まいにちニュース ニュースを読んでいいねして、毎日たのしくポイントゲット!

まいにちニュース > 悩める現代のリーダーへ! 部下と信頼関係を築くための「ほめ方」「叱り方」

悩める現代のリーダーへ! 部下と信頼関係を築くための「ほめ方」「叱り方」

P R
P R
「一人でも部下がいる人のための ほめ方の教科書」

「一人でも部下がいる人のための ほめ方の教科書」

 チームビルディングやモチベーションアップなどをテーマに500社以上の企業、150校以上の学校で研修・講演を行い、のべ3万5000人以上を指導した「ほめる感動経営コンサルタント」中村早岐子さんの書籍「一人でも部下がいる人のための ほめ方の教科書」(かんき出版)が7月10日に発売されました。

 国内外の企業・大学におけるリーダー研修などの人材育成や、NHK大河ドラマなどのドラマや映画で俳優へのマナー指導を行うマナーコンサルタント・西出ひろ子さんが監修を手がけた同書は、部下との関係を向上させるコミュニケーション術や、信頼関係を構築するほめ方・叱り方などを分かりやすく伝える、部下を持つ上司・リーダーの道しるべとなる一冊です。中村さんに、同書に込めた思いを聞きました。

部下の“小さな成長”を見逃さない

 同署は、上司・リーダーに求められる「ほめる技術」「叱る技術」の基本と実践について、イラストを交えながらコツやポイントを紹介、基本と実践のプロセスを通じて、「ほめる」「叱る」の作用が人間関係やコミュニケーションにどのような効果をもたらすのか分かりやすく解説しています。

「日本は諸外国と比べ、自己肯定感が低い若者の割合が多いことで知られています。自己肯定感の芽生えには、ほめる・ほめられる経験の有無が大きく影響します。まずは自分で自分をほめることから始め、その後に周囲の人をほめることで、よい連鎖が生まれると考えています」(中村さん)

 上司・部下の信頼関係や、モチベーションのコントロールなど、ビジネスシーンにおける「ほめる」ことの重要性に年々、注目が集まっています。一方で、上司の立場にある人は「部下のほめ方が分からない」「どんなときにほめるとよいのか」と悩む人も少なくないようです。しかし中村さんは、相手をほめる行為は「特別なこと」「すごいこと」ではなく、「当たり前のこと」だと話します。

「ほめるとはすなわち、『認めてあげる』ということ。ささいなことであっても、部下のよい部分、できている部分は必ずあります。そうした“小さな成長”を見過ごすことなく、『○○さんのおかげです』『本当に助かったよ』『○○のアイデアが素晴らしかったね』など気付いたときに具体的な言葉でほめてみましょう。部下の長所を自然と見つけられるようになれば、ほめるハードルもどんどん下がっていき、好循環が生まれます。

何気ない長所や成長に気付いてくれたり、自分に関心を持ってくれたりする上司の存在は、部下にとってうれしいもの。上司・リーダーの立場にある人こそ、『ほめる』ことをもっとオープンに実践してほしいです」

「ほめる」と同時に「叱る」も重要

 一方で中村さんは、ほめることと同等に「叱ること」も必要、かつ重要だと言います。同書では、上司・リーダーが悩みがちな「叱り方」のヒントも多く紹介されています。

「部下を叱ることについて、リーダーのポジションに就いたばかりの人に多くみられるのが『パワハラと思われそうで怖い』『部下が辞めてしまったらどうしよう』といった“恐れの感情”です。しかし、もし何らかのミスやトラブルが起きたとき、上司が部下を叱らなければ、部下は何がだめだったのか正しく理解できません。『叱らない』という選択は、上司の責務を放棄するのと同じこと。ミスやトラブルの再発リスクも、そのまま残ってしまいかねません。

しっかりほめることができる人は、しっかり叱ることができる人でもあります。部下を成長させ、良い方向に導く上で、叱ることは不可欠です。リーダーは、叱ることや部下が離れることを恐れず、逃げずに向き合う必要があります。時間がたってから、『あのとき叱ってくれてありがたかった』と部下が思えるような叱り方を身に付けていただきたいです」

 最後に、「ほめる」行為が持つ力について、中村さんの思いを聞きました。

「私は、新人リーダーは“金の卵”だと思っています。現代はさまざまなハラスメントがまん延している背景もあり、リーダーになりたがらない人が多い時代です。そんなご時世に、リーダーの立場を引き受ける人は、それだけで素晴らしいことです。

一方で、現代のリーダーは『心が折れやすい』側面も持っているもの。『この人のここが良い』に気付けると自分もうれしくなりますよね。小さな成長に気付き、ほめることで、感謝の気持ちはどんどん増幅していくでしょう。ほめることが働く人の笑顔が生み、ひいては組織の活性化につながります。

“今どきの部下”を持つ上司は、“今どき”に対して柔軟でなければなりません。『最近の若いもんは…』などと言う人は、その人自身が時代の変化に適応できていないということ。若い世代とのコミュニケーションに悩む人はもちろん、最近リーダーになったばかりの人、女性のリーダーなど、一人でも部下を持つ人にこの本が届き、『ほめる』コミュニケーションで多くの職場に笑顔が増えるよう願っています」

オトナンサー編集部

P R
P R

ポイントを獲得するには、ログインもしくは会員登録(無料)が必要です。

まいにちニュースの使い方

1.興味のある記事を選ぶ。2.記事を読む。3.いまの気分を表そう。4.ポイントゲット

まいにちニュースのルール

  • ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。
  • ポイントが加算されるのは、2記事目4記事目5記事目の記事となります。
  • ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。
  • ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。
  • 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。
  • 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。
  • ニュース記事の更新は随時行われます。
  • ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。

犬がいるよ

まいにち少年