気され、温度が外気温くらいまで下がってきたら、速やかに窓を閉めて下さい。開けっ放しのままでは逆効果です。

※ ※ ※

 ちなみに、以前JAF(日本自動車連盟)が行った真夏(8月)の車内温度に関する検証結果によると、サンシェードや窓開けなどの対策を何も行っていない、ボディカラーが黒のミニバンでは、車内の最高温度は57度にも達し、ダッシュボードの最高温度は79度まで上昇したそうです。
 
 ボディカラーが白のミニバンであっても、何も対策していないと車内は最高52度、ダッシュボードの最高温度は74度だったので、うっかり高温のところに触れてしまうと火傷する恐れも。猛暑日の車内はそれだけ危険なので、乳幼児の置き去りはもちろん、高齢者の車内待機などにも注意が必要です。

 なお、一部車種には、リモコンキーのドアロック解除ボタンを長押しすると、外部から自動的に窓を全開にする機能が備わっている場合もあるので、自身のクルマにそのような機能があるかも知っておいて損はないでしょう。

関連記事

※関連記事はポイント加算対象外です。

実はこの瞬間、お小遣いが稼げていました。

ニュースを読んでるだけで、お小遣いが貯まってたとしたら?そんなうまい話があるわけないと思いますか?実は本当なんです。

ECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなどいろいろ。

座談会に参加して6,000円!?

気になってたクレジットカードを発行して10,000円!?

いつものネットショッピングのポイントが実質倍に!?

※貯まる金額は一例です。

貯まったポイントは現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も20年以上!900万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

無料会員登録はこちら
この広告はECナビポイント加算対象外です。
この広告はECナビポイント加算対象外です。

まいにちニュースの使い方

  1. 1.興味のある記事を選ぶ。
  2. 2.記事を読む。
  3. 3.いまの気分を表そう。
  4. 4.ポイントゲット

「まいにちニュース」について

ルール説明
  • ニュース記事を読み、4つの気持ちの中からいずれかを選ぶと最大で3ポイントがもらえます。
  • 2記事目、4記事目、5記事目に即時でポイントがもらえます。
  • パソコン版とスマホ版それぞれで1日3ポイント、あわせて6ポイントがもらえます。
  • ポイントをもらうのに有効なクリックは、各記事につき1回までです。
注意事項
  • 各記事ページにある「関連記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント加算回数のリセットは毎日午前3時に行われます。